株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:民泊



1435インベスターズクラウド
インベスターズクラウド(1435) 東証1部 / 建設業 / 100株単位
アパート経営プラットフォーム『TATERU』をWeb展開。常時130件超の土地情報保有。

当日の株価:2,177円/前日比:+47 
予想PER:35.7
実績PBR:18.06
配当利回り: 0.46%
優待制度:あり (3,000円相当のクオカード)
信用倍率:115倍

①.【北浜流一郎のズバリ株先見!】不動産投資ブームはなおも続いているため、アパート経営情報に強いインベスターズクラウド <1435> に注目したい。運営しているサイト「TATERU」には130万件超の土地情報が掲載されているため、利用者が多く、この会社の収益も増加を続けている。株もなお上昇余地ありと見る。(18/3/11) 
②.【利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 38社選出 <成長株特集>】上振れ率トップとなったのはアパート経営プラットフォーム「TATERU」を展開するインベスターズクラウド <1435> 。「TATERU」はアプリ上で土地情報からアパートの提案、建築、賃貸管理をワンストップで提供する投資トータルサービス。不動産会社の土地情報とアパート経営希望者をマッチングする仕組みで、自社で土地の在庫を持たないことが強みだ。17年10-12月期(第4四半期)はアパートの引き渡し棟数が増加し、経常利益は四半期ベースの過去最高益を92.2%も上回る29.9億円で着地。あわせて発表した18年12月期の同利益は前期比21.1%増の70.9億円と7期連続の最高益更新を見込む。(18/3/8) 
③.【インベスターズクラウド<1435> 2100 +82】連日の下ヒゲ示現で押し目買い意欲の強さも認識。(18/3/8)
④.前回2月20日の紹介記事


キャッシュフロー(百万円)
営業CF  2,863
投資CF  -2,060
財務CF  -148
現金等  4,904

財務(百万円)
自己資本比率  49.7% 
資本金     628 
利益剰余金  6,168 
有利子負債 3,000 

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示



3300AMBITION
AMBITION(3300) 東証マザーズ / 不動産業 / 100株単位
都内中心に賃貸住宅を借り上げサブリース。不動産売買・管理や賃貸仲介も。

当日の株価:2,068円/前日比:-361
予想PER:23.1
実績PBR:5.70
配当利回り: 0.48%
優待制度:なし

①.AMBITION <3300> [東証M] が3月5日大引け後(15:00)に業績修正を発表。18年6月期の連結経常利益を従来予想の4.1億円→5.3億円(前期は2.6億円)に31.2%上方修正し、増益率が53.0%増→2.0倍に拡大し、従来の3期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した1-6月期(下期)の連結経常利益も従来予想の4.4億円→5.7億円(前年同期は3.2億円)に28.8%増額し、増益率が36.1%増→75.2%増に拡大する計算になる。プロパティマネジメント事業部門におけるサブリース管理戸数等の増加、賃貸仲介事業部門における予想を上回る入居率の増加、インベスト事業部門による新規物件の早期申込完了、IT化推進による業務効率・生産性のアップ、営業組織体制の強化等によるシナジー効果で、当初予想を上回る販管費等のコスト減を実現しました。 これらの経緯から、連結業績予想値を上記のとおり修正した。(18/3/5) 
②.AMBITION<3300>は21日、子会社のヴェリタス・インベストメント(本社:東京都渋谷区)が手掛ける投資用新築デザイナーズマンション「PREMIUM CUBE G北新宿」(竣工予定日:2018年4月中旬、入居予定日:2018年4月下旬)の販売を同日より開始すると発表。投資家に販売した後、AMBITIONが本物件を一括してサブリース(転貸)し、入居者募集を行うことによりAMBITIONの中核事業であるプロパティマネジメント事業の収益貢献が見込まれる。(18/2/21) 
③.2018年6月通期の連結業績予想は、売上高が前期比51.4%増の220.70億円、営業利益が同73.4%増の5.05億円、経常利益が同52.7%増の4.10億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同53.8%増の2.28億円としている。(18/2/21)
④.【AMBITION---新IoTサービス「homepia」を保有物件に提供】「homepia」は、エアコンやテレビなどの家電製品の制御や、ドア・窓の開閉を含めた室内環境の確認などをスマートフォンの専用アプリにより遠隔操作できるというもの。不在時にドアや窓が開けられた際には異常を検知し、入居者に警告を出す。オプションのWEBカメラから室内確認なども可能であり、入居者が安心して生活できる住居空間の実現をサポートする。なお、分譲マンションのビルトインタイプのIoTサービスとは異なり、賃貸住宅に一人暮らしをしている入居者を対象にしたサービスであり、スマートフォンアプリを利用し、スマートライフと高いセキュリティを提供する。(18/2/7)

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 1,911
投資CF : -1,337
財務CF : 287
現金等 : 2,274

財務(百万円)
自己資本比率 : 24.3%
利益剰余金 : 462
有利子負債 : 2,434

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示







1435インベスターズクラウド

インベスターズクラウド(1435) 東証1部 / 建設業 / 100株単位
アパート経営プラットフォーム『TATERU』をWeb展開。常時130件超の土地情報保有。


当日の株価:終値1,996円/前日比+91円
予想PER:32.8
実績PBR:16.56
配当利回り: 0.5%
優待制度:あり (3,000円相当のクオカード)
信用倍率 202倍

①.アパート経営サイトの成約数が伸長。管理戸数も着実増。営業増員負担や広告費増こなす。18年12月期はサイト閲覧から成約に至る比率4~5%守る。建築請負単価ジリ高。新事業の不動産投資ファンドも上乗せ。営業益拡大続く。増配も。(17/12/15)

②.新事業の不動産開発型ファンドは18年に100億円超の組成準備。同事業で建設のアパートは経営希望者に売却。(17/12/15)  

③.岩井コスモ証券は16日付で、投資判断「A」を継続、目標株価は1,300円から2,250円に引き上げています。年金対策などを目的に会社員などがアパート経営を行う需要は強く、同社の主力事業は順調に拡大、民泊関連サービスやクラウドファンディングなどの新規事業も利益を計上する見通しになり、収益基盤の強化が進んでいるとコメント。2018年12月期は会社側計画を上回る前期比3割の営業増益が期待できる他、中期的にも利益成長が期待出来る点が株価の支援材料になると予想しています。


キャッシュフロー(百万円)
営業CF  2,863
投資CF  -2,060
財務CF  -148
現金等  4,904

 
財務(百万円)
自己資本比率  49.7% 
資本金  628 
利益剰余金  6,168  

有利子負債3,000 


にほんブログ村 株ブログへ
ほかの情報を収集


↑このページのトップヘ