株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:専門サイト



2413エムスリー
エムスリー(2413) 東証1部 / サービス業 / 100株単位
ソニー関連会社。製薬会社のマーケティング支援。医師向けサイトで情報提供を支援。医療従事者向け情報サイトで製薬会社の情報提供支援。治験など周辺分野開拓

当日の株価:4,145円/前日比:-5
予想PER:64.0
実績PBR:16.27
配当利回り: -%
優待制度:なし

①.大和証券は26日付で、投資判断「1」を継続、目標株価は4,300円から5,160円に引き上げています。同社の強みは世界の臨床医師をネットワーク化していることで、これをベースに治験事業や転職支援サービス事業のみならず、様々な事業に乗り出そうとしている点を挙げています。同証券では、これら新規事業の収益獲得ポテンシャルは大きいと考えているようです。(18/4/27) 
②.【エムスリー<2413> 4150 -285】大幅続落。前日に決算を発表、前3月期営業利益は297億円で前期比18.6%増益。従来計画290億円は上回ったが、市場予想(310億円)には達しなかった。1-3月期増益率は前年同期比12.8%増益にとどまり、四半期ごとに増益率は鈍化する形に。今3月期は317億円で前期比6.8%増益の予想、市場予想を50億円超下回っている。IFRS9号の適用も影響しているが、高成長期待の後退が意識される形に。(18/4/27) 
③.今期は、メディカルプラットフォーム事業で、「MR君」ファミリーなどの製薬会社向けマーケティング支援サービスや医療系広告代理店サービスなどの成長に加え、17年度に新規連結化した子会社の貢献を見込むほか、海外事業で製薬会社向けマーケティング支援サービス、調査サービスおよび医師向け転職支援サービスなどの各サービスが順調に拡大する見通し。また今年2月に新たに持ち分権を取得した米ウエーク・リサーチも寄与する見込みだ。なお、前期は期末一括配当11円を実施したが、今期配当は未定としている。(18/4/26)
④.エムスリー <2413> が4月25日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。18年3月期の連結税引き前利益は前の期比19.0%増の297億円になり、19年3月期も前期比6.7%増の317億円に伸びを見込み、18期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。同時に、今期の年間配当は未定とした。直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結税引き前利益は前年同期比12.1%増の70.9億円に伸びたが、売上営業利益率は前年同期の29.3%→27.8%に低下した。(18/4/25)
⑤.【続伸】収益柱の製薬会社向けマーケティング支援が拡大。海外も伸長。増員負担こなす。19年3月期も買収企業含めマーケティング支援や海外成長。前下期に受注増の臨床試験等支援も復調。営業益続伸。  
⑥.【欧米】16年11月買収の医薬品情報データベース欧社は想定上回る成長。日本から要員派遣し業務の効率化推進。米国エヌビディア社と共同でAI活用企業等支援。  

キャッシュフロー(億円)
営業CF : 165
投資CF : -144
財務CF : -38
現金等 : 200

財務(百万円)
自己資本比率 : 72.8%
利益剰余金 : 67,097
有利子負債 : ‥

Yahooの株価リンクはこちら




6552GameWith

GameWith(6552) 東証マザーズ / サービス業 / 100株単位
スマホゲームの攻略情報メディアサイト『GameWith』を運営。ゲーマーの採用に強み

当日の株価:1,747円/前日比:+18
予想PER:39.1
実績PBR:12.36
配当利回り: -- %
優待制度:あり
信用倍率:31.95倍

①.GameWith <6552> [東証M] が3月29日大引け後(15:00)に決算を発表。18年5月期第3四半期累計(17年6月-18年2月)の経常利益(非連結)は9.1億円となった。併せて、通期の同利益を従来予想の7.8億円→10.5億円(前期は6.5億円)に34.0%上方修正し、増益率が20.0%増→60.9%増に拡大し、従来の4期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。(18/3/29) 
②.【GameWith<6552>3ヶ月後予想株価:2,000円】国内最大級のゲームメディア「GameWith」を運営。ゲーム攻略情報、ゲームレビュー、動画配信などの情報を提供。コミュニティの収益化を図る。タイアップ広告の受注増が収益寄与。18.5期2Qは収益好調。動画配信チャンネル登録者数は220万人超。ネットワーク広告は一時的なプロモーション特需発生。18.5期通期は2桁増収増益見通し。進捗考慮なら業績計画には上振れ余地。今後の株価は戻りを試す展開を想定。(18/3/4) 
③.【ゲームウィズが買い気配、上期経常の対通期進捗率79%、株式分割と優待新設も発表】10日、GameWith <6552> [東証M]が決算を発表。18年5月期上期(6-11月)の経常利益(非連結)は6.2億円で着地。通期計画の7.8億円に対する進捗率は79.2%となり、業績上振れを期待する買いが向かった。主力のゲーム情報サイトでネットワーク広告の単価が上昇したうえ、タイアップ広告の受注も好調だった。併せて、1月31日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施すると発表しており、株式流動性の向上と投資家層の拡大を期待する買いも向かった。また、株主優待制度を新設することも明らかにしたことも好感された。毎年5月末時点で100株以上を保有する株主を対象に、クオカード1000円分を贈呈する。(18/1/11) 
④.【独自増額】柱のゲーム攻略サイトは訪問者数伸び悩むが、顧客の大型プロモーション特需もあり広告単価改善が想定超。増益幅拡大。19年5月期も広告販売が高水準の一方、利益は新規事業への出費次第。  
⑤.【アプリ化】17年12月にゲーム攻略サイトの台湾版を開始。同月にはスマホアプリ版を国内向けに配信。ユーザー閲覧数横ばい続く国内サイト以外の成長分野を模索。 
⑥.前回記事


キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 524
投資CF : -19
財務CF : ―
現金等 : 1,335

財務(百万円)
自己資本比率 : 83.0%
利益剰余金 : 1,189
有利子負債 : 0

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示






56D79B59-D63F-48C1-A905-EBD5CB691C2A






イグニス(3689) 東証マザーズ / 情報・通信業 / 100株単位
スマホ向けアプリの企画・制作、ソーシャルゲーム・無料アプリを運営。VR、婚活サイトに注力。

当日の株価:1,939円/前日比:-51
予想PER:---
実績PBR:6.81
配当利回り: --- %
優待制度:なし

①.■イグニス <3689> [東証M]スマートフォン向けゲーム「メガスマッシュ」の事前登録者数が10万人を突破。(18/3/21)
②.「イグニス<3689> 3050 +448」1日まで2連続ストップ高。「INSPIX」が期待材料。(18/3/5)

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : -1,930
投資CF : -665
財務CF : 2,594
現金等  : 2,172

財務(百万円)
自己資本比率 : 63.5%
利益剰余金 : 964
有利子負債 : 1,402

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得の10記事をスクロールで表示









1435インベスターズクラウド
インベスターズクラウド(1435) 東証1部 / 建設業 / 100株単位
アパート経営プラットフォーム『TATERU』をWeb展開。常時130件超の土地情報保有。

当日の株価:2,177円/前日比:+47 
予想PER:35.7
実績PBR:18.06
配当利回り: 0.46%
優待制度:あり (3,000円相当のクオカード)
信用倍率:115倍

①.【北浜流一郎のズバリ株先見!】不動産投資ブームはなおも続いているため、アパート経営情報に強いインベスターズクラウド <1435> に注目したい。運営しているサイト「TATERU」には130万件超の土地情報が掲載されているため、利用者が多く、この会社の収益も増加を続けている。株もなお上昇余地ありと見る。(18/3/11) 
②.【利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 38社選出 <成長株特集>】上振れ率トップとなったのはアパート経営プラットフォーム「TATERU」を展開するインベスターズクラウド <1435> 。「TATERU」はアプリ上で土地情報からアパートの提案、建築、賃貸管理をワンストップで提供する投資トータルサービス。不動産会社の土地情報とアパート経営希望者をマッチングする仕組みで、自社で土地の在庫を持たないことが強みだ。17年10-12月期(第4四半期)はアパートの引き渡し棟数が増加し、経常利益は四半期ベースの過去最高益を92.2%も上回る29.9億円で着地。あわせて発表した18年12月期の同利益は前期比21.1%増の70.9億円と7期連続の最高益更新を見込む。(18/3/8) 
③.【インベスターズクラウド<1435> 2100 +82】連日の下ヒゲ示現で押し目買い意欲の強さも認識。(18/3/8)
④.前回2月20日の紹介記事


キャッシュフロー(百万円)
営業CF  2,863
投資CF  -2,060
財務CF  -148
現金等  4,904

財務(百万円)
自己資本比率  49.7% 
資本金     628 
利益剰余金  6,168 
有利子負債 3,000 

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示



8919カチタス
カチタス(8919) 東証1部 / 不動産業 / 100株単位
地方圏主体に戸建て・マンション中古再生事業を全国展開。17年4月ニトリHDと資本業務提携。中古住宅の再生・販売を地方中心に全国展開。競売などで安く仕入れ。

当日の株価:3,055円/前日比:-90
予想PER:25.0
実績PBR:8.11
配当利回り: 0.85%
優待制度:なし
信用倍率:541倍

①.ひふみ投信などの運用を手掛けるレオス・キャピタルワークスが2月21日受付で財務省に提出した変更報告書で、カチタス株式の保有比率が前回の5.84%から7.29%に上昇したことが判明。これを受けて需給思惑の買いが入っているようだ。なお、保有目的は純投資としており、報告義務発生日は2月15日なっている。(18/2/22) 
②.6日に昨年12月の新規上場以来、初の決算を発表している。18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比55.4%増の51.4億円に拡大して着地、これを好感する買いが入っている。中古住宅の再生販売の件数が前年同期比10.4%増の3591件に拡大したことが寄与。ネット広告の強化によるリフォーム中の契約促進などが奏功した。また、仕入価格の低減や値引き販売の抑制なども大幅増益につながった。(18/2/7)
③.【堅 調】店舗拡充やCM効果で仕入れ順調。つれて再生販売件数伸長。リフォーム中の成約進み在庫回転率向上、値下げ抑制で増員等こなし営業増益。19年3月期も戸建て再生増。中間配開始。配当性向30%以上。  
④.【成長戦略】資本業務提携先ニトリの店舗内に実験店開設検討、新たな顧客接点狙う。リフォーム商材の共同仕入れも。仕入れ物件拡大に向け不動産仲介業者と連携強化。 

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 939
投資CF : 614
財務CF : -4,886
現金等  : 4,723

財務(百万円)
自己資本比率 : 36.4%
利益剰余金 : 8,988
有利子負債 : 16,849

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら








1435インベスターズクラウド

インベスターズクラウド(1435) 東証1部 / 建設業 / 100株単位
アパート経営プラットフォーム『TATERU』をWeb展開。常時130件超の土地情報保有。


当日の株価:終値1,996円/前日比+91円
予想PER:32.8
実績PBR:16.56
配当利回り: 0.5%
優待制度:あり (3,000円相当のクオカード)
信用倍率 202倍

①.アパート経営サイトの成約数が伸長。管理戸数も着実増。営業増員負担や広告費増こなす。18年12月期はサイト閲覧から成約に至る比率4~5%守る。建築請負単価ジリ高。新事業の不動産投資ファンドも上乗せ。営業益拡大続く。増配も。(17/12/15)

②.新事業の不動産開発型ファンドは18年に100億円超の組成準備。同事業で建設のアパートは経営希望者に売却。(17/12/15)  

③.岩井コスモ証券は16日付で、投資判断「A」を継続、目標株価は1,300円から2,250円に引き上げています。年金対策などを目的に会社員などがアパート経営を行う需要は強く、同社の主力事業は順調に拡大、民泊関連サービスやクラウドファンディングなどの新規事業も利益を計上する見通しになり、収益基盤の強化が進んでいるとコメント。2018年12月期は会社側計画を上回る前期比3割の営業増益が期待できる他、中期的にも利益成長が期待出来る点が株価の支援材料になると予想しています。


キャッシュフロー(百万円)
営業CF  2,863
投資CF  -2,060
財務CF  -148
現金等  4,904

 
財務(百万円)
自己資本比率  49.7% 
資本金  628 
利益剰余金  6,168  

有利子負債3,000 


にほんブログ村 株ブログへ
ほかの情報を収集





3674 オークファン
オークファン(3674) 東証マザーズ / 情報・通信 / 100株単位

ネットオークション等の情報・価格検索や分析サービス行うサイト運営。膨大な蓄積データ武器 。
個人向けネット通販会社買収で個人市場と既存の法人関連市場との顧客基盤融合等狙う。
M&Aをさらに模索。


当日の株価:863円
予想PER:31.61
実績PBR:3.44
配当利回り:0%
優待制度:なし

1. 連結売上高は四半期ごとに右肩上がり推移し増収を達成。ただし、営業利益は減益。
2. 増収減益になった要因は先行投資。
  2018年9月期(連結計画)では、営業利益+119.5%を見込む。
  ソリューション(問題の解決・解明)事業で赤字だったが、今期からは赤字が改善する。
3. 楽天からBtoB事業を譲り受ける合意。
4. 減収発表後(17/11/16)に最安値794円、最近の安値は860円で推移している。



キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 155
投資CF :  -125
財務CF :  -430
現金等  : 1,028


財務(百万円)
自己資本比率 : 58.6%
利益剰余金 : 1,176
有利子負債 : 1,098



Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら


にほんブログ村

来月14日の第1四半期決算発表まで様子見る。 

↑このページのトップヘ