株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:ソーシャルゲーム




6460セガサミーHD
セガサミーホールディングス(6460) 東証1部 / 機械 / 100株単位
総合娯楽メーカー。傘下にサミーとセガ。パチスロ、ゲームソフト注力。

当日の株価:1,761円/前日比:+64
予想PER:82.6
実績PBR:1.31
配当利回り: 2.27%
優待制度:あり(1,00株以上_①日本国内のセガゲームセンターで利用できるUFOキャッチャー利用券,②1,000株以上_フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎県)で利用できる施設利用券)

①.みずほ証券は24日付で、投資判断を「中立」から「買い」、目標株価は1,510円から2,200円に引き上げました。カタリスト候補の時期を考えれば強気に転じるのは夏以降が適切と思われますが、パチスロ6号機の一部規制緩和は10年に一度というレベルのポジティブとも評価され、遊技機事業が底打ちすることで遊技機事業の収益およびキャッシュフローをゲームやリゾートに積極投資する経営戦略も再始動すること、そして、これらをマネジメントが手応えを感じていない筈がないと指摘しています。(18/4/25) 
②.【<6460> セガサミーHD 1761 +64】大幅反発。みずほ証券では投資判断を「中立」から「買い」に、目標株価も1510円から2200円に引き上げている。パチスロ6号機の一部規制緩和は10年に一度というレベルのポジティブと評価されること、遊技機事業の底打ちで同事業の収益及びキャッシュフローをカジノなどに積極投資する経営戦略が再始動することなどを想定。なお、18.3期の営業利益に関しては300億円から185億円に下方修正している。(18/4/25)
③.【セガサミーホールディングス<6460> 1694 +71】CLSA証券では買い推奨に投資判断を格上げ。(18/4/17) 
④.―インバウンド需要活性化の切り札、日本の“夜”が変わる―訪日外国人客の「夜に遊べる場所が少ない」との声も聞かれ、インバウンド 需要のさらなる活性化のため注目が高まっている。日本でも16年6月に風営法を改正し、これまで禁止されていた深夜0時以降の遊興が営業許可の取得により可能となったが、公共交通機関の終日運転などが整備されていないことから、ナイトタイムエコノミー市場の活性化を妨げているといわれている。  (18/4/12)
⑤.【上向く】遊技機が低調で営業利益半減。ただコスト大幅増見込む会社計画は慎重。19年3月期は遊技機が徐々に回復。ゲーム関連は好伸。本社移転やリゾートの先行費用負担こなし営業益上向く。持分損失減。 
⑥.【ゲーム】IPを活用したゲームの開発を強化。順次開業中の韓国IRは18年中にスパやクラブなどをオープンさせ投資は一段落。夏ごろグループの本社機能を集約。  

キャッシュフロー(億円)
営業CF : 591
投資CF : -47
財務CF : -383
現金等 : 1,992

財務(百万円)
自己資本比率 : 64.7%
利益剰余金 : 211,997
有利子負債 : 73,505

Yahooの株価リンクはこちら

テーマ
[パチンコ・パチスロ][アミューズメント][カジノ関連][ゲームソフト][ソーシャルゲーム][スマホゲーム][オンラインゲーム][プレイステーション][ニンテンドーDS][Wii][iPhone関連][iPad関連][スマートフォン][LINE関連][妖怪ウォッチ][アニメ][動画配信][モバイルコンテンツ][VR][ゲーム関連][eスポーツ][ギャンブル][フェイスブック][中国関連][ドバイ関連][メタボリック対策][玩具][音楽][広告][萌え][猛暑][クールジャパン][東京オリンピック][コンテンツ]




56D79B59-D63F-48C1-A905-EBD5CB691C2A






イグニス(3689) 東証マザーズ / 情報・通信業 / 100株単位
スマホ向けアプリの企画・制作、ソーシャルゲーム・無料アプリを運営。VR、婚活サイトに注力。

当日の株価:1,939円/前日比:-51
予想PER:---
実績PBR:6.81
配当利回り: --- %
優待制度:なし

①.■イグニス <3689> [東証M]スマートフォン向けゲーム「メガスマッシュ」の事前登録者数が10万人を突破。(18/3/21)
②.「イグニス<3689> 3050 +448」1日まで2連続ストップ高。「INSPIX」が期待材料。(18/3/5)

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : -1,930
投資CF : -665
財務CF : 2,594
現金等  : 2,172

財務(百万円)
自己資本比率 : 63.5%
利益剰余金 : 964
有利子負債 : 1,402

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得の10記事をスクロールで表示









3810サイバーステップ
サイバーステップ(3810) 東証2部 / 情報・通信業 / 100株単位
PCオンラインゲーム開発大手。格闘ゲームに強み。韓国で人気。課金収入が収益源。

当日の株価:終値3,905円/前日比:-85
予想PER:46.7
実績PBR:12.61
配当利回り: -%
優待制度:なし

①.サイバーステップ <3810> [東証2] が3月19日大引け後(15:00)に業績修正を発表。18年5月期の連結経常利益を従来予想の4.5億円→6.5億円(前期は3.6億円)に44.4%上方修正し、増益率が23.3%増→78.1%増に拡大し、従来の12期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した12-5月期(下期)の連結経常利益も従来予想の1.8億円→3.8億円(前年同期は3.9億円)に2.1倍増額し、減益率が54.1%減→3.1%減に縮小する計算になる。(18/3/15)
②.売上高につきましては、現在サービス中の当社タイトルである「オンラインクレーンゲーム・トレバ」において平成30年1月に当社コーポレートサイトにてニュースリリースいたしました大規模な増床、筐体の増台の効果により好調に推移し、その結果、各段階利益において前期比・計画比で増加の見込みとなりました。このような業績進捗の好調を受け、平成30年5月期の業績予想を上記の通り修正いたします。(18/3/15) 
③.【一転増益】スマホで遠隔操作するクレーンゲーム『トレバ』がCM投入で勢いづく。スマホ向け新作『Q&Qアンサーズ』も好調。開発費増吸収し一転増益。19年5月期は既存ゲームに加え新作多数投入で続伸。  
④.【続 々】18年春、AR技術活用のスマホ向けeコマースサービス開始。ハローキティ起用のゲームアプリも今春配信。『トレバ』は夏メドに1000台規模へ増台。  

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 431
投資CF : 33
財務CF : -88
現金等 : 801

財務(百万円)
自己資本比率 : 70.7%
利益剰余金 : 292
有利子負債 : 37

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示






9697カプコン
カプコン(9697) 東証1部 / 情報・通信業 / 100株単位
家庭用ゲームソフト大手。「モンハン」「ストリートファイター」等人気作品多数。開発力に定評。

当日の株価:4,555円/前日比:+155 
予想PER:26.2
実績PBR:3.1
配当利回り: 1.10%
優待制度:なし
信用倍率:0.90

①.平成30年3月31日(土曜日)を基準日として、同日最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有する普通株式1株につき2株の割合をもって分割いたします。なお、基準日である平成30年3月31日(土曜日)は、当社の株主名簿管理人が休業日のため、実質的には平成30年3月30日(金曜日)が基準日となります。(18/3/6) 
②.株式会社カプコンは、PlayStation®4、Xbox One※1およびPC※2向けゲーム『モンスターハンター:ワールド』を全世界で750万本出荷(ダウンロード版販売実績を含む)しましたのでお知らせいたします。(18/3/5) 
③.カプコン<9697> 機関:GS 格付:買い 目標株価:4600→5000 日付:2/16(18/2/16) 
④.【東京ゲームショウ2017でも出展ゲームが人気】ゲーム開発会社では、eスポーツの大会を行うことで知名度が上昇するとともに、利用者の増加につながるとの期待もある。カプコンはいち早く本格参入を発表。なかでも「ストリートファイター」シリーズが人気のカプコンでは2月13日、北米を中心に実施していたeスポーツ事業へ国内でも本格的に参入すると発表した。まずユーザーコミュニティーの醸成を目的に、コミュニケーションスペース「カプコンeスポーツクラブ」を2月17日にプラサカプコン吉祥寺店に新設。また、14年から米子会社主催で実施しているCAPCOM Pro Tourの高位大会として「CAPCOM Pro Tour ジャパンプレミア大会」を「東京ゲームショウ2018」で開催するとしている。同大会の上位入賞選手にはプロライセンスの発行も予定しており、他社に先行する。(18/2/15)
⑤.【増益基調】パチスロは下期から規制強化の影響受け減少。が、柱の家庭用ゲームは前期の『バイオハザード』や18年初投入の『モンスターハンター』効果で堅調。営業増益。19年3月期も家庭用ゲームが収益牽引。
⑥.【注力分野】スマホゲーム分野でのヒットタイトル不足が課題。他社との共同開発を進めテコ入れ図る。『モンスターハンター』の新作は海外での積極展開で拡販狙う。

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 3,200
投資CF : -3,628
財務CF : -3,130
現金等 : 24,337

財務(百万円)
自己資本比率 : 70.5%
利益剰余金 : 47,514
有利子負債 : 10,524

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示



テーマ[ゲームソフト][オンラインゲーム][スマホゲーム][ソーシャルゲーム][ゲーム関連][プレイステーション][ニンテンドーDS][ニンテンドー3DS][Wii][iPhone関連][スマートフォン][iPad関連][3D映像][VR][仮想空間][アミューズメント][eスポーツ][クールジャパン][ハロウィン][アベノミクス関連][コンテンツ]



3662エイチーム
エイチーム(3662) 東証1部 / 情報・通信業 / 100株単位
従来型携帯電話向け公式サイトの運営で成長。現在はスマホゲームと比較情報サイト運営が柱

当日の株価:2,412円
予想PER:15.1
実績PBR:5.28
配当利回り: 1.35%
優待制度:なし

①.同社は本日引け後に業績修正を発表。2018年7月期第2四半期累計の連結経常利益予想を従来の13.5億円から20億円に48.1%上方修正しました。増益率は26.1%増から86.7%増に拡大し、従来の2期連続での上期の過去最高益予想を更に上乗せました。エンターテインメント事業におけるゲームアプリが予想を下回ったものの、ライフスタイルサポート事業における利用者数の増加による利益寄与に加え、広告の効率運用を理由として挙げています。 (18/2/16)

②.【連続最高益】ゲームは『ヴァルキリーコネクト』などの既存作が高水準続く。情報サービスも引っ越し比較や金融メディアが牽引し好調維持。人件費と広告費の増加こなし連続最高益。配当性向2割メドに増配。
 
③.【協 業】トヨタ自動車のオープンイノベーションプログラムの共同開発企業に選定。両社の技術持ち寄り新事業開発へ。 


キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 3,462
投資CF : -1,213
財務CF : -768
現金等  : 5,004

財務(百万円)
自己資本比率 : 56.0%
利益剰余金 : 7,493
有利子負債 : 632


にほんブログ村 株ブログへ
情報を収集


↑このページのトップヘ