株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:インターネット通信販売



3192白鳩
白鳩(3192) 東証JQ / 小売業 / 100株単位
女性中心の下着のネット通販会社。下着メーカーから仕入れ自社サイト等で販売。小田急電鉄系

当日の株価:683円/前日比:+2
予想PER:25.2
実績PBR:2.98
配当利回り: 1.32 %
優待制度:なし

①.【白鳩<3192>3ヶ月後予想株価:1,000円】インナーウェアのネット通販会社。圧倒的な品揃えが強み。筆頭株主の小田急に第三者割当増資を実施し、小田急の連結子会社に。調達資金で倉庫・物流センターを開発へ。18.8期1Qは増収・大幅増益。新中計を策定中。主販路の自社サイト、楽天サイトでの販売が伸長。PB商品やコラボ商品の拡大で粗利も上向く。大規模な投資や新事業開発がない前提で18.8期は増収増益を予想。配当性向30%目安で増配も。株価は戻り試すと想定。(18/4/27) 
②.下着通販サイト「京都発インナーショップ白鳩」を運営する白鳩<3192>は13日、ラヴィアドゥ(本社:東京都渋谷区)と共同企画したランジェリーシリーズ第5弾「PortBonheur(ポルト・ボヌール)」コレクションを4月上旬より発売したと発表した。同社は国内外のインナーウェアに特化したeコマース企業。圧倒的な品揃えが強みで、PB品やメーカーとのコラボ商品を拡充。2017年8月期決算は売上高50.8億円、営業利益2億円と増収増益。(18/4/16) 
③.【白鳩<3192> 708 -106】17年9月-18年2月期営業利益55.5%増も材料出尽くし感。(18/4/13)
④. 他サイトとの差別化を図るべく、引き続き新規ブランドの取扱いと品揃えを拡充する一方、「SHIROHATO」こだわりのソックスや「ContRante」形状記憶ブラジャーなどOEM商品の販売強化にも注力した。一方で、さらなる持続的成長を果たしていくために、小田急電鉄<9007>グループとの資本業務提携の内容を変更し、同社の有する不動産開発やネットワークの活用・資金調達など、小田急電鉄グループの知見・ノウハウやネットワークなどをフル活用することで、倉庫及び物流センターの開発計画を加速させるとともに、財務基盤の強化を図った。(18/4/12) 
⑤.【評価方法変更】柱の国内向けECはNBが引き続き堅調、好採算のPBも勢い取り戻す。第2四半期以降は商品在庫の評価方法変更に伴う一過性の増益要因(第1四半期に0・4億円)なくなるが、増収効果で人件費増こなす。最高純益更新。増配も。  
⑥.【提携強化】筆頭株主の小田急電鉄に第三者割当増資実施、小田急の連結子会社に。調達資金で借入金返済、本社再開発計画。 

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 74
投資CF : -29
財務CF : 93
現金等 : 292

財務(百万円)
自己資本比率 : 39.4%
利益剰余金 : 391
有利子負債 : 1,220

Yahooの株価リンクはこちら




3415TOKYO BASE
TOKYO BASE(3415) 東証1部 / 小売業 / 100株単位
セレクトショップと純国産こだわりの独自ブランド『UNITED TOKYO』店運営

当日の株価:1,485円/前日比:+44
予想PER:50.4
実績PBR:17.16
配当利回り: --%
優待制度:なし

①.大和証券は12日付で、投資判断「2」、目標株価1,600円でカバレッジを開始。(1)効率性を重視した高い店舗運営力、(2)新業態・新施策により、事業規模が拡大しても継続して30%超営業増益が見込める点を評価しているとコメント。2018年2月期は、実店舗・EC店舗の売上好調に加え、2018年2月期から開始した国内ブランドのECモール出店が寄与し増収増益となる見込みとしている。2019年2月期に展開予定のカジュアル業態の他、ECを含めた出店やリピーターの拡大により既存事業の拡大基調が続くと考えているとのこと。(18/4/13) 
②.【t-BASE、今期経常は29%増で8期連続最高益更新へ】TOKYO BASE <3415> が4月13日大引け後(18:00)に決算を発表。18年2月期の経常利益(非連結)は前の期比24.6%増の15.7億円になり、19年2月期も前期比28.9%増の20.3億円に伸びを見込み、8期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。8期連続増収、増益になる。直近3ヵ月の実績である12-2月期(4Q)の経常利益は前年同期比5.3%減の4億円に減り、売上営業利益率は前年同期の15.2%→11.1%に低下した。(18/4/13)
③.【Eガーディアンは「ライブコマースパトロール」提供】これ以外では、マネーフォワード <3994> [東証M]が1月から、ライブ配信機能「BASEライブ」などを提供しているBASE(東京都渋谷区)のユーザー基盤を活用した取り組みを始め、TOKYO BASE <3415> は2月にライブコマースアプリ「PinQul」を運営するFlatt(東京都渋谷区)と共同で、TOKYO BASEの新プライベートブランドをライブコマース上で販売を開始。昨年12月から配信動画のリアルタイムモニターや投稿コメント監視を行う「ライブコマースパトロール」の提供を始めたイー・ガーディアン <6050> 、Candeeに出資しているgumi <3903> やグリー <3632> 、NTTドコモ <9437> 、オプトホールディング <2389> にも注目したい。(18/4/7)
④. 8位のTOKYO BASE <3415> はセレクトショップ「STUDIOUS」と日本製にこだわったオリジナル商品を扱う「UNITEDTOKYO」を展開。18年2月期は出店拡大やネット通販の販売好調などで、7期連続の最高益を見込む。19年2月期は新たにカジュアル業態を開始する予定で、長期的な目標とする売上高1000億円に向けて「STUDIOUS」「UNITEDTOKYO」に次ぐ3本目の柱に育てる構えである。(18/3/25)
⑤.【高成長】19年2月期は出店11、退店ゼロ(前期各11、3)。既存店はTOKYOの快走続く。セレクトも春物から商品戦略立て直し粗利益率回復。第3四半期立ち上げ予定のカジュアル新業態も貢献。営業益続伸。  
⑥.【3本柱】セレクトとTOKYOは17年初進出の香港で手応え、多店舗化も視野。20~40代を狙うカジュアル新業態育成も加速。長期的に3業態の売上各300億円目標。

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 1,371
投資CF : -341
財務CF : 561
現金等 : 2,550

財務(百万円)
自己資本比率 : 54.1%
利益剰余金 : 2,974
有利子負債 : 957

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示




3776ブロードバンドタワー
ブロードバンドタワー(3776) 東証JQ / 情報・通信業 / 100株単位
都市型データセンター(DC)運用。ファッション通販支援会社売却しIoT・AIに資源傾注

当日の株価:205円/前日比:+8
予想PER:100
実績PBR:1.39
配当利回り: 0.98%
優待制度:なし

①.ブロードバンドタワー<3776>が続伸している。同社は6日、米デルの日本法人とEMCジャパン(東京都渋谷区)が開発・製造を行うNASストレージシリーズの第6世代製品「Dell EMC Isilon Generation 6」の販売・サポートで協力すると発表。これが買い手掛かりとなっているようだ。BBタワーは、メディア制作や配信ビジネス、製造、建設コンサルタント、保険・証券・金融のフィンテック分野など、事業の特性によって日々増大する大量のデータを利用・保持する業界を念頭に、「Dell EMC Isilon Generation 6」を、構築・運用・保守サービスとともに提供するとしている。(18/3/7) 
②.都市型データセンターを運営するブロードバンドタワー <3776> [JQ]は株価低位ならではの妙味を内包する。新たに開設した「5G対応データセンター」で、ニュースサイト運営会社のイード <6038> [東証M]と協業、業容拡大に向けた戦略を進めている。(18/3/6)
③.【ブロードバンドタワー<3776>3ヶ月後予想株価:200円】データセンターやデータ・ソリューション等を提供するコンピュータプラットフォーム事業を展開。強固で信頼性の高いファシリティが強み。18.6期1Qは業績苦戦。ビービーエフの持分法適用関連会社への移行が影響。コンピュータプラットフォーム事業は堅調。SaaSサービス等が伸びる。IoT/AIソリューション事業は損益低調。18.6期通期は業績苦戦を見込む。PBRの見直し余地は乏しく、業績面が株価の上値を抑制へ。(18/2/3)
④.4K/8K時代の到来を見据えケーブルテレビ事業者向け映像配信プラットフォームを手掛けるジャパンケーブルキャスト(東京都千代田区)を17年9月に子会社化したブロードバンドタワー <3776> [JQ](18/1/13)  
⑤.【激 減】CATV関連の子会社化で売上30億円程度上乗せ。一方、通販支援子会社など持分移行で売上315億円、営業益9億円分剥落。DC運用横ばい。メディア改善でも本社移転費重く営業益激減。特配落とす。  
⑥.【M&A】19.8億円投じCATV関連事業を子会社化(50.4%出資)。DC事業への貢献に加えIoT分野でシナジーも狙う。18年夏の新DC稼働で来期償却膨らむ。  

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 877
投資CF : -901
財務CF : 712
現金等 : 6,963

財務(百万円)
自己資本比率 : 63.0%
利益剰余金 : 2,699
有利子負債 : 2,293

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示




テーマ
[データセンター][Webサイト構築][クラウドコンピューティング][eコマース][インターネット通信販売][テレビ通信販売][ビッグデータ][ASP][SaaS][SOHO][IT関連][太陽光発電関連]


3092スタートトゥデイ

スタートトゥデイ(3092) 東証1部 / 小売業 / 100株単位
衣料品通販サイト「ZOZOTOWN」を運営。ブランド品を受託販売、手数料が収益源。
当日の株価:3,030円(12:00)
予想PER:42.5
実績PBR:25.45
配当利回り: 0.96%
信用倍率:5.68
優待制度:なし
①. 衣料品ネット通販は新規受託ショップが着実増。クーポン販促など奏功、新規客増に加え既存会員も活性化。下期の物流費増こなし最高益。増配。19年3月期はネット通販の伸び続く。PBも寄与。連続最高益。
②.PB商品17年11月末発売。体型測るセンサー内蔵ボディスーツ配布し活用、サイズ不安解消図る。ヤマトとの運賃契約値上げ、ゾゾタウン送料一律200円に。
③.第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は97億円で前年同期比12%増と想定どおりの着地。受託ショップ商品取扱高は同26%増と堅調推移し、送料有料化の影響が懸念されていたなかで安心感につながっているようだ。新物流センター稼働によるコスト増などがやや収益の下押し要因に。なお、遅延していたPBの発売と「ZOZOSUIT」の出荷開始を発表したことも安心材料とみられる。順調な決算受けて買い安心感が高まっていたが、海外株安に釣られて下がっていると考えられ卯。
④. 株価は昨年10月31日3,000円で上昇している。昨年9月以降急落と上昇を繰り返している。  

キャッシュフロー(億円)
営業CF : 182
投資CF : -27
財務CF : -49
現金等  : 221 財務(百万円)
自己資本比率 : 58.8%
利益剰余金 : 31,338
有利子負債 : 0


Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら





↑このページのトップヘ