株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[9697]カプコン

[4633]サカタインクス [1部]業種:化学
終値976円/前日比-30円
Yahooの株価リンクはこちら  

印刷インキ大手。新聞用や包装用に強み。東洋インキと資本提携。海外先行。サカタインクスは本日引け後に業績修正を発表。2019年12月期第2四半期累計の連結経常利益予想を従来の30億円から37.1億円に23.9%上方修正し、一転して5.0%増益見通しとなりました。コスト削減を推し進めた結果、印刷インキ事業のアジアおよび米州において当初予想を上回る効果が実現したことなどから、各段階利益が当初予想を上回ったとしています。
「印刷インキ」

印刷技術基本ポイント オフセットインキ編



[8928]穴吹興産 [1部]業種:不動産業
終値2,723円/前日比-52円
Yahooの株価リンクはこちら 

マンション分譲は四国で首位級。子会社で人材派遣やホテル、ゴルフ場運営なども。穴吹興産は本日引け後に業績・配当修正を発表。2019年6月期の連結経常利益予想を従来の53億円から58.8億円に11.1%上方修正しました。増益率は2.1%増から13.5%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想を更に上乗せています。また、業績好調に伴い前期の年間配当を従来計画の95円から105円に増額修正しました。
「マンション分譲」

不動産 (Q&Aでわかる業種別法務)



[9697]カプコン [1部]業種:情報・通信業
終値2,750円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら 

家庭用ゲームソフト大手。「モンハン」「ストリートファイター」等人気作品多数。開発力に定評。クレディスイス証券は5日付で、投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に、目標株価を2,300円から3,000円にそれぞれ引き上げています。同証券予想を大幅に上回る第1四半期決算を受け、同証券業績予想を上方修正。併せて投資判断と目標株価を引き上げるとしています。現時点で予約状況は非開示ながら、4-6月期に「モンスターハンター:ワールド」シリーズの販売推移が好調だったことから、同シリーズファンに取って期待値は高まっていると判断しています。
「カプコン」

モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション(【予約特典】防具「ユクモノ」シリーズ(重ね着装備)」 が手に入るプロダクトコード 同梱)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



9697カプコン
カプコン(9697) 東証1部 / 情報・通信業 / 100株単位
家庭用ゲームソフト大手。「モンハン」「ストリートファイター」等人気作品多数。開発力に定評。

当日の株価:4,555円/前日比:+155 
予想PER:26.2
実績PBR:3.1
配当利回り: 1.10%
優待制度:なし
信用倍率:0.90

①.平成30年3月31日(土曜日)を基準日として、同日最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有する普通株式1株につき2株の割合をもって分割いたします。なお、基準日である平成30年3月31日(土曜日)は、当社の株主名簿管理人が休業日のため、実質的には平成30年3月30日(金曜日)が基準日となります。(18/3/6) 
②.株式会社カプコンは、PlayStation®4、Xbox One※1およびPC※2向けゲーム『モンスターハンター:ワールド』を全世界で750万本出荷(ダウンロード版販売実績を含む)しましたのでお知らせいたします。(18/3/5) 
③.カプコン<9697> 機関:GS 格付:買い 目標株価:4600→5000 日付:2/16(18/2/16) 
④.【東京ゲームショウ2017でも出展ゲームが人気】ゲーム開発会社では、eスポーツの大会を行うことで知名度が上昇するとともに、利用者の増加につながるとの期待もある。カプコンはいち早く本格参入を発表。なかでも「ストリートファイター」シリーズが人気のカプコンでは2月13日、北米を中心に実施していたeスポーツ事業へ国内でも本格的に参入すると発表した。まずユーザーコミュニティーの醸成を目的に、コミュニケーションスペース「カプコンeスポーツクラブ」を2月17日にプラサカプコン吉祥寺店に新設。また、14年から米子会社主催で実施しているCAPCOM Pro Tourの高位大会として「CAPCOM Pro Tour ジャパンプレミア大会」を「東京ゲームショウ2018」で開催するとしている。同大会の上位入賞選手にはプロライセンスの発行も予定しており、他社に先行する。(18/2/15)
⑤.【増益基調】パチスロは下期から規制強化の影響受け減少。が、柱の家庭用ゲームは前期の『バイオハザード』や18年初投入の『モンスターハンター』効果で堅調。営業増益。19年3月期も家庭用ゲームが収益牽引。
⑥.【注力分野】スマホゲーム分野でのヒットタイトル不足が課題。他社との共同開発を進めテコ入れ図る。『モンスターハンター』の新作は海外での積極展開で拡販狙う。

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 3,200
投資CF : -3,628
財務CF : -3,130
現金等 : 24,337

財務(百万円)
自己資本比率 : 70.5%
利益剰余金 : 47,514
有利子負債 : 10,524

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示



テーマ[ゲームソフト][オンラインゲーム][スマホゲーム][ソーシャルゲーム][ゲーム関連][プレイステーション][ニンテンドーDS][ニンテンドー3DS][Wii][iPhone関連][スマートフォン][iPad関連][3D映像][VR][仮想空間][アミューズメント][eスポーツ][クールジャパン][ハロウィン][アベノミクス関連][コンテンツ]

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ