株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[8919]カチタス


[4386]SIG
終値2,200円/前日比-7円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に業績修正を発表。2019年3月期第2四半期累計の非連結経常利益予想を従来の8,700万円から1億2,800万円に47.1%上方修正しました。システム開発事業及びインフラ・セキュリティサービス事業ともに活況な市場動向を背景に事業分野全般で取引が拡大し、予想を上回る見込みとしています。




[8919]カチタス 9/13の記事
終値2,987円/前日比+44円
Yahooの株価リンクはこちら 

東海東京調査センターは15日付で、投資判断「アウトパフォーム」、目標株価4,250円でカバレッジを開始しています。国内では空き家問題が指摘されて久しいですが、特に地方における戸建の買取再販は高いリフォーム力に加え、豊富な物件情報やブランドの認知・信頼が肝要であり、参入障壁は高いとしています。今後拡大が見込まれる中古住宅市場において、地方の実需に適う安価且つ高品質な戸建中古住宅を供給し続ける同社のユニークな役割は、ホームステージングを担う[9843]ニトリHDとの協業も相俟って、一層拡大すると考えているとコメントしています。




[6047]Gunosy 8/3の記事
終値2,458円/前日比-123円
Yahooの株価リンクはこちら 

岩井コスモ証券は15日付で、投資判断「A」を継続、目標株価は2,500円から3,000円に引き上げています。12日に2019年5月期連結業績予想の上方修正を発表。スマホ向けニュースアプリ「ニュースパス」などの新しい事業での広告収入が想定以上に拡大しており、収益基盤の強化が進んでいるとコメント。中期的に連結営業利益で年平均25%の増益などを目指す中期目標の達成に向けて業績は順調に拡大していると評価出来ようとしています。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


[6336]石井表記
終値954円/前日比+46円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2019年1月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比5.2%増の6.4億円に伸びました。従来の50.2%減益予想から一転して増益で着地しています。併せて通期の同利益予想を従来の9.1億円から11.1億円に20.8%上方修正。更に業績好調に伴い従来無配としていた今期の年間配当を10円実施し、9期ぶりに復配する方針を示しています。




[8919]カチタス
終値3,195円/前日比+110円
Yahooの株価リンクはこちら 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は12日付で、レーティング「Buy」、目標株価4,300円でカバレッジを開始しています。 価格競争力や政府支援などにより、成長余地がある中古住宅市場において販売戸数で最大手であり、スケールメリットや大株主[9843]ニトリHDとの提携による中期的な利益成長を予想しています。




[3994]マネーフォワード
終値4,355円/前日比+35円
Yahooの株価リンクはこちら 

SMBC日興証券は12日付で、投資判断「1」を継続、目標株価は3,700円から5,500円に引き上げています。主因として、人員増加や広告宣伝費増加、事業所移転に伴う先行投資増により、2020年11月期までの連結営業利益予想を減額修正しますが、PFMによる課金比率の上昇やMFクラウドにおけるトップライン成長によって、2021年11月期以降の利益予想を上方修正、売上成長見通しの上方修正に伴う永久成長率の引き上げの2点を挙げています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



8919カチタス
カチタス(8919) 東証1部 / 不動産業 / 100株単位
地方圏主体に戸建て・マンション中古再生事業を全国展開。17年4月ニトリHDと資本業務提携。中古住宅の再生・販売を地方中心に全国展開。競売などで安く仕入れ。

当日の株価:3,055円/前日比:-90
予想PER:25.0
実績PBR:8.11
配当利回り: 0.85%
優待制度:なし
信用倍率:541倍

①.ひふみ投信などの運用を手掛けるレオス・キャピタルワークスが2月21日受付で財務省に提出した変更報告書で、カチタス株式の保有比率が前回の5.84%から7.29%に上昇したことが判明。これを受けて需給思惑の買いが入っているようだ。なお、保有目的は純投資としており、報告義務発生日は2月15日なっている。(18/2/22) 
②.6日に昨年12月の新規上場以来、初の決算を発表している。18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比55.4%増の51.4億円に拡大して着地、これを好感する買いが入っている。中古住宅の再生販売の件数が前年同期比10.4%増の3591件に拡大したことが寄与。ネット広告の強化によるリフォーム中の契約促進などが奏功した。また、仕入価格の低減や値引き販売の抑制なども大幅増益につながった。(18/2/7)
③.【堅 調】店舗拡充やCM効果で仕入れ順調。つれて再生販売件数伸長。リフォーム中の成約進み在庫回転率向上、値下げ抑制で増員等こなし営業増益。19年3月期も戸建て再生増。中間配開始。配当性向30%以上。  
④.【成長戦略】資本業務提携先ニトリの店舗内に実験店開設検討、新たな顧客接点狙う。リフォーム商材の共同仕入れも。仕入れ物件拡大に向け不動産仲介業者と連携強化。 

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 939
投資CF : 614
財務CF : -4,886
現金等  : 4,723

財務(百万円)
自己資本比率 : 36.4%
利益剰余金 : 8,988
有利子負債 : 16,849

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ