株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[8217]オークワ

[6217]津田駒
[1部]業種:機械
終値867円/前日比-38
Yahooの株価リンクはこちら

自動織機大手。ジェットルームは世界首位。輸出が過半。工作用機器も展開。反落。今11月期上期の連結営業損益が計画を4億円下回り、15億円の赤字(前年同期は6億円の黒字)となったもようと。



[6178]日本郵政
[1部]業種:サービス業
終値758.1円/前日比-26.4
Yahooの株価リンクはこちら

郵政グループの持ち株会社で傘下に日本郵便、ゆうちょ銀、かんぽ生命。反落。三菱UFJモルガン証が26日付で、目標株価を1190円から830円に引き下げた。レーティングは「ニュートラル」(中立)を継続。



[8217]オークワ
[1部]業種:小売業
終値1,695円/前日比-14
Yahooの株価リンクはこちら

和歌山地盤のスーパー。近畿・中部に展開。食品の製造物流に強み。ニチウリ系。急落。26日に今2月期上期と通期の業績予想を増額修正したものの、いったん材料出尽くしの動き。



[2269]明治HD
[1部]業種:食料品
終値8,530円/前日比+150
Yahooの株価リンクはこちら

明菓・明乳が統合。菓子・乳業業界最大手。医薬品事業が急成長。中国拡大。堅調。英アストラゼネカが日本に導入予定の新型コロナワクチンについて、明治HD子会社が国内安定供給に向けた協議を開始したと発表。



[6136]OSG
[1部]業種: 機械
終値1,664円/前日比+69
Yahooの株価リンクはこちら

タップ・エンドミルなど高シェアの精密切削工具大手。製販一貫体制。海外に注力。続伸。未定としていた今11月期上期の連結営業利益は60億円(前年同期比48%減)となったもようとし、アク抜け感に。



[6923]スタンレー
[1部]業種:電気機器
終値2,534円/前日比-47
Yahooの株価リンクはこちら

自動車用照明器大手。ホンダ向け比重大。LEDの電子制御機器も収益大。しっかり。ウイルスなどを不活性化する効果がある「深紫外線」を発生する発光ダイオードの量産を始めると。



[7150]島根銀行
[1部]業種:銀行業
終値562円/前日比+26
Yahooの株価リンクはこちら

鳥取、島根が地盤の地銀。ATM利用で鳥取銀と提携。上場地銀最小規模。大幅続伸。コンサルティング支援のプロジェクトカンパニー(東京都港区)との取り次ぎパートナー契約の締結などを発表。







このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4381]ビープラッツ 
[M]業種:情報・通信業
終値2,052円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

継続従量課金のプラットフォームシステム「ビープラッツ」の開発・提供を手掛ける。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に、[9613]NTTデータが展開する「ECONO-CREA」で同社のサブスクリプション統合プラットフォーム「Bplats」が採用されたと発表。また、同プラットフォーム提供に関する協業を推進していくとしています。株価は4月以降、上昇基調にありますが、投資資金の攻勢が一段と強まり上げ足を加速させています。引き続き上値を追う展開が想定されます。



[7671]AmidA HD 
[M]業種:小売業
終値1,021円/前日比-1円
Yahooの株価リンクはこちら

印鑑やスタンプを中心とした商材のネット通販事業を手掛ける。 本日一時ストップ高まで買われる場面も見られました。自民党の「日本の印章制度・文化を守る議員連盟」通称はんこ議連が、はんこ制度継続を訴える動きを強めていると時事通信などで報じられています。はんこ議連は、要望書を19日付で岸田文雄政調会長に提出したとのことです。「国民にとって有益な」はんこ制度の継続を要求しているとのことで、現状の日本では「脱はんこ」の流れとなって来ており、印鑑のネット販売を手掛ける同社の先行き不透明感が強かっただけに、はんこ制度継続となれば同社には追い風との見方で買われた模様です。ただ、はんこ制度継続でも、はんこの需要が先行き拡大するとは思えないとの見方も多く、同社株の買いも続かず上げ分を飛ばして結局マイナス引けとなっています。



[9717]ジャステック 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,334円/前日比+147円
Yahooの株価リンクはこちら

独立系システム開発会社。金融・通信関連中心に多分野。一括請負を推進。 本日大幅ギャップアップスタートから急反騰し、年初来高値を更新しています。同社は昨日引け後に第2四半期累計単独決算を発表。売上高が前年同期比9.0%増の90億3,400万円、営業利益は同21.8%増の13億1,000万円、純利益は同25.1%増の9億4,000万円と大幅増益となりました。本日の株価は個別株軟調地合いもあり、高寄り後陰線を強いられましたが、週明けは先ず早期に落ち着き処を探ることが求められます。



[1789]ETS HD 
[JQ]業種:建設業
終値930円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

送電線工事が主体。電力会社向け主力、通信向け育成。建物管理事業も。 本日大幅上昇です。本日発売した新四季報では、「建物管理・清掃業は苦戦続くが、主力の電気工事は新型コロナの影響軽微」との記載がありました。また、東北電力からの受注が順調で、東京電力の受注も前期実績を上回るとのことです。2021年9月期も電気工事は大型案件含め手持ち豊富とのことで、特別高圧変電所工事も順調で増益続くとのことです。更に5G実用化開始で前期業務提携したナビック社と工事受注増を目指すとの記載もあります。テレワーク導入でWi‐Fi工事も順調増加とも書かれており、これらが好感されて本日は見直し買いに繋がっているとの見方です。小型の貸借銘柄で5G関連だけに、見直し買いが続く期 待もあるのではとの声も聞かれました。



[4875]メディシノバ 
[JQ]業種:医薬品
終値639円/前日比+52円
Yahooの株価リンクはこちら

米が本拠の医薬品開発ベンチャー。喘息急性発作などの治療薬を開発。 本日大きく急伸しました。今朝、米国の免疫学専門誌「Frontiers in Immunology」誌で、グリオブラストーマ腫瘍微小環境におけるMN-166を用いた研究結果が良好と掲載されたことを発表。今回の療法が最も深刻で難治性癌の一つであるGBMの治療法に繋がり、新たな治療選択になると期待されています。株価は2ヵ月程、25日線付近で揉み合いを続けてきましたが、本日一目均衡表でも雲を抜け、新たなトレンド形成に期待する声が出ています。



[6266]タツモ 
[1部]業種:機械
終値1,850円/前日比+187円
Yahooの株価リンクはこちら

液晶用塗布装置で世界首位。半導体製造装置に注力。精密金型・成形品も。 本日大幅高となり年初来高値を更新しています。特に材料は見当たりませんが、本日発売した新四季報の内容が好感されているとの見方です。新四季報の業績予想は前号と変わらずですが、文言が好感されている様子です。「新型コロナ影響軽微」との文言もあり、更に台湾の半導体メーカーから半導体装置を受注との記載もあります。受注額は約10億円で今期末に計上とのことで、中国の半導体投資拡大を見込み上海拠点の技術・サービス要員拡充を検討とも記載されています。最近は上値の重い展開を続けていただけに、新四季報をキッカケとして改めて見直し買いが入ってきた様子です。週明け以降も買いが続くか注目されます。



[3540]歯愛メディカル 
[JQ]業種:卸売業
終値5,280円/前日比+705円
Yahooの株価リンクはこちら

歯科製品の企画・製販。歯ブラシ等・歯科通販首位。一般医療用品通販も。本日後場14時過ぎから商いを伴い急伸し、年初来高値を更新してストップ高まで買われています。同社は本日、グループ会社のアエラスバイオが歯髄幹細胞を用いた再生医療を開始すると発表。歯髄再生治療は自らの不用歯から歯髄を採取し、その中に含まれる歯髄幹細胞を培養増殖し、虫歯(不可逆性歯髄炎など)で神経を喪失した歯に移植することにより歯髄を再生する治療で、この実用化は世界で初めての取り組みとのことです。株価は2018年10月以来となる5,000円台に到達しており、新展開入りが期待されます。



[7537]丸文 
[1部]業種:卸売業
終値554円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

独立系半導体商社。外国製品の取り扱いに実績。医用・半導体用装置も。 本日後場ストップ高まで買われています。同社は前場ザラ場中に革新的無線給電技術のIPベンダーである米国のオシア社と戦略的パートナーシップ契約を締結し、オシア社が特許を持つ空間伝送型ワイヤレス給電技術Cotaのライセンス提供サービスを開始したと発表。このCotaは、ケーブル接続や充電パッドが不要で無線技術を用いて同時に複数デバイスへ安全に電力供給することが出来る特許技術とのことで、今後需要が 見込める技術との見方から好感する買いが集まった様子です。小型の貸借銘柄だけに物色が続くようだと面白いとの声も聞かれました。週明けの動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ