株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[8023]大興電子通信

[4586]メドレックス  [M]業種:医薬品
終値396円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

創薬ベンチャー。経皮吸収型製剤技術やマイクロニードルアレイ技術に強み。本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、国内出願中の「薬剤でコーティングされたマイクロニードルアレイの製造方法」が、特許庁から特許査定を取得したと発表しました。なお、2020年12月業績への影響は無いとしています。株価は4月17日に年初来高値を付けたあと大きく売り込まれていましたが、本日をキッカケに再度上値を追う展開が期待されます。ただ、目先筋の参加者も多く、短期の回転売買からボラティリティの大きい動きも想定されるため、注意が必要です。



[8023]大興電子通信  [2部]業種:卸売業
終値785円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

富士通特約店。情報通信機器販売とシステム開発が両輪。クラウド型に注力。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に業績・配当修正を発表。2020年3月期の連結経常利益を従来予想の14.2億円から20億円に40.8%上方修正し、増益率が32.8%増から87.1%増に拡大する見通しとなりました。業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の6円から10円に大幅増額修正した事も発表しました。株価は3月23日安値を付けたあと反騰局面にあり、株主還元などを好感する買いがどこまで続くか注目されます。



[4751]サイバーエージェント  [1部]業種:サービス業
終値4,395円/前日比+280円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット広告事業とゲーム事業が2本柱。ネットテレビ局「AbemaTV」に注力。投資事業も。 本日大幅高となり、2月4日に付けている年初来高値に合わせる場面も見られました。同社が昨日発表した2Q決算では、ゲーム事業の好調などで大幅増益となっており、市場コンセンサスも上回っています。3Q以降は新型コロナウイルスの影響で主力の広告事業の落ち込みは避けられそうもありませんが、変わりにゲーム事業やメディア事業は外出自粛による巣ごもり需要で追い風となり、3Q以降の広告事業の落ち込みを補えるとの期待も強い様子です。この決算を受け、ゲーム事業の好調はサプライズとの見方が多いものの、やはり今後の広告事業減速への警戒を抱くアナリストも少なくありません。ただ、3Qに減速してもネット広告市場に対して同社広告事業の落ち込みは相対的に軽微だと指摘する向きもあり、明日以降高値を更新してくるか注目されます。



[3909]ショーケース  [1部]業種:情報・通信業
終値529円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

ウェブサイトをスマホ向けに最適化。成約率を高める「ナビキャスト」を提供。 本日買い気配スタートからの大陽線で急反発し、ストップ高まで買われています。同社は昨日、顔認証システム「ProTech ID Checker Type S」を5月中にも提供を開始すると発表。決済利用時に不正検知をした際の認証や遊園地、映画館といった娯楽施設や商業施設の入場パス購入時の認証など、ユーザー毎に限定的サービスを提供するソリューションが実現出来るとしています。本日の切り返しで株価は4月20日の直近戻り高値を更新しており、シコリが少ないゾーンに入っていきいます。



[1447]ITbook HD  [M]業種:建設業
終値451円/前日比+45円
Yahooの株価リンクはこちら

地盤調査改良とITコンサルが主力。18年10月にITbookとサムシングが経営統合。 本日大幅高です。安倍首相は22日、国の行政手続きの9割を2024年度までに電子化する「デジタル・ガバメント実行計画」について、可能な限り前倒しで実施するよう指示したと今朝の日経新聞などで報じられています。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために「至急検討してほしい」とのことです。これを受け自治体向けITコンサル事業などを手掛ける同社株には追い風になるとの見方から買われている模様です。同様に[9758]ジャパンシステムなども買われています。ただ、同社らが実際恩恵を受けるかは不透明であり、続く物色にはなり難いとの見方が多いようです。



[1446]キャンディル  [1部]業種:建設業
終値474円/前日比+51円
Yahooの株価リンクはこちら

建物の修繕・改修が主力。住宅、ホテルなどリペアサービスに強み。大手建築と密接。本日大きな窓を開けて続急伸しました。同社は昨日、グループのバーンリペアが住宅向けに「抗ウイルス・抗菌」効果のある光触媒コーティング施工体制を強化すると発表。バーンリペアはこれまでも主に施設向けに光触媒コーティング施工を行っていますが、特に新築住宅購入者からの同サービスへの関心が高まっているため、今後はより高品質な光触媒コーティングサービス「レコナガード エアリフレッシュ」に切り替え、順次提供体制を強化していくとのことです。新型コロナウイルス感染拡大に歯止めが掛からない中、需要増などが期待されているようで、今後も話題に上るケースはありそうです。



[4570]免疫生物研究所  [JQG]業種: 医薬品
終値570円/前日比+25円
Yahooの株価リンクはこちら

研究用試薬の製造販売・受託。抗体作製技術に定評。化粧品事業に参入。本日14時頃から動意付き一時ストップ高まで買われています。生命科学インスティテュートが脳梗塞患者を対象としたMuse細胞製品(CL2020)の臨床試験結果を発表しています。それによれば、安全性について問題は認められなかったとのことで、副次評価項目である有効性については目標を達成、その他の詳細については解析中で、今後学会または学術雑誌での公表を予定しているとのことです。同社は生命科学インスティテュートとMuse細胞を用いた再生医療事業に関して共同研究を実施していただけに刺激になったようです。ただ、結局崩れて上げ幅を縮小し引けています。



[1671]WTI原油価格連動型上場投信  [東証E]業種:ETF
終値585円/前日比-100円
Yahooの株価リンクはこちら

NYMEXのWTI原油先物価格に連動。管理:シンプレクス。連日のストップ安です。昨日の原油相場は反発したものの、基準価額から大きく乖離しているだけに、それにサヤ寄せする格好で売られています。管理元のシンプレクスアセットが公表している同ETFの基準価額は22日付けで477円となっています。21日は798円でした。基準価額が大きく下がった要因は、同ETFの買建玉がロールオーバーされたためで、22日時点での同ETF買建玉は7月限24064単位、8月限6025単位となっています。21日までは6月限も含まれていました。基本的に原油先物価格は期先になればなる程高くなるだけに、ロールオーバーする度に同ETFは減価するため、長期的には下げていくものとなります。特に足元は原油需要激減で貯蔵庫不足となっているため、保管コストなどが急騰しており、先物は期近と期先の乖離が大きくなっています。そのため、ロールオーバーによる減価が大きくなり易いと言えるでしょう。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6967]新光電気工業  [1部]業種:電気機器
終値1,249円/前日比+123円
Yahooの株価リンクはこちら

富士通系の半導体パッケージ・リードフレーム大手メーカー。インテルなど海外へ供給大。本日買い気配スタートから大幅反発しました。同社は昨日引け後に、集計中の2020年3月期連結業績について発表。売上高が1,442億円から前期比4.2%増の1,483億円へ、営業利益が12億円から同34.0%減の32億円へ、純利益が3億円から同2.9%増の26億円へ上振れて着地したようだとしています。半導体製造装置向けセラミック静電チャックの売り上げが増加した他、為替相場が想定レートよりも円安傾向で推移したことなども貢献しました。本日の大幅高で株価は75日移動平均線を明確に上放れており、年初来高値更新への期待が高まっています。



[3611]マツオカコーポレーション  [1部]業種:繊維製品
終値1,837円/前日比-5円
Yahooの株価リンクはこちら

OEM形態の総合アパレルメーカー最大手。技術力に強み。中国・東南アジアで生産。 本日朝方大きく買われる場面が見られました。厚労省は新型コロナウイルス感染防止対策として全世帯に配布する布マスクに関し、興和、伊藤忠、そして同社の3社から調達したことを明らかにしたと毎日新聞などが報じています。これを好感して買い優勢で始まるも寄り後は上値を追えず上げ縮小の動きになっており、結局マイナスに沈んで引けています。報道によれば、契約額は同社は7億6,000万円とのことだけに同社の売上高水準から見れば、かなり軽微と言える規模です。それだけに業績への寄与は期待出来ず、それよりも主要顧客である[9983]ファーストリテイリングからの新型コロナウイルスによる受注落ち込みの方が懸念だと言えるでしょう。



[2122]インタースペース  [M]業種:サービス業
終値948円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

成果報酬型広告大手。「ママスタジアム」など女性向けメディアサービス事業も注力。本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2020年9月期第2四半期累計の連結経常利益を従来予想の8,000万円から2.8億円に3.5倍上方修正し、減益率が88.2%減から58.3%減に縮小する見通しとなりました。また、上限12万株の自社株買いも発表し買いが流入しました。株価は本日上値抵抗線でもあった75日線を突破したことで、1,000円台回復への期待が高まっています。ただ、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く注意が必要です。



[6362]石井鐵工所  [1部]業種:機械
終値2,381円/前日比+78円
Yahooの株価リンクはこちら

石油、LPGタンク老舗。大型石油タンクに競争力。不動産事業強化し収益安定化。本日確りと続伸しています。原油の貯蔵庫不足により、原油先物が引き続き波乱的な動きになっており、思惑的に共栄タンカーなどタンカー関連株が本日も派手に物色されています。その流れから同社にも買いが入ってきた様子です。同社は石油科学系タンクを手掛けていることから今後需要が見込めるのではとの思惑のようです。同様に[6369]トーヨーカネツも買われています。続く物色にはなり難いとの見方は多いですが、明日の動向が注目されます。



[[2315]CAICA  [JQ]業種:情報・通信業
終値25円/前日比+3円
Yahooの株価リンクはこちら

金融向け中心のSI。フィンテック関連に注力。アイスタディを子会社化。フィスコと親密。本日買い先行スタートから急反発しています。同社は昨日引け後に、[3681]ブイキューブおよび[2345]アイスタディと協業し、東南アジアやインドにおけるオンライン教育の事業展開を行うと発表。子会社のCAICAテクノロジーズを通してシステムに関するセキュリティ面の技術支援を担当することで事業を展開するとのことです。3社は今回の資本・業務提携を通じ、オンライン教育市場の成長が見込まれる東南アジアやインドなどへの事業展開を提携関係にあるパートナー企業と連携し、加速させるとしており、株価推移への注目は継続しそうです。



[3359]cotta  [M]業種:卸売業
終値408円/前日比+64円
Yahooの株価リンクはこちら

食品の容器・包装資材を小口・短納期で通販。和菓子店や総菜店などに。本日大幅反発です。同社は先週16日に「手作りパンキット」を1万世帯無料プレゼントを発表しています。コロナ禍で“過剰在庫”となった業務用食材を有効活用し、ご家庭にお届けするとのことです。この申し込みが本日11時からとなっていますが、公式サイトが繋がり難い状況となっており、アクセス集中が要因の模様です。これを受け思惑的に買われています。無料配布だけに業績寄与は無いものの、これを機に顧客増に繋がり、結果的に業績寄与が期待出来るとの思惑です。また、小型株だけに短期資金の物色材料となった面もある様子で明日も物色が続くか注目されます。



[7034]プロレド・パートナーズ  [M]業種:サービス業
終値3,950円/前日比+320円
Yahooの株価リンクはこちら

企業再生ファンドや上場企業に成果報酬型の経営コンサルティングを提供。本日後場寄り直後に掛けて上値追いが継続し、大幅続伸しました。同社は東証の承認を受け、28日から東証1部に昇格すると発表しています。1部への市場区分変更に伴い、同社株は5月末からTOPIXの構成銘柄に組み入れられます。このためパッシブファンドなどの需要が拡大するとの期待から買いが入りました。本日の大陽線で株価は75日線を明確に上抜け、200日移動平均線に迫っていることからも先高観が高まる処です。



[1671]WTI原油価格連動型上場投信  [ 東証E]業種:ETF銘柄一覧
終値685円/前日比-150円
Yahooの株価リンクはこちら

本日ザラバ寄らずのストップ安となっています。昨晩もWTI原油先物相場は波乱的な動きになっており、期近5月物は最終売買日で商いが乏しく前日の派手な下落の反動から反発して引けていましたが、本日から期近物となる6月物は大きく下落。それにより本日は同ETFだけでなく、[1690]WTI原油上場投信、[1699]NOMURA原油インデックス上場、[2038]日経・TOCOM原油ダブル・ブルETNも総じて派手に下落しています。これら原油連動型ETFは何れも足元で信用買い残が急増しており、値頃感からか買いを入れてきた個人投資家はかなり多い様子です。それが総じて安値を大きく更新していることから、個人投資家の心理は一気に悪化した格好です。それが昨日と本日の新興市場の弱さにも繋がっているとの見方です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[9325]ファイズHD [1部]業種:倉庫・運輸
終値545円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら  

EC運営企業の物流センターの管理・梱包・配送まで受託。宅配サービスも。本日ストップ高を付けました。同社は先週末7日引け後に決算を発表。2020年3月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期非連結比33.3%増の2.1億円に拡大し、通期計画の2.4億円に対する進捗率は85.1%に達しました。株価は昨年の秋以降、業績悪化などを理由に大きく売り込まれ、大底を打っていましたが、今回大幅に収益が改善したことで強く反発しており、元の水準まで戻る勢いがあります。



[3604]川本産業 [2部]業種:繊維製品
終値2,100円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら 

医家用衛生材料最大手。ガーゼ、脱脂綿など。西松屋向け育児用品も。本日ストップ高です。本日も新型コロナウイルス関連銘柄に物色されているもの目立っています。この土日に、マスク不足や防護服不足などが引き続き報じられており、中国では新型コロナウイルス感染拡大が未だ続いている状況です。また、先週末に提出された大量保有報告書では、同社株を大量保有していたシンプレクス・アセット・マネジメントが保有株をほぼ売却したことが明らかになっており、受け皿となった個人投資家のシコリが警戒されるものの、シンプレクスの利食い売りが終わったとの見方から買われている面もある様子です。後場には、クルーズ船で新たに60人の感染が確認されたとの報道も追い風となりストップ高まで買われました。ただ、同社は引け後に3Q決算を発表しており、それを受け明後日どういう動き見せるのか注目されます。



[2395]新日本科学 [1部]業種:サービス業
終値704円/前日比+76円
Yahooの株価リンクはこちら 

前臨床試験受託で国内首位。基礎研究から臨床試験も受託。製剤に注力。本日大きな窓を開けて急反発しています。同社は先週末7日引け後に、2020年3月期業績を修正。連結経常利益予想を従来の20億円から30億円に50.0%上方修正しました。増益率は24.0%増から86.0%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想を更に上乗せています。国内前臨床の豊富な受注残高を背景に稼働率が想定を上回り採算が改善することが寄与したようで、今期業績の上方修正は昨年11月に続き2回目となります。1月急騰時にも718円を高値に往って来いとなった経緯があり、今回も明後日の動向や引け方がポイントとなりそうです。



[8848]レオパレス21 [1部]業種:不動産業
終値379円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら 

建築請負と賃貸が主力。単身者向けアパート「レオパレス21」。補修費用が重荷に。本日大幅高です。先週末同社は3Q決算を発表。大幅赤字となっていますが、四半期ベースでは7-9月期より赤字縮小しており、純利益は黒字転換となっています。また、一緒に発表した1月の月次データでは、入居率が80.19%となっており、同社がアパートオーナーに支払う金額を家賃収入が上回る逆鞘の目途となる80%を4ヵ月ぶりに上回っています。これらが好感されて買われているとの見方です。ただ、本日提出された大量保有報告書ではオデイ・アセットが、同社株の保有比率を減らしてきていることが明らかになっており、未だ大量保有しているだけに更に売ってくるのではと警戒する声も聞かれました。



[8023]大興電子通信 [2部]業種:卸売業
終値1,169円/前日比+160円
Yahooの株価リンクはこちら 

富士通特約店。情報通信機器販売とシステム開発が両輪。クラウド型に注力。本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は先週末7日引け後に決算を発表。2020年3月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比3.7倍の14億円に急拡大しました。なお、直近3ヵ月の実績である10-12月期連結経常損益も前期は1億円の赤字でしたが、2.5億円の黒字に浮上しました。通期計画の14.2億円に対する進捗率も99.0%に達しており、業績上振れを期待する買いがどこまで続くか注目されます。



[6664]オプトエレクトロニクス [JQ]業種:電気機器
終値610円/前日比+43円
Yahooの株価リンクはこちら 

バーコードリーダー大手。レーザーエンジンで国内首位、世界2位。本日大幅高となり、一時ストップ高まで買われました。米ハネウェルから同社に対して特許権侵害を理由とする米国への輸入差し止めおよび損害賠償を求めた訴訟について、この度和解が成立したと今朝9時に発表。この訴訟問題が先行き不透明感に繋がり同社株の重石になっていただけに和解成立で安心感に繋がっています。ただ、和解金額や和解内容の詳細は秘密保持条項が和解契約に含まれているため、開示は出来ないとのことです。しかし、1Q決算に和解金を特別損失として計上するとのことで、それにより和解金額は明らかになる見通しです。金額が不明なことや和解内容の詳細が気になるとの声も多いだけに買いも続き難いと見られます。



[7740]タムロン [1部]業種:精密機器
終値2,650円/前日比+284円
Yahooの株価リンクはこちら 

レンズ専業大手。一眼レフ用交換レンズで世界的。デジカメ用も。監視カメラ用強化。本日大幅ギャップアップスタートから急反発しました。同社は先週末7日引け後に、2019年12月期決算を発表。営業利益が前期比29%増の69億8,200万円と大幅な伸びを確保し、今期予想は前期比強含み横這いを予想しているものの、売上高は増収基調を維持する見通しとなっています。また、決算発表を受け野村證券が同社株の投資判断「Buy」継続とし、目標株価を3,200円から3,850円に大幅に引き上げており、12月13日の昨年来高値更新の有無が目先の最大の焦点となるでしょう。



[7826]フルヤ金属 [JQ]業種:その他製品
終値6,300円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら 

白金中心に貴金属の製造・加工・回収。レアメタルの回収・精製・改鋳に強み。 本日大幅高となり、昨年来高値を更新しています。先週末発表した2Q決算は大幅減益ながら市場コンセンサスは上回っており、それが好感されて買われています。また、この決算を受けて、いちよし証券が本日付でレポートを出しており、10-12月期利益は同証券の予想を上回ったとのことで、薄膜、センサーの回復が想定を上回るペースだと指摘。中期ベースでは触媒リサイクル、有機EL などケミカル部門に期待するとのことです。投資判断「A」継続で、フェアバリューを従来の7,200円から8,600円まで引き上げています。時価を大きく上回る水準だけに追い風になった面もあるようです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1881 NIPPO [1部]業種:建設業
以前の記事
終値2,207円/前日比+57円
Yahooの株価リンクはこちら  

JX系の道路舗装大手。民間建築で実績、土木も展開。不動産開発も。野村證券は23日付で、投資判断を「Neutral」から「Buy」に、目標株価を1,910円から2,800円にそれぞれ引き上げています。2018年度補正予算、2019年度当初予算で増加した公共事業費の好影響により、前払金保証統計に表れる公共向けの受注額は2019年2月以降で増加に転じているとコメント。同社の主力事業である道路舗装工事やアスファルト合材の製造販売事業も受注の増加を通じて業績が回復に向かうと予想しています。

「道路舗装」関連

舗装点検必携 平成29年版



8023 大興電子通信 [2部]業種:卸売業
終値616円/前日比-6円
Yahooの株価リンクはこちら 

富士通特約店。情報通信機器販売とシステム開発が両輪。クラウド型に注力。同社は本日引け後に業績・配当修正を発表。2019年3月期の連結最終利益予想を従来の4.9億円から26.3億円に5.4倍上方修正しました。増益率は13.2%増から6.1倍に急拡大し、27期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなっています。民需分野における顧客の投資意欲改善により、主にソフトウェアビジネスで受注増加があったことやストックビジネスの受注促進活動が奏功し、保守ビジネスを中心に増加したことで伸長したようです。また、業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の4円から6円に大幅増額修正しています。

大興電機製作所―豊かな未来をつくる通信機のタイコー (1972年) - – 古書, 1972



8118 キング [1部]業種:繊維製品
終値633円/前日比-10円
Yahooの株価リンクはこちら 

レディスアパレル中堅。ミセス向けなど主力。テキスタイルも展開。専門店販売・FC店8割。同社は本日引け後に業績・配当修正を発表。2019年3月期の連結経常利益予想を従来の13億円から14.8億円に13.8%上方修正しました。減益率は13.8%減から1.9%減に縮小する見通しとなっています。消費者の節約志向が依然として根強く、厳しい経営環境が続いており、売上高は予想数値を若干下回る見込みですが、経費の効率使用等により予想数値を上回る見込みとしています。また、業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の16円から20円に増額修正しました。

キングの展開ブランド「モラビト」

【パスカル モラビト】ペルル プレシューズ EDP・SP 100ml [並行輸入品]

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ