株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[7936]アシックス

[4739]伊藤忠テクノサイエンス [1部]業種:情報・通信業
終値2,917円/前日比-1円
Yahooの株価リンクはこちら  

伊藤忠系SI大手。システム提案から保守まで一貫サービス。通信事業向け主力。野村證券は2日付で、投資判断を「Neutral」から「Buy」に、目標株価を2,750円から3,600円にそれぞれ引き上げています。中期的に情報通信は5G関連案件の拡大、エンタープライズや流通は開発・SI案件の伸長などが見込まれ、セクター平均を上回る営業増益率が続くと予想するとしています。5G関連投資が拡大傾向にある上、新領域での案件獲得などネットワーク機器だけではない分野で恩恵を受ける蓋然性が高い点、エンタープライズでは製造業を中心に既存顧客の投資が活発である上、顧客内シェアも上昇傾向にある点を考慮し、同証券では業績予想を上方修正するとしています。

BEA Weblogic Server構築・運用ガイド
伊藤忠テクノサイエンス株式会社 (著), 日本BEAシステムズ株式会社 (著)



[7936]アシックス [1部]業種:その他製品
終値1,126円/前日比-19円
Yahooの株価リンクはこちら 

競技用シューズ最大手。「アシックス」「オニツカタイガー」ブランド。欧米のランニングに強み。本日引け後に決算を発表。2019年12月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比53.5%増の99.6億円に拡大しました。従来の7.6%減益予想から一転して増益での着地となっています。併せて通期の同利益予想を従来の100億円から125億円に25.0%上方修正し、増益率は14.1%増から42.6%増に拡大する見通しを示しています。

[アシックス タイガー] TQ6M4N-2525 GEL-KAYANO TRAINER EVO (ゲルカヤノトレーナーエボ) レッド/レッド AT049



[8111]ゴールドウイン [1部]業種:繊維製品
終値15,160円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら 

スポーツウエア・用品の製造販売。アウトドアの「ザ・ノース・フェイス」ブランドなどに強み。ゴールドウインは本日引け後に決算を発表。2020年3月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比81.9%増の19.4億円に拡大しました。併せて4-9月期の同利益予想を従来の28億円から34億円に21.4%上方修正。増益率は3.1%増から25.2%増に拡大し、従来の3期連続での上期の過去最高益予想をさらに上乗せしています。

ゴールドウイン(GOLDWIN) ジャケット GWS クロスオーバージャケット ストーングレー SG Lサイズ GSM22803

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

[3978]マクロミル [1部]業種:情報・通信業
終値1,690円/前日比+123円
Yahooの株価リンクはこちら  

マーケティングリサーチで国内最大級。分析サービスも。博報堂からマーケ子会社買収。野村證券は17日付で、投資判断「BUY」、目標株価2,320円でカバレッジを開始しています。デジタルマーケティング商材の提供拡大による収益性改善により、2019年6月期から2024年6月期までの5期間で年率13%の修正連結一株利益成長を予想するものの、株価に織り込まれていないと判断したとしています。

マクロミル ブランドデータバンク (著), 日経デザイン (編集)



[7936]アシックス [1部]業種:その他製品
終値1,525円/前日比+24円
Yahooの株価リンクはこちら 

競技用シューズ最大手。「アシックス」「オニツカタイガー」ブランド。欧米のランニングに強み。野村證券は17日付で、投資判断「Buy」を継続、目標株価は2,000円から2,200円に引き上げています。報道各紙の新春インタビューによれば、廣田康人社長COOは中期計画達成に向けて2019年の位置付けを「躍」としており、2019年12月期は一旦、マーケティング費用先行となりますが、早期にグローバルでブランド強化・売上成長という好サイクルが現実味を帯びてくると同證券では予想するとコメント。2020年12月期は東京オリンピックの特需も見込めるとしています。

[アシックスワーキング] asics working 安全靴 作業靴 ウィンジョブ42S 樹脂製先芯



[8804]東京建物 [1部]業種:不動産業
終値1,209円/前日比+31円
Yahooの株価リンクはこちら 

総合不動産。ビル賃貸が主力。マンションなどの分譲も。シニア向け住宅を育成。同社は本日引け後に自社株買いを発表。上限は発行済株式総数(自己株式を除く)の4.61%にあたる1000万株・100億円で、取得期間は2019年2月6日から12月31日までとなります。2019年1月18日開催の取締役会において、会社法165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基付き、自己株式取得に係る事項に付いて決議したとしています。

ビル賃貸の関連書籍

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ