株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[7532]パン・パシフィック・インターナショナルHD

[8922]日本アセットマーケティング [M]業種:不動産業
終値122円/前日比+17円
Yahooの株価リンクはこちら  

ドン・キホーテのPPIH傘下。グループのビル保有。不動産管理・賃貸が主力。本日大きな窓を開けて続急騰し、昨年来高値を大幅に更新しています。同社は昨日引け後に、発行済み株式数(自社株を除く)の8.00%にあたる6197万1700株(金額で82億6,882万円)を上限に自社株TOB(株式公開買付)を実施すると発表しました。公開買い付け期間は2月6日から3月6日までとなっています。買い付け価格は5日終値を23.8%上回る1株130円で、本日の株価はこれにサヤ寄せする格好で気配を切り上げましたが、陰線で引けており、未だ株価変動の可能性を残しています。



[3911]Aiming [M]業種:情報・通信業
終値370円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら 

スマホやPC向けオンラインゲームを開発配信。「剣と魔法のログレス」をマーベラスと運営。 本日ザラバ寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。昨日同社が、新作スマートフォン向けゲーム「ドラゴンクエストタクト」を[9684]スクウェア・エニックスHDと共同開発すると発表。スクウェア・エニックスHDによれば、2020年中に配信予定で基本プレイ無料でアイテム課金型となっています。ドラゴンクエストは非常に人気の高いIPだけにヒットする可能性も高く、そうなれば同社業績に大きく寄与するのではとの思惑から見直し買いに繋がっています。[3668]コロプラが「DQW(ドラゴンクエストウォーク)」で昨年派手な相場作っただけに、コロプラより時価総額が小さい同社株も派手な相場を作ると期待する向きも多いようです。コロプラから同社株へ資金シフトする個人投資家も多そうだとの声も聞かれました。



[7532]パン・パシフィック・インターナショナルHD [1部]業種:小売業
終値2,084円/前日比+314円
Yahooの株価リンクはこちら 

総合ディスカウント「ドンキ」展開。インバウンドに強み。子会社にユニー、長崎屋、ドイト。本日大幅ギャップアップスタートから大陽線で急騰し、上場来高値を更新しています。同社は昨日引け後に、2020年6月期業績予想の上方修正を発表、営業利益は従来予想の680億円から前期比14%増の720億円に増額しました。「ドン・キホーテ」などを展開し足元の業績は会社側想定を上回る好調に推移しています。本日の大幅高で株価は2,000円大台を回復し、2018年11月に付けた1,950円(分割後修正値)を上回り、一気に上場来高値を更新してきており、青天井相場への期待が高まっています。



[6195]ホープ [M]業種:サービス業
終値2,290円/前日比-500円
Yahooの株価リンクはこちら 

自治体広報誌の運営、調査、広告販売などを支援。電力販売が拡大中。 本日大幅安となり、ストップ安まで売られました。同社は今朝寄り付き前に2Q決算を発表。大幅増収で黒字転換となっているものの、期待外れとの見方から失望的に売られた様子です。今期末に記念配当15円を実施することも発表していますが、好感する動きは見られず2Q業績はほぼ四季報予測に沿った数字となっており、ネガティブサプライズとは言えないものの、先日同社は通期の売上高予想を大幅に上方修正していただけに、2Qへの期待感も高まっていた様子です。また、前回の決算発表から株価も随分と上げてきただけに出尽くし的な売りも出易い状況で、派手に売られるのは仕方ないと言えるでしょう。ただ、売り一巡後は買いに動く向きも多いのではとの声も聞かれました。



[9684]スクウェア・エニックスHD [1部]業種:情報・通信業
終値5,200円/前日比-410円
Yahooの株価リンクはこちら 

ゲーム大手。「ドラクエ」「FF」など人気ソフト。コンテンツを多面展開へ。傘下にタイトー。 本日大幅安です。昨日引け後に発表した3Q決算は大幅増益の着地となり、市場コンセンサスも上回りました。ただ、通期業績が据え置かれたことが嫌気された様子です。3Qの数字からも上方修正必至と言える状況ながら今回修正を見送ったことから先行き不透明感を抱く向きも多いようです。ただ、この決算を受け、三菱UFJモルガン・スタンレー証券はポジティブと指摘しており、通期営業利益計画は上振れる可能性大とのことです。一方、SMBC日興証券では3Q好決算も通期業績上振れ期待は織り込み済みとなる可能性を指摘しています。株式市場の焦点も2021年3月期業績に移りつつあると見られるとのことです。何れにせよ「DQW」のヒットにより、今回の決算に期待していた向きが多いようで、出尽くし的に売られている面もあるのではとの声も聞かれました。



[9232]パスコ [1部]業種:空運業
終値2,159円/前日比+252円
Yahooの株価リンクはこちら 

セコム系の航空測量最大手。公共依存から脱却へ。衛星活用、空間情報に注力。本日窓を開けて急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年3月期第3四半期累計の連結経常損益は14.8億円の黒字に浮上し、通期計画の26億円に対する進捗率は57.0%となりました。3次元計測事業や航空写真撮影事業、行政業務支援サービスといった既存のサービスに加えて、海外事業が好調に推移した模様です。目先は1月20日に付けた2,290円を突破し、年初来高値更新への期待が掛かります。



[3668]コロプラ [1部]業種:情報・通信業
終値998円/前日比-190円
Yahooの株価リンクはこちら 

スマホゲームで急成長。ゲームアプリの課金収入が収益源。VR分野や海外に展開。本日大幅安となり、大台を割り込んでいます。昨日同社は1Q決算を発表。二桁増収で黒字転換となっていますが、営業利益が市場コンセンサスには届かず。昨年9月から配信しているスクウェア・エニックスHDとのスマートフォン向けゲーム「DQW」が、今回発表された10-12月期にはフルで寄与するだけに、期待感も非常に強かった様子です。それだけに余程強い数字が出てこないと出尽くし的に売られるとの警戒も言われていました。「DQW」だけでは今の株価を維持するのは難しいとの見方も多く、新たな収益源となる新作ゲームが出てこないと買いも入り難くなってくるとの声も聞かれました。明日以降、大台を回復出来るか注目されます。





このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4527]ロート製薬 [1部]業種:医薬品
終値2,429円/前日比+22円
Yahooの株価リンクはこちら  

岩井コスモ証券は2日付で、投資判断「A」を継続、目標株価は3,600円から4,000円に引き上げています。国内市場で安定的な収益基盤を整えながら、アジア市場の深耕による成長が期待出来る企業であり、長期に渡って増配を続ける還元姿勢も評価して投資判断を継続、構造改革が完了する2021年3月期以降の利益成長期待が高まったことから、目標株価を引き上げるとしています。また、2020年3月期も営業最高益の更新が続く見通しで、16期連続となる増配を行う予定にあり、足元で収益を圧迫する構造改革費用は2021年3月期第1四半期で終了し、改革効果が顕在化する見通しと指摘しています。



[7532]パン・パシフィック・インターナショナルHD [1部]業種:小売業
終値1,800円/前日比+2円
Yahooの株価リンクはこちら 

総合ディスカウント「ドンキ」展開。インバウンドに強み。子会社にユニー、長崎屋、ドイト。 岡三証券は2日付で、投資判断を「中立」から「強気」に、目標株価を1,700円から2,000円にそれぞれ引き上げています。同証券では、2020年6月期連結業績予想を修正、営業利益を前期比10.9%増の700億円(従来660億円、会社側計画は680億円)に引き上げたことを主因に投資判断を引き上げるとしています。第1四半期業績は計画を上振れたと見られ、計画に対し一定の「貯金」が出来たと見ているとのことです。会社側計画も修正されましたが、第1四半期の上振れ分全ては計上せず慎重な見方を維持していることもポイントに挙げています。



[8923]トーセイ [1部]業種:不動産業
終値1,333円/前日比±0円
Yahooの株価リンクはこちら 

マンション開発から不動産流動化にシフト。都心の中小型物件や物流施設で組成。 同社は本日引け後に業績・配当修正(国際会計基準=IFRS)を発表。2019年11月期の連結税引き前利益予想を従来の112億円から120億円に7.2%上方修正し、増益率は10.4%増から18.4%増に拡大、従来の4期連続での過去最高益予想を更に上乗せました。当期に販売した物件の利益率が当初予想を上回って推移したこと。また、不動産ファンド・コンサルティング事業において、受託資産の拡大による期中報酬の増加、受託ファンドの物件取得および売却に係る業務報酬による収益の底上げ、販売費および一般管理費および金融費用などにおいて想定を下回ったことを理由として挙げています。また、業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の37円から42円に増額修正しています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7532]パン・パシフィック・インターナショナルHD [1部]業種:小売業
終値1,722円/前日比+7円
Yahooの株価リンクはこちら  

総合ディスカウント「ドンキ」を全国展開。深夜営業に特色。ユニーを完全子会社化。岩井コスモ証券は11日付で、投資判断「A」、目標株価2,000円でカバレッジを開始しています。ダブルネーム店舗への業態転換も順調に推移し、転換後の店舗では業績向上が見られることから業績拡大の源泉になると予想。権限委譲や意思決定の速さや個店主義などのビジネスモデルは柔軟性に富み、リアル店舗ならではの体験や経験の提供で、アマゾンなどの競合ECとの競争に対しても強みが発揮出来ると見ているとのことです。
「ドンキ」

ドン・キホーテだけが、なぜ強いのか?



[7725]インターアクション [1部]業種:精密機器
終値2,147円/前日比+137円
Yahooの株価リンクはこちら 

光源装置製造会社。検査用光源装置、スマホや車載向け撮像素子に強み。モーニングスターが12日付のレポートで、業績予想を見直したことに伴い前回2018年5月30日付レポートの想定株価レンジ1,600円~1,700円を2,600円~2,700円に引き上げ、投資判断を「オーバーウエート」継続としました。レポートでは、米アップルが来年iPhoneの新機種にToFセンサを搭載するとの観測があり、イメージセンサの増産に連れて同社の検査用光源装置、瞳モジュールの需要が増える可能性が高いとしています。

四畳半から東証一部上場へ
木地英雄 (著)



[8885]ラ・アトレ [JQG]業種:不動産業
終値610円/前日比±0円
Yahooの株価リンクはこちら 

中古マンションを改装・販売。販売代理が主力で不動産管理も収益柱。新築も。ラ・アトレは本日引け後に業績・配当修正を発表。2019年12月期の連結経常利益予想を従来の11億円から11.5億円に4.5%上方修正し、増益率は17.0%増から22.3%増に拡大、従来の3期連続での過去最高益予想を更に上乗せました。主に新築不動産販売部門における利益が当初の見込みを大きく上回ることが出来たとしています。なお、業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の17円から28円に大幅増額修正しました。

1/1 イチブンノイチ ラ・アトレ学生実施コンペ2014-2016




このブログはランキングに参加しています。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ