株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[7532]パン・パシフィック・インターナショナルHD

[4527]ロート製薬 [1部]業種:医薬品
終値2,429円/前日比+22円
Yahooの株価リンクはこちら  

岩井コスモ証券は2日付で、投資判断「A」を継続、目標株価は3,600円から4,000円に引き上げています。国内市場で安定的な収益基盤を整えながら、アジア市場の深耕による成長が期待出来る企業であり、長期に渡って増配を続ける還元姿勢も評価して投資判断を継続、構造改革が完了する2021年3月期以降の利益成長期待が高まったことから、目標株価を引き上げるとしています。また、2020年3月期も営業最高益の更新が続く見通しで、16期連続となる増配を行う予定にあり、足元で収益を圧迫する構造改革費用は2021年3月期第1四半期で終了し、改革効果が顕在化する見通しと指摘しています。



[7532]パン・パシフィック・インターナショナルHD [1部]業種:小売業
終値1,800円/前日比+2円
Yahooの株価リンクはこちら 

総合ディスカウント「ドンキ」展開。インバウンドに強み。子会社にユニー、長崎屋、ドイト。 岡三証券は2日付で、投資判断を「中立」から「強気」に、目標株価を1,700円から2,000円にそれぞれ引き上げています。同証券では、2020年6月期連結業績予想を修正、営業利益を前期比10.9%増の700億円(従来660億円、会社側計画は680億円)に引き上げたことを主因に投資判断を引き上げるとしています。第1四半期業績は計画を上振れたと見られ、計画に対し一定の「貯金」が出来たと見ているとのことです。会社側計画も修正されましたが、第1四半期の上振れ分全ては計上せず慎重な見方を維持していることもポイントに挙げています。



[8923]トーセイ [1部]業種:不動産業
終値1,333円/前日比±0円
Yahooの株価リンクはこちら 

マンション開発から不動産流動化にシフト。都心の中小型物件や物流施設で組成。 同社は本日引け後に業績・配当修正(国際会計基準=IFRS)を発表。2019年11月期の連結税引き前利益予想を従来の112億円から120億円に7.2%上方修正し、増益率は10.4%増から18.4%増に拡大、従来の4期連続での過去最高益予想を更に上乗せました。当期に販売した物件の利益率が当初予想を上回って推移したこと。また、不動産ファンド・コンサルティング事業において、受託資産の拡大による期中報酬の増加、受託ファンドの物件取得および売却に係る業務報酬による収益の底上げ、販売費および一般管理費および金融費用などにおいて想定を下回ったことを理由として挙げています。また、業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の37円から42円に増額修正しています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7532]パン・パシフィック・インターナショナルHD [1部]業種:小売業
終値1,722円/前日比+7円
Yahooの株価リンクはこちら  

総合ディスカウント「ドンキ」を全国展開。深夜営業に特色。ユニーを完全子会社化。岩井コスモ証券は11日付で、投資判断「A」、目標株価2,000円でカバレッジを開始しています。ダブルネーム店舗への業態転換も順調に推移し、転換後の店舗では業績向上が見られることから業績拡大の源泉になると予想。権限委譲や意思決定の速さや個店主義などのビジネスモデルは柔軟性に富み、リアル店舗ならではの体験や経験の提供で、アマゾンなどの競合ECとの競争に対しても強みが発揮出来ると見ているとのことです。
「ドンキ」

ドン・キホーテだけが、なぜ強いのか?



[7725]インターアクション [1部]業種:精密機器
終値2,147円/前日比+137円
Yahooの株価リンクはこちら 

光源装置製造会社。検査用光源装置、スマホや車載向け撮像素子に強み。モーニングスターが12日付のレポートで、業績予想を見直したことに伴い前回2018年5月30日付レポートの想定株価レンジ1,600円~1,700円を2,600円~2,700円に引き上げ、投資判断を「オーバーウエート」継続としました。レポートでは、米アップルが来年iPhoneの新機種にToFセンサを搭載するとの観測があり、イメージセンサの増産に連れて同社の検査用光源装置、瞳モジュールの需要が増える可能性が高いとしています。

四畳半から東証一部上場へ
木地英雄 (著)



[8885]ラ・アトレ [JQG]業種:不動産業
終値610円/前日比±0円
Yahooの株価リンクはこちら 

中古マンションを改装・販売。販売代理が主力で不動産管理も収益柱。新築も。ラ・アトレは本日引け後に業績・配当修正を発表。2019年12月期の連結経常利益予想を従来の11億円から11.5億円に4.5%上方修正し、増益率は17.0%増から22.3%増に拡大、従来の3期連続での過去最高益予想を更に上乗せました。主に新築不動産販売部門における利益が当初の見込みを大きく上回ることが出来たとしています。なお、業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の17円から28円に大幅増額修正しました。

1/1 イチブンノイチ ラ・アトレ学生実施コンペ2014-2016




このブログはランキングに参加しています。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ