株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[7518]ネットワンシステムズ

[7022]サノヤスHD 
[1部]業種:輸送用機器
終値183円/前日比+25円
Yahooの株価リンクはこちら

造船が中核。中型ばら積み船に強み。遊園地機械や工事用昇降機なども。 本日買い気配スタートからの大陽線で急伸し、年初来高値を更新しました。本日付の読売新聞で「政府は、国内造船業の国際競争力を強化するため、巨額の金融支援を行う新たな枠組みを作る方針を固めた」と報じられました。記事によると1件あたり数百億円規模となる見通しで、年内の実行を目指すとのことです。中韓に対抗し造船業界の活性化を図るのが目的とされ、思惑的な商いが継続しそうです。



[4751]サイバーエージェント 
[1部]業種:サービス業
終値5,760円/前日比-440円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット広告事業とゲーム事業が2本柱。ネットテレビ局「AbemaTV」に注力。投資事業も。 本日大幅安です。同社が連休前に発表した3Q決算が失望されています。巣ごもり需要により同社のABEMA事業への期待は強かったものの、期待した程有料会員数は増えていないとの見方が多く、同社株は巣ごもり需要への期待で、5月以降随分と上昇してきており、今回発表された決算への期待感も非常に強かった様子です。それだけに市場期待のハードルもかなり高まっていたと思われ、本日は失望売りや出尽くし売りで下落したようです。動画配信事業は競合も多く、実際に巣ごもり需要で4月以降、有料会員数が伸びている部分もあるだけに、4-6月期に有料会員数を大きく伸ばせなかったことは、ABEMA事業への先行き懸念にも繋がったと言えるでしょう。



[7518]ネットワンシステムズ 
[1部]業種:情報・通信業
終値4,105円/前日比+355円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットワーク構築大手。シスコ製品など海外製通信機器の導入・支援が主体。 本日大きな窓を開けて5連騰し、年初来高値を大幅に更新しています。同社は連休前22日引け後に、2021年3月期第1四半期連結決算を発表。売上高が前年同期比2.6%増の365億500万円、経常利益は同48.1%増の26億9,100万円と増収増益を達成しました。セキュリティ対策やクラウド基盤などの付加価値ビジネスが好調に推移したようです。本日の株価は、4,000円大台乗せで売りものが目立つも順調に熟しており、上値余地は残されているように映ります。



[6027]弁護士ドットコム 
[M]業種:サービス業
終値10,250円/前日比-70円
Yahooの株価リンクはこちら

会員向け法律相談と弁護士向け営業支援のサイト運営。税理士向けサイトも。 本日小動きです。同社は本日引け後に1Q決算発表を予定しています。期待の電子契約サービス「クラウドサイン」がコロナ禍で需要拡大しているとの見方から、同社株は先月まで随分と買われてきたと言え、今月も高値圏での揉み合いを続けている格好だけに決算への期待も強いと思われますが、本日は出尽くし警戒感の動きも見られています。ただ、売りも続かず底堅さも見せていることから期待する向きも多い様子です。同社株はマザーズ市場で時価総額も大きいことから指数寄与度も大きく、同社株の明日の動向は新興市場全体に影響を与える可能性もありそうだとの声も聞かれました。それだけに決算と明日以降の動向が注目されます。



[3710]ジョルダン 
[JQ]業種:情報・通信業
終値1,260円/前日比+157円
Yahooの株価リンクはこちら

鉄道経路探索ソフトの開発・販売が主体。動画配信や旅行も。移動手配に参入。 本日反落スタートも即切り返して続急伸しました。同社は連休前22日引け後に大阪府とスマートシティ推進に関する協定を21日付で締結したと正式発表。今回締結された協定では、同社の技術を活用した府民の利便性向上を図るための検討および実証実験の実施や交通データの標準化およびオープンデータ化の検討、大阪のスマートシティ推進に向けたMaaS分野における啓発協力などを連携して進めるとしています。株価の目先目標は3月2日の年初来高値1,350円ということになるでしょう。



[9973]小僧寿し 
[JQ]業種:小売業
終値84円/前日比+12円
Yahooの株価リンクはこちら

持ち帰りすし大手。「小僧寿し」「茶月」全国展開。宅配「デリズ」新業態も。 本日大幅上昇です。先週、農水省が新型コロナウイルスで打撃を受けた飲食業界の支援策「Go To イート」で、店内飲食だけでなく宅配やテイクアウトでも新たに発行するプレミアム付き食事券で支払えるようにすることが分かったと報じられています。これを受け持ち帰り寿司を手掛ける同社株に追い風になるとの見方から買われた模様です。他にも[9969]ショクブンも買われました。正式に決まれば改めて買われるとの見方もあります。なお、Go To イートは、8月下旬辺りから始められる見込みとなっています。



[8705]岡藤HD 
[JQ]業種:証券・商品
終値290円/前日比+33円
Yahooの株価リンクはこちら

商品先物大手。金、中心に預かり資産拡大に注力。日産証券と統合推進。 本日アジア市場でNY金先物が、一時1トロイオンス1,940ドル台まで上昇し、2011年9月に付けた史上最高値1,923ドルを約9年ぶりに上回りました。ドル安の進行で代替資産として金が見直されている他、新型コロナウイルス感染拡大による経済悪化、米中対立の深刻化などを警戒した買いが流入しているようです。目先の株価は、[5713]住友金属鉱山、[8747]豊商事、[8740]フジトミなどと連動することが見込まれます。



[3911]Aiming 
[M]業種:情報・通信業
終値899円/前日比-91円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホやPC向けオンラインゲームを開発配信。大手ゲーム会社と共同開発や運営。 本日乱高下です。後場序盤まではストップ高となっていました。同社が開発したスマートフォン向けゲーム「ドラゴンクエストタクト」が連休中にセールスランキング1位となる日もあり、好感された様子です。しかし、後場にはセールスランキングが2位から3位に下落したことを受け、ストップ高が崩れてマイナス圏まで売られる荒い動きになっています。この動き見る限り、セールスランキングで短期資金が頻繁に売買しているとの見方が多く、暫くはランキングに振り回される動きになりそうです。なお、同社は7月30日に2Q決算発表を予定しています。ただ、ドラゴンクエストタクトの寄与は3Q以降となるだけに2Q決算期待は乏しいと言えるでしょう。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7829]サマンサタバサジャパンリミテッド  [M]業種:その他製品
終値189円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

ハンドバッグの企画・販売。「サマンサタバサ」で成長。アパレルやジュエリーも販売。 本日大幅ギャップアップスタートから5営業日続伸し、ストップ高を達成しました。同社は[7494]コナカの連結子会社であるフィットハウスと合併すると発表。フィットハウス株1株に対し、同社株1.4株を割り当てます。コナカグループ入りで競争力強化と経営資源の最適化・効率化を図ります。合併予定日は7月1日で、同日から猶予期間入りする見込みです。本日の大幅高で株価は75日移動平均線を捉えており、コロナショック後の急落全値戻しにどこまで迫れるか注目されます。



[2438]アスカネット  [M]業種:サービス業
終値1,320円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットで個人写真集を制作。デジタル画像処理も。遺影写真加工で高シェア。トップ高比例配分のみとなっています。小池東京都知事は5日の会見で、非接触型技術を後押しし、関連企業によるイノベーションを促進していく考えを示しています。これが刺激となり、空中ディスプレイ事業を手掛ける同社株に思惑買いが集まっている様子です。また、東洋経済オンラインでは、新型コロナウイルス感染拡大で、直接ボタンなどに触れず空中に浮かぶ仮想的な画面に触れるだけで操作出来る非接触型の「空中タッチ操作パネル」が注目されているとの記事が昨日報じられていることも刺激になっています。同社のASKA3Dプレートを利用したタッチレスディスプレイシステムを手掛けている[5817]JMACSも大幅高となっています。



[7172]ジャパンインベストメントアドバイザー  [M]業種:証券・商品
終値903円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

航空機や海上輸送用コンテナオペレーティングリースが主力。太陽光発リースや保険も。 本日ザラバ寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。先週末同社は1Q決算と中間・通期業績の大幅下方修正を発表。ただ、既に下方修正は警戒されており、嫌気する動きは見られず逆に懸念した程の下方修正ではなかったとの見方も多い様子です。また、配当見通しについては変更無しとのことから、買い安心感に繋がっています。同社株は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大から、航空機リースの需要が衰えるとの警戒で随分と売り込まれてきました。この程度の業績落ち込みなら十分織り込んでいるとの見方が多い様子です。ただ、再度の下方修正もあり得ると警戒する声も少なくありません。明日以降どこまで戻せるのか注目されます。



[3630]電算システム  [1部]業種:情報・通信業
終値3,090円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら

情報処理サービス開発中堅。コンビニ収納代行が拡大。デジタルサイネージも提供。 本日ザラバ寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は連休前5月1日引け後に決算を発表。2020年12月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比48.4%増の11.6億円に拡大し、1-6月期計画の11.5億円に対する進捗率が100.8%と既に上回り、5年平均の58.5%も超えました。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛の影響からネット通販の需要が拡大し、決済代行サービスを手掛ける同社への期待は高まっており、引き続き買い優勢の展開が見込まれます。



[4521]科研製薬  [1部]業種:医薬品
終値6,160円/前日比+330円
Yahooの株価リンクはこちら

製薬の中堅。関節機能改善剤が主力。皮膚科薬や後発医薬品、農薬も展開。本日年初来高値を更新しています。昨日、北里大学はノーベル医学生理学賞の大村智特別栄誉教授が開発に貢献した抗寄生虫薬イベルメクチンについて、新型コロナウイルス感染症の治療薬として承認を目指す治験を実施すると明らかにしたと複数のメディアで報じられています。イベルメクチンは、大村智特別栄誉教授が約40年前に開発したもので、毎年3億人が使っているとのことです。イベルメクチンについては、以前から海外の研究で新型コロナウイルスの増殖を抑える効果が報告されており、それが最初に伝わった4月上旬にも同社株は買われる場面が見られていました。同社は米社とアタマジラミ症を対象に米国で販売中のイベルメクチン0.5%外用剤の日本での開発・販売に関するライセンス契約締結していることから関連株として見られている模様です。ただ、同社が契約締結しているのは、あくまでもアタマジラミ症を対象とした外用剤だけに恩恵は受けないと見られ買いも続かないとの見方が多い模様です。



[4597]ソレイジア・ファーマ  [M]業種:医薬品
終値179円/前日比+45円
Yahooの株価リンクはこちら

がん・悪性腫瘍の創薬ベンチャー。臨床開発が主。明治菓ファルマなどと独占契約。 本日大幅高となり、一時ストップ高まで買われました。こちらもイベルメクチン関連株として物色されている模様です。同社はイベルメクチンを有効成分とする経口駆虫薬を手掛けるマルホ社と資本業務提携していることから、イベルメクチン関連株として意識された様子です。ただ、マルホとは同社が開発している開発品SP-04について、日本国内の独占的販売権に関するライセンス契約を締結しているだけであり、イベルメクチン関連株と見るのは無理があるとの見方も多い模様です。小型株でマザーズ市場の堅調さも追い風となり、派手に物色された面も大きい模様だけに買いも続き難いとの声も聞かれました。



[4421]ディ・アイ・システム  [JQ]業種: 情報・通信業
終値1,201円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

システムインテグレーション事業や教育サービス事業を手掛ける。本日後場寄りから商いを伴い急伸して大幅反発となりました。同社は本日、テレワーク推進サービスの提供を開始したと発表。提供するのはモバイルパソコンやリモートアクセス、クラウド型ファイルサーバ、遠隔コミュニケーション、eラーニング、セキュリティ対策などで、これ以外でも顧客の要望に合わせて最適なソリューションを提供するとしています。本日の株価は長い上影を引くも出来高急増にて陽線で終えており、明日や週明け以降の反応次第では更なる上値追いの可能性が高まってきます。



[2158]FRONTEO  [M]業種:サービス業
終値408円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

訴訟支援。証拠開示のデータ収集分析など解析事業。AI活用で効率向上。本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は連休前5月1日の引け後に、同社のAIシステム「Cascade Eye」を利用した新型コロナウイルス感染症の研究で、約450種の候補化合物をリストアップしたと発表。今後の新型コロナウイルス治療薬としての活用が期待出来るとして人気化しました。株価は3月23日に底値を付けたあと上昇トレンドを形成しており、新値追いへの期待が高まっています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6722]A&T  [JQ]業種:電気機器
終値1,697円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

トクヤマ系で病院向け臨床検査装置が主力。検査試薬も。日本電子と提携。本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年12月期第1四半期の経常利益は前年同期比4.1倍の5.2億円に急拡大しました。なお、1-6月期画の4.7億円に対する進捗率は111.1%と既に上回り、5年平均の68.9%も超えました。同社は臨床検査装置を手掛け、新規・更新需要が旺盛で業績が絶好調に推移しています。引き続き買い優勢の見方が強く、1月27日に付けた1,930円を目指す動きにあります。



[2158]FRONTEO  [M]業種:サービス業
終値363円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

訴訟支援。証拠開示のデータ収集分析など解析事業。AI活用で効率向上。本日ストップ高まで買われて年初来高値を更新しています。今朝の日経新聞では、同社は既存薬を別の病気に転用する「ドラッグリポジショニング」の研究に使うAIを開発したと報じられており、そのAIを使い新型コロナウイルス感染症治療薬の候補を既存薬の中から複数見つけることに成功したとのことです。既に同社は4月17日にAIを利用した新型コロナウイルスに対するドラッグリポジショニングの研究を開始するとは発表していましたが、今回の新型コロナウイルスパスウェイマップを構築することに成功し、当該感染症に関わる重要な分子や遺伝子を明らかにすることが出来たとのことで、製薬企業にこの情報を提供し新型コロナウイルス治療薬の治験や早期承認に繋げることを目指すとのことで好材料視されています。



[3772]ウェルス・マネジメント  [2部]業種:不動産業
終値886円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

アセットマネジメント事業を展開。不動産ファンド活用のホテル運営や媒介業務。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2020年3月期の連結経常利益を従来予想の30億円から36億円に20.0%上方修正し、増益率が3.1倍から3.8倍に拡大し、従来の2期振りの過去最高益予想を更に上乗せしました。同時に従来未定としていた期末一括配当は20円を実施する方針としました。株価は3月17日に609円の底値を付けたあと、安値圏で推移していましたが、本日をキッカケに新しいトレンド形成が期待されます。



[2309]シミックHD  [1部]業種:サービス業
終値1,514円/前日比+84円
Yahooの株価リンクはこちら

臨床試験支援大手。製薬会社向け新薬が主体。医薬品受託製造にも注力。本日大幅高ですが、朝方からは上げ幅を縮小しています。昨日同社は抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠」の臨床試験および製造を支援すると発表。新型コロナウイルス感染症患者を対象とした国内臨床第III相試験において、CRO(医薬品開発受託機関)としてモニタリング業務を提供するとのことです。また、CDMO(医薬品製剤開発および製造受託機関)として、「アビガン」の製造を支援するとのことです。米ギリアド・サイエンシズ社のレムデシビル臨床試験の失敗が伝わっているだけに、アビガンへの期待は高まっており、同社は恩恵を受けるとの期待も強い様子です。来週も改めて好感する動きが見られるのではと期待する声も聞かれました。



[7709]クボテック  [1部]業種:精密機器
終値378円/前日比+55円
Yahooの株価リンクはこちら

画像検査装置が主力。液晶・太陽電池関連に強み。3DCADソフトも展開。 本日買い気配スタートからの大陽線で続急伸し、一時ストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に集計中の2020年3月期連結業績について発表。売上高が18億5,000万円から前期比14.9%増の18億8,100万円へ、営業損益が2億1,000万円の赤字から2,900万円の赤字(前期4億4,200万円の赤字)へ、最終損益が2億3,000万円の赤字から1億100万円の赤字(同1億200万円の黒字)へ上振れて着地したようだとしました。現値レベルで本日同様に上影を引いた4月9日は当日が戻り高値となっており、週明け以降の反応が非常に大事になってきます。



[4563]アンジェス  [M]業種:医薬品
終値1,103円/前日比+71円
Yahooの株価リンクはこちら

阪大教授創業の医療ベンチャー。遺伝子医薬品等を開発。難病治療薬販売も。本日大幅高となり、連日で年初来高値を更新しています。今朝、ロイターでWHO(世界保健機関)が、新型コロナウイルスの治療薬や検査、ワクチンの開発を加速させる「画期的な協力体制」を24日に発表すると明らかにしたと報じられています。これを受け思惑的に新型コロナウイルスのワクチンを開発している同社に物色資金が集まった様子です。また、米ギリアド・サイエンシズ社のレムデシビルによる新型コロナウイルスへの初期臨床試験が失敗に終わったと報じられたことも追い風になっているとの見方もあります。それにより一段と同社開発中のワクチンへの期待が高まっている様子です。同社と新型コロナウイルスのワクチン開発で提携している[2395]新日本科学や[4974]タカラバイオも買われています。



[7518]ネットワンシステムズ  [1部]業種:情報・通信業
終値3,090円/前日比+399円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットワーク構築大手。シスコ製品など海外製通信機器の導入・支援が主体。本日大きな窓を開け急反騰し、年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、2021年3月期の連結業績予想を発表。売上高が前期比2.1%増の1,900億円、営業利益は同3.2%増の170億円、純利益は同13.6%増の115億円と増収増益を見込み、年間配当は前期比3円増の48円を予定しています。本日の大幅高で株価は昨年末12月13日以来約4ヵ月半ぶりに3,000円の大台を回復しており、次なる目標は当時の高値3,215円、更に昨年6月高値3,295円になるでしょう。



[4531]有機合成薬品工業  [1部]業種:化学
終値377円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

医薬原料・工業薬品・食品添加物が主力。高品質アミノ酸で世界有数。 本日後場、突如物色されてストップ高まで買われています。同社が発表した「新型コロナウイルスへの対応について」とのリリースがキッカケとなっています。それによれば、同社がグローバルベースで手掛けている医薬用原薬「硫酸プロタミン」が、新型コロナウイルスの重症患者には必須の医薬品だとのことです。この同社製品は日本や欧米主要各国において、唯一認可されている原薬のため、今年3月から欧米での需要が急拡大しており、現在同社では生産量を増やして対応しているとのことです。これが好感されて見直し買いに繋がった様子です。また、小型の貸借銘柄だけに来週も物色が続くと期待する向きも多い様子です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3689]イグニス [M]業種:情報・通信業
終値1,340円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら  

スマホ向けアプリの企画・制作、ソーシャルゲーム・無料アプリを運営。VR、婚活サイトに注力。本日大きな窓を開けて急反発し、ストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に、2020年9月期第1四半期の連結決算を発表。売上高は前年同期比11.4%増の14億9,600万円、営業損益は前年同期の3億4,000万円の赤字から6,500万円の黒字に浮上しました。恋愛・婚活マッチングサービスを運営する「マッチング事業」が、プロモーションやクチコミの効果などで大きく伸びたことが寄与しました。週明けも買い先行の展開が見込まれますが、7月の昨年来高値レベルをどう迎えるかが焦点となります。



[4487]スペースマーケット [M]業種:情報・通信業
終値1,496円/前日比+190円
Yahooの株価リンクはこちら 

遊休不動産などのスペースを貸し借りする「スペースマーケット」を運営。 本日寄り前から大量の買いを集め続急伸し、ストップ高で寄り付きました。同社は昨日引け後に、2019年12月期業績を発表。非連結経常損益は前期2億7,100万円の赤字から3,200万円の黒字に浮上し、従来予想800万円の黒字を上回って着地しました。続く2020年12月期の同利益は前期比7.0倍の2億2,300万円に急拡大し、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなっています。本日の大幅高で株価は12月23日高値から2月10日安値への下げ分の半値戻しを一時達成しており、全値戻しへの期待が高まる処です。



[3659]ネクソン [1部]業種:情報・通信業
終値1,837円/前日比+146円
Yahooの株価リンクはこちら 

PC向けオンラインゲームを日本、韓国、中国等に配信。無料RPGが主力。韓国発祥。 本日大幅高となり、昨年来高値を更新しています。昨日同社は本決算を発表。一緒に1Q業績見通しを開示していますが、大幅減収減益計画となっています。ただ、嫌気する動きは見られず、市場コンセンサスも1Qは減益となっていることから想定の範囲内との見方です。決算と一緒に復配実施を発表しており、今期増配予想です。更に自己株の消却も発表しており、それらが好感されている模様です。また、中国中心にアジアでの新型コロナウイルス感染拡大は外出しなくなるため、同社などのゲーム事業には追い風になるとの見方も多いだけに、1Q業績も計画を上振れる期待があります。



[3672]オルトプラス [1部]業種:情報・通信業
終値935円/前日比+45円
Yahooの株価リンクはこちら 

ソーシャルゲームをグリー中心に展開。自社開発ゲームや他社との共同開発も。 本日大幅高です。昨日発表した1Q決算は相変わらずの赤字で赤字縮小も大幅減収となっており、好感出来る要素はありません。しかし、決算説明資料によれば同社期待タイトルの「ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle」が、予定通り3月リリースに向けて開発進行中とのことで、その収益が下期に寄与する予定とのことです。また、一緒にモブキャストゲームスが展開するスポーツゲーム関連タイトルの譲受も発表しており、それも下期に収益寄与するとのことです。上期は開発が先行しますが、下期から収益が拡大するとのことで実現出来るかどうかは別として、一先ず本日は見直すキッカケとなった様子です。また、期待タイトルの3月配信開始へ向け、イベントドリブン的な動きもあるようです。来週も物色が続くか注目されます。



[3675]クロス・マーケティンググループ [1部]業種:情報・通信業
終値413円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら 

ネット利用の市場調査会社。企画から集計分析まで一括請負。中国に拠点。 本日大幅ギャップアップスタートから続伸しています。同社は昨日引け後に決算を発表。2019年12月期の連結経常利益は前期比36.9%増の11.5億円に拡大し、2020年12月期も前期比15.7%増の13.3億円に拡大しました。4期ぶりに過去最高益を更新する見通しで、17期連続増収、3期連続増益となります。同時に今期の年間配当は前期比0.2円増の6.2円に増配する方針としています。本日の株価は高寄りから陰線を強いられましたが、400円処が固まれば昨年来高値に向けての準備が整うことになります。



[7518]ネットワンシステムズ [1部]業種:情報・通信業
終値2,360円/前日比+319円
Yahooの株価リンクはこちら 

ネットワーク構築大手。シスコ製品など海外製通信機器の導入・支援が主体。本日大幅上昇です。昨日同社は、同社や東芝子会社など複数の企業が関与した架空取引について調査委員会の中間報告書を公表。それによれば、同社の元営業担当者が取引を持ちかけるなど主導役を担ったと明らかにしています。ただ、組織ぐるみでの関与は否定しており、あくまでも一人の社員が主導して行ったことだとのことです。同社はその社員を懲戒解雇にしたとのことです。会社ぐるみでの不正ではとの懸念もあっただけに、この報告書を受けて安心感に繋がった様子です。ただ、この架空取引が発覚する前の水準まで戻すには、かなり時間掛かりそうだと見る向きが多いようです。



[6239]ナガオカ [JQ]業種:機械
終値1,432円/前日比+134円
Yahooの株価リンクはこちら 

石油プラント内部装置大手。取水設備スクリーンに強み。海水淡水化などに注力。本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年6月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比3.4倍の6.6億円に急拡大し、通期計画の8.4億円に対する進捗率は78.9%に達しました。また、北米で新設のプロピレン・プラントの建設案件があり、スクリーン・インターナルの大口受注があったことも発表。受注金額は約9億円、契約納期は2021年4月で来期業績への寄与を見込みます。目先、直近高値である1,760円突破への期待が掛かります。



[4651]サニックス [1部]業種:サービス業
終値362円/前日比+43円
Yahooの株価リンクはこちら 

創業の白アリ防除の比率は低下。太陽光発電機器販売・施工、売電が主力。本日ギャップアップスタートから急反発しています。同社は昨日引け後に、2020年3月期通期の連結業績予想を修正。営業利益見通しは従来の22億4,800万円から前期比2.1倍の25億5,000万円に引き上げました。売上高予想も501億3,100万円から同0.7%増の510億8,200万円に上方修正しています。本日の株価は、5日・25日・75日・100日の各移動平均線を突き抜けた処で一服となりましたが、目先どのレベルを固めるかでその後の展開が変わってきそうです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6033]エクストリーム [M]業種:サービス業
終値2,132円/前日比+117円
Yahooの株価リンクはこちら  

スマホゲーム開発に技術者派遣や受託開発、ライセンス供与も。M&A積極的。本日買い先行で寄り付いたあとも上値追いが見られ、6営業日続伸を達成しています。同社の2019年4-9月期決算は営業利益が前年同期比6.7倍の7億7,500万円と急拡大を果たし、2020年3月期の10億5,000万円(前期比11%増)は上方修正される公算が大きい状況です。直近の株価は底値圏で売り物を枯らしていたこともあり、急速に切り上がる5日移動平均線に支えられる格好で持ち前の急騰習性を発揮しています。先ずは、昨年11月15日の戻り高値2,291円レベルに向けて売りをどう熟すかが焦点になるでしょう。



[6532]ベイカレント・コンサルティング [1部]業種:サービス業
終値8,100円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら 

企業戦略立案・課題解決・実行までを提供する総合コンサル。高い専門性が力。本日朝方はやや売られたものの、下値では確りと買われて上場来高値を更新しています。今月、3Q決算と通期業績の上方修正を発表してから、株価は大きく居場所を変えてきており、足元も高値圏で底堅い推移続けていました。本日は東海東京証券が新規「OP」、目標株価11,900円でカバレッジを開始しており、改めて見直し買いが入っている様子です。企業におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)関連投資の旺盛な投資が続き、それを支援する同社への高水準のコンサル需要が続くと指摘しています。株価は高値圏でテクニカル的な過熱感があるものの、目標株価は時価を大幅に上回る水準とあって、買いに動いている個人投資家も多い様子です。



[6635]大日光・エンジニアリング [JQ]業種:電気機器
終値1,785円/前日比+283円
Yahooの株価リンクはこちら 

電子基板実装、カメラ用レンズ組み立てが主軸。キヤノン向け中心。NCネットワークと提携。本日大きな窓を開けて続急伸し、昨年来高値を更新しています。一部メディアが23日引け後に「車載向け電子基板事業を九州やベトナムで始める」と報じ、引き続きそれが買い材料視されました。報道によると「現地企業とこのほど業務提携し、提携先の拠点に製造ラインを設けたり、技術協力したりする。従来は拠点がなかった地域で地元企業と組み、販路を広げる」とのことです。受けた先週末24日の株価はストップ高まで値上がりし、本日も更なる上値追いが見られたものの、長い上影を引いています。ただ、地合いもあり、明日以降が勝負となりそうです。



[8802]三菱地所 [1部]業種:不動産業
終値2,262.5円/前日比+108.5円
Yahooの株価リンクはこちら 

総合不動産の双璧で三菱グループの中核。東京・大手町に再開発を展開。本日逆行高となり、昨年来高値を連日で更新しています。引き続き先週金曜日の前場中に発表した長期経営計画が好感されています。2030年にはROA5%(今期予想3.9%)、ROE10%(同7.8%)、EPS200円(同100.2円)に引き上げる目標を打ち出しており、目標達成のために株主還元として配当性向30%程度に加えて、資本政策の一環としての自己株取得も示しており、見直し買いに繋がっている様子です。この地合でも確りと買われていることから、海外の機関投資家による買いが入ってきているとの見方です。同社株に刺激を受けてか、[8801]三井不動産や[8830]住友不動産も確りと買われています。明日以降も買い続くのか注目です。



[4570]免疫生物研究所 [JQG]業種:医薬品
終値857円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら 

研究用試薬の製造販売・受託。抗体作製技術に定評。化粧品事業に参入。本日買い気配スタートから大幅反発し、ストップ高を達成しています。一部メディアが「中国の保健当局は、世界で新型コロナウイルスによる肺炎の治療方法を見つける取り組みが行われている間の措置として、米バイオ医薬品会社アッヴィの抗HIV薬『カレトラ』を治療に使用する」と報じました。同社は2019年9月に抗HIV抗体およびその製造方法に関する特許を出願しており、将来の利益拡大に繋がる可能性があるとの見方から思惑買いが入り、本日の株価は急伸しており、一段高余地はありそうです。



[7518]ネットワンシステムズ [1部]業種:情報・通信業
終値1,672円/前日比-500円
Yahooの株価リンクはこちら 

ネットワーク構築大手。シスコ製品など海外製通信機器の導入・支援が主体。本日大幅続落となり、ストップ安まで売られました。2018年4月以来となる安値水準となっています。先週末の日経新聞では、東芝子会社の東芝ITサービスを巡る架空取引で、同社が主導的な役割を担っていたことが分かったと報じています。架空取引は遅くとも2015年に始まり、総額で400億円を超えるとのことです。今までの報道では、東芝ITサービスが主導で同社などが加担していたという見方が多かっただけに、同社主導の架空取引となれば組織的の恐れもあり、同社株を持っていられないとのことで見切り売りが一段と強まった格好です。[2327]日鉄ソリューションズも本日は大きく売られています。



[4978]リプロセル [JQG]業種:化学
終値248円/前日比+42円
Yahooの株価リンクはこちら 

iPS細胞関連の研究試薬等を手掛けるバイオベンチャー。東大・京大と共同研究。本日大きく反発しました。本日付の日経新聞朝刊で「今春にも再生医療用のiPS細胞の製造受託サービスを始める」と報じられ、これを材料視する形で買いが集まりました。分解されやすいRNAを使ってiPS細胞にするため、ウイルスなどを使う他社の製品に比べて安全性も高く、日米欧の規制に対応しているので製薬企業が世界展開し易いのも特徴としています。株価は底値離脱の動きにあり、一目均衡表でも雲を抜けたことで新しいトレンド形成が期待されます。



[7198]アルヒ [1部]業種:その他金融業
終値2,020円/前日比-253円
Yahooの株価リンクはこちら 

固定金利住宅ローン「フラット35」を中心とする住宅関連の貸出・回収・取次業務。本日大幅安となり、寄り付きがストップ安となっています。日経新聞電子版では、投資用マンションへの融資を巡る同社の仲介案件で、借り入れ希望者の審査資料が改竄されている新たな事例が日経新聞の取材で分かったと報じています。審査資料の改竄があったのは同社の神奈川県内の2つの店舗に集中しており、何れも同社の直営ではなく、フランチャイズ店舗だとのことです。現時点では改竄が組織的に蔓延しているのか、特定のフランチャイズ企業の社員らによる不正行為なのかは不明だとのことです。この報道を受けて、同社は前場中にフランチャイズ店舗が主体となり不正を行った、或いは審査書類が改竄されたという事実は現段階で確認されていないと発表。この発表もあり下げ幅縮小の動きも見られていますが、積極的には買い難いとの声も多く、明日以降の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6635]大日光・エンジニアリング [JQ]業種:電気機器
終値1,502円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら  

電子基板実装、カメラ用レンズ組み立てが主軸。キヤノン向け中心。NCネットワークと提携。本日買い気配から寄り付き直後にストップ高を達成し、昨年来高値を更新しています。本日付の日経新聞朝刊で「車載向け電子基板事業を九州やベトナムで始める」と報じられました。記事によると従来は拠点が無かった地域で地元企業と組むことで、これまで対応出来なかった取引先へ販路を広げることを狙いとしています。本日は前場9時11分から張り付いたまま終えており、上値余地は残されていそうです。



[7518]ネットワンシステムズ [1部]業種:情報・通信業
終値2,172円/前日比-290円
Yahooの株価リンクはこちら 

ネットワーク構築大手。シスコ製品など海外製通信機器の導入・支援が主体。本日大幅続落です。引き続き東芝子会社の架空取引に同社も加担していたとの報道から、売り圧力の強い状況が続いています。同じく架空取引に関わっていたと報じられた[2327]日鉄ソリューションズも売られていますが、下げ渋りも見せています。特に同社株の弱さが目立っており、もしかすると同社は架空取引にかなり深く関わっているのではとの思惑も出てきています。また、この問題を受けてファンド勢などが一斉に保有株を売ってきているのではとの見方もあるようです。同社は現在、特別調査委員会による調査を進めており、調査が完了次第速やかに調査結果を発表するとのことだけに、その結果発表が注目されます。



[7463]アドヴァン [1部]業種:小売業
終値1,267円/前日比+65円
Yahooの株価リンクはこちら 

輸入建材商社。欧州製石材・タイルなど高品質商品中心。ガーデニング用品も。本日反発しました。同社は昨日引け後に、発行済み株式数(自社株を除く)の0.9%にあたる40万株(金額で5億円)を上限に自社株買いを実施すると発表しました。なお、買い付け期間は1月24日から3月20日までとしています。株価は1月9日の1,335円を付けたあと調整を入れましたが、目先は売り物も一巡して下げ止まる格好を見せており、需給改善や株式価値の向上といった株主還元を好感する買いがどこまで続くか注目されます。



[5612]日本鋳鉄管 [1部]業種:鉄鋼
終値1,909円/前日比+135円
Yahooの株価リンクはこちら 

JFE系の鋳鉄管大手。水道管が過半。東ガス向けガス管も。耐震管に注力。本日大幅高となり、昨年来高値を更新しました。昨夕のNHKニュースで、各地で老朽化した水道管の漏水などの事故が相次いでいると報じられています。厚労省によれば、全国の水道管の内、法律で定められた40年の耐用年数を超えたものは平成29年度末時点で全体の16.3%あり、老朽化した水道管は年々増加しているため、今後20年間で更 新が必要な水道管はおよそ地球4周分にも達するとのことです。これが刺激となり関連株として物色された様子です。他にも[1967]ヤマトや[6403]水道機工も物色される場面が見られ高値を更新しています。水道管老朽化問題は今後も息の長いテーマになるとの見方も多いようです。



[8740]フジトミ [JQ]業種:証券・商品
終値330円/前日比+18円
Yahooの株価リンクはこちら 

小林洋行系の商品先物中堅。農産物や貴金属中心。不動産、保険に注力。本日急伸しました。同社は昨日引け後に集計中の第3四半期累計業績見込みを発表。営業収益が前年同期比14.8%増の16.2億円。営業損益が前年同期2.2億円の赤字に対して1.4億円の赤字と、営業赤字縮小を見込んでいることが好感されました。ただ、勢いの良かった前場とは打って変わり、引けに掛けて売りの圧力も高まっているため、慎重に動きを見る必要があります。



[4385]メルカリ [M]業種:情報・通信業
終値1,944円/前日比-55円
Yahooの株価リンクはこちら 

フリーマーケットアプリ「メルカリ」を運営。フリマと連携で新規事業積極。海外にも注力。本日軟調です。一時1,900円割れとなる場面も見られました。昨日同社は子会社のメルペイが、スマートフォン決済サービス「OrigamiPay」を手掛けるオリガミを買収し子会社化すると発表。ただ、好感する動きは見られずメルペイがオリガミを吸収しても、PayPay・LINEPay連合や、楽天Payには太刀打ち出来ないとの見方が多く、オリガミは赤字企業なだけに、同社の黒字化が更に不透明になるとの見方にも繋がっています。上場来安値1,704円も意識される水準となっており、来週以降それを目指す展開になるのか注目されます。なお、同社は2月6日に2Q決算発表を予定しています。



[5287]イトーヨーギョー [2部]業種:ガラス・土石
終値1,653円/前日比+120円
Yahooの株価リンクはこちら 

コンクリート製品中堅。マンホールやライン導水ブロックが主力。無電柱化や環境関連も。本日後場買い気配スタートから急伸して2営業日続伸しています。同社は本日前引け後に、2020年3月期の連結業績予想を修正。売上高を27億500万円から前期比5.2%増の30億円へ、営業利益を5,800万円から同45.5%増の8,000万円へ、純利益を7,000万円から1億円(前期3億1,400万円の赤字)へ上方修正し、営業減益予想から一転して増益予想としました。本日の株価は上影を残して終えましたが、週末要因もあり、週明け早々12月6日の直近高値に挑戦するか注目されます。



[7581]サイゼリヤ [1部]業種:小売業
終値2,584円/前日比-167円
Yahooの株価リンクはこちら 

イタリアンレストラン「サイゼリヤ」を直営展開。低価格メニューに特色。中国展開に注力。本日大幅安です。中国で感染者が拡大している新型コロナウイルスへの悪影響が警戒されている様子です。感染者は武漢を中心にほぼ中国全土に広がっていて、中国では外出を控える向きも多い様子です。同社は中国でも店舗を拡大しており、全店舗の25%近くが香港も含めた中国であり、前期実績で営業利益の40%程度を中国市場で稼いでいます。それだけに中国での新型コロナウイルス感染拡大は、同社業績に大きく悪影響をおよぼすとの見方が多いようで、1Q決算は好調でしたが、2Q決算である11-2月期は悪影響が出てくるとの警戒も強いようです。下手すると上期計画未達の可能性もあります。





このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2373]ケア21 [JQ]業種:サービス業
終値1,529円/前日比+160円
Yahooの株価リンクはこちら  

関西を地盤に介護サービスを展開。訪問型が主力。施設介護にも意欲。本日ストップ高買い気配で始まるなど大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、発行済み株式数の4.4%にあたる20万株(金額で3億円)を上限に自社株買いを実施すると発表。株価は12月6日の決算発表をキッカケに大きく下落し、安値で放置されていたことから割安感も強く、株主還元が評価される形で買いが集まりました。株価は底値離脱の動きにあり、新しいトレンド形成が期待されます。



[4558]中京医薬品 [JQ]業種:医薬
終値302円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら 

配置医薬品大手。中部地盤から全国展開目指す。飲料水宅配事業を育成。本日ストップ高まで買われています。東京市場では本日も中国発の新型コロナウイルス感染拡大を受けて、感染防止関連株などが色々と物色されていましたが、同社株はその出遅れとして買われている様子です。同社は二酸化塩素の酸化パワーにより、ウイルス・菌などを除去する「エアーマスク」という商品を手掛けています。昨日まで全く動意付いていませんでしたが、未だ動いていない関連株探しの動きで目を付けて物色してきた向きが多い様子です。超小型の低位株ということもあり、動意付けば短期資金も集まり易く、朝方早々にストップ高まで買われています。他にも本日は関連株の出遅れとして[3004]神栄や[4465]ニイタカ、[1771]日本乾溜工業なども派手に物色されました。



[6562]ジーニー [M]業種:サービス業
終値647円/前日比+70円
Yahooの株価リンクはこちら 

ネットの広告収益を最大化するプラットフォーム「GenieeSSP」を運営。販促支援も。本日大陽線で急反発し、一時ストップ高まで買われました。同社は本日、1月29日から31日にインテックス大阪で開催される「第4回Japan IT Week関西」内の「第4回Web&デジタルマーケティングEXPO」に出展すると発表。今回の出店では、顧客管理/営業管理システム「ちきゅう」およびマーケティングオートメーション「MAJIN」、チャットボットツール「Chamo」の3サービスを展示する予定としています。本日の株価は引けに掛けて伸び悩み上影を残しましたが、出来急増により目先筋の売りが出るのは仕方なく、早期の切り返しが期待されます。



[7518]ネットワンシステムズ [1部]業種:情報・通信業
終値2,494円/前日比-441円
Yahooの株価リンクはこちら 

ネットワーク構築大手。シスコ製品など海外製通信機器の導入・支援が主体。本日大幅安です。11時過ぎに日経新聞電子版が、東芝子会社の架空取引に同社や[2327]日鉄ソリューションズが関わっていたことが分かったと報じており、それを機に売り込まれています。製品やサービスのやり取りが存在せず帳簿や伝票上で資金のみを回す「循環取引」があったと見られるとのことです。これを受け日鉄ソリューションズも売られています。両社は昨年12月13日に国税庁から納品の事実が確認出来ない取引があると指摘されており、両銘柄共に売られていましたが、今回の記事で改めて売られた格好です。もしも会社ぐるみで架空取引に関わっていたとなれば、大きな問題と見る向きは多く、投資家離れで更なる株安を警戒する声も聞かれました。今後の展開が注目されます。



[9685]KYCOM HD [JQ]業種:情報・通信業
終値856円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら 

独立系ソフト開発会社。受託開発中心。通信、官公庁に力。データ処理サービスも。本日前場11時前より出来高を伴い急伸し、昨年来高値を更新してストップ高まで買われました。同社は通信や公共向け中心にシステムの受託開発を手掛けており、各省庁がDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みを強化する中、ビジネスチャンス拡大を見込んだ投資資金流入が加速しているようです。直近の株価は、一昨日20日にストップ高を付けたあと昨日は高寄り大陰線も一時ストップ高まで買われる場面があり、本日は再び値幅制限一杯まで買われる展開となりました。2018年11月高値857円まであと1円に迫っており、2015年2月高値924円を視野に捉えた格好です。



[3990]UUUM [M]業種:情報・通信業
終値3,775円/前日比-90円
Yahooの株価リンクはこちら 

YouTuberの制作マネジメントやサポート事業。動画配信・ゲーム配信や動画広告も。本日昨年来安値を更新しています。同社株は14日に発表した中間決算から一段と弱い動きが続いていますが、以前から先行き不透明感から弱い展開が続いていました。芸能人が相次ぎ、YouTubeチャンネルを開設し参入してきており、同社には逆風との見方が多いようです。芸能人がYouTube市場に参入してくれば、同社に所属するユーチューバーの動画再生数に悪影響との見方です。昨日にはAKB48のメンバーが単独のYouTubeチャンネルを開設することを発表しており、本日は売り材料に繋がっている様子です。高成長期待が後退すれば、今の同社の株価は依然として高いとの見方が多く、先行き不透明感から押し目買いも入れ難いと見られます。なお、AKB48メンバーのYouTubeチャンネル開設にケイブ子会社capableが絡んでいるとの思惑で、[3760]ケイブが買われています。



[2332]クエスト [JQ]業種:情報・通信業
終値1,405円/前日比+138円
Yahooの株価リンクはこちら 

ソフト開発とシステム運用が2本柱。半導体や金融に強み。長期継続案件多数。 本日後場13時台から突飛高し、昨年来高値を大幅に更新しています。同社は本日13時30分に業績・配当修正を発表。2020年3月期の非連結経常利益予想を従来の6億円から7.2億円に20.2%上方修正し、一転して12.1%増益見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなりました。また、業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の33円から35円に増額修正しています。本日の株価は大引けに掛けて日計り筋の売りを浴びましたが、動意が遅い時間であったため、真価を問われるのは明日の動向と言えそうです。



[7685]BuySell Technologies [M]業種:卸売業
終値3,920円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら 

出張買取を中心とした多様なリユース商材の買取や販売を手掛ける。 本日上場来高値を更新してストップ高まで買われました。特に材料は見当りませんが、2019年12月期業績の上振れ期待から買いに来ている向きがいるとの見方です。同社が上場時に公表している3Q業績は通期計画への進捗率が高くなっており、上振れ期待が上場時から強いと見られていました。一部の既存株主は公開価格の1.5倍以上でロックアップ解除となることから、上場後は上値の重い展開を続けていましたが、ここに来て売りが一巡したとの見方もあるようで、見直し買いが入ってきた様子です。なお、同社は2月13日に本決算発表を予定しており、その前に前期業績の上方修正出してきても不思議は無いとの声も聞かれました。ただ、一部では4Qは上場関連費用などコスト増もあることから計画から大きくは上振れないとの見方もある様子です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3708]特種東海製紙 [1部]業種:パルプ・紙
終値3,975円/前日比-30円
Yahooの株価リンクはこちら  

特殊紙と段ボール原紙用板紙が二本柱。特種製紙と東海パルプが経営統合。同社は本日引け後に業績修正を発表。2019年3月期の連結経常利益予想を従来の39億円から50億円に28.2%上方修正し、増益率は21.8%増から56.2%増に拡大する見通しとなりました。引き続き原料価格高騰により、営業利益は前回予想を据え置くものの、営業外損益における持分法による投資利益の見込みに変動があったため、経常利益は前回予想を上回る見込みとなりました。

ボックスバンク ダンボール(段ボール箱)120サイズ 10枚セット 引越し・配送用 FD05-0010-a



[4661]オリエンタルランド [1部]業種:サービス業
以前の記事
終値11,685円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら 

東京ディズニーランド・シーを運営。入園者数世界有数。ホテルや商業施設なども。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は5日付で、レーティング「オーバーウエート」を継続、目標株価は15,400円から18,400円に引き上げています。2019年3月期に最高営業利益を達成し、「19年3月期から最高営業利益更新局面に入る」というエクイティストーリーの確度の高まりを考慮し、株価は割安な水準と考えて「オーバーウエート」を再強調するとしています。

3日で変わるディズニー流の育て方



[7518]ネットワンシステムズ [1部]業種: 情報・通信業
以前の記事
終値2,443円/前日比+39円
Yahooの株価リンクはこちら 

ネットワーク構築大手。シスコ製品など海外製通信機器の導入・支援が主体。大和証券は5日付で、投資判断「1」を継続、目標株価は3,260円から3,300円に引き上げています。第3四半期決算は、パブリックに想定外の電力・ガス向け案件が加わりポジティブとコメント。同証券では、通信事業者向けのミックス改善、受注選別による採算向上、提供ソリューションの標準化などの構造的な採算改善を反映して利益予想を上方修正しています。

PCI データセキュリティ基準 完全対策 単行本 – 2008/4/10
ネットワンシステムズ (著),NTTデータセキュリティ (著), & 3 その他

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


[7518]ネットワンシステムズ 
終値2,728円/前日比+92円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に業績修正を発表。2019年3月期第2四半期累計の連結経常利益予想を従来の27億円から47億円に74.1%上方修正し、増益率は13.9%増から98.3%増に急拡大する見通しとなりました。また、上期業績の好調に伴い通期の連結経常利益予想も従来の110億円から120億円に9.1%上方修正しています。




[6058]ベクトル 
終値2,683円/前日比+176円
Yahooの株価リンクはこちら 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は27日付で、レーティング「オーバーウエート」、目標株価3,500円でカバレッジを開始しています。デジタルメディアを牽引役とするPR市場の成長ポテンシャルは大きく、「従業員数の拡大」と「従業員1人当たり営業利益の増大」の両立によって、中・長期での高い売上・利益成長が可能と見ていることから、「オーバーウエート」を付与するとしています。




[3902]メディカル・データ・ビジョン 
終値1,902円/前日比+78円
Yahooの株価リンクはこちら 

野村証券は27日付で、投資判断「ニュートラル」を継続、目標株価は1,600円から2,000円に引き上げています。「アドホック調査サービスは堅調に成長が持続している」とコメント。また、9月25日に新規事業として発表された乳癌検診事業の中・長期的な業績寄与を見込み、同証券では2019年12月期以降の売上高予想、2021年12月期以降の売上高、営業利益予想を若干上方修正するとしています。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ