株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[7172]ジャパンインベストメントアドバイザー

[7829]サマンサタバサジャパンリミテッド  [M]業種:その他製品
終値189円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

ハンドバッグの企画・販売。「サマンサタバサ」で成長。アパレルやジュエリーも販売。 本日大幅ギャップアップスタートから5営業日続伸し、ストップ高を達成しました。同社は[7494]コナカの連結子会社であるフィットハウスと合併すると発表。フィットハウス株1株に対し、同社株1.4株を割り当てます。コナカグループ入りで競争力強化と経営資源の最適化・効率化を図ります。合併予定日は7月1日で、同日から猶予期間入りする見込みです。本日の大幅高で株価は75日移動平均線を捉えており、コロナショック後の急落全値戻しにどこまで迫れるか注目されます。



[2438]アスカネット  [M]業種:サービス業
終値1,320円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットで個人写真集を制作。デジタル画像処理も。遺影写真加工で高シェア。トップ高比例配分のみとなっています。小池東京都知事は5日の会見で、非接触型技術を後押しし、関連企業によるイノベーションを促進していく考えを示しています。これが刺激となり、空中ディスプレイ事業を手掛ける同社株に思惑買いが集まっている様子です。また、東洋経済オンラインでは、新型コロナウイルス感染拡大で、直接ボタンなどに触れず空中に浮かぶ仮想的な画面に触れるだけで操作出来る非接触型の「空中タッチ操作パネル」が注目されているとの記事が昨日報じられていることも刺激になっています。同社のASKA3Dプレートを利用したタッチレスディスプレイシステムを手掛けている[5817]JMACSも大幅高となっています。



[7172]ジャパンインベストメントアドバイザー  [M]業種:証券・商品
終値903円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

航空機や海上輸送用コンテナオペレーティングリースが主力。太陽光発リースや保険も。 本日ザラバ寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。先週末同社は1Q決算と中間・通期業績の大幅下方修正を発表。ただ、既に下方修正は警戒されており、嫌気する動きは見られず逆に懸念した程の下方修正ではなかったとの見方も多い様子です。また、配当見通しについては変更無しとのことから、買い安心感に繋がっています。同社株は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大から、航空機リースの需要が衰えるとの警戒で随分と売り込まれてきました。この程度の業績落ち込みなら十分織り込んでいるとの見方が多い様子です。ただ、再度の下方修正もあり得ると警戒する声も少なくありません。明日以降どこまで戻せるのか注目されます。



[3630]電算システム  [1部]業種:情報・通信業
終値3,090円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら

情報処理サービス開発中堅。コンビニ収納代行が拡大。デジタルサイネージも提供。 本日ザラバ寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は連休前5月1日引け後に決算を発表。2020年12月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比48.4%増の11.6億円に拡大し、1-6月期計画の11.5億円に対する進捗率が100.8%と既に上回り、5年平均の58.5%も超えました。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛の影響からネット通販の需要が拡大し、決済代行サービスを手掛ける同社への期待は高まっており、引き続き買い優勢の展開が見込まれます。



[4521]科研製薬  [1部]業種:医薬品
終値6,160円/前日比+330円
Yahooの株価リンクはこちら

製薬の中堅。関節機能改善剤が主力。皮膚科薬や後発医薬品、農薬も展開。本日年初来高値を更新しています。昨日、北里大学はノーベル医学生理学賞の大村智特別栄誉教授が開発に貢献した抗寄生虫薬イベルメクチンについて、新型コロナウイルス感染症の治療薬として承認を目指す治験を実施すると明らかにしたと複数のメディアで報じられています。イベルメクチンは、大村智特別栄誉教授が約40年前に開発したもので、毎年3億人が使っているとのことです。イベルメクチンについては、以前から海外の研究で新型コロナウイルスの増殖を抑える効果が報告されており、それが最初に伝わった4月上旬にも同社株は買われる場面が見られていました。同社は米社とアタマジラミ症を対象に米国で販売中のイベルメクチン0.5%外用剤の日本での開発・販売に関するライセンス契約締結していることから関連株として見られている模様です。ただ、同社が契約締結しているのは、あくまでもアタマジラミ症を対象とした外用剤だけに恩恵は受けないと見られ買いも続かないとの見方が多い模様です。



[4597]ソレイジア・ファーマ  [M]業種:医薬品
終値179円/前日比+45円
Yahooの株価リンクはこちら

がん・悪性腫瘍の創薬ベンチャー。臨床開発が主。明治菓ファルマなどと独占契約。 本日大幅高となり、一時ストップ高まで買われました。こちらもイベルメクチン関連株として物色されている模様です。同社はイベルメクチンを有効成分とする経口駆虫薬を手掛けるマルホ社と資本業務提携していることから、イベルメクチン関連株として意識された様子です。ただ、マルホとは同社が開発している開発品SP-04について、日本国内の独占的販売権に関するライセンス契約を締結しているだけであり、イベルメクチン関連株と見るのは無理があるとの見方も多い模様です。小型株でマザーズ市場の堅調さも追い風となり、派手に物色された面も大きい模様だけに買いも続き難いとの声も聞かれました。



[4421]ディ・アイ・システム  [JQ]業種: 情報・通信業
終値1,201円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

システムインテグレーション事業や教育サービス事業を手掛ける。本日後場寄りから商いを伴い急伸して大幅反発となりました。同社は本日、テレワーク推進サービスの提供を開始したと発表。提供するのはモバイルパソコンやリモートアクセス、クラウド型ファイルサーバ、遠隔コミュニケーション、eラーニング、セキュリティ対策などで、これ以外でも顧客の要望に合わせて最適なソリューションを提供するとしています。本日の株価は長い上影を引くも出来高急増にて陽線で終えており、明日や週明け以降の反応次第では更なる上値追いの可能性が高まってきます。



[2158]FRONTEO  [M]業種:サービス業
終値408円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

訴訟支援。証拠開示のデータ収集分析など解析事業。AI活用で効率向上。本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は連休前5月1日の引け後に、同社のAIシステム「Cascade Eye」を利用した新型コロナウイルス感染症の研究で、約450種の候補化合物をリストアップしたと発表。今後の新型コロナウイルス治療薬としての活用が期待出来るとして人気化しました。株価は3月23日に底値を付けたあと上昇トレンドを形成しており、新値追いへの期待が高まっています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2492]インフォマート  [1部]業種:サービス業
終値646円/前日比+81円
Yahooの株価リンクはこちら

食材の企業間電子取引市場を運営。商談システム、企画書、請求書サービスも。本日買い気配スタートから大陽線で大幅4営業日続伸し、一時ストップ高まで買われました。新型コロナウイルス感染拡大を受けた逆風が強く意識されてきましたが、株価は2月中旬以降の急落で目先突っ込み警戒感からの買戻しが入りました。信用取組は売り長で直近信用倍率0.69倍、日証金でも貸株が融資を上回る売り長の状態にあります。16日に[9831]ヤマダ電機に対して「BtoBプラットフォーム請求書」の提供を開始したことを発表しており、これが株価反転の契機となった模様です。目先の株価は25日移動平均線が意識されそうです。



[7172]ジャパンインベストメントアドバイザー  [M]業種:証券・商品
終値685円/前日比-150円
Yahooの株価リンクはこちら

航空機や海上輸送用コンテナオペレーティングリースが主力。太陽光発リースや保険も。本日で11営業日続落となっており、ストップ安まで売り込まれています。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、世界中の航空会社は大規模な減便を余儀な くされています。それだけに航空機需要も大きく縮小しており、同社の主力事業である航空機リース事業への先行き不透明感から売られています。業績へのかなりの悪影 響は避けらいとの見方から見切り売りが相次いでいます。同様の理由で航空機リースも手掛ける[8591]オリックスや[7148]FPGも大きく売られ、何れも昨年来安値を更 新しています。



[9090]丸和運輸機関  [1部]業種:陸運業
終値2,430円/前日比+341円
Yahooの株価リンクはこちら

小売・物流業務の一括受託。低温物流に強み。宅配は「桃太郎便」。本日買い気配スタートから大幅4連騰しました。新型コロナウイルス感染拡大に伴い巣ごもり消費が注目されている現在、一段と追い風が強まることが予想される状況にあります。交通面で利便性の高い首都圏エリアを中心とした大規模物流施設の建設が相次いでいることも物流アウトソーシングを手掛ける3PL(サードパーティ・ロジスティクス)の象徴株として注目が集まり易い環境で、株価はこの処の連続大陽線で2月の戻り高値を更新しており、このレベルの売りを払えると更なる加速も考えられます。



[4901]富士フイルムHD  [1部]業種:化学
終値4,794円/前日比-444円
Yahooの株価リンクはこちら

写真フィルムから医療機器や医薬、液晶材料などに転換。傘下に富士ゼロックス。 本日大幅反落です。新型コロナウイルス感染患者の治療薬として、同社子会社が手掛けるインフル薬「アビガン」の後発薬について、中国政府が新型コロナウイルスの治療に有効と発表したことから、同社株は昨日ストップ高まで買われていました。しかし、本日は朝から売り込まれています。今朝の日経新聞では、業績への貢献は限定的と見られると報じられており、それが嫌気されている模様です。中国でアビガンの特許は切れており、中国企業が後発薬を増産したとしても同社にライセンス収入は入らないとのことです。それに例え国内で増産したとしても売上高の押し上げ効果は限定的です。



[4549]栄研化学  [1部]業種:医薬品
終値1,827円/前日比+172円
Yahooの株価リンクはこちら

臨床検査薬大手。便潜血試薬で高シェア。免疫、微生物、遺伝子技術なども。本日大きく急伸しました。同社は昨日、独自の遺伝子増幅技術「LAMP法」を活用した新型コロナウイルス検出試薬キットを発売したと発表。35分でウイルス感染を検出出来、現在主流のPCR法に比べ検査時間が大幅に短縮出来るとしています。従来から開発を表明していましたが、正式な発売発表を受けて改めて関心が高まっています。ただ、後場からは売り圧力が強まるなど、短期の回転売買からボラティリティの大きい動きも考えられ、注意が必要です。



[7774]ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング  [JQG]業種:精密機器
終値550円/前日比+58円
Yahooの株価リンクはこちら

再生医療ベンチャー。自家培養表皮や軟骨などを開発。富士フイルムHD傘下。 本日後場商いを伴い急伸し、大陽線で一時ストップ高まで買われています。同社は本日前引け後に、本日付けで自家培養角膜上皮「ネピック」の製造販売承認を取得したと発表。「ネピック」は、患者自身の角膜輪部組織から角膜上皮幹細胞を採取してシート状に培養したもので、同品を移植することで角膜上皮を再建させる角膜上皮幹細胞疲弊症の治療を目的とした眼科領域では国内初の再生医療等製品となります。直近で下げ続けてきた5日線が漸く下げ渋り、反転に向けての一段階をクリアした格好です。



[9326]関通  [M]業種:倉庫・運輸
終値1,165円/初値比+133円
Yahooの株価リンクはこちら

Eコマースを展開する顧客企業の配送センター代行業務などを手掛ける。本日一時ストップ高です。本日新規上場した銘柄ですが、新型コロナウイルスによる世界的株安状態の中、IPOも全滅状態となっており、公開価格割れで初値形成後も更に売られるIPOが目立っていました。しかし、同社株は公開価格を大きく上回っての初値形成となり、初値形成後も買われて一時ストップ高まで買われています。同社は通販業者の配送センター業務代行事業を手掛けていることから、新型コロナウイルスは追い風との見方も多く、新型コロナウイルス感染懸念から通販需要が拡大しており、同社にも特需が見込めるとの期待も強い様子です。同社株は小型IPOでロックアップも掛かっているだけに買い安心感もあるようです。来週も物色が続くか注目されます。



[8951]日本ビルファンド投資法人  [東証R]業種:REIT
終値555,000円/前日比-100,000円
Yahooの株価リンクはこちら

三井不動産系の不動産投資法人。東京23区内中心に大型オフィスビルへ投資。 本日ストップ安まで売られました。同REITだけでなく、本日はストップ安まで売り込まれたREITが続出しています。東証REIT指数は18%超の下落で大幅続落しており、2013年1月以来の安値水準となっています。東証REIT指数はアベノミクス相場で上昇した分をほぼ吐き出した格好で、新型コロナウイルスのパンデミックにより、海外投資家による換金売りがJ-REITにも続いていますが、ここに来て金融機関など国内機関投資家の売りも出てきているとの見方です。ある意味、セリングクライマックスとの見方もあり、売りが尽きれば全体的に見直されるとの期待が強いものの、落ちるナイフは拾えないとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4574]大幸薬品 [1部]業種:医薬品
終値4,545円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら  

大衆薬「正露丸」や感染管理製品「クレベリン」の製造販売。海外販売を拡大。本日ストップ高付けました。同社は10日引け後に決算を発表。2020年3月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比69.8%増の30.6億円に拡大。併せて通期の同利益を従来予想の19.5億円から27.5億円へと41.0%上方修正しました。業績好調に伴い今期の年間配当を従来計画の30円から40円に大幅増額修正。また、3月末を基準とする1対3の株式分割も発表したことで株主還元に対する好感に加えて、株式流動性の向上と投資家層の拡大期待から引き続き買い優勢との見方が強いでしょう。



[8226]理経 [2部]業種:卸売業
終値238円/前日比+32円
Yahooの株価リンクはこちら 

情報機器の輸入商社。衛星通信技術に定評。官公庁や大学向けに強み。本日寄り付きに伴う商いが一巡したあとに出来高を伴い急伸し、大幅反発しました。同社は本日、「脳活動の見える化」技術を軸としたハードウェアの開発などを行うNeU社と脳科学アドバイザリーサービス契約を締結し、VR体験中の脳活動計測を軸としたVRコンテンツ開発サービスの提供を開始すると発表しています。本日の大幅高で株価は、10日の急落分を埋めるどころか一気に25日移動平均線をも捉えており、戻りの強さや継続性が試されるステージに入っていきます。



[7172]ジャパンインベストメントアドバイザー [M]業種:証券・商品
終値2,131円/前日比+267円
Yahooの株価リンクはこちら 

航空機や海上輸送用コンテナオペレーティングリースが主力。太陽光発リースや保険も。本日大幅上昇です。同社は一昨日に本決算を発表しており、今期見通し大幅増収増益計画となっていることが好感されているとの見方です。ただ、今期見通しは既に1月23日に前期業績を下方修正した際に一緒に開示済みで、今期は前期計画未達となった案件の期ズレにより大幅増益になっていることもあり、改めて買われる決算でも無いとの声も聞かれました。ただ、決算説明資料によれば2020年体制を整備し、再び成長トレンドへとのことだけに改めて見直す向きも多い模様です。同社株は2018年をピークに随分と売り込まれてきただけに、今回の決算発表で中長期投資家が買うキッカケになった面もある様子です。



[4434]サーバーワークス [M]業種:情報・通信業
終値12,340円/前日比+2,010円
Yahooの株価リンクはこちら 

アマゾンのクラウド「AWS」に特化。インフラ基盤構築、リセール、保守・運用代行。本日大幅高となり、上場来高値を更新しています。今朝の日経新聞一面では、政府は今秋からスタートするITシステムのクラウド化を巡り、人事・給与や文書管理など各省共通の基盤システムを米アマゾン傘下のクラウド企業に発注する調整に入ったと報じています。最初の大型案件となる基盤システムで、政府はアマゾン傘下のAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)の仕様を前提に制度設計を始めたとのことで、発注先として今春正式決定するとのことです。同社はAWS導入支援など手掛けているだけに思惑買いに繋がっているようです。なお、[3915]テラスカイもAWS関連として派手に買われています。



[2429]ワールドHD [1部]業種:サービス業
終値2,097円/前日比+399円
Yahooの株価リンクはこちら 

九州地盤に製造派遣・請負。自動車向け主力。都市でマンション開発販売も。本日大きく急伸しました。同社は10日引け後に決算を発表。2019年12月期の連結経常利益は前年同期比4.7%減の48億円に落ち込みましたが、2020年12月期は前期比73.5%増の83.3億円に急拡大を見込み、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しです。同時に今期の年間配当を前期比47.1円増の99.8円に大幅増配する方針としました。同社株は今年に入ってから大きく下落基調にあり、本日の反発で一目均衡表では雲も抜け、上値を追う展開が期待されます。



[7183]あんしん保証 [M]業種:その他金融業
終値391円/前日比+77円
Yahooの株価リンクはこちら 

賃貸の家賃保証を全国展開。「事前立替型」でビジネス特許。株主にアイフル。 本日大幅高となり、昨年来高値を更新して一時ストップ高まで買われました。一昨日引け後に発表した3Q決算が好感されています。営業利益は累計で前年同期比51.4%増となっており、純利益に関しては69.2%増に。四半期ベースでは更に増益率が大きくなっています。通期計画は据え置きながら進捗率が高く上振れ必至との見方も多いようです。また、今年の4月1日から施行される改正民法で個人保証の要件が厳しくなり、同社のように保証事業を手掛ける企業には追い風になると見られていることから、来期業績への期待も強い状況です。小型の貸借銘柄ということもあって、今回の好決算を機に相場を作ってくるのではと期待する声も聞かれました。



[6284]日精エー・エス・ビー機械 [1部]業種:機械
終値4,565円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら 

PETボトルなど食品、飲料容器成形機の世界大手。海外比率9割。汎用機拡大。 本日大きな窓を開けて急反発し、ストップ高まで買われています。同社は10日引け後に、2020年9月期第1四半期業績を発表。売上高が減収となったものの、本業の儲けを示す営業利益は前年同期比23%増の7億500万円と好調でした。買い残が枯れている状態で売り残が上回っており、直近の信用倍率は0.83倍となっていることから需給面でも上値の軽さが意識された格好での上値追いでしょう。一段高で5,000円近辺の売りを熟せれば景色が一変します。



[9625]セレスポ [JQ]業種:サービス業
終値2,697円/前日比-338円
Yahooの株価リンクはこちら 

イベントの企画・運営。建設式典・スポーツイベントに強み。企業の販促支援等も。 本日大幅安です。同社が一昨日発表した3Q決算は大幅増収増益で四半期ベースで見ても大幅な増収増益となっています。これだけ見ればポジティブサプライズ的な決算と言えるものの、一緒に通期業績を上方修正しており、その数字が失望されています。大幅な上方修正ながらも市場コンセンサスや四季報予測には届いておらず、しかも3Qの数字を大幅に下回っており、4Qである1-3月期は大幅赤字になる計画です。例年、同社の1-3月期は赤字となるものの、ここまでの赤字を見込んでいることは失望だと言えるでしょう。保守的との見方もありますが、決算期待も強かった銘柄だけに本日は失望的に売られています。また、株主優待制度廃止も発表しており、それも嫌気されているのではとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ