株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[6981]村田製作所

4516 日本新薬 [1部]業種:医薬品
終値7,200円/前日比+190円
Yahooの株価リンクはこちら  

医家向け医薬品が主体。泌尿器系や循環器系に強み。機能食品事業も。日本新薬は本日引け後に業績・配当修正を発表。2019年3月期の連結経常利益予想を従来の190億円から210億円に10.5%上方修正しました。増益率は8.9%増から20.3%増に急拡大し、従来の6期連続での過去最高益予想を更に上乗せています。国内医薬品、導出自社創薬品ウプトラビの海外売上に伴うロイヤリティ収入などが寄与したようです。また、業績好調に伴い前期の年間配当を従来計画の58円から70円に増額修正しています。

日本新薬 WINZONE ENERGY×ENERGY(ウィンゾーン エナジー×エナジー)タブレット(186粒)【約31日分】




6981 村田製作所 [1部]業種:電気機器
以前の記事
終値5,950円/前日比-21円
Yahooの株価リンクはこちら 

セラミックコンデンサで世界首位。材料から一貫生産の技術力に強み。野村證券は22日付で、投資判断「Buy」を継続、目標株価は6,900円から7,600円に引き上げています。2019年4月までに発売された5Gスマホを分析の上、解析した処プロセッサの発熱対策と省電力対策でスマホ1台当たりのMLCCの使用数量と総容量が共に30~40%上昇していることが分かったとしています。

村田製作所 他励振式圧電サウンダ φ12.6mm




9450 ファイバーゲート [M]業種:情報・通信業
終値3,350円/前日比+45円
Yahooの株価リンクはこちら 

商業施設や集合住宅向けWi-Fiサービスを展開。通信機器の製造・販売も。岩井コスモ証券は22日付で、投資判断「A」、目標株価4,200円でカバレッジを開始しています。成長著しい企業で5Gによるデータ通信量の増大などから、5Gを補完する関係になると期待されるWi-Fiに携わる企業であるとし、政府の訪日客の満足度の強化や防災面からWi-Fi整備が国策となっているため注目度が高いだろうとコメントしています。
「Wi-Fi」関連

【Amazon.co.jp限定】TP-Link WiFi 無線LAN ルーター 11ac AC1900 1300Mbps + 600Mbps デュアルバンド Archer A9


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

[1961]三機工業 [1]業種:建設業
終値1,114円/前日比±0円
Yahooの株価リンクはこちら  

三井系で設備工事大手。空調、衛生などにも展開。自動車・ITに強み。同社は本日引け後に業績修正を発表。2019年3月期第2四半期累計の連結経常利益予想を従来の8億円から15.4億円に92.5%上方修正し、一転して61.8%増益見通しとなりました。主に産業空調分野における受注が好調に推移、工事採算の改善により完成工事総利益率が予想を上回ったとしています。




[6981]村田製作所 [1]業種:電気機器
終値18,885円/前日比+485円
Yahooの株価リンクはこちら 

セラミックコンデンサで世界首位。材料から一貫生産の技術力に強み。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は5日付で、レーティング「オーバーウエート」を継続、目標株価は24,000円から26,000円に引き上げています。同証券では、MLCCのプロダクトミックスの改善などを考慮し、業績予想を上方修正。ハイエンドMLCCの需給逼迫は、エレクトロニクス産業全体のボトルネックに浮上、長期化の様相を呈してきたとコメントしています。




[9613]NTTデータ [1]業種:情報・通信業
終値1,378円/前日比+22円
Yahooの株価リンクはこちら 

情報サービス最大手。官公庁、金融機関向け大型システム受託に強み。海外拡大。岩井コスモ証券は5日付で、投資判断「A」を継続、目標株価は1,600円から1,800円に引き上げています。2019年3月期は会社側計画を達成する2桁営業増益を予想。国内最大のクレジットカード決済システム「CAFIS」を開発・運用していることから、中期的に広がる見通しのキャッシュレス化の恩恵を受ける企業としても注目したいとコメントしています。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


[8111]ゴールドウイン
終値7,960円/前日比+90円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2019年3月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比60.4%増の10.7億円に拡大しました。併せて上期の同利益予想を従来の16.5億円から19億円に15.2%上方修正。増益率は7.4%増から23.7%増に拡大し、従来の2期連続での上期の過去最高益予想を更に上乗せしました。




[6047]Gunosy
終値1,770円/前日比+6円
Yahooの株価リンクはこちら 

東海東京調査センターは2日付で、投資判断「アウトパフォーム」を継続、目標株価は2,000円から2,500円に引き上げています。 強気の理由として、2018年5月期は期初計画未達であったものの市場予想通りでサプライズはない点、メディアの成長鈍化懸念は現在の株価に織り込まれており、今後はアドネットワークなどを含めた企業全体の利益成長が焦点となると予想する中、同社は前年比では高い成長率を維持している点などを挙げています。




[6981]村田製作所
終値18,665円/前日比-300円
Yahooの株価リンクはこちら 

岩井コスモ証券は2日付で、投資判断「A」を継続、目標株価は20,000円から23,000円に引き上げています。2019年3月期の収益急回復に加え、MLCCの製品値上げによって、2020年3月期には4期ぶりの連結営業最高益更新が視野に入ると共に新たな成長ステージも見えてきそうだとコメントしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


[3836]アバント
終値1,096円/前日比-8円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に業績修正を発表。2018年6月期の連結経常利益予想を従来の13億円から16.3億円に25.4%上方修正し、一転して24.8%増益見込みとなりました。3期連続で過去最高益を更新する見通しとなっています。連結会計関連事業において次期に見込んでいた売上が前倒しに計上されたことに加え、採用活動の計画との差異が結果として人件費や採用費の前回予想を下回ったこと、更にはグループ全体で販売管理費が前回予想よりも減少したとしています。




[6136]オーエスジー
終値2,485円/前日比+48円
Yahooの株価リンクはこちら 

東海東京調査センターは24日付で、投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に、目標株価を2,780円から2,840円にそれぞれ引き上げています。2018年11月期第2四半期累計の連結営業利益は前年同期比23%増益で、業績は堅調に推移していると思われるとコメント。業績動向に対し、2018年前半の株価は調整が大きく、株価水準に割安感が出てきたと指摘しています。




[6981]村田製作所
終値19,800円/前日比+265円
Yahooの株価リンクはこちら 

野村證券は24日付で、投資判断「Buy」を継続、目標株価は17,800円から23,000円に引き上げています。MLCCの価格前提を変更、為替前提を円安方向に見直した結果、業績予想を上方修正。MLCCは、需要が拡大する車載向け汎用品の価格是正をしなければ、業界として十分な設備投資が出来ず足元の極端な需給逼迫が長びく懸念があったとし、同社は業界最大手および車載向けMLCCのトップ企業として、車載汎用品の価格是正に取り組むと同證券では見ているとのことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


[3990]UUUM
終値5,880円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら 

岩井コスモ証券は19日付で、同社株の投資判断を「A」、目標株価6,500円でカバレッジを開始しています。同社に所属する人気ユーチューバーによる投稿動画の視聴数増加や企業とタイアップした動画広告で得る収入の増加によって高い成長を続けているとコメント。「ユーチューバー」は若い世代が憧れる職業の一つになるなど、新たに成長する分野になっており、動画広告市場の中期的な拡大やエンターテイメントやイーコマースなどの動画広告以外への収益基盤の強化によって中期的に成長が期待出来る企業として注目したいとしています。




[5609]日本鋳造
終値1,125円/前日比-6円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2019年3月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比2.9倍の1億7,400万円に急拡大しました。併せて上期の同利益予想を従来の5,000万円から2億5,000万円に5.0倍上方修正しており、減益率は85.0%減から25.1%減に縮小する見通しとなりました。更に、上期業績の好調に伴い通期の同利益予想を従来の5億円から7億円に40.0%上方修正しています。




[6981]村田製作所
終値19,565円/前日比-180円
Yahooの株価リンクはこちら 

大和証券は19日付で、投資判断「2」を継続、目標株価は18,500円から25,000に引き上げています。株価はMLCCの値上げ観測などにより上昇したものの2020年3月期同証券予想PERは15~16倍と割高感は無いとコメント。MLCC市場のダウンサイジング化加速ポテンシャルや2020年に向けた5G需要の取り込みを考慮すれば、未だ同証券予想を作成していない2021年3月期に向けての業績モメンタムも良好であろうとしています。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ