株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[6918]アバールデータ

[4568]第一三共 [1部]業種:医薬品
以前の記事
終値4,434円/前日比+121円
Yahooの株価リンクはこちら  

製薬大手で国内3位。循環器と感染症薬に強み。抗凝固剤「リクシアナ」が拡大。JPモルガン証券は投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウェイト」に格上げ、目標株価も3,400円から5,200円に引き上げています。同社製品「DS-8201」の貢献を期待しており、開発中のADCアセットのアップデート、同アセットに関連したパートナーシップの発表などがカタリストになっていくと見ているようです。

第一三共ヘルスケア トランシーノ薬用ホワイトニングフェイシャルマスクEX 4枚




[6918]アバールデータ [JQ]業種:電気機器
以前の記事
終値1,725円/前日比+17円
Yahooの株価リンクはこちら 

電子制御装置製造会社。画像処理モジュールが主力。自社開発と受託。同社は本日引け後に業績・配当修正を発表。2019年3月期の非連結経常利益予想を従来の13.9億円から15.6億円に12.2%上方修正しました。増益率は4.0%増から16.8%増に拡大する見通しです。期初より受託製品・産業用制御機器並びに自社製品・画像処理モジュールおよび計測通信機器においては、新製品の立ち上がりに加え、新分野での展開が好調に推移したとしています。また、業績好調に伴い今期の年間配当を従来計画の56円から64円に増額修正しました。
「画像処理モジュール」関連

カメラ・モジュールの動かし方と応用製作(トランジスタ技術SPECIAL): 色判定から暗視/防犯まで ディジタル処理自由自在



[9603]エイチ・アイ・エス [1部]業種:サービス業
以前の記事
終値4,080円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら 

格安航空券販売の最大手。個人の自由旅行に強み。ハウステンボスの運営も。SMBC日興証券は11日付で、同社の投資判断「1」を継続し、目標株価も5,000円から5,100円に引き上げました。年後半に向けても好調は続くことを予想。ゴールデンウィーク後の予約状況も好調の模様で、雇用環境改善・余暇時間拡大といった構造要因が旅行需要を後押しする状況は今後も続くと見ています。また、旅行事業のグローバル化、旅行事業以外の拡大による事業基盤の強化といった中期的な変化局面にあることへの期待値も高いとしています。
「ハウステンボス」関連

ハウステンボス 口コミ○得完全ガイド

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



6918アバールデータ
アバールデータ(6918) 東証JQ / 電気機器 / 100株単位
電子制御装置製造会社。画像処理モジュールが主力。自社開発と受託。

当日の株価:3,100円/前日比:-45 
予想PER:30.9
実績PBR:2.03
配当利回り: 1.87%
優待制度:なし

①.アバールデータ <6918> [JQ] が3月12日大引け後(15:00)に業績・配当修正を発表。18年3月期の連結経常利益を従来予想の11億円→13.2億円(前期は9.3億円)に19.9%上方修正し、増益率が18.4%増→42.0%増に拡大する見通しとなった。会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の5億円→7.2億円(前年同期は5.8億円)に43.7%増額し、一転して23.3%増益計算になる。(18/3/12)
②.業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の49円→58円(前期は39円)に増額修正した。(18/3/12)
③.アバールデータ<6918>=後場に入って上昇加速。半導体製造装置向けモジュールメーカーで世界的な半導体設備投資需要の拡大に伴うビジネスチャンスを捉え、業績高成長路線をひた走る。特に画像処理モジュールが伸びており、営業利益は17年3月期の44%増益に続き、18年3月期も前期比19%増の10億8000万円と2ケタ成長を継続する見通し。19年3月期は、売上高は伸び悩むも利益率向上で増益路線がキープされる公算が大きい。ここ売買高も増勢で、機関投資家とみられる継続的な買い主体の存在を暗示している。(18/3/9)
④.アバールデータ<6918>が続急伸、株価はきょうの高値まで2日間で400円を超える上昇をみせ、1月19日以来約1カ月半ぶりに3000円大台乗せを果たした。半導体製造装置向けモジュールメーカーで、世界的に旺盛な半導体需要を背景に業績は好調、18年3月期は営業利益段階で前期比19%増の10億8000万を見込む。世界の通信機器メーカーや通信事業者が5Gの商用化を20年から19年へ1年前倒しする計画にあるなか、5Gのインフラ整備に伴い、高速画像処理技術を手掛ける同社は大きくビジネスチャンスが広がることになる。5G関連株が人気化するなか見直し買いが急となっている。(18/3/9)

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 768
投資CF : -272
財務CF : -182
現金等 : 2,665

財務(百万円)
自己資本比率 : 79.5%
利益剰余金 : 4,164
有利子負債 :   0

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ