株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[6871]日本マイクロニクス

[3359]cotta 
[M]業種:卸売業
終値721円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

製菓・製パンの容器・包装資材を小口・短納期で通販。個人向け通販も。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は先週末26日引け後に業績修正を発表。2020年9月期の連結経常利益を従来予想の4,300万円から2.1億円に5.0倍上方修正し、減益率が87.7%減から38.9%減に縮小する見通しとなりました。巣ごもり消費による需要の拡大が続いており、インターネット通販サイトの第3四半期売上高が前年同期比約70%増となることが確実で引き続き需要拡大が見込まれ、株価は新値追いの展開が期待されます。



[3667]enish 
[1部]業種:情報・通信業
終値651円/前日比+12円
Yahooの株価リンクはこちら

ゲーム・アプリの企画・開発・運営。シミュレーション型交流ゲームが主力。プラットフォーム多数。 本日一時700円台まで買われる場面も見られました。特に新たな材料見当たりませんが、引き続きアニメ「五等分の花嫁」初のゲームアプリへの期待相場との見方です。同社は5月27日に「五等分の花嫁」初のゲームアプリ制作を決定したと発表。2020年内配信予定だとのことです。これが好感されて、同社株は派手に上げてきましたが、今月は揉み合いで調整を続けていた格好です。それが上放れてきたことから、買い場を探っていた向きが集まってきたようです。小型の貸借銘柄だけに物色が続けば空売りも増えて、踏み上げ相場の思惑も出てくるため、面白くなりそうだと期待する向きも多いですが、結局垂れて引けているだけに続伸出来なければ暫く厳しそうだとの声も聞かれました。



[2335]キューブシステム 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,042円/前日比+110円
Yahooの株価リンクはこちら

システム開発。金融・通信・流通向けに強み。プロジェクト管理に定評。AIに注力。本日は大きな窓を空けて続急伸し、年初来高値を大幅に更新しました。キャッシュレス化の流れを追い風にクレジット会社向けシステム構築案件が好調で業績に寄与。2021年3月期は売上高前期比9%増の160億円、営業利益は同17%増の11億2,000万円と増収2桁増益を見込んでおり、コロナ禍でも成長路線に陰りはありません。本日の株価は昨年5月以来となる4桁大台乗せを果たしており、値動きが軽くなることが想定されます。



[4596]窪田製薬HD 
[M]業種:医薬品
終値330円/前日比-80円
Yahooの株価リンクはこちら

眼疾患治療薬ベンチャー。白内障や網膜色素変性の新薬開発。遺伝子治療も。 本日大幅安となりストップ安まで売られました。先週末引け後に同社は新株予約権発行を発表。希薄化は最大で21%超となることから嫌気されています。足元で同社株は近視治療のために開発中のメガネ型機器について、近く米国で治験に入ると日経新聞で報じられ派手に物色されていました。それだけにタイミングも悪く、掴まってしまった短期資金も多いようで、本日はそういった向きの売りも出易かった様子です。同社が開発中の近視治療メガネ型機器への期待は強いものの、暫くは手掛け難くなったとの声も多いようです。



[6871]日本マイクロニクス 
[1部]業種:電気機器
終値1,176円/前日比+87円
Yahooの株価リンクはこちら

半導体計測器具「プローブカード」やFPD検査装置が主力。新素材開発に積極。 本日買い気配スタートから大幅続伸しています。いちよし証券がレーティングを「B」から「A」に格上げし、フェアバリューも1,000円から1,560円に引き上げました。新型コロナウイルスの影響によるテレワーク増などもあり、データセンターやサーバなどの逼迫感が急速に強まっており、DRAM向けブローブカードの需要が拡大していると指摘しています。本日の大幅高で株価は今月2日のコロナショック後の戻り高値1,218円に急接近しており、ブレイクすれば2月に空けた大きな窓埋め水準1,289円がターゲットになります。



[3998]すららネット 
[M]業種:情報・通信業
終値3,940円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら

小学生から高校生向けネット学習教材「すらら」を提供。地方塾、学校が導入。 本日ストップ高まで買われ上場来高値を更新しています。本日分割権利落ちですが、分割により最低投資価格が安くなったことで個人投資家の買いが入ってきたとの見方です。同社株は6月12日に5分割の株式分割を発表しましたが、それ以来強い上昇基調が続いていました。それでも分割権利落ちで出尽くしとならず改めて買われていることから、それだけ同社株を買いたい向きが多かった様子です。同社のオンライン学習教材事業への先行き期待は強いようです。足元の相場でどこまで上げられるか明日以降の動向が注目されます。



[4687]TDCソフト 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,022円/前日比+74円
Yahooの株価リンクはこちら

独立系SI。金融・流通関連ソフト開発に強み。AI、アジャイル・クラウド分野に注力。 本日寄り付きに伴う商い一巡後から上値追いが始まり続急伸となりました。同社はAIデータサイエンスやアジャイル開発、クラウド分野などへの取り組みに力を入れており、ローカル5G分野に傾注していることもポイントで、高速大容量通信のプライベートLTEサービスを手掛けるLTE-X社と戦略的提携を行い同分野を深耕しています。株価は4桁大台を回復し、今月11日に付けた戻り高値1,005円を払拭しており、新展開入りが見込まれます。



[4594]ブライトパス・バイオ 
[M]業種:医薬品
終値314円/前日比+22円
Yahooの株価リンクはこちら

久留米大学発バイオベンチャー。NKT細胞を用いたガン免疫療法の開発手掛ける。 本日一時356円まで買われ大幅高になっています。千葉大学病院は理化学研究所と連携し、iPS細胞からNKT細胞を作製した「iPS-NKT細胞」をヒトに投与する世界初の治療法を医師主導治験として行うこととなったと14時に発表しています。これまでに「iPS-NKT細胞」が人の血管内に直接投与されたことは無く、本治験で忍容性、安全性、有効性が確認されれば頭頸部癌と闘っている患者にとって大きな希望となるとのことです。同社は、この研究への支援を行っているとのことから好材料視されたようです。ただ、物色一巡後は上げ幅を縮小しています。行使されていない新株予約権が未だ豊富にあり、それが重しになっている面もあるようです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6315]TOWA  [1部]業種: 機械
終値1,119円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

半導体製造関連装置大手。樹脂封止装置が主力。精密金型製作にも強み。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年3月期の連結経常利益は前期比31.1%減の6.4億円に落ち込みましたが、2021年3月期は前期比3.1倍の20億円に急拡大する見通しとなりました。5G関連を中心に業績が好調で、今期は半導体製造装置の販売が伸びる他、新事業も拡大する見込みとのこともあって買いが流入しています。引き続き買い優勢との見方も強く、この勢いがどこまで続くか注目されます。



[8938]グロームHD  [JQG]業種: 不動産業
終値708円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

東京西部地盤の不動産サブリース中堅。病院が中心。中国投資会社から資金。 本日大幅買い気配スタートから続急伸し、ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、2021年3月期から5ヵ年に渡る中期経営計画の策定を発表。2025年3月期には営業利益段階で28億1,700万円(前期実績は6億600万円の赤字)を目指すとしており、これがインパクトを与えたようです。本日の株価は、業績回復シナリオを材料視する買いが集中し買い進まれた訳ですが、なおも80万株超の買いを残しており、先高期待に繋がっています。



[4112]保土谷化学工業  [1部]業種:化学
終値4,195円/前日比+360円
Yahooの株価リンクはこちら

化学メーカー中堅。プリンター関連など電子材料が主体。有機EL材料に注力。 本日大幅高です。同社は昨日、本決算を発表しました。今期見通しは非開示ですが、前期実績は小幅減益決算で当初計画を大幅に上回っての着地となっています。更に今後の見通しとして、有機EL材料の用途展開を検討していたところ、PCR診断法に適用可能な診断キット用材料の開発に成功し、複数の診断キットメーカーが採用したことで今回の新型コロナウイルス感染症の診断に適用されることになったことを明らかにしています。これらが好感されて本日は見直し買いに繋がっています。来週は今年2月に付けている年初来高値を目指すと期待する声も聞かれ、来週の動向が注目されます。



[6584]三桜工業  [1部]業種:輸送用機器
終値814円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

自動車用チューブ、集合配管などの独立系メーカー。国内高シェア。技術開発に積極。本日大幅ギャップアップスタートから5営業日続伸しています。同社は昨日引け後に、2020年3月期連結決算を発表。売上高が前期比1.6%増の1,427億700万円、営業利益は同2.6倍の54億5,200万円、最終利益は21億7,700万円(前期85億2,500万円の赤字)と大幅増益となりました。本日の株価は、空中戦で75日移動平均線をクリアしたあと100日移動平均線をもブレイクし、200日移動平均線に頭を抑えられた格好です。週明け早い段階で再度100日線にチャレンジしたい処です。



[9792]ニチイ学館  [1部]業種:サービス業
終値1,635円/前日比+35円
Yahooの株価リンクはこちら

医療事務受託最大手。介護も首位。語学事業、中国事業を育成へ。本日確りと上昇して高値を更新しています。MBO(経営陣買収)実施中の銘柄ですが、発表後からTOB(株式公開買付)価格である1,500円を上回っての推移となっており、本日は更に上放れています。同社株は以前からアクティビストで知られるエフィッシモキャピタルが11.4%保有しており、保有目的は投資及び状況に応じて経営人への助言、重要提案行為等を行うこととしており、TOB には応じないのではとの思惑に繋がっている様子です。TOB発表後の動きからもエフィッシモキャピタルが買い増している可能性すらあるのではとの見方もあります。この分ですとTOBは成立しない可能性があり、TOB価格が引き上げられるのではと期待する向きもいるようです。なお、大量保有報告書に記載された取得資金合計金額から算出しますとエフィッシモキャピタルの平均買いコストは1株1,081円程度となります。



[5704]JMC  [M]業種:非鉄金属
終値917円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

3Dプリンター・砂型鋳造による試作、樹脂・金属部品を生産。CTスキャンの3D化も。本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、EOSジャパン社と連携して「樹脂3DプリンターAMサービス」の提供開始することを発表。これを手掛かり材料に物色人気化しています。商いも増勢で戻り高値を払拭したこともあって、目先は2月6日に付けた1,202円を目指す動きにあります。ただ、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、短期の回転売買からボラティリティの大きい動きも想定されますので、注意が必要です。



[6871]日本マイクロニクス  [1部]業種: 電気機器
終値1,033円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

半導体計測器具「プローブカード」やFPD検査装置が主力。新素材開発に積極。 本日ストップ高まで買われています。本日は野村證券が同社株の投資判断を従来の「Neutral」から「Buy」へ格上げし、目標株価を1,500円まで引き上げています。時価を大幅に上回る目標株価となっているだけに見直し買いに繋がっている様子です。同社株は昨日まで25日移動平均線が下支えとなるも75日線が上値抵抗線になっており、チャート的には煮詰まっていました。本日の上昇で上放れてきた格好で、200日線をも上抜いています。また、一目均衡表の雲も突破しており、これを機に上昇トレンドを描いていくと期待する声も聞かれました。



[8563]大東銀行  [1部]業種:銀行業
終値682円/前日比+40円
Yahooの株価リンクはこちら

福島地盤の第2地銀。中小企業や個人取引が主力。復興支援を強化。 本日後場買われて一時ストップ高になっています。昼過ぎに[8473]SBI HDが、同社株を215万9300株取得すると発表。議決権総数に対する比率は17.14%で、同社既存株主から譲渡の申し出に応じ純投資の目的で取得するとのことです。これが好感されて買われました。SBI HDは多くの地銀に出資し業務提携しており、地銀連合「第4のメガバンク」構想を進めています。昼過ぎの発表では純投資としていますが、今後業務提携も行うと期待されている様子です。ただ、SBI HDと資本業務提携した地銀株は一時的に好感されるも買い続かないことが多く、好材料視もされ難くなっているとの声も多いだけにストップ高まで買われたあとは、上げ幅を縮小し引けています。来週の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ