株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[6857]アドバンテスト

[3193]鳥貴族 [1部]業種:小売業
終値2,172円/前日比+54円
Yahooの株価リンクはこちら  

全メニューが低価格の均一料金。焼き鳥チェーン「鳥貴族」を東名阪中心に運営。鳥貴族は本日引け後に決算を発表。2019年7月期の非連結経常利益は前期比29.0%減の11.4億円になったものの、従来予想6億円を上回って着地しました。2020年7月期は前期比10.4%増の12.6億円に伸びる見通しも示しています。当下期からアメーバ経営の運用を開始し、店舗別採算管理の強化に全社を挙げて取り組んだ結果、多くの店舗において店舗運営に係る販管費が減少したことにより、営業利益および経常利益が前回修正予想を超過することになったとしています。

鳥貴族「280円均一」の経営哲学
大倉 忠司 (著)



[6677]エスケーエレクトロニクス [JQ]業種:電気機器
終値1,885円/前日比+16円
Yahooの株価リンクはこちら 

フォトマスク専業。大型液晶パネル向けで世界高シェア。岩井コスモ証券は12日付で、投資判断「A」、目標株価2,200円でカバレッジを開始しています。2019年9月業績は、第4四半期の落ち込みはあるものの、進捗率から考えると上振れる可能性もあると見込むとコメント。また、米中貿易問題も長期化することが見込まれ、中国政府の後押しによる工場新設やラインの拡張が続くであろうことはポジティブと見ているとのことです。
「フォトマスク」

フォトマスク



[6857]アドバンテスト [1部]業種:電気機器
終値4,680円/前日比+70円
Yahooの株価リンクはこちら 

半導体試験装置で世界大手。DRAM用はトップ。電子ビーム露光装置も。大和証券は12日付で、投資判断「2(アウトパフォーム)」を継続、目標株価は3,300円から5,200円に引き上げています。目標株価は、2021年3月期予想連結1株利益に20倍程度を乗じて算出されています。第2四半期決算に向けて特段の株価カタリストは見出し難いと考えるものの、下期以降の受注拡大に対する期待は高く、強気の投資スタンスが維持出来ると考えたとコメントしています。
「半導体試験装置」

世界半導体製造装置試験検査年鑑2000書籍 (日経マイクロデバイス別冊)




このブログはランキングに参加しています。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

[2810]ハウス食品グループ本社 [1]業種:食料品
終値3,250円/前日比±0円
Yahooの株価リンクはこちら 

カレー、シチュー用ルウでトップ。開発・宣伝力に定評。飲料、健康食品に注力中。同社は本日引け後に決算を発表。2019年3月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比17.6%増の94.2億円に伸びました。併せて通期の同利益予想を従来の180億円から196億円に8.9%上方修正し、増益率は4.6%増から13.9%増に拡大する見通しで25期ぶりに過去最高益を更新する見込みとなりました。また、業績好調に伴い今期の年間配当を従来計画の40円から44円に増額修正しています。



[3626]TIS [1]業種:情報・通信業
終値5,260円/前日比+200円
Yahooの株価リンクはこちら 

独立系情報サービス大手。金融向けが主力。傘下にTIS、インテックなど多数。野村證券は31日付で、投資判断「Buy」を継続、目標株価は6,400円から6,700円に引き上げています。2019年3月期上期連結営業利益は前年同期比14%増の155億円と同證券予想、会社側計画、QUICKコンセンサスを何れも上回り、ポジティブとコメント。収益性の改善は同証券予想以上に進展、第2四半期受注も同12%増と好調で、これらの点を踏まえ強気の予想を再度上方修正するとしています。




[6857]アドバンテスト [1]業種:電気機器 以前の記事
終値2,225円/前日比+144円
Yahooの株価リンクはこちら  

半導体試験装置で世界大手。DRAM用はトップ。電子ビーム露光装置も。岩井コスモ証券は31日付で、投資判断「A」を継続、目標株価は3,100円から3,200円に引き上げています。2019年3月期上期の連結営業利益が前年同期比約4.6倍の大幅増益となり、2019年3月期計画が5割超上方修正されたことは、ポジティブサプライズとコメント。半導体製造装置業界の減速懸念を払拭するキッカケになりそうだとしています。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

検証用


Yahooの株価リンクはこちら

[6857]アドバンテスト 東証1部 / 電気機器 / 100株単位

当日の株価:1,843円
予想PER:12.1倍
実績PBR:2.36倍
配当利回り: 2.71%
利益確定値目安:2,065円
ロスカット値目安:1,740円

同社は言わずと知れた半導体試験装置で世界大手企業です。2019年3月期第1四半期の連結税引き前利益は前年同期比11倍の165億円に急拡大し、通期計画347億円に対する進捗率は47.6%と例年を大きく上回っています。ご存知の通り、昨今の米半導体セクター安の影響で株価は年初来安値レベルを停滞。昨日は10%弱の下落と東証一部値下がり銘柄ランキング27位を強いられ、2017年9月以来1年1ヵ月ぶりに2,000円を割り込みました。なお、昨晩のSOX指数(フィラデルフィア半導体株指数)は2.34%の戻りを見せています。

キャッシュフロー(億円)
営業CF : 282
投資CF : -23
財務CF : -152
現金等 : 1,039

財務(百万円)
自己資本比率 : 52.4%
利益剰余金 : 128,628
有利子負債 : 24,701



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


[3230]スター・マイカ
終値2,307円/前日比+47円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に業績・配当修正を発表。2018年11月期の連結経常利益予想を従来の31.1億円から33.4億円に7.5%上方修正しました。増益率は4.4%増から12.2%増に拡大し、従来の4期連続での過去最高益予想を更に上乗せしています。また、業績好調に伴い今期の年間配当を従来計画の31円から32円に増額修正しました。




[4041]日本曹達
終値712円/前日比+27円
Yahooの株価リンクはこちら 

大和証券は19日付で、投資判断を「3」から「2」に、目標株価を640円から800円にそれぞれ引き上げています。 ポイントとして新剤発売などで農業化学品事業が収益拡大期へ入ることや半導体材料や医薬品添加剤などの拡販による化学品事業の成長、2019年3月期は会社側計画を大きく上振れ、2020年3月期は前期比20%連結営業増益を見込むこと、バリュエーション面の割安感などを挙げています。




[6857]アドバンテスト
終値2,364円/前日比-42円
Yahooの株価リンクはこちら 

SMBC日興証券は19日付で、投資判断「1」を継続、目標株価は2,700円から2,800円に引き上げています。メモリテスタに付いて主に前工程の基準となるWFE前提の下方修正に伴い、2020年3月期で約20億円引き下げられているものの、前工程比では軽微な修正に留まるものと考えており、引き続き底堅く推移するものと考えるとコメントしています。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

[6967]新光電気工業
終値1,073円/前日比-10円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2019年3月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比4.1倍の42.8億円に急拡大しました。併せて上期の同利益予想を従来の33億円から56億円に69.7%上方修正し、増益率は17.6%増から99.6%増に拡大する見通しとなりました。更に、通期の同利益予想も従来の76億円から97億円に27.6%上方修正しています。




[3030]ハブ
終値1,054円/前日比-12円
Yahooの株価リンクはこちら 

岩井コスモ証券は25日付で、投資判断「B+」、目標株価1,200円でカバレッジを開始しています。2019年2月期第1四半期業績は増収増益決算で計画を上回る内容であり、6月からはグランドメニューを変更した効果も期待できるとコメント。2019年2月期は、原材料価格上昇の影響を吸収し、会社側計画通り増収増益を予想しているとのことです。2020年2月期以降は、国内でのラグビーワールドカップや五輪開催の特需も見込まれるとしています。




[6857]アドバンテスト
終値2,641円/前日比+156円
Yahooの株価リンクはこちら 

野村證券は25日付で、投資判断「Buy」を継続、目標株価は2,841円から2,956円に引き上げています。25日に2019年3月期第1四半期連結決算を発表。好調な業績を好感し、「Buy」を継続するとしています。第1四半期の受注は706億円と前四半期の854億円から低下したものの依然として高水準であり、前四半期にメモリテスタの前倒し受注150億円があったことを考慮すると、実質的には増加したと言えるとコメントしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ