株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[6506]安川電機

[2897]日清食品HD [1部]業種:食料品
終値8,050円/前日比+110円
Yahooの株価リンクはこちら  

即席麺のパイオニア。カップ麺でシェア首位。袋麺も強い。国内成熟、海外展開強化。野村證券は25日付で、投資判断「Buy」を継続、目標株価は9,200円から9,700円に引き上げています。食品セクターにおけるトップピックを継続、2020年3月期第1四半期決算では海外事業の調整後営業利益が増益を達成し、投資回収期入りを印象付けたとコメント。第1四半期決算後の取材などを踏まえ、海外事業の同証券従来予想を上回る好調を織り込んだ他、償却費を見直し、同証券利益予想を上方修正、国内では即席麺の値上げが第2四半期から寄与、2021年3月期から償却費が減少し新工場の稼働効果が顕在化する見通しとしています。

日清 カップヌードル 77g×20個



[4424]Amazia [M]業種:情報・通信業
終値3,760円/前日比-65円
Yahooの株価リンクはこちら 

フリーミアム型マンガアプリ「マンガBANG!」などを展開する。Amaziaは本日引け後に業績修正を発表。2019年9月期の非連結経常利益予想を従来の2億8,300万円から3億8,500万円に36.0%上方修正し、増益率は3.7倍から5.0倍に拡大、従来の2期連続での過去最高益予想を更に上乗せしました。継続的な人気作品の配信やゴールデンウィークの好影響などにより、「マンガBANG!」の月間アクティブユーザー数が増加したこととユーザーの決済率が高まったことで、売上高が前回発表予想を上回る見通しとなったとしています。
「マンガアプリ」

無料のマンガアプリ Yonde



[6506]安川電機 [1部]業種:電気機器
終値3,910円/前日比+15円
Yahooの株価リンクはこちら 

メカトロ大手。サーボモーターとインバーターで世界トップ。産業用ロボット累積出荷でも首位。岡三証券は25日付で、投資判断「強気」を継続、目標株価は4,100円から4,400円に引き上げています。同証券では、2020年2月期はロボット事業の苦戦を想定し、連結営業利益予想を前回から下方修正、モーションコントロール事業に付いても、2020年2月期中はACサーボの販売が伸び悩むと見ています。ただ、第4四半期以降には半導体や5G関連向けで需要が回復しはじめる期待があることなどから、足元の業績はボトム圏にあると考えるとコメントしています。

インバータドライブ技術
安川電機 (編集), 安川電機製作所= (編集)




このブログはランキングに参加しています。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

[1997]暁飯島工業 [JQ]業種:建設業
終値1,416円/前日比+20円
Yahooの株価リンクはこちら  

茨城で設備工事首位。空調、衛生給排水設備が主力。プラント建設なども。暁飯島工業は本日引け後に決算を発表。2019年8月期第3四半期累計の非連結経常利益は前年同期比52.5%増の6.3億円に拡大しました。併せて通期の同利益予想を従来の6.2億円から6.9億円(前期は6.2億円)に11.3%上方修正し、一転して10.4%増益見通しとなっています。また、3-5月期の経常利益も前年同期比38.6%増の2.6億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の11.8%から14.4%に上昇しました。
「衛生給排水設備」

改訂版 イラストでわかる給排水・衛生設備のメンテナンス



[3107]ダイワボウHD [1部]業種:卸売業
終値5,280円/前日比±0円
Yahooの株価リンクはこちら 

綿紡績の名門。繊維関連は機能性素材に注力。産業機械はIoTを拡大。岩井コスモ証券は4日付で、投資判断「A」、目標株価6,700円でカバレッジを開始しています。Windows7のサポート終了に伴う更新需要は、サポートが終了する来年1月14日の間際もしくは過ぎたあとまで続くことが見込まれることから、会社側の2020年3月期業績予想は保守的で上回る可能性があると見るとコメント。2021年3月期は反動減もありますが、文教向け需要や働き方改革などを追い風としたICT投資が活発なことから、Windows XPの時より、反動減は少ないと見ているとのことです。

ダイワボウ 先染 62515S 約110cm巾×50cmカット 色番G 手芸・ハンドメイド用品



[6506]安川電機 [1部]業種:電気機器
終値3,725円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら 

メカトロ大手。サーボモーターとインバーターで世界トップ。産業用ロボット累積出荷でも首位。みずほ証券は4日付で、投資判断を「中立」から「買い」に、目標株価を3,200円から4,500円にそれぞれ引き上げています。投資判断引き上げのポイントとして、日本や中国や韓国などアジア向けを中心に主力のACサーボ事業の受注環境は想定以上に厳しく、2020年2月期業績は会社側計画を下振れる公算が大きい半面、そうしたリスクは概ね株価に織り込まれている印象且つ操業度悪化影響の反動などで第4四半期には増益に転じる公算が大きいことなどを挙げています。

インバータドライブ技術 単行本 – 2006/3/1
安川電機 (編集), 安川電機製作所= (編集)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ