株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[6479]ミネベアミツミ

[3906]ALBERT [M]業種:情報・通信業
終値11,910円/前日比-1,500円
Yahooの株価リンクはこちら  

ビッグデータをAI活用したマーケティング支援システムを提供。同社は本日引け後に業績修正を発表。2018年12月期の非連結経常損益予想を従来の1.4億円の黒字から2億円の黒字に36.1%上方修正し、4期ぶりに過去最高益を更新する見通しを示しています。2018年1月より経営戦略の変更を行い、体制の改編、ケーパビリティの確保、重点産業・顧客のスコープから成る基本戦略を遂行し、それらが奏功。体制の改編においては、内部稼働率が75%前後まで上がり、アライアンス効果も含めデータサイエンティストは100名を超えるなどケーパビリティの確保も進展しています。




[6479]ミネベアミツミ [1部]業種:電気機器
以前の記事
終値1,559円/前日比+6円
Yahooの株価リンクはこちら 

極小ベアリングで世界高シェア。スマホ用バックライト拡大。ミツミと統合で新分野開拓へ。SMBC日興証券は20日付で、投資判断「2」を継続、目標株価は2,900円から3,000円に引き上げています。LCDバックライトやゲーム機器アッセンブリ事業の成長が鈍化、利益成長の牽引役がミツミ事業に含まれる電子部品やモーターにバトンタッチされる見込みながら電子部品と組み立て加工系の事業が、電子機器事業とミツミ事業に混在しており、実態が分かりにくく、バリュエーションは切り上がりにくいと考えるとコメントしています。




[9706]日本空港ビルディング [1部]業種:不動産業
終値3,695円/前日比-75円
Yahooの株価リンクはこちら 

羽田空港ビルの賃貸・管理。羽田、成田直営売店を展開。免税店も。大和証券は20日付で、投資判断「2」を継続、目標株価は4,630円から4,700円に引き上げています。今回、インバウンド銘柄と謂われる同社の事業構造を改めて確認、「結果、施設管理運営業における家賃収入のオフィス部分などを除き、ほとんどが変動的収益を生む事業と確認された」とコメント。特に国際線の旅客数および店舗売上に左右される部分が大きく、全体の収益変動にインバウンド需要の影響が色濃く表れると言えると指摘しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

[6479]ミネベアミツミ [1部]業種:電気機器
終値1,633円/前日比-21円
Yahooの株価リンクはこちら  

極小ベアリングで世界高シェア。スマホ用バックライト拡大。ミツミと統合で新分野開拓へ。同社は本日引け後に、発行済み株式数(自社株を除く)の1.49%にあたる630万株・116億5,500万円を上限に自社株買いを実施すると発表。株主還元および資本効率の向上と経営環境に応じた機動的な資本政策を遂行することを目的とするとしています。取得期間は、平成30年11月21日から平成30年12月20日までとなります。




[9956]バローHD [1部]業種:小売業
終値2,988円/前日比+12円
Yahooの株価リンクはこちら 

中部地盤の食品スーパー中堅。ドラッグストアやホームセンター、スポーツクラブも展開。大和証券は19日付で、投資判断「2」を継続、目標株価は2,850円から3,300円に引き上げています。会社側は2019年3月期業績予想を据え置いていますが、同証券ではフタバヤの子会社化を織り込み小幅修正。スーパーマーケットの改善を主因に、2018年度から営業増益が続く見通しとしています。




[8078]阪和興業 [1部]業種:卸売業
終値3,115円/前日比+45円
Yahooの株価リンクはこちら 

独立系の鉄鋼商社。石油、木材、水産品など多角化。中国にも強み。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は19日付で、レーティング「オーバーウエート」、目標株価4,370円でカバレッジを開始しています。既存の鉄鋼商社としてのビジネスの収益安定化に加え、非鉄鋼事業の展開による収益上積み余地が出てきていることを評価。ポイントとして、1次流通から2次流通への進出による付加価値増や「ステンレス」を軸とした非鉄鋼事業への展開を挙げています。利回り4.82%


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ