株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[4751]サイバーエージェント

[7022]サノヤスHD 
[1部]業種:輸送用機器
終値183円/前日比+25円
Yahooの株価リンクはこちら

造船が中核。中型ばら積み船に強み。遊園地機械や工事用昇降機なども。 本日買い気配スタートからの大陽線で急伸し、年初来高値を更新しました。本日付の読売新聞で「政府は、国内造船業の国際競争力を強化するため、巨額の金融支援を行う新たな枠組みを作る方針を固めた」と報じられました。記事によると1件あたり数百億円規模となる見通しで、年内の実行を目指すとのことです。中韓に対抗し造船業界の活性化を図るのが目的とされ、思惑的な商いが継続しそうです。



[4751]サイバーエージェント 
[1部]業種:サービス業
終値5,760円/前日比-440円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット広告事業とゲーム事業が2本柱。ネットテレビ局「AbemaTV」に注力。投資事業も。 本日大幅安です。同社が連休前に発表した3Q決算が失望されています。巣ごもり需要により同社のABEMA事業への期待は強かったものの、期待した程有料会員数は増えていないとの見方が多く、同社株は巣ごもり需要への期待で、5月以降随分と上昇してきており、今回発表された決算への期待感も非常に強かった様子です。それだけに市場期待のハードルもかなり高まっていたと思われ、本日は失望売りや出尽くし売りで下落したようです。動画配信事業は競合も多く、実際に巣ごもり需要で4月以降、有料会員数が伸びている部分もあるだけに、4-6月期に有料会員数を大きく伸ばせなかったことは、ABEMA事業への先行き懸念にも繋がったと言えるでしょう。



[7518]ネットワンシステムズ 
[1部]業種:情報・通信業
終値4,105円/前日比+355円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットワーク構築大手。シスコ製品など海外製通信機器の導入・支援が主体。 本日大きな窓を開けて5連騰し、年初来高値を大幅に更新しています。同社は連休前22日引け後に、2021年3月期第1四半期連結決算を発表。売上高が前年同期比2.6%増の365億500万円、経常利益は同48.1%増の26億9,100万円と増収増益を達成しました。セキュリティ対策やクラウド基盤などの付加価値ビジネスが好調に推移したようです。本日の株価は、4,000円大台乗せで売りものが目立つも順調に熟しており、上値余地は残されているように映ります。



[6027]弁護士ドットコム 
[M]業種:サービス業
終値10,250円/前日比-70円
Yahooの株価リンクはこちら

会員向け法律相談と弁護士向け営業支援のサイト運営。税理士向けサイトも。 本日小動きです。同社は本日引け後に1Q決算発表を予定しています。期待の電子契約サービス「クラウドサイン」がコロナ禍で需要拡大しているとの見方から、同社株は先月まで随分と買われてきたと言え、今月も高値圏での揉み合いを続けている格好だけに決算への期待も強いと思われますが、本日は出尽くし警戒感の動きも見られています。ただ、売りも続かず底堅さも見せていることから期待する向きも多い様子です。同社株はマザーズ市場で時価総額も大きいことから指数寄与度も大きく、同社株の明日の動向は新興市場全体に影響を与える可能性もありそうだとの声も聞かれました。それだけに決算と明日以降の動向が注目されます。



[3710]ジョルダン 
[JQ]業種:情報・通信業
終値1,260円/前日比+157円
Yahooの株価リンクはこちら

鉄道経路探索ソフトの開発・販売が主体。動画配信や旅行も。移動手配に参入。 本日反落スタートも即切り返して続急伸しました。同社は連休前22日引け後に大阪府とスマートシティ推進に関する協定を21日付で締結したと正式発表。今回締結された協定では、同社の技術を活用した府民の利便性向上を図るための検討および実証実験の実施や交通データの標準化およびオープンデータ化の検討、大阪のスマートシティ推進に向けたMaaS分野における啓発協力などを連携して進めるとしています。株価の目先目標は3月2日の年初来高値1,350円ということになるでしょう。



[9973]小僧寿し 
[JQ]業種:小売業
終値84円/前日比+12円
Yahooの株価リンクはこちら

持ち帰りすし大手。「小僧寿し」「茶月」全国展開。宅配「デリズ」新業態も。 本日大幅上昇です。先週、農水省が新型コロナウイルスで打撃を受けた飲食業界の支援策「Go To イート」で、店内飲食だけでなく宅配やテイクアウトでも新たに発行するプレミアム付き食事券で支払えるようにすることが分かったと報じられています。これを受け持ち帰り寿司を手掛ける同社株に追い風になるとの見方から買われた模様です。他にも[9969]ショクブンも買われました。正式に決まれば改めて買われるとの見方もあります。なお、Go To イートは、8月下旬辺りから始められる見込みとなっています。



[8705]岡藤HD 
[JQ]業種:証券・商品
終値290円/前日比+33円
Yahooの株価リンクはこちら

商品先物大手。金、中心に預かり資産拡大に注力。日産証券と統合推進。 本日アジア市場でNY金先物が、一時1トロイオンス1,940ドル台まで上昇し、2011年9月に付けた史上最高値1,923ドルを約9年ぶりに上回りました。ドル安の進行で代替資産として金が見直されている他、新型コロナウイルス感染拡大による経済悪化、米中対立の深刻化などを警戒した買いが流入しているようです。目先の株価は、[5713]住友金属鉱山、[8747]豊商事、[8740]フジトミなどと連動することが見込まれます。



[3911]Aiming 
[M]業種:情報・通信業
終値899円/前日比-91円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホやPC向けオンラインゲームを開発配信。大手ゲーム会社と共同開発や運営。 本日乱高下です。後場序盤まではストップ高となっていました。同社が開発したスマートフォン向けゲーム「ドラゴンクエストタクト」が連休中にセールスランキング1位となる日もあり、好感された様子です。しかし、後場にはセールスランキングが2位から3位に下落したことを受け、ストップ高が崩れてマイナス圏まで売られる荒い動きになっています。この動き見る限り、セールスランキングで短期資金が頻繁に売買しているとの見方が多く、暫くはランキングに振り回される動きになりそうです。なお、同社は7月30日に2Q決算発表を予定しています。ただ、ドラゴンクエストタクトの寄与は3Q以降となるだけに2Q決算期待は乏しいと言えるでしょう。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


[2112]塩水港精糖 
[1部]業種:食料品
終値236円/前日比+20円
Yahooの株価リンクはこちら

三菱商事系。東洋糖・フジ日本糖と共同生産。乳果オリゴ糖強化。本日は確りした寄り付き後に商いを伴い急伸し、一気に250円まで上昇しました。弱含み閑散相場の中、昨日買い付けた短期筋の売りものを熟し、寄り直後の急騰シーン後も本日高値圏を維持して終えており、1月31日の年初来高値260円を意識した一段高相場は十分見込める状況と言えそうです。



[3181]買取王国 
[JQ]業種:小売業
終値777円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

衣料、玩具など中古品販売店「買取王国」を愛知や大阪などで運営する。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、6月度の月次売上概況を発表し、既存店売上高が前年同月比3.3%増と4ヵ月振りに前年実績を上回りました。多くの商材が順調に推移し、全店売上高が同8.5%増と伸びたことで新型コロナウイルスの影響から脱しつつあると業績底打ち期待が高まっています。ただ、流動性の乏しい銘柄でもあるために勢いが止まれば買いは集まり難く、注意が必要です。



[6866]HIOKI 
[1部]業種:電気機器
終値3,260円/前日比+441円
Yahooの株価リンクはこちら

電気計測器の中堅。電子測定器、現場測定器を積極展開。アジア販売強化。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2020年12月期第2四半期累計の連結経常利益を従来予想の12億円から16.7億円に39.2%上方修正し、一転して0.3%増益見通しとなりました。5G関連の設備投資の増加や中国経済の回復傾向などが追い風となり、計画を上回りました。株価は6月の下方修正を受けて下落基調にありましたが、今回の上方修正をキッカケに6月3日に付けた直近高値3,500円を視界に捉えたと言えるでしょう。



[3566]ユニフォームネクスト 
[M]業種:小売業
終値1,270円/前日比+170円
Yahooの株価リンクはこちら

業務用ユニホームのネット販売大手。医療や飲食など作業・事務服を最短で納品。 本日寄り前から大量の買いものを集めストップ高で寄り付きました。同社は昨日引け後に、6月度の月次業績速報を発表。売上高が前年同月比36.7%増の6.70億円となりました。前月の5.5%減から改善し、前年実績比プラスとなるのは7ヵ月ぶりとなります。同社は5月14日に新型コロナウイルス感染拡大の影響が不透明として、2020年12月期の業績予想を未定に変更しており、売上高の大幅改善はポジティブサプライズと受け止められたようです。本日の株価は戻り売りが出易い価格帯を上昇したため、高寄り後陰線を強いられており、落ち着き処の水準次第で目先の方向性が決まりそうです。



[4751]サイバーエージェント 
[1部]業種:サービス業
終値5,970円/前日比-400円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット広告事業とゲーム事業が2本柱。ネットテレビ局「AbemaTV」に注力。投資事業も。 本日大幅反落です。昨日まで強い動きを続けていましたが、本日は朝から弱く、寄り後も売り込まれる動きになっています。今朝の日経新聞では、「サイバー、ようやく見えたABEMA赤字脱却メド」との記事が掲載されており、赤字が続くインターネットテレビ「ABEMA」に変化の兆しが出てきたとのことです。アプリのダウンロード数は5200万件を突破し、巣ごもり需要を取り込んで視聴者が急増して1週間あたりの利用者数は1500万人に迫り、有料会員の増加や関連ビジネスの拡大に繋げられれば、ネット広告やゲームに次ぐ第3の柱に育つ可能性を秘めるとのことです。好感出来る内容ですが、ABEMA事業の黒字化にはまだ暫く時間掛かりそうな印象で、同社株は足下でABEMA事業への早期黒字化への期待から買われて来たとの見方が多く、それだけにこの記事が利食いのキッカケになった格好です。



[6479]ミネベアミツミ 
[1部]業種:電気機器
終値1,917円/前日比-52円
Yahooの株価リンクはこちら

極小ベアリングで世界高シェア。スマホ用バックライト拡大。ミツミと統合で新分野開拓。 本日軟調です。今朝の日経新聞でアップルが今年発売するiPhoneの全新機種に有機ELパネルを採用する方針だとの報道が重しになっています。同社はアップルへiPhone向けの液晶バックライトを供給しているだけに、ネガティブだとの見方です。寄り後は下げ渋っていたものの、10時15分に同社が適時開示情報にて、日経報道についてコメントを発表すると改めて売られる動きになっています。同社は現在、顧客から液晶を採用したモデルが無くなる旨の連絡を受けていないとのことです。今後も液晶用のバックライト生産体制を維持し、安定して供給を継続していくとのことです。このコメント公表後に売られていることから、日経報道が誤りという見方には繋がっておらず逆に報道が事実なら同社は悪影響受けることが改めて示されたとの見方で、売り直されたようです。



[2438]アスカネット 
[M]業種:サービス業
終値1,617円/前日比+82円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットで個人写真集を制作。デジタル画像処理も。遺影写真加工で高シェア。 本日大幅上昇です。昨日、7月7日からくら寿司の新世界通天閣店で、新たな受付システムが試験導入されたと一部で報じられています。タッチパネルには一切触れる必要は無く、ホログラムのように空中に映し出された文字を選んで受付を完了させるとのことです。この報道を受け連想的に同社株は朝から買われていました。10時には同社がASKA3Dプレートを搭載した非接触タッチパネルが無添くら寿司店舗での実証実験に採用されたと発表。やはり、同社製だったことが明らかとなり一段高になっています。今後、実証実験を終えて全店に採用される可能性もあるとの期待から好感されています。くら寿司が全店で採用すれば、他の飲食店などの採用にも広がるとの期待もあるようです。同関連として[5817]JMACSも連想的に買われています。



[3911]Aiming 
[M]業種:情報・通信業
終値929円/前日比+110円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホやPC向けオンラインゲームを開発配信。大手ゲーム会社と共同開発や運営。 本日後場買われて大幅高になっています。同社が[9684]スクウェア・エニックスHDと共同開発している新作スマートフォン向けゲーム「ドラゴンクエストタクト」の配信日が7月16日に決まったと公式サイトで発表。これを受け物色 されています。夏にも配信が開始されることは既に公表されていただけに、基本的には出尽くしと言える材料ですが、改めて買われています。同社株はかなり前から同タイトルへの期待から相場を作っていただけに、更に上げて行くには、同タイトルのヒットが必要になるだけに配信後のセールスランキング動向が非常に注目されそうです。ヒット出来なければドラゴンクエストタクト相場は完全に終わるとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6722]A&T  [JQ]業種:電気機器
終値1,697円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

トクヤマ系で病院向け臨床検査装置が主力。検査試薬も。日本電子と提携。本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年12月期第1四半期の経常利益は前年同期比4.1倍の5.2億円に急拡大しました。なお、1-6月期画の4.7億円に対する進捗率は111.1%と既に上回り、5年平均の68.9%も超えました。同社は臨床検査装置を手掛け、新規・更新需要が旺盛で業績が絶好調に推移しています。引き続き買い優勢の見方が強く、1月27日に付けた1,930円を目指す動きにあります。



[2158]FRONTEO  [M]業種:サービス業
終値363円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

訴訟支援。証拠開示のデータ収集分析など解析事業。AI活用で効率向上。本日ストップ高まで買われて年初来高値を更新しています。今朝の日経新聞では、同社は既存薬を別の病気に転用する「ドラッグリポジショニング」の研究に使うAIを開発したと報じられており、そのAIを使い新型コロナウイルス感染症治療薬の候補を既存薬の中から複数見つけることに成功したとのことです。既に同社は4月17日にAIを利用した新型コロナウイルスに対するドラッグリポジショニングの研究を開始するとは発表していましたが、今回の新型コロナウイルスパスウェイマップを構築することに成功し、当該感染症に関わる重要な分子や遺伝子を明らかにすることが出来たとのことで、製薬企業にこの情報を提供し新型コロナウイルス治療薬の治験や早期承認に繋げることを目指すとのことで好材料視されています。



[3772]ウェルス・マネジメント  [2部]業種:不動産業
終値886円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

アセットマネジメント事業を展開。不動産ファンド活用のホテル運営や媒介業務。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2020年3月期の連結経常利益を従来予想の30億円から36億円に20.0%上方修正し、増益率が3.1倍から3.8倍に拡大し、従来の2期振りの過去最高益予想を更に上乗せしました。同時に従来未定としていた期末一括配当は20円を実施する方針としました。株価は3月17日に609円の底値を付けたあと、安値圏で推移していましたが、本日をキッカケに新しいトレンド形成が期待されます。



[2309]シミックHD  [1部]業種:サービス業
終値1,514円/前日比+84円
Yahooの株価リンクはこちら

臨床試験支援大手。製薬会社向け新薬が主体。医薬品受託製造にも注力。本日大幅高ですが、朝方からは上げ幅を縮小しています。昨日同社は抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠」の臨床試験および製造を支援すると発表。新型コロナウイルス感染症患者を対象とした国内臨床第III相試験において、CRO(医薬品開発受託機関)としてモニタリング業務を提供するとのことです。また、CDMO(医薬品製剤開発および製造受託機関)として、「アビガン」の製造を支援するとのことです。米ギリアド・サイエンシズ社のレムデシビル臨床試験の失敗が伝わっているだけに、アビガンへの期待は高まっており、同社は恩恵を受けるとの期待も強い様子です。来週も改めて好感する動きが見られるのではと期待する声も聞かれました。



[7709]クボテック  [1部]業種:精密機器
終値378円/前日比+55円
Yahooの株価リンクはこちら

画像検査装置が主力。液晶・太陽電池関連に強み。3DCADソフトも展開。 本日買い気配スタートからの大陽線で続急伸し、一時ストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に集計中の2020年3月期連結業績について発表。売上高が18億5,000万円から前期比14.9%増の18億8,100万円へ、営業損益が2億1,000万円の赤字から2,900万円の赤字(前期4億4,200万円の赤字)へ、最終損益が2億3,000万円の赤字から1億100万円の赤字(同1億200万円の黒字)へ上振れて着地したようだとしました。現値レベルで本日同様に上影を引いた4月9日は当日が戻り高値となっており、週明け以降の反応が非常に大事になってきます。



[4563]アンジェス  [M]業種:医薬品
終値1,103円/前日比+71円
Yahooの株価リンクはこちら

阪大教授創業の医療ベンチャー。遺伝子医薬品等を開発。難病治療薬販売も。本日大幅高となり、連日で年初来高値を更新しています。今朝、ロイターでWHO(世界保健機関)が、新型コロナウイルスの治療薬や検査、ワクチンの開発を加速させる「画期的な協力体制」を24日に発表すると明らかにしたと報じられています。これを受け思惑的に新型コロナウイルスのワクチンを開発している同社に物色資金が集まった様子です。また、米ギリアド・サイエンシズ社のレムデシビルによる新型コロナウイルスへの初期臨床試験が失敗に終わったと報じられたことも追い風になっているとの見方もあります。それにより一段と同社開発中のワクチンへの期待が高まっている様子です。同社と新型コロナウイルスのワクチン開発で提携している[2395]新日本科学や[4974]タカラバイオも買われています。



[7518]ネットワンシステムズ  [1部]業種:情報・通信業
終値3,090円/前日比+399円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットワーク構築大手。シスコ製品など海外製通信機器の導入・支援が主体。本日大きな窓を開け急反騰し、年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、2021年3月期の連結業績予想を発表。売上高が前期比2.1%増の1,900億円、営業利益は同3.2%増の170億円、純利益は同13.6%増の115億円と増収増益を見込み、年間配当は前期比3円増の48円を予定しています。本日の大幅高で株価は昨年末12月13日以来約4ヵ月半ぶりに3,000円の大台を回復しており、次なる目標は当時の高値3,215円、更に昨年6月高値3,295円になるでしょう。



[4531]有機合成薬品工業  [1部]業種:化学
終値377円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

医薬原料・工業薬品・食品添加物が主力。高品質アミノ酸で世界有数。 本日後場、突如物色されてストップ高まで買われています。同社が発表した「新型コロナウイルスへの対応について」とのリリースがキッカケとなっています。それによれば、同社がグローバルベースで手掛けている医薬用原薬「硫酸プロタミン」が、新型コロナウイルスの重症患者には必須の医薬品だとのことです。この同社製品は日本や欧米主要各国において、唯一認可されている原薬のため、今年3月から欧米での需要が急拡大しており、現在同社では生産量を増やして対応しているとのことです。これが好感されて見直し買いに繋がった様子です。また、小型の貸借銘柄だけに来週も物色が続くと期待する向きも多い様子です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4586]メドレックス  [M]業種:医薬品
終値396円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

創薬ベンチャー。経皮吸収型製剤技術やマイクロニードルアレイ技術に強み。本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、国内出願中の「薬剤でコーティングされたマイクロニードルアレイの製造方法」が、特許庁から特許査定を取得したと発表しました。なお、2020年12月業績への影響は無いとしています。株価は4月17日に年初来高値を付けたあと大きく売り込まれていましたが、本日をキッカケに再度上値を追う展開が期待されます。ただ、目先筋の参加者も多く、短期の回転売買からボラティリティの大きい動きも想定されるため、注意が必要です。



[8023]大興電子通信  [2部]業種:卸売業
終値785円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

富士通特約店。情報通信機器販売とシステム開発が両輪。クラウド型に注力。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に業績・配当修正を発表。2020年3月期の連結経常利益を従来予想の14.2億円から20億円に40.8%上方修正し、増益率が32.8%増から87.1%増に拡大する見通しとなりました。業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の6円から10円に大幅増額修正した事も発表しました。株価は3月23日安値を付けたあと反騰局面にあり、株主還元などを好感する買いがどこまで続くか注目されます。



[4751]サイバーエージェント  [1部]業種:サービス業
終値4,395円/前日比+280円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット広告事業とゲーム事業が2本柱。ネットテレビ局「AbemaTV」に注力。投資事業も。 本日大幅高となり、2月4日に付けている年初来高値に合わせる場面も見られました。同社が昨日発表した2Q決算では、ゲーム事業の好調などで大幅増益となっており、市場コンセンサスも上回っています。3Q以降は新型コロナウイルスの影響で主力の広告事業の落ち込みは避けられそうもありませんが、変わりにゲーム事業やメディア事業は外出自粛による巣ごもり需要で追い風となり、3Q以降の広告事業の落ち込みを補えるとの期待も強い様子です。この決算を受け、ゲーム事業の好調はサプライズとの見方が多いものの、やはり今後の広告事業減速への警戒を抱くアナリストも少なくありません。ただ、3Qに減速してもネット広告市場に対して同社広告事業の落ち込みは相対的に軽微だと指摘する向きもあり、明日以降高値を更新してくるか注目されます。



[3909]ショーケース  [1部]業種:情報・通信業
終値529円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

ウェブサイトをスマホ向けに最適化。成約率を高める「ナビキャスト」を提供。 本日買い気配スタートからの大陽線で急反発し、ストップ高まで買われています。同社は昨日、顔認証システム「ProTech ID Checker Type S」を5月中にも提供を開始すると発表。決済利用時に不正検知をした際の認証や遊園地、映画館といった娯楽施設や商業施設の入場パス購入時の認証など、ユーザー毎に限定的サービスを提供するソリューションが実現出来るとしています。本日の切り返しで株価は4月20日の直近戻り高値を更新しており、シコリが少ないゾーンに入っていきいます。



[1447]ITbook HD  [M]業種:建設業
終値451円/前日比+45円
Yahooの株価リンクはこちら

地盤調査改良とITコンサルが主力。18年10月にITbookとサムシングが経営統合。 本日大幅高です。安倍首相は22日、国の行政手続きの9割を2024年度までに電子化する「デジタル・ガバメント実行計画」について、可能な限り前倒しで実施するよう指示したと今朝の日経新聞などで報じられています。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために「至急検討してほしい」とのことです。これを受け自治体向けITコンサル事業などを手掛ける同社株には追い風になるとの見方から買われている模様です。同様に[9758]ジャパンシステムなども買われています。ただ、同社らが実際恩恵を受けるかは不透明であり、続く物色にはなり難いとの見方が多いようです。



[1446]キャンディル  [1部]業種:建設業
終値474円/前日比+51円
Yahooの株価リンクはこちら

建物の修繕・改修が主力。住宅、ホテルなどリペアサービスに強み。大手建築と密接。本日大きな窓を開けて続急伸しました。同社は昨日、グループのバーンリペアが住宅向けに「抗ウイルス・抗菌」効果のある光触媒コーティング施工体制を強化すると発表。バーンリペアはこれまでも主に施設向けに光触媒コーティング施工を行っていますが、特に新築住宅購入者からの同サービスへの関心が高まっているため、今後はより高品質な光触媒コーティングサービス「レコナガード エアリフレッシュ」に切り替え、順次提供体制を強化していくとのことです。新型コロナウイルス感染拡大に歯止めが掛からない中、需要増などが期待されているようで、今後も話題に上るケースはありそうです。



[4570]免疫生物研究所  [JQG]業種: 医薬品
終値570円/前日比+25円
Yahooの株価リンクはこちら

研究用試薬の製造販売・受託。抗体作製技術に定評。化粧品事業に参入。本日14時頃から動意付き一時ストップ高まで買われています。生命科学インスティテュートが脳梗塞患者を対象としたMuse細胞製品(CL2020)の臨床試験結果を発表しています。それによれば、安全性について問題は認められなかったとのことで、副次評価項目である有効性については目標を達成、その他の詳細については解析中で、今後学会または学術雑誌での公表を予定しているとのことです。同社は生命科学インスティテュートとMuse細胞を用いた再生医療事業に関して共同研究を実施していただけに刺激になったようです。ただ、結局崩れて上げ幅を縮小し引けています。



[1671]WTI原油価格連動型上場投信  [東証E]業種:ETF
終値585円/前日比-100円
Yahooの株価リンクはこちら

NYMEXのWTI原油先物価格に連動。管理:シンプレクス。連日のストップ安です。昨日の原油相場は反発したものの、基準価額から大きく乖離しているだけに、それにサヤ寄せする格好で売られています。管理元のシンプレクスアセットが公表している同ETFの基準価額は22日付けで477円となっています。21日は798円でした。基準価額が大きく下がった要因は、同ETFの買建玉がロールオーバーされたためで、22日時点での同ETF買建玉は7月限24064単位、8月限6025単位となっています。21日までは6月限も含まれていました。基本的に原油先物価格は期先になればなる程高くなるだけに、ロールオーバーする度に同ETFは減価するため、長期的には下げていくものとなります。特に足元は原油需要激減で貯蔵庫不足となっているため、保管コストなどが急騰しており、先物は期近と期先の乖離が大きくなっています。そのため、ロールオーバーによる減価が大きくなり易いと言えるでしょう。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3604]川本産業 [2部]業種:繊維製品
終値3,095円/前日比+504円
Yahooの株価リンクはこちら  

医家用衛生材料最大手。ガーゼ、脱脂綿など。西松屋向け育児用品も。本日ザラバ寄らずのストップ高比例配分のみとなり、これで9連続ストップ高となりました。マスク関連として物色が加速している格好です。日経新聞電子版で同社は25日、春節休暇中だった中国・浙江省の工場でマスクの一部ラインを稼働させたと報じています。21〜31日まで休暇予定だったものの、同社は日本や中国などに出荷しており、今後の品薄に備えるとのことです。消費者や卸売業者から手の消毒剤や防護服への問い合わせも増えているとのことで、実際に業績への好影響が期待出来るとの見方から改めて買いを集めた様子です。ただ、既に株価には織り込まれているとの見方も多く、目先は突如反転して派手に売られるとの警戒も多く聞かれました。同社株が崩れれば、関連株は総じて崩れそうだと言えるでしょう。



[6360]東京自働機械製作所 [2部]業種:機械
終値1,768円/前日比+211円
Yahooの株価リンクはこちら 

包装機器大手。たばこから食品・薬品に展開。古紙圧縮機も展開。本日ストップ高買い気配で始まるなど大きく急伸しました。同社は28日引け後に業績修正を発表。2020年3月期の経常利益を従来予想の5億円から7.8億円に56.0%上方修正しました。従来の34.6%減益予想から一転して2.0%増益見通しとなったことで資金が流入する形となりました。ただ、売り上げや利益の安定性、来季以降の成長性に欠けている部分を不安視する声も出ており、一過性の動きとなる可能性もあります。



[4751]サイバーエージェント [1部]業種:サービス業
終値4,245円/前日比+580円
Yahooの株価リンクはこちら 

ネット広告事業とゲーム事業が2本柱。ネットテレビ局「AbemaTV」に注力。投資事業も。本日ストップ高買い気配で始まるなど大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。ゲーム事業や広告事業の収益拡大が寄与し、2020年9月期第1四半期の連結経常利益が前年同期比49.5%増の77.2億円に拡大して着地しました。本日、ゴールデンクロスを形成し、雲も抜けたことで目先は昨年9月26日に付けた4,510円を目指す動きにあります。



[3103]ユニチカ [1部]業種:繊維製品
終値393円/前日比+53円
Yahooの株価リンクはこちら 

フィルム・樹脂など非繊維に注力。繊維部門は不採算事業の整理・撤退で改革。本日大幅高となり、一時ストップ高まで買われました。本日はマスク関連など感染防止関連株が総じて派手に物色されており、その流れが同社株にも刺激を与えた様子です。同社の不織布「コットエース」は感染予防のマスクやガーゼ・消毒綿などに採用されていることから、感染防止関連の出遅れ銘柄として物色された様子です。同社の大幅高に刺激を受けたか、[3202]ダイトウボウや、[3204]トーア紡コーポレーションなども派手に物色されていました。ただ、関連事業を手掛けているのかは不明で、関連株物色が拡がりを見せてきたことから、さすがにピークだとの見方も多いだけにこれら銘柄の物色は続かないでしょう。



[5911]横河ブリッジHD [1部]業種:金属製品
終値2,143円/前日比+227円
Yahooの株価リンクはこちら 

橋梁で首位級。大型工事に特色。システム建築等も展開。インフラ整備に強み。本日大幅ギャップアップスタートから続急伸して昨年来高値を更新しています。同社は昨日引け後に、2020年3月期第3四半期累計業績を発表。連結経常利益は前年同期比4.2%増の91.1億円に伸びて着地しました。併せて通期の同利益予想を従来の112億円から120億円に7.1%上方修正し、増益率は5.1%増から12.6%増に拡大する見通しとなっています。本日の株価は、高寄り後一時上昇幅を縮小するも引けに掛けて再度買い直され、悪地合いの中、ほぼ本日高値圏で引けています。一段高が期待されます。



[7735]SCREEN HD [1部]業種:電気機器
終値6,290円/前日比-1,500円
Yahooの株価リンクはこちら 

半導体・液晶製造装置が主力。ウエハ洗浄装置で世界首位。画像処理機器も。本日大幅安となり、ストップ安まで売られています。同社は昨日引け後に3Q決算を発表。市場コンセンサスを大幅に下回っており、通期業績を大きく下方修正しています。通期業績の市場コンセンサスは会社計画を上回る水準となっていただけに上方修正が期待されていた状況でした。それだけに大幅な下方修正はネガティブサプライズだと言えるでしょう。この決算を受けて野村證券が「Buy」継続ながらも目標株価を引き下げており、JPモルガンは「Underweight」へ格下げしてきています。同社のネガティブ決算を受けて、本日は半導体関連株が軒並み売られており、投資家心理を冷やしたとの声も聞かれました。



[2491]バリューコマース [1部]業種:サービス業
終値2,616円/前日比+241円
Yahooの株価リンクはこちら 

アフィリエイト広告トップ級でヤフー子会社。出店者向け顧客管理ツールが拡大。本日大きな窓を開けて急反発しました。同社は昨日引け後に、2019年12月期決算を発表。営業利益は前年同期比32.3%増の49.7億円と12月に上方修正した水準での着地となりましたが、2020年12月期は同10.7%増の55億円を見通し、53億円レベルの市場予想を上回っています。PayPayモール効果による「ストアーズ・アールエイト」の成長加速などが好業績見通しの背景と見られています。株価は15日の直近戻り高値2,579円をブレイクしたことで、昨年来高値を目指すステージへの移行が期待されます。



[3895]ハビックス [JQ]業種:パルプ・紙
終値774円/前日比-94円
Yahooの株価リンクはこちら 

不織布と衛生向け原紙が両輪。不織布は日用品OEM生産。産業向け開拓。本日一時995円まで上昇する場面があり、昨年来高値を更新しています。しかし、後場は大きく失速して前場から買われた以上に売り込まれています。同社も不織布事業を手掛けていることから、マスク関連株の出遅れとの見方で物色されていた様子です。ただ、同社は感染予防マスク向けの不織布は手掛けていないとのことがネット上で伝わると急速に失速。派手に売り込まれる動きになっています。一時は昨年11月5日以来の安値水準まで売り込まれました。足元で何度も動意付いていましたが、今回も維持出来ず掴まっていた個人投資家達の投げも出て来た様子です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ