株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[4739]伊藤忠テクノソリューションズ

[3947]ダイナパック [2部]業種:パルプ・紙
終値1,450円/前日比-15円
Yahooの株価リンクはこちら  

包装資材メーカー。食品会社向けと家電向け段ボールが主力。生産体制強化。ダイナパックは本日引け後に業績修正を発表。2019年12月期第2四半期累計の連結経常損益予想を従来の1億6,000万円の赤字から2億円の黒字(前年同期は3,300万円の赤字)に上方修正し、一転して黒字に浮上する見通しとなりました。同社は「昨年11月の原材料価格の再値上がりを受け、販売価格改定を進めてまいりましたが、当初の想定よりも価格改定を順調に遂行できたことにより、業績予想を上回りました」としています。
「包装資材」

宅配袋 梱包紙袋 ゆうパケット発送用角底袋 無地茶色業務配送梱包資材厚手



[4739]伊藤忠テクノソリューションズ [1部]業種:情報・通信業
終値2,788円/前日比-34円
Yahooの株価リンクはこちら 

伊藤忠系SI大手。システム提案から保守まで一貫サービス。通信事業向け主力。岩井コスモ証券は5日付で、投資判断「A」を継続、目標株価は3,300円から3,500円に引き上げています。業務の効率化等を目的とする企業のIT投資拡大がITサービス大手の同社に追い風となっているとして第2四半期以降は、モバイルの次世代通信規格「5G」関連の案件も期待され、2020年3月期は会社側計画を達成する増収増益が期待出来ると予想しています。

VMware vSphereエンタープライズ・インテグレーション
伊藤忠テクノソリューションズ (著)



[7270]SUBARU [1部]業種:輸送用機器
終値2,760.0円/前日比+206.5円
Yahooの株価リンクはこちら 

車名ブランド「スバル」で4駆車や安全技術に強み。トヨタが筆頭株主。北米主体。野村證券は5日付で、投資判断「Buy」を継続、目標株価は3,000円から3,250円に引き上げています。2019年3月期の世界小売販売の66%を占める米国市場が2020年3月期、2021年3月期も台数・価格の両面で堅調が見込めることに加え、高いブランド力や最量販モデルのアウトバック/レガシーの全面改良により、更なるシェア拡大が期待出来るとコメントしています。

純正スバル SOA868V9270 スーパークーラント

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

4739 伊藤忠テクノソリューションズ [1部]業種:情報・通信業
終値2,705円/前日比+20円
Yahooの株価リンクはこちら  

伊藤忠系SI大手。システム提案から保守まで一貫サービス。通信事業向け主力。岩井コスモ証券は9日付で、投資判断「A」を継続、目標株価は3,100円から3,300円に引き上げています。デジタルトランスフォーメーションに向けた企業のIT投資拡大が情報システム構築やネットワーク構築などのITサービスに強みを持つ同社に追い風となっているとコメント。モバイルの次世代高速通信サービス「5G」関連に案件が加われば2020年3月期業績の上振れも期待出来ると予想しています。

Oracle WebLogic Server 11g構築・運用ガイド



6743 大同信号 [2部]業種:電気機器
終値518円/前日比+11円
Yahooの株価リンクはこちら 

信号機大手。鉄道主力でJR向け中心。列車制御等システム製品に強み。大同信号は本日引け後に業績修正を発表。2019年3月期の連結経常利益予想を従来の19.5億円から25.5億円に30.8%上方修正しました。増益率は19.1%増から55.8%増に拡大し、3期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなっています。期を通してフィールド製品が好調に推移すると共に期末にシステム製品が伸長したようです。連に案件が加われば2020年3月期業績の上振れも期待出来ると予想しています。

「信号」関連

日本信号 ミニチュア灯器コレクション 全5種セット ガチャガチャ



6758 ソニー [1部]業種:電気機器
以前の記事
終値5,408円/前日比+78円
Yahooの株価リンクはこちら 

AV機器世界大手。映画、ゲーム、音楽、金融を展開。デバイス事業も注力。野村證券は9日付で、投資判断「Buy」を継続、目標株価は7,500円から8,200円に引き上げています。エンタテインメントの産業構造が変化しつつある中で、ゲームにおけるプラットホーム提供者、音楽・映画におけるコンテンツ保有者としての地位強化に期待が持てようとコメント。エレクトロニクスでは、民生用ハードウエアから生まれる安定キャッシュフローを活用し、イメージング技術を核とした成長分野への積極投資を進めており、一過性利益の剥落により、2020年3月期は前期比5%の連結営業減益を予想しているものの、実質的には着実な利益成長が続いていると指摘しています。


ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 B : LDAC/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2018年モデル ブラック

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ