株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[4286]レッグス

[4286]レッグス [1部]業種:サービス業
終値1,737円/前日比+169円
Yahooの株価リンクはこちら  

販促グッズ企画など、マーケティング活動を支援。食品、飲料、流通向けが主体。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は29日付で、レーティング「Buy」、目標株価2,280円でカバレッジを開始しています。キャラクターやアニメなど「コンテンツ」を活用するコンテンツ関連ビジネスを原動力に持続的な収益拡大を予想。コンテンツプロモーションは、費用対効果に対する顧客企業の認識が高まり、流通やメーカーなどから外食への採用が広がりつつあり、収益性が高い物販は、人気を博すコンテンツ・コラボカフェの開催数増加に伴う売上高の拡大を予想しています。
「コンテンツビジネス」




[4396]システムサポート [1部]業種:情報・通信業
終値1,642円/前日比+62円
Yahooの株価リンクはこちら 

ITシステム開発。データベースやクラウドの移行・基盤構築を展開。作業管理に強み。岩井コスモ証券は29日付で、投資判断「A」、目標株価2,000円でカバレッジを開始しています。同証券では「省人化や効率化、働き方改革などでICT投資が伸びていることは同社にとって追い風」と指摘。IT技術の高度化が進み、企業内のシステム担当者だけでは対応出来ずコンサルティングや導入支援などの要望は、継続して拡大が見込まれることも好材料としています。クラウド環境への移行ニーズや基幹システム更新ニーズなど成長の源となる要素も多く、安価でAIを試せるMagic Insightも魅力的とのことです。

小清水 良次 (著)
14年連続20%成長の快進撃で今や独立系IT企業の雄となったシステムサポートの社長・小清水良次が、自ら貫いてきたマネジメントの原点を語る。



[9743]丹青社 [1部]業種:サービス業
終値1,280円/前日比+30円
Yahooの株価リンクはこちら 

ディスプレー企画・施工大手。展示・商業施設、博物館向け。医療施設に力。丹青社は本日引け後に業績修正を発表。2020年1月期第2四半期累計の連結経常利益予想を従来の20.6億円から26億円に26.2%上方修正し、減益率が29.3%減から10.8%減に縮小する見通しとなりました。売上高に付いては、市場環境は良好なものの主に商業その他施設事業およびチェーンストア事業において前回予想を下回る見込みで、引き続き収益性を重視した受注活動を展開した結果、前回予想を上回る見込みとしています。
イベント・展示映像事典
丹青総合研究所




このブログはランキングに参加しています。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3843]フリービット [1部]業種:情報・通信業
終値1,054円/前日比-27円
Yahooの株価リンクはこちら  

ネットビジネスを支援。ネット接続業者にインフラ提供。アドテクノロジー事業や医薬向けも。岩井コスモ証券は17日付で、投資判断「A」、目標株価1,350円でカバレッジを開始しています。マンションインターネットサービスは伸び盛りで、しばらくは大幅な成長が見込まれることを評価したいとコメント。また、ヘルステック事業が先行投資期間を終了し、EPARKくすりの窓口などからの薬局予約件数が順調に伸長し、収穫期に入ったと見られることも評価したいとしています。
「ネットビジネス」

いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意



[4286]レッグス [1部]業種:サービス業
終値1,797円/前日比-3円 以前の記事
Yahooの株価リンクはこちら 

販促グッズ企画など、マーケティング活動を支援。食品、飲料、流通向けが主体。レッグスは本日引け後に業績修正を発表。2019年12月期第2四半期累計の連結経常利益予想を従来の4億円から6.9億円に73.3%上方修正し、一転して63.4%増益見込みとなりました。2期連続で上期の過去最高益を更新する見通しを示しています。飲料メーカー顧客・外食顧客向けプレミアム、流通顧客向け物販・カフェ物販、化粧品メーカー顧客向けVMDの好調が寄与したようです。
「マーケティング活動」

4マーケティング/IT経営 (経営学検定試験公式テキスト)



[6641]日新電機 [1部]業種:電気機器
終値1,198円/前日比+1円
Yahooの株価リンクはこちら 

住友電工系の電力機器メーカー。重電が主力。FPD・半導体製造関連装置拡充。大和証券は17日付で、投資判断「2」、目標株価1,550円でカバレッジを開始しています。フラットパネルディスプレイ製造用イオン注入装置の受注増、電力機器事業の需要拡大を背景に、2021年3月期大幅増益を織り込む形の株価形成が続くと考えるとコメント。一方で、米中貿易摩擦やファーウェイに対する米国政府の制裁措置の影響で中国企業の有機EL関連投資計画が延期されるリスクには注意が必要ともしています。
「フラットパネルディスプレイ」

Dell モニター 23.8インチ タッチパネル/超広視野角&スリムベゼル/フルHD/フリッカーフリー/ブルーライト軽減/DP,HDMI,D-Sub/高さ調整/プレミアムパネル3年保証 P2418HT

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4286]レッグス
終値1,253円/前日比+24円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に自社株買いの実施を発表。取得し得る株式総数は、上限10万株(自己株式を除く発行済株式総数の0.95%)・1.4億円。取得期間は、平成30年8月24日から平成30年11月30日。株主還元及び資本効率の向上を図る共に、経営環境変化対応した機動的な資本政策の遂行のためとしています。




[4189]KHネオケム
終値3,895円/前日比+65円
Yahooの株価リンクはこちら 

SMBC日興証券は22日付で、投資判断「2」を継続、目標株価は3,160円から3,700円に引き上げています。連結営業利益に付いて、2018年12月期109億円、2019年12月期146億3,000万円、2020年12月期140億4,000万円と試算。国産ナフサ価格が想定以上に上昇していることから、下期にも価格引き上げが可能としたことと台湾事業からの利益貢献のタイミングを2022年12月期にしたことを主な変更点に挙げています。




[9064]ヤマトHD
終値3,389円/前日比+83円
Yahooの株価リンクはこちら 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は22日付で、レーティング「オーバーウエート」を継続、目標株価は3,820円から3,960円に引き上げています。同証券では業績予想を上方修正。連結営業利益に付いて、2019年3月期が前期比2.1倍の750億円、2020年3月期が1,000億円、2021年3月期が1,300億円と試算。運輸セクター内で株価パフォーマンスが相対的に上位に位置すると判断しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ