[4568]第一三共 
[1部]業種:医薬品
終値9.557円/前日比+891円
Yahooの株価リンクはこちら

製薬大手で国内3位。循環器と感染症薬に強み。がん領域の新薬に注力。 本日窓を開けて急伸しました。同社は昨日引け後に英アストラゼネカ社と抗癌剤DS-1062の共同開発・販売で提携したことを発表。契約金額は総額で6.600億円におよび内訳は契約一時金1.100億円、開発マイルストン最大1.100億円、販売マイルストン最大4.400億円となっています。収益上乗せ要因となる他、臨床開発の迅速化、開発費負担の軽減などに繋がるとの期待から買いが流入しています。ただ、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、慎重に動きを見たい処です。



[6027]弁護士ドットコム 
[M]業種:サービス業
終値9,670円/前日比-580円
Yahooの株価リンクはこちら

会員向け法律相談と弁護士向け営業支援のサイト運営。税理士向けサイトも。 本日大幅安で、一時10%超の下落となる場面も見られました。同社が昨日発表した1Q(4-6月期)決算は増収ながらも大幅減益となっており、「クラウドサイン」のテレビCM実施により広告宣伝費が一時的に増加したことが利益を押し下げています。期待されている電子契約サービス「クラウドサイン」は導入企業が、テレビCM効果やテレワーク推進の流れから1-3月期を上回り過去最高の伸びを記録し、業界シェアは80%超となっており、見た目程悪くないとの声も聞かれました。ただ、決算への期待感もあり株価は高値圏にあったこともあり、本日は出尽くし的な売りも出ている様子です。上値は重くなりそうですが、下げれば買われる動きは続きそうだと見る向きは多いようです。



[3635]コーエーテクモHD 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,880円/前日比+460円
Yahooの株価リンクはこちら

ゲームソフト開発中堅。コーエーとテクモが統合。歴史題材ソフトに強み。ライセンスビジネスも。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年3月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比7.2倍の89.5億円に急拡大。主力のエンタテインメント事業でIP許諾によるロイヤルティ収入が引き続き好調に推移したことが業績を牽引。また、投資有価証券売却益により営業外収益が増加したことも最終利益の押し上げに寄与しました。高い業績変化率にインパクトが強まる展開で新値追いが期待されます。



[8697]日本取引所グループ 
[1部]業種:その他金融業
終値2,751円/前日比-99円
Yahooの株価リンクはこちら

現物は東証、デリバティブは大証に集約。東京商品取引所と2019年秋に統合。 本日軟調です。本日の終値基準で日経平均採用となるため、大引けに掛けてパッシブファンドの特需買いがかなり入ったと思われますが、株価は軟調気味です。同社株は既に日経平均採用が決定する前から採用期待で5月から随分と買われてきており、株価も随分と上げてきていただけに先回り買いがかなり入っていたと思われます。そういった先回り買いの多くが本日引けまでに手仕舞いするため、パッシブファンドの特需買いが相殺されてしまった格好になっています。明日以降は今までの反動から弱含みの展開が続くことになるのではとの見方も多いようです。



[7201]日産自動車 
[1部]業種:輸送用機器
終値410.8円/前日比-18.6円
Yahooの株価リンクはこちら

自動車大手。仏ルノー傘下、三菱自と連合で開発・販売などグローバル展開。 本日軟調です。同社は本日決算発表を予定しており、警戒感から売られていましたが、後場一段安になっています。後場場中にブルームバーグが、1Q営業損失規模は市場予想下回る見通しで今期の年間配当を見送る見通しだと報じています。この報道を受け一段安になっています。ただ、決算への警戒は既に強まっていたことや前期の期末配当無配だったこともあり、今期の年間配当は無配となる可能性があることは、ある程度想定されていたと言えます。それだけに改めて明日売られるのかは微妙だとの声も聞かれました。逆にアク抜け的に買われる可能性もあるのではとの声もあります。ただ実際、正式に無配が発表されれば売らなくてはならないファンドなどの機関投資家も出てくるだけに結局売られるとの見方も少なくありません。ちなみに昨日引け後の決算発表で今期無配を発表した[7211]三菱自動車は本日大幅安となっています。



[3960]バリューデザイン 
[M]業種:情報・通信業
終値3,730円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら

サーバー管理型プリペイドカード・ギフトカードシステムを提供。関連機器、カード等販売も。 本日後場寄りからの一段高で大幅反発しています。同社は本日正午頃に6月度の主要業績指標の状況を発表。主力のハウスプリペイド事業の全社ベース取扱高が621億4,200万円と前月比で13.6%増となりました。累計導入店舗数が8万160店(前月比615店増)と着実に増えていることなどが寄与しているようです。本日58万株超の買いものを残しており、明日空中戦で75日移動平均線を上放れていくと4,500円処の先月高値レベルが視野に入ってきます。



[4248]竹本容器 
[1部]業種:化学
終値781円/前日比+76円
Yahooの株価リンクはこちら

化粧品や食品などのプラスチック容器を製造。自社開発の金型を多数保有。 本日後場13時過ぎから商いを伴い急伸し、大幅続伸しています。同社は本日13時に業績修正を発表。2020年12月期第2四半期累計の連結経常利益予想を従来の7億円から9.9億円に42.7%上方修正し、一転して16.3%増益を見込み一気に2期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなりました。株価は本日久しぶりに長めの陽線が一本立っており、4月20日の戻り高値815円を早々に捕らえると年初の高値レベルを目指すことになります。



[3686]ディー・エル・イー 
[1部]業種:情報・通信業
終値495円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

独自キャラの著作権ビジネス。「秘密結社鷹の爪」が人気。朝日放送GHD傘下。 本日後場買われてストップ高を付けています。自民議連が、中国発のアプリ利用を制限するよう政府に提言する方針を固めたと今朝から報じられています。日本で若者を中心に使われている動画共有アプリ「TikTok」などが念頭にあるとのことです。同社はTikTokを猛追する米国アプリ「TRILLER」を運営する米Triller社へ出資しており、更にTrillerJapanの設立についてTriller社と合意しているだけに国内でTikTok利用が規制されれば、TrillerJapanの恩恵がありそうだとの思惑のようです。前場は物色一巡後垂れてしまっていましたが、昼過ぎにはテレビでも報じられたことで、後場改めて物色された格好です。




このブログはランキングに参加しています。