株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[3909]ショーケース

[8891]エムジーホーム 
[2部]業種:不動産業
終値618円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

愛知・岐阜地盤のディベロッパー中堅。分譲マンションなど展開。VTHDの子会社。 本日ストップ高を付けました。同社は先週末11日引け後に業績修正を発表。2021年3月期の連結最終利益を従来予想の4.6億円から15.9億円へと3.5倍上方修正。一転して2.4倍の増益を見込み、5期連続で過去最高益を更新する見通しです。同時に4-9月期の連結最終損益も従来予想の2億円の赤字から9.9億円の黒字に上方修正。高水準の最終利益予想を好材料視する動きが先行していますが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く、注意が必要です。



[3843]フリービット 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,026円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット接続にインフラ提供。集合住宅向けネットサービス、アドテクノロジー事業、医薬向けも。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は先週末11日引け後に決算を発表。2021年4月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比2.0倍の5.8億円に急拡大しました。不採算事業の整理による収益改善も見られている模様です。先送りされた投資施策が第2四半期以降実施されるとは言え、業績上振れへの期待は高まる形で買いが流入しています。ただ、ここからは戻り売りも意識される水準でしょう。



[3909]ショーケース 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,142円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

ウェブサイトをスマホ向けに最適化。成約率向上の「ナビキャスト」提供。顔認証システムも。 本日寄り前から大量の買いものを集め続急伸し、年初来高値を大幅に更新してストップ高まで買われています。[9437]NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を利用した不正引き出し問題発覚以降、オンライン上で行う本人確認であるeKYCへの関心が高まっており、同社の統合eKYCプラットフォーム「ProTech ID Checker」への注目から買いが流入しましたが、60ヵ月移動平均線をも明確に上回ってきており、新ステージに移行した印象です。



[9984]ソフトバンクグループ 
[1部]業種:情報・通信業
終値6,385円/前日比+525円
Yahooの株価リンクはこちら

投資持ち株会社。傘下で10兆円ファンド、携帯電話、ZHD。持分に中国アリババ。 本日大幅上昇です。同社株の上昇で日経平均を113円程度押し上げています。日経新聞電子版などでは、同社傘下の英半導体設計アームを米半導体大手エヌビディアに売却する方向で最終調整に入ったことが明らかになったと報じられています。2社は同社がエヌビディア株を取得するなど売却に株式交換を組み合わせる方向で調整しているとのことで、売却額は4兆円規模となる見通しだとのことです。今朝、8時には正式に発表。更に英FTやブルームバーグが、英アーム売却で合意したあと株式非公開化について協議を再開する方針だと報じており、これらが好感され本日は見直し買いに繋がったようです。ただ、英アーム株をエヌビディアへ売却という取引が完了するまで、規制当局の承認などが必要なため、約18ヵ月掛かると見込んでいるとのことです。それだけにMBO(経営陣買収)に踏み切るにしても当面先の話になるとの見方です。



[7077]ALiNKインターネット 
[M]業種:サービス業
終値3,295円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら

日本気象協会と共同で天気予報専門メディア「tenki.jp」を運営する。 本日大幅高となりストップ高まで買われました。先週末同社は、気象庁ホームページのウェブ広告運用業務等委託の企画競争による入札に参加し落札したと発表。気象庁はホームページによる持続的・安定的な情報提供を維持・推進することを目的として、同庁ホームページに有料の広告枠を設けることを決定しており、同社は今回の落札によりウェブ広告運用業務を委託されることとなり、初回は既に大塚製薬が純広告主として出稿することが決まっているとのことです。同社は小型株で売り上げ水準も低い企業だけに今回の案件が、業績へ寄与するとの見方は多く、本日は見直し買いに繋がっているようです。明日以降も見直し買い続くか注目されます。



[4055]ティアンドエス 
[M]業種:情報・通信業
終値24,090円/前日比+4,010円
Yahooの株価リンクはこちら

大手企業向けにシステム開発・運用保守や、AI関連のソフトウエア開発を手掛ける。 本日買い先行スタートから大幅続伸しました。同社は半導体システム開発拠点として新たな事業所を横浜市戸塚区に開設すると発表。横浜西部地区の半導体メーカーのシステム開発支援の利便性を向上させる他、更なる顧客ニーズに対応出来る事業基盤を確立します。また、直近IPO銘柄として個人投資家を中心に選好されていることも株高を後押ししているようで、上場来高値へ向けての一段高が期待されています。



[9434]ソフトバンク 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,242円/前日比-65.5円
Yahooの株価リンクはこちら

ソフトバンクグループの中核。携帯・固定通信やICTソリューションを提供する。 本日は同社など大手キャリア株が総じて売られています。自民党次期総裁の最有力候補となっている菅官房長官が、13日に出演したテレビ番組で携帯電話料金値下げの必要性を改めて強調し、電波利用料の引き上げにも言及。ここまで言われると大手キャリアは更に値下げせざるを得なくなり、収益性悪化に繋がるとの見方から改めて見切り売りが出ているようです。また、同社に関しては本日から売出価格決定期 間入りとなるため、それも重しとなっている面もある様子です。売出株を買う向きも多いことから市場では買いが入り難く、それを買うために他のキャリア株を売る動きも出ている模様です。ただ、同社株の売出価格決定でキャリア株動向が変わる可能性もあるとの声も聞かれました。



[3541]農業総合研究所 
[M]業種:卸売業
終値694円/前日比+76円
Yahooの株価リンクはこちら

全国の生産者、農産物直売所と提携。インショップ形式の直売所で委託販売。 本日大幅続伸となり年初来高値を更新しています。スガノミクス関連で買われているとの見方です。本日、自民党の新総裁が決定し、菅氏が最有力候補となっています。菅氏は秋田県の農家出身で安倍政権の農政改革を実質的に主導してきたといえる人物だけに菅政権では、更に農業改革を推進すると期待されており、同社には追い風になるとの見方です。本日はスガノミクス関連と言える銘柄に買われているものが目立っており、地銀再編への期待から[8562]福島銀行などの地銀株や大手携帯電話会社の通信料値下げ期待から[9425]日本テレホン、ふるさと納税推進期待で[3962]チェンジ、[6535]アイモバイル、[2376]サイネックス、不妊治療への保険適用期待から[4514]あすか製薬、[4554]富士製薬工業、デジタル庁創設関連で[1447]ITbook HDが何れも買われています。[3776]ブロードバンドタワーや[3778]さくらインターネットもスガノミクス関連との見方もある様子で明日改めてスガノミクス関連株が買われるのか、それとも出尽くし的に売られるのか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6862]ミナトHD 
[JQ]業種:電気機器
終値562円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

産業用メモリ、ATM用タッチパネル、プログラム移植装置が主力。液晶検査装置も。 本日大きな窓を空けて急反発し、年初来高値を更新してストップ高を達成しました。同社は昨日引け後に、100%子会社ミナト・アドバンスト・テクノロジーズが、画面に直接触れずに操作出来る非接触赤外線センサー「ディスプレア」を開発し市場投入したと発表。枠にはLEDなどが実装された基板が内蔵されており、このLEDから赤外線を放出することで位置情報を検出し、画面に直接触れることなく端末を操作することが出来るとしています。本日の大幅高で株価は2018年5月以来の水準に到達しており、新たなステージに入っています。



[3010]価値開発 
[2部]業種:サービス業
終値136円/前日比+27円
Yahooの株価リンクはこちら

低価格・シティ・滞在型、3タイプのホテルを全国展開。不動産は縮小。スターアジア傘下。 本日大幅上昇です。昨日同社は株主優待制度導入を発表。最近多いプレミアム優待倶楽部のポイントを進呈するとのことです。保有株数によって進呈ポイントが変わりますが、最も効率が良い株数は1万株で6万ポイントとなります。その株数なら150円以下で優待利回りは4%以上となり、この水準であれば買い入れる個人投資家も多いとの見方です。9月末の権利取りとなるため、それまでは底堅い確りとした展開を続けそうだと見る向きが多いようです。ただ、権利落ち後は弱含みの動きになりそうだとの警戒も強い模様です。同社は7月に新株予約権発行しており、それを行使させるために優待制度導入に踏み切ったとの見方もあり、来年も優待を継続出来るのかは不透明との声も聞かれました。



[6696]ピースリー 
[M]業種:電気機器
終値785円/前日比+78円
Yahooの株価リンクはこちら

情報機器装置の開発・製造販売。STBが主力。デジタルサイネージ端末にも注力。 本日寄り直後の急動意で大幅続伸しています。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年1月期第2四半期累計の連結経常損益は前年同期9,300万円の赤字から7,700万円の赤字に赤字幅が縮小しました。5-7月期の連結経常損益も前年同期4,900万円の赤字から1,400万円の赤字に赤字幅が縮小し、売上営業損益率は前年同期の-28.3%から-7.0%に急改善しています。本日の株価は75日移動平均線超を影としましたが、この75日線、または若干下方を切り上がる100日移動平均線を早々に固めたい処です。



[1413]ヒノキヤグループ 
[1部]業種:建設業
終値1,954円/前日比+169円
Yahooの株価リンクはこちら

関東中心に戸建て注文住宅。エコハウスに強み。住宅FC、分譲、リフォーム事業に注力。 本日大幅ギャップアップスタートから続急伸しました。同社は昨日引け後に、[9831]ヤマダ電機がTOB(株式公開買い付け)を実施し、同社の連結子会社化を目指すと発表。TOB価格は前日終値を12%上回る1株2,000円、買付期間は9月9日から10月22日までとなります。なお、買い付け予定数の上限は50.1%に設定しており、TOBが成立後も同社株は上場を維持する見通しです。本日の株価はTOB価格にサヤ寄せする形で切り上がりましたが、明日以降も同価格を意識した展開が続きます。



[3909]ショーケース 
[1部]業種:情報・通信業
終値911円/前日比+99円
Yahooの株価リンクはこちら

ウェブサイトをスマホ向けに最適化。成約率向上の「ナビキャスト」提供。顔認証システムも。 本日買い先行スタートから大幅3営業日続伸で年初来高値を更新しました。同社は国内外で取得の特許技術を活用した「ナビキャストシリーズ」を主力にモバイル向けウェブサイト最適化技術をクラウドサービスで展開しており、需要を取り込んでいます。直近ではJPモルガンやクレディ・スイスなど外資系経由で空売り残高が大幅増加しており、ショートカバーを巻き込んだ加速も考えられる状況です。



[9984]ソフトバンクグループ 
[1部]業種:情報・通信業
終値5,677円/前日比-168円
Yahooの株価リンクはこちら

投資持ち株会社。傘下で10兆円ファンド、携帯電話、ZHD。持分に中国アリババ。 本日軟調で、一時7%安となる場面も見られました。昨晩のNY市場では主力ハイテク株が軒並み大きく売られており、同社の投資事業による先行き不透明感から売られています。6月末時点で同社はビジョンファンドなどを通じて、米主力ハイテク株を大量に保有していることが明らかになっているだけに含み益の減少や含み損への警戒も意識され易いようです。また、日本時間朝方にはブルームバーグが、同社のコンプライアンス最高責任者であるフェントレス氏が退職したと報じており、その報道も不透明感に繋がり嫌気されているとの見方です。ただ、昼過ぎには同社子会社の[9434]ソフトバンク株の売り出しについて、需要申告は1.3兆円と予定額到達との報道を受け、後場は下げ幅を縮小する動きになっています。明日以降も下げ渋れるか注目されます。



[7974]任天堂 
[1部]業種:その他製品
終値57,880円/前日比+850円
Yahooの株価リンクはこちら

ゲーム機メーカー最大手。ソフト開発力に強み。海外でも高シェア。高収益体質。 本日マイナス圏での推移となっていましたが、後場突如急騰しています。ブルームバーグが、「任天堂がスイッチ生産台数さらに引き上げ、最大約3000万台に」と報じたのを機に上昇に転じています。任天堂は家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の組み立て業者に対して生産台数の引き上げを再度要請しており、今期の目標を最大約3000万台に設定したことが複数の関係者への取材で明らかになったとのことです。1ヵ月前には、今期のニンテンドースイッチ生産台数を再度引き上げ、2500万台程度とすると報じられていただけに、僅か1ヵ月程度で500万台も引き上げた格好になります。ただ、同社株は既に随分と買われてきており、既に織り込まれているとの声も聞かれました。ただ、足元は垂れてきていただけに本日は反発するキッカケとなった面もあるようです。明日以降も買いが続くのか注目されます。



[7353]KIYOラーニング 
[M]業種:サービス業
終値10,570円/前日比+1,500円
Yahooの株価リンクはこちら

個人向けオンライン資格講座や社員教育クラウドサービスの提供を手掛ける。 本日ストップ高まで買われ上場来高値を更新しています。特に材料は見当たりませんが、本日は売られている直近IPOも朝から目立っており、同社株も前場はマイナス圏での推移となっていました。しかし、後場から継続的な買いが観測されており、ストップ高まで買われています。他の直近IPOが後場も軟調が目立っており、その中では異色の強さを見せているだけに単なる直近IPO物色の流れで買われている訳ではなく、ファンド勢の買いが入っているとか、投機筋による仕掛け的な買いが入ってきてるとか、市場では憶測が飛び交っています。明日以降の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4586]メドレックス  [M]業種:医薬品
終値396円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

創薬ベンチャー。経皮吸収型製剤技術やマイクロニードルアレイ技術に強み。本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、国内出願中の「薬剤でコーティングされたマイクロニードルアレイの製造方法」が、特許庁から特許査定を取得したと発表しました。なお、2020年12月業績への影響は無いとしています。株価は4月17日に年初来高値を付けたあと大きく売り込まれていましたが、本日をキッカケに再度上値を追う展開が期待されます。ただ、目先筋の参加者も多く、短期の回転売買からボラティリティの大きい動きも想定されるため、注意が必要です。



[8023]大興電子通信  [2部]業種:卸売業
終値785円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

富士通特約店。情報通信機器販売とシステム開発が両輪。クラウド型に注力。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に業績・配当修正を発表。2020年3月期の連結経常利益を従来予想の14.2億円から20億円に40.8%上方修正し、増益率が32.8%増から87.1%増に拡大する見通しとなりました。業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の6円から10円に大幅増額修正した事も発表しました。株価は3月23日安値を付けたあと反騰局面にあり、株主還元などを好感する買いがどこまで続くか注目されます。



[4751]サイバーエージェント  [1部]業種:サービス業
終値4,395円/前日比+280円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット広告事業とゲーム事業が2本柱。ネットテレビ局「AbemaTV」に注力。投資事業も。 本日大幅高となり、2月4日に付けている年初来高値に合わせる場面も見られました。同社が昨日発表した2Q決算では、ゲーム事業の好調などで大幅増益となっており、市場コンセンサスも上回っています。3Q以降は新型コロナウイルスの影響で主力の広告事業の落ち込みは避けられそうもありませんが、変わりにゲーム事業やメディア事業は外出自粛による巣ごもり需要で追い風となり、3Q以降の広告事業の落ち込みを補えるとの期待も強い様子です。この決算を受け、ゲーム事業の好調はサプライズとの見方が多いものの、やはり今後の広告事業減速への警戒を抱くアナリストも少なくありません。ただ、3Qに減速してもネット広告市場に対して同社広告事業の落ち込みは相対的に軽微だと指摘する向きもあり、明日以降高値を更新してくるか注目されます。



[3909]ショーケース  [1部]業種:情報・通信業
終値529円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

ウェブサイトをスマホ向けに最適化。成約率を高める「ナビキャスト」を提供。 本日買い気配スタートからの大陽線で急反発し、ストップ高まで買われています。同社は昨日、顔認証システム「ProTech ID Checker Type S」を5月中にも提供を開始すると発表。決済利用時に不正検知をした際の認証や遊園地、映画館といった娯楽施設や商業施設の入場パス購入時の認証など、ユーザー毎に限定的サービスを提供するソリューションが実現出来るとしています。本日の切り返しで株価は4月20日の直近戻り高値を更新しており、シコリが少ないゾーンに入っていきいます。



[1447]ITbook HD  [M]業種:建設業
終値451円/前日比+45円
Yahooの株価リンクはこちら

地盤調査改良とITコンサルが主力。18年10月にITbookとサムシングが経営統合。 本日大幅高です。安倍首相は22日、国の行政手続きの9割を2024年度までに電子化する「デジタル・ガバメント実行計画」について、可能な限り前倒しで実施するよう指示したと今朝の日経新聞などで報じられています。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために「至急検討してほしい」とのことです。これを受け自治体向けITコンサル事業などを手掛ける同社株には追い風になるとの見方から買われている模様です。同様に[9758]ジャパンシステムなども買われています。ただ、同社らが実際恩恵を受けるかは不透明であり、続く物色にはなり難いとの見方が多いようです。



[1446]キャンディル  [1部]業種:建設業
終値474円/前日比+51円
Yahooの株価リンクはこちら

建物の修繕・改修が主力。住宅、ホテルなどリペアサービスに強み。大手建築と密接。本日大きな窓を開けて続急伸しました。同社は昨日、グループのバーンリペアが住宅向けに「抗ウイルス・抗菌」効果のある光触媒コーティング施工体制を強化すると発表。バーンリペアはこれまでも主に施設向けに光触媒コーティング施工を行っていますが、特に新築住宅購入者からの同サービスへの関心が高まっているため、今後はより高品質な光触媒コーティングサービス「レコナガード エアリフレッシュ」に切り替え、順次提供体制を強化していくとのことです。新型コロナウイルス感染拡大に歯止めが掛からない中、需要増などが期待されているようで、今後も話題に上るケースはありそうです。



[4570]免疫生物研究所  [JQG]業種: 医薬品
終値570円/前日比+25円
Yahooの株価リンクはこちら

研究用試薬の製造販売・受託。抗体作製技術に定評。化粧品事業に参入。本日14時頃から動意付き一時ストップ高まで買われています。生命科学インスティテュートが脳梗塞患者を対象としたMuse細胞製品(CL2020)の臨床試験結果を発表しています。それによれば、安全性について問題は認められなかったとのことで、副次評価項目である有効性については目標を達成、その他の詳細については解析中で、今後学会または学術雑誌での公表を予定しているとのことです。同社は生命科学インスティテュートとMuse細胞を用いた再生医療事業に関して共同研究を実施していただけに刺激になったようです。ただ、結局崩れて上げ幅を縮小し引けています。



[1671]WTI原油価格連動型上場投信  [東証E]業種:ETF
終値585円/前日比-100円
Yahooの株価リンクはこちら

NYMEXのWTI原油先物価格に連動。管理:シンプレクス。連日のストップ安です。昨日の原油相場は反発したものの、基準価額から大きく乖離しているだけに、それにサヤ寄せする格好で売られています。管理元のシンプレクスアセットが公表している同ETFの基準価額は22日付けで477円となっています。21日は798円でした。基準価額が大きく下がった要因は、同ETFの買建玉がロールオーバーされたためで、22日時点での同ETF買建玉は7月限24064単位、8月限6025単位となっています。21日までは6月限も含まれていました。基本的に原油先物価格は期先になればなる程高くなるだけに、ロールオーバーする度に同ETFは減価するため、長期的には下げていくものとなります。特に足元は原油需要激減で貯蔵庫不足となっているため、保管コストなどが急騰しており、先物は期近と期先の乖離が大きくなっています。そのため、ロールオーバーによる減価が大きくなり易いと言えるでしょう。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ