株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[3622]ネットイヤーグループ

[2191]テラ 
[JQ]業種:サービス業
終値1,721円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

大学発バイオベンチャー。がん免疫療法のノウハウ提供。樹状細胞ワクチン療法が主力。 本日大きな窓を空けて続急伸しました。同社は先週末19日引け後に、メキシコで実施中の新型コロナウイルス感染症治療の臨床試験について、同国イダルゴ州知事がその成果を見極めた上で、近々に薬事申請に向けて共同作業に着手すると共同会見で発言したことを発表しています。株価は、今月9日に2,175円の高値を付けましたが、新型コロナウイルス治験を巡る週刊誌記事などが嫌気され、その後は1,000円処まで調整を強いられました。ただ、先週末に続く本日の連日ストップ高と、ここにきて出直り基調にあり、直近高値を意識した展開が想定されます。



[3622]ネットイヤーグループ 
[M]業種:情報・通信業
終値644円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット活用のマーケティング支援。経営コンサルやサイト企画・構築。NTTデータ子会社に。 本日ストップ高まで買われています。同社は朝方にNTTデータが東急ハンズの協力の基で実施した、アバター遠隔接客によるデジタルストアの実証実験にUXデザインのノウハウを活かした顧客体験の導線、コンテンツ企画、サイネージ動画の制作、VMDのデザイン制作などで参画したと発表。これが刺激となり買われている模様です。ただ、既にNTTデータは先週18日に発表済みで同社が参画していることも発表されていましたが、その時は無反応でした。今回、同社が発表したことで市場に知れ渡ったようで、改めて材料視された格好です。超小型株だけに動意付けば値幅妙味もあることから、短期資金も集まり易かった様子です。明日以降も物色が続くか注目されます。



[7068]フィードフォース 
[M]業種:サービス業
終値3,225円/前日比+503円
Yahooの株価リンクはこちら

最適なタイミングで広告を表示するデータフィードサービスなどを手掛ける。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は先週末19日引け後に、発行済み株数の50.1%を所有する子会社アナグラムを株式交換により完全子会社化すると発表しました。今回の完全子会社化は、グループ経営の機動性と柔軟性を高め、より効率的な連結経営体制を構築することが目的としています。なお、株式交換の効力発生日は9月1日予定で引き続き買い優勢との見方も強く、新値追いへの期待が高まっています。



[6535]アイモバイル 
[1部]業種:サービス業
終値824円/前日比+87円
Yahooの株価リンクはこちら

インターネット広告サービス事業。国内最大規模のアドネットワーク。ふるさと納税も展開。 本日大幅高です。先週土曜日の日経新聞夕刊で、「ふるさと納税急増」との記事が報じられています。新型コロナウイルス感染拡大により販売機会を減らした地域の特産品が返礼品となり、人気を集めているとのことです。外出自粛で苦境に陥った店舗などを支援したいという消費者ニーズも取り込んでいる模様です。同社が手掛ける「さとふる」では、4月の寄付額が前年同月比8割増になったとも報じられており、本日はその記事が刺激となって見直し買いに繋がっている様子です。



[4712]KeyHolder 
[JQ]業種:サービス業
終値175円/前日比+10円
Yahooの株価リンクはこちら

リノベーションなど不動産が主力。ライブなど総合エンタメ業に進出。Jトラスト傘下。本日は寄り前から大量の買いものを集め続急伸し、年初来高値を更新しています。同社は先週末19日引け後に、株主優待制度の基準日と内容の一部変更を発表。2020年12月期から基準日を毎年12月末(従来は毎年6月末)に変更し、未定としていた優待内容を「株主限定コミュニティ(仮)」とします。本日の株価は空中戦で年初来高値を更新した後に戻り売りに押されましたが、今相場の初動から乗った向きの回転が利いており、次なるステージの方向性決定を待つ局面になります。



[6502]東芝 
[2部]業種:電気機器
終値3,425円/前日比+160円
Yahooの株価リンクはこちら

総合電機大手。米原発事業巨額損失で撤退。メモリ売却、インフラ軸に再建へ。 本日大幅上昇です。先週末の日経新聞では、同社は約40%保有している半導体メモリー大手キオクシアHDの株式を段階的に売却する方針を固めたと報じています。キオクシアHDは10月を目処に上場を目指しており、上場後に売却するもようだとのことです。また、売却益の半分以上は株主還元の原資に充てるとのことから、本日は朝から好感されています。買い一巡後は上げ幅を縮小しての揉み合いとなっていましたが、9時45分に正式発表すると上げ幅を拡大しています。続く買いになるかは微妙ながら当面売り難くなったとの声も聞かれました。



[6034]MRT 
[M]業種:サービス業
終値1,536円/前日比+126円
Yahooの株価リンクはこちら

非常勤医師紹介サイトを運営。スマホで可能な遠隔診療・健康相談サービスも提供。 本日大きく急伸しました。同社は先週末19日引け後に、新型コロナウイルス感染症に対応する医療人材の確保について、国からの要請を受けた日本人材紹介事業協会と連携すると発表。同社の持つ全国の医療人材および医療機関のネットワークに対し、人材協を通じて厚生労働省開設・管轄のWebサイト「医療のお仕事Key-Net」に掲載されている募集案件情報を取得して提供するとしています。ただ、1,600円からの上値は重く、後場からは売りの圧力も強まっているため、過度な期待は禁物とも取れます。



[6092]エンバイオHD 
[M]業種:サービス業
終値721円/前日比+18円
Yahooの株価リンクはこちら

土壌汚染の調査・対策工事や関連機器など提供。汚染土地の購入・再販も。 本日同社は11時頃に7月よりヨルダンでの太陽光発電を用いた水資源開発事業開始すると発表。リンクされた資料によれば、プロジェクト金額は「800,000万米ドル」と記載されていたことから、すごい額だとのことでストップ高まで買われる動きになっています。しかしその後、その資料のリンクが消されており、前引け後にプロジェクト金額は「800,000米ドル」だったことを発表。これが失望されて後場は売り気配スタートとなり上げ幅を縮小する動きになっています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3622]ネットイヤーグループ  [M]業種:情報・通信業
終値513円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット活用のマーケティング支援。経営コンサルやサイト企画・構築など総合的に提供。本日ストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2020年3月期の売上高が53億円から53.6億円へ、連結経常損益を従来予想の2億円の赤字から7700万円の赤字に上方修正し、赤字幅が縮小する見通しとなりました。株価は3月30日に448円の戻り高値を付けたあと横這いの状態が続いていましたが、底値離脱の動きにあり、75日移動平均線ブレイクを目指す動きにあります。



[3082]きちりHD  [1部]業種:小売業
終値618円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

関西地盤の外食チェーン。高級居酒屋「きちり」を全国展開。新業態に進出。本日ザラバ寄らずのストップ高買い気配となっています。同社は昨日、グループ会社が新型コロナウイルス感染予防対策として除菌・消毒サービス提供を開始すると発表。同社は居酒屋を首都圏や関西圏で展開しており、新型コロナウイルス感染拡大による悪影響を大きく受けると見られていました。それだけに同社株には空売りも多く入っていた状況で、新型コロナウイルス絡みの材料を出してきたことから、売り方の買戻しが入った格好です。買戻し一巡後は改めて売られるとの見方も多いですが、小型株だけに空売りが更に多く入るようですと踏み上げの思惑にも繋がりそうだとの声も聞かれました。



[7042]アクセスHD  [JQ]業種:サービス業
終値691円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

企業向け販促物制作や学生募集に関わる広報業務。学校法人向け事業も。本日ストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に、子会社のアクセスプログレスとアクセスネクステージが協力会社との連携により、マスクや消毒液などウイルス対策用品の取り扱いを開始したと発表しました。株価は底値圏で推移していたこともあって、ここからの反発に期待が掛かります。ただ、流動性の乏しい銘柄でもあり、勢いが止まれば買いは集まり難く注意が必要です。



[4220]リケンテクノス  [1部]業種:化学
終値461円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

塩ビコンパウンドの最大手。化粧材用フィルムにも強み。車用機能部品を強化。本日ストップ高まで買われています。化学工業日報では、同社は業界唯一の抗ウイルス認証取得の高透明フィルムで、新型コロナウイルスの感染拡大防止に貢献すると報じています。抗菌・抗ウイルス性および安全性を認証するSIAAマークを取得した世界初の高透明フィルム「RIKEGUARD(リケガード)」への引き合いは今月に入って激増しており、感染源の一つとして注意が向けられているスマートフォンの表面フィルムの他、飛沫を防止するフェイスシールドなどとしての活用が大いに期待されているとのことです。同社はキャッシュリッチ企業で財務体質も良く、企業価値的に割安感も強かっただけに見直すキッカケになった様子です。



[7707]プレシジョン・システム・サイエンス  [M]業種:精密機器
終値633円/前日比+70円
Yahooの株価リンクはこちら

独自技術のDNA抽出装置。全自動遺伝子診断システムに強み。関連試薬も。本日前場途中から上値追いが加速し、大幅10連騰で2月末に付けた年初来高値を更新しました。新型コロナウイルス向け遺伝子検査装置などへの需要が期待される状況にあり、継続的な投資マネーの流入を誘っています。東京農工大と同社は新型コロナウイルスの迅速診断技術などで共同研究を進めています。株価は5日線をサポートとした上昇基調を加速させており、目先は少々値動きが荒くなることも考えられます。



[4680]ラウンドワン  [1部]業種:サービス業
終値735円/前日比+25円
Yahooの株価リンクはこちら

複合レジャー大手。近畿地盤に全国展開。ボウリングやゲーム、時間制スポーツなど。本日確りと上昇して一時、759円まで買われる場面も見られました。国内では「緊急事態宣言」が全国拡大となりましたが、同社は既に国内店舗を全て臨時休業しているだけに新たな悪影響はありません。一方で、米国ではトランプ米大統領が6日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染者が少ない地域から経済活動の再開を3段階で進める新指針を発表。同社は米国でも事業展開しており、現在やはり臨時休業中ですが、米国がいよいよ段階的に経済活動再開に動き出したとのことから、本日は買戻しの動きに繋がっている様子です。空売りも多く入っている銘柄で、更に大規模な自社株買いも実施中の銘柄です。来週も戻り基調を続けられるか注目されます。



[4493]サイバーセキュリティクラウド  [M]業種:情報・通信業
終値31,050円/前日比+5,030円
Yahooの株価リンクはこちら

人工知能(AI)技術を活用したサイバーセキュリティサービスの開発・提供を手掛ける。本日大幅ギャップアップスタートから後場一段高で上場来高値を更新し、ストップ高まで買われています。同社は本日、自社提供するクラウド型WAF「攻撃遮断くん」の累計導入サイト数が3月時点で12000サイトを突破したと発表しました。2013年12月のサービス提供開始後、2019年9月に累計導入サイト数1万サイトを突破し、その後僅か半年で12000サイトの導入に至りました。連日の陽線で株価は切り上がりを続けており、青天井圏をどこまで駆け上がるか注目されます。



[6046]リンクバル  [M]業種:サービス業
終値248円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

「街コン」に特化した情報サイトを運営。恋愛情報や婚活コンサルも。本日大幅上昇となり、ストップ高まで買われています。同社は街コンなどイベント事業を手掛けているだけに新型コロナウイルスの全国的な感染拡大により、業績への悪影響が警戒されており、更に緊急事態宣言が全国に広げられたことも逆風ですが、本日は嫌気する動きは見られず既に売り込まれてきたこともあり、アク抜け的な動きになっています。更に昨日同社はオンライン婚活をサポートするビデオ通話アプリ「5minutes」のリリースを発表。外出が出来なくても新たな出会いの場を提供するとのことで、見直し買いに繋がっている面もあるようです。同社は新型コロナウイルスの影響を受けて、3月からオンラインサービス拡充を図っています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6029]アトラ  [1部]業種:サービス業
終値302円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

接骨院をFC展開。療養費請求代行、機材販売等の業務支援も手掛ける。本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2020年12月期第2四半期累計の連結最終損益を従来予想の1.8億円の赤字から5,900万円の赤字上方修正し、赤字幅が縮小する見通しとなりました。上期赤字縮小に伴い通期の連結最終損益も従来予想の100万円の黒字から1.3億円の黒字へと131倍上方修正しました。株価は75日線をブレイクして2月上旬の水準まで戻ってきており、この勢いがどこまで続くか注目されます。



[3987]エコモット  [M]業種:情報・通信業
終値946円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

IoTソリューションの企画や端末の製造。クラウドサービスの運用。センサー技術に強み。 本日ザラバ寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。昨日同社は新型コロナウイルス感染拡大抑止に向け、AI顔認識とサーモグラフィーにより最大16人を同時に検温可能なスクリーニングソリューション「サーモロイドPro」を提供開始したと発表。新千歳空港の国内線到着口にて行われる体温スクリーニングに採用されたとのことです。今旬な材料と言え、見直し買いのキッカケとなった格好です。最近のマザーズ市場は堅調が続いていますが、同社株は物色対象外となっていただけに、これを機に一相場作るのではと期待する声も聞かれました。小型の貸借銘柄だけに今後の展開が期待されます。



[3853]アステリア  [1部]業種:情報・通信業
終値460円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

システム開発会社。XML専門のソフト開発は日本初。企業のシステム連携ソフトが主力。本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、[3681]ブイキューブとバーチャル株主総会で協業することを発表しました。株主総会のライブ配信とブロックチェーン議決権行使で新型コロナウイルス感染予防対策の徹底に繋げていくとしています。株価は3月17日に安値を付けましたが、同社は新型コロナウイルス対策に向けて積極的な姿勢を見せていることで反騰局面にあり、目先は75日移動平均線突破を目指す動きにあります。



[3195]ジェネレーションパス  [M]業種:小売業
終値480円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット通販サイト「リコメン堂」を運営。通販モールに店舗。製造子会社をベトナムに設立。本日大幅高となり、ストップ高まで買われています。3月度月次売上高が前年同月比30%増となり、今期最大の伸び率となったことが好感されています。2月度月次は前年同月比17.3%増でした。同社はEC事業やECサポート事業を手掛けていることから、新型コロナウイルスによる巣ごもりの流れが、同社事業に追い風になっている可能性がある様子です。それなら4月はもっと期待出来るとの見方にも繋がっているようで、本日は見直し買いが集まった様子です。明日以降、何処まで見直し買いで買われるか注目されます。



[1436]フィット  [M]業種:建設業
終値557円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

太陽光発電設備が標準の戸建販売。不動産投資、クリーンエネルギー投資事業も。本日大きな窓を開けて続急伸し、ストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に自社株買いを実施すると発表。上限を13万株(発行済み株数の3.04%)、または1億円としており、取得期間は4月20日〜10月19日までで株主への一層の利益還元と経営環境の変化に柔軟に対応した機動的な資本政策の遂行を可能にするためとのことです。本日の大幅高をもっても未だ上方にシコリは少なく、年初から1ヵ月以上保ち合った価格帯にどこまで近付けるかが焦点になってきます。



[3782]ディー・ディー・エス  [M]業種:情報・通信業
終値245円/前日比+42円
Yahooの株価リンクはこちら

指紋認証ソフト・機器の開発会社。独自の技術に強み。認証標準化を推進。本日前場10時台からの商いを伴う一段高で続急伸しました。世界経済の減速懸念を背景に景気敏感株を中心に売り込まれる展開にありますが、業績面で新型コロナウイルスの影響を受けにくいシステム開発やテレワークなどを手掛ける銘柄が相対的に強く、直近では人工知能関連に位置付けられる銘柄に物色の矛先が広がっています。本日の株価は大幅高も75日線超の部分を影にしており、目先はこの75日線レベルがポイントになるでしょう。



[4364]マナック  [2部]業種:化学
終値1,218円/前日比+200円
Yahooの株価リンクはこちら

臭素化合物最大手。難燃剤やファインケミカル事業が主力。人工透析薬剤事業も。本日大幅高です。今朝の化学工業日報では、同社は固定化抗菌・抗ウイルス剤の量産を本格化すると報じられています。従来比10倍規模の生産に踏み切り、自社ブランド品の展開も始めたとのことです。マスクや作業着などへの塗布、病院や介護施設の他、事務所や対面営業店舗向けでも販売が拡大しており、福山工場での生産量を大幅に引き上げるとのことです。大規模な量産により、業績への寄与も期待されたようで本日は見直し買いに繋がっている様子です。明日以降も物色が続くのか注目されます。



[3697]SHIFT  [1部]業種:情報・通信業
終値9,670円/前日比+570円
Yahooの株価リンクはこちら

ソフトウエアのテスト事業が主力。ソフトの品質保証や関連コンサルも。組織力に強み。 本日大幅高です。足元で決算が好感されて買われてきましたが、本日は日経新聞で同社の紹介記事が報じられており、それも追い風になっているとの見方です。同社はDX(デジタルトランスフォーメーション)需要を取り込み、過去5年で売上高を9倍に伸ばしたと紹介されており、地味なイメージのシステムテストを稼げる事業に変え、未開拓の市場を掘り起こすとのことです。同社はソフトウエアテストの国内市場規模を約5兆円と見積もっていますが、「その多くが外部委託されていない」との社長コメントも掲載されており、それだけに未開拓の市場はまだ大きいとのことです。これを受け改めて、この先も高成長が期待出来るとの見方に繋がった様子です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ