[6721]ウインテスト 
[2部]業種:電気機器
終値221円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

液晶、イメージセンサー向け検査装置が主軸。中国・武漢精測電子の傘下に。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年7月期の連結最終損益は6.1億円の赤字となりましたが、2021年7月期は7.5億円に黒字浮上する事を示しました。また、NHK放送技術研究所から次世代技術の研究開発用装置として、センサアレイ評価装置「WTS-311NX」を受注した事を発表し、株価を刺激しています。目先2月4日に付けた266円を目指す動きにありますが、25日・75日両移動平均線との乖離幅拡大による過熱感も懸念される処です。



[4599]ステムリム 
[M]業種:医薬品
終値1,032円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

大阪大学発バイオベンチャー。自己組織再生を促進する「再生誘導医薬」の開発。 本日ストップ高まで買われています。昨日引け後に同社は塩野義製薬などと慢性肝疾患を対象とした医師手動治験(第2相試験)実施に関する契約締結を発表。6月末に両社は新たな疾患を対象とした医師主導治験を実施していくための契約を締結しており、今回の材料はそれに絡んだ材料と言え、目新しさは乏しいものの、6月末にそれを発表した際には同社株は大きく居場所を変えて、株価倍増となる場面も見られていました。その後は調整入りとなり株価はある程度下げてきてから揉み合い相場となっていた状況で調整十分ということもあって、今回の材料で改めて見直される動きに繋がったようです。明日以降、7月に付けている上場来高値目指す展開になるか注目されます。



[3490]アズ企画設計 
[JQ]業種:不動産業
終値1,270円/前日比+180円
Yahooの株価リンクはこちら

埼玉地盤。中古不動産を収益化。マンション・ビジネスホテル・オフィスビルなど。民泊も。 本日寄り前から大量の買いものを集め急反発し、年初来高値を更新して一時ストップ高を達成しました。同社は昨日引け後に、不動産特定共同事業に係る許可を14日付で取得したと発表。今回の許可取得により、取得した不動産の幅広い投資家に向けた投資方法の提案として不動産小口化商品を一般投資家に提供するとしており、収益基盤の強化に繋がると期待されています。なお、2021年2月期業績予想は非開示としているものの、同件が業績に与える影響は軽微とされており、今後は不安定な相場付きになりそうです。



[7077]ALiNKインターネット 
[M]業種:サービス業
終値3,450円/前日比+60円
Yahooの株価リンクはこちら

日本気象協会と共同で天気予報専門メディア「tenki.jp」を運営する。 本日確りと続伸しています。同社は先週末に気象庁が初めて試みる広告掲載について、同社が運用サポートに選出されたと発表しており、それを好感して連日買われていました。本日も朝から大きく買われていましたが、前場中に気象庁は同庁ホームページへの広告掲載を停止したと発表。15日から広告掲載を始めましたが、同庁の広告掲載基準に沿わない可能性のある広告が掲載されたためだとのことです。これが日経新聞電子版などで報じられると上げ幅を縮小する動きになっています。後場にはマイナスに転じる場面も見られましたが、売りも続かず結局プラスで引けています。一時的に広告を停止しても契約解除にはならないとの見方から、下げた処では期待買いも入っているようです。ただ、契約期間は2月16日までの約5ヵ月間とのことで、今回の件で契約継続出来るかは不透明になったとの声も聞かれました。



[3079]ディーブイエックス 
[1部]業種:卸売業
終値1,016円/前日比+101円
Yahooの株価リンクはこちら

循環器疾病に特化した医療機器販売会社。心臓ペースメーカーやカテーテルが主力。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年3月期第2四半期累計の経常損益を従来予想の0.5億円の赤字から1.5億円の黒字に上方修正しました。新型コロナウイルス感染拡大の影響が想定よりも小さかったことに加えて、営業活動を制限したことによる旅費交通費の削減や経費節減努力が奏功。これを受けて新値追いも期待されますが、1,050円付近の上値は重く、慎重に動きを見たい処です。



[2395]新日本科学 
[1部]業種:サービス業
終値849円/前日比+144円
Yahooの株価リンクはこちら

本日大幅高となり、5月に付けていた年初来高値を更新して一時ストップ高まで買われました。同社は今朝、沖永良部島事業所で初めてのシラスウナギ人工生産に成功したと発表。これによりシラスウナギを天然海水で安定的に生産出来る環境構築に目処が立ったため、今後はシラスウナギの生産数を順次増やし、大量生産による事業化に向けた展開を図るとのことです。業績に与える影響は短期的には無さそうですが、将来的に事業化出来れば、新たな収益源になるとの期待から物色材料となっています。ただ、事業化出来ても業績への寄与は知れているとの声も聞かれました。何れにせよ同社は比較的小型の貸借銘柄ということも追い風になっているようで、踏み上げ期待を抱く向きも少なくありません。明日以降の動向が注目されます。



[3671]ソフトマックス 
[M]業種:情報・通信業
終値1,270円/前日比+180円
Yahooの株価リンクはこちら

総合医療情報システムの開発。病院向けウェブ型電子カルテ、会計システムが主力。 本日買い気配スタートからの大陽線で急反騰し、年初来高値を大幅に更新しています。同社は会計システムなども手掛ける医療ICT関連の有力株として頭角を現しており、14日にはストップ高の1,128円まで買われ、昨日は目先筋の利食いに浅い押し目を入れたものの、本日改めて買い直される格好となりました。本日の大幅高で株価は年初来高値、そして昨年末高値をも更新しており、昨年7月高値1,500円を目指すステージに入ってきました。



[8202]ラオックス 
[2部]業種:小売業
終値229円/前日比+47円
Yahooの株価リンクはこちら

中国蘇寧電器集団傘下。インバウンド向け、中国で日本製品。子会社にシャディ。 本日後場突如物色されて一時ストップ高まで買われました。13時に同社はグローバルEC事業において新たな販売チャネルとして東南アジア市場をターゲットとしたプラットフォーム「Lazada」への出店を開始したと発表。Lazadaはアリババグループ傘下の東南アジア最大のECサイトで、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの6ヵ国をカバーしており、合計約5億5千万人の顧客に直接コンタクト出来る仕組みになっているとのことです。これが材料視され物色されています。比較的小型の貸借銘柄で既に逆日歩が発生している状況だけに踏み上げの思惑にも繋がっている様子です。明日も物色が続くと期待する声も多いようです。




このブログはランキングに参加しています。