株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[2810]ハウス食品グループ本社

[4699]ウチダエスコ  [JQ]業種:サービス業
終値5,400円/前日比+705円
Yahooの株価リンクはこちら

ソコンネットワーク保守サービスが主力。OA消耗品とソフト運用も。内田洋行子会社。 本日ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年7月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比2.8倍の15.4億円に急拡大し、通期計画の13億円に対する進捗率が118.6%と既に上回りました。学校市場向けタブレット型端末販売などが堅調でICTサービス事業が伸長した他、オフィスシステム事業やソリューションサービス事業が好調だったことが増益に寄与しました。業績上振れを期待する買いなども後押しして、引き続き買い優勢との見方が強いです。



[3686]ディー・エル・イー  [1部]業種:情報・通信業
終値395円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

独自キャラの著作権ビジネス。「秘密結社鷹の爪」が人気。朝日放送GHD傘下。 本日ザラバ寄らずのストップ高比例配分のみとなり、本日で3連続ストップ高となっています。相場のキッカケは米国のアプリ「TRILLER」を運営する米Triller社への出資に加え、TrillerJapanの設立についてもTriller社と合意しているとのことが材料視されたことですが、本日は完全に踏み上げ相場に発展している格好となっています。昨日の前場に空売りが多く入ったようで、後場から売り禁となっていました。昨夕発表された日証金速報は極端な株不足状態になっており、それを受け本日は朝から買戻しの動きなどが入ったようで、寄らずのストップ高買い気配となっています。前引け後には日証金が、本日申し込み分から当分の間、品貸料の最高料率を10倍とする臨時措置を講じると発表しています。どこまで踏み上げ相場が続くのか注目されます。



[4588]オンコリスバイオファーマ  [M]業種:医薬品
終値2,086円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

創薬ベンチャー。希少がんや重症感染症などに主眼。独自のウイルス技術を活用。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、癌のウイルス療法テロメライシンOBP-301に関して、国食品医薬品局から食道癌に対する「オーファンドラッグ指定」の通知を受領したと発表しました。指定により補助金が支給される他、臨床研究費用の税額控除などの優遇処置が受けらます。また、承認後は7年間の先発権保護が与えられ、その間は市場独占権を享受出来ます。株価は新値追いへの期待が高まるなど目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[8057]内田洋行  [1部]業種: 卸売業
終値7,060円/前日比+1,000円
Yahooの株価リンクはこちら

オフィス家具大手。学校備品・システムに強み。業務統合ソフトなど情報関連も 本日ストップ高まで買われました。同社が昨日引け後に発表した3Q決算は大幅増収増益となっており、一緒に通期業績修正も発表していますが、売上高・営業利益・経常利益は上方修正ですが、純利益は下方修正となっています。しかも4Qは大幅な赤字となる見通しだけに、株価位置からも買い難い決算と言えますが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、納入の来期以降への延伸が一部に生じているとのことで、政府大型補正予算に伴う関連需要については、大半の執行が来期以降になると予測されるとのことです。このコメントを受け来期への期待も高まったようで、本日はそういったことも好感され買われている模様です。



[2158]FRONTEO  [M]業種:サービス業
終値956円/前日比+146円
Yahooの株価リンクはこちら

訴訟支援。AI活用で証拠開示データ収集解析。AIテクノロジー主体の事業へ転換。本日大幅買い気配スタートから急反発しました。同社は昨日引け後に、共和薬品社と共同で認知症診断を支援する人工知能を活用した新規医療機器の開発・販売で提携することを発表。認知症診断支援AIシステムは同社独自の自然言語解析AI「Concept Encoder」を活用し、患者と医師との間の5~10分程度の会話から認知機能障害の有無を判定することが出来るシステムです。株価は昨日、利益確定売りに一時800円を割り込む場面もありましたが、本日即切り返した意味は大きそうです。



[3998]すららネット  [M]業種:情報・通信業
終値9,710円/前日比+820円
Yahooの株価リンクはこちら

小学生から高校生向けネット学習教材「すらら」を提供。地方塾、学校が導入。 本日大幅高です。教育ICT関連の内田洋行と[4699]ウチダエスコが何れも昨日好決算を発表し、本日派手に上昇していることが刺激になっている様子です。また、今朝の日経新聞では「オンライン教材、アジアに展開 経産省が支援へ」と報じられていることも追い風になっているとの見方です。経産省はタイ、インドネシア、フィリピンなどでの事業化を前提に教育現場に試験導入する民間企業を支援するとのことで、この程参加企業の公募を始めたとのことです。同社は既にインドネシアとスリランカで海外展開も行っており、今後はインドとフィリピンでの展開を目指しているだけに政策支援は追い風になるでしょう。



[4438]Welby  [M]業種:情報・通信業
終値2,510円/前日比+308円
Yahooの株価リンクはこちら

糖尿病や高血圧症などの生活習慣病患者向けの健康管理を支援する。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、英製薬大手アストラゼネカの日本法人とPHRベースにしたデジタル活用の推進に向けて、戦略的パートナーシップ契約を締結したと発表しました。患者向けに服薬状況や体温、副作用といった治療記録を一元管理し、可視化が図れるスマートフォンアプリの開発を計画しています。株価は新値追いの展開が続いておりますが、後場からは売りの圧力も強まっており、注意が必要です。



[2930]北の達人コーポレーション  [1部]業種:食料品
終値590円/前日比+52円
Yahooの株価リンクはこちら

健康美容食品や化粧品を通販。「カイテキオリゴ」が主力。自社企画し生産委託。 本日大幅上昇です。昨日の後場に提出された大量保有報告書によれば、英投資会社のベイリー・ギフォードが同社株の保有比率を引き上げていることが明らかになっています。昨日の後場もそれで多少買われていましたが、本日は改めて見直し買いに繋がっているとの見方です。更に買い増ししてくる期待もあるのではとの見方も強い様子です。また、同社株には空売りも結構入っており、信用取り組みも良いことから、買戻しの動きに繋がっている面もある様子です。同社株は足元で揉み合い相場を続けており、全体的な戻り相場の恩恵を受けていない状況でした。これを機に見直す動きが続くのではと期待する声も聞かれました。短期的には200日線までの上昇余地はありそうです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7844]マーベラス  [1部]業種:情報・通信業
終値682円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

TVアニメなどのDVD・ゲーム・音楽などを企画・制作。スマホゲームでは海外展開も。 本日寄り前から大量の買いを集めストップ高の一本値で大幅続伸しました。中国のネットサービス大手でゲーム業界売上シェア過半超を占めるテンセントの完全子会社であるImage Frame Investmentが約49億円出資し、単独出資者として筆頭株主になると発表しています。既に両社は事業提携済みですが、資本提携に踏み込むことで、海外市場開拓など今後の同社の事業展開の広がりが大きく期待される状況にあり、株価がどれ程織り込んでいけるか注目されます。



[7187]ジェイリース  [1部]業種:その他金融業
終値332円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

賃貸不動産における家賃債務保証業務。大都市中心に展開。医療費保証も。本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、中国最大規模の決済サービスプラットフォーマーであるラカラ社の日本法人(ラカラジャパン)と訪日中国人に対する国内不動産賃貸借サービスの提供で業務提携したことを発表しました。株価は安値圏で推移していたことで割安感も強く、業容拡大効果に期待する買いもあり、引き続き買い優勢の展開が見込まれます。



[7074]トゥエンティーフォーセブン  [M]業種:サービス業
終値1,580円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

パーソナルトレーニングジム「24/7 Workout」やパーソナル英会話スクールなどを運営する。 本日ストップ高まで買われています。アフターコロナ関連として見直し買いが入っている様子です。同社はスポーツジムなどを手掛けており、新型コロナウイルス感染拡大で悪影響を受けていた銘柄です。緊急事態宣言全面解除となったことから、最悪期は脱したとの見方で見直されている模様です。ただ、同社株は新型コロナウイルス感染拡大前から売り込まれており、元々業績先行き不透明感から売られてきた銘柄でもあります。本日の上昇で2月中旬辺りの株価水準まで戻しており、2月下旬からのコロナショックによる世界的な株安後に売られた分は戻してしまった格好だけに、ここから上値は買い難いとの声も聞かれました。やはりスポーツジムを手掛ける[7085]カーブスHDや[2378]ルネサンスも大幅高となっています。



[7093]アディッシュ  [M]業種:サービス業
終値3,030円/前日比+503円
Yahooの株価リンクはこちら

ソーシャルアプリ向けサポートやソーシャルリスク投稿モニタリングなどを手掛ける。本日前場11時過ぎより商いを伴い急伸し、ストップ高まで買われています。高市早苗総務相が本日の閣議後の会見でインターネット上の誹謗中傷を抑止するため、投稿した人物を特定出来るような仕組みの見直しを進める方針を示したことが伝えられており、SNSなどの投稿を監視するサービスを提供している同社に思惑的な買いが入った格好です。他にも投稿監視を行う[6050]イー・ガーディアンなどに買いが入っており、今後もセクターとして流れを見極めていく必要があるでしょう。



[9722]藤田観光  [1部]業種:サービス業
終値1,929円/前日比+184円
Yahooの株価リンクはこちら

椿山荘など高級宴会場の名門。小涌園やワシントンホテルも展開。不動産事業も。本日大幅高です。本日はアフターコロナ関連株として環境関連株も軒並み高になっています。政府は需要喚起策として国内旅行や飲食店で使えるクーポン券を発行するなどの支援キャンペーンを7月下旬以降から行う方針を明らかにしており、同社などには追い風になるとの見方です。更に本日行われた閣議後の会見で国交相は、支援キャンペーンを7月初めにも始める考えを示したことも追い風になっています。他にも[9695]鴨川グランドホテル、[6819]伊豆シャボテンリゾート、[3010]価値開発なども買われています。更に[9603]エイチ・アイ・エス、[6191]エアトリ、[3926]オープンドア、[7048]ベルトラ、[6548]旅工房など旅行関連も軒並み高で、[9201]日本航空、[9202]ANA HD、[9020]東日本旅客鉄道、[9021]西日本旅客鉄道、[9022]東海旅客鉄道なども総じて買われました。



[6095]メドピア  [M]業種:サービス業
終値2,689円/前日比-466円
Yahooの株価リンクはこちら

医師向けコミュニティサイトを運営。医師転職支援や「薬剤評価掲示板」運営も。本日大幅反落です。昨日上場来高値を更新していましたが、本日は朝から売り込まれています。昨日引け後に提出された大量保有報告書によれば、同社の社長が保有株を5月18日〜20日に1日2万株、計6万株を市場内で売却していたことが明らかになっています。同社の社長は以前から保有株減らしてきていましたが、ここに来て再び売ってきたことから警戒売りに繋がっている模様です。また、20日付で、EVO FUNDと30万株を貸し出したことも大量保有報告書に記載されています。貸借期間は今年の9月29日までとなっています。これも需給悪化に繋がるとの警戒から嫌気されている面もあるようです。上場来高値水準ということもあり、手仕舞い売りのキッカケになってしまった格好です。明日以降の動向が注目されます。



[2764]ひらまつ  [1部]業種:小売業
終値214円/前日比+42円
Yahooの株価リンクはこちら

高級レストランを展開。創業者の平松氏がシェフを兼任。ホテル事業も手掛ける。 本日小高く寄り付いた直後から出来高を伴い急伸しました。政府が昨日、東京都など5都道県への緊急事態宣言を解除し、約7週間ぶりに全面解除したことを受けて、外食産業には需要回復への期待が高まっているようです。高級フランス料理店の同社の他、ステーキ店を展開する[3053]ペッパーフードサービスやファミレス最大手の[3197]すかいらーくHD、外食大手の[8179]ロイヤルHD、定食屋チェーンの[2705]大戸屋HDなども人気化しており、今後も物色対象の流れ、特徴を確認しながらの投資になりそうです。



[4563]アンジェス  [M]業種:医薬品
終値2,136円/前日比+203円
Yahooの株価リンクはこちら

阪大教授創業の医療ベンチャー。遺伝子医薬品等を開発。難病治療薬販売も。本日乱高下も大幅高です。今朝の日経新聞一面では、同社は新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)を7月から始めると報じています。動物実験の成果などを受けて厚労省や医療機関などと治験前倒しについて協議しているとのことです。有効性を確認出来れば年内にも承認を受け実用化される可能性がありそうだとのことで、更に前倒しとなったことから早期開発への期待も高まったようで、改めて買われて一時2,300円台まで上昇する場面も見られました。しかし、後場には失速してマイナス圏まで沈む場面も見られました。足元で連日買われてきたことで、上値の重さが見られてくると手仕舞い売りも出易い様子です。ただ、最近は同社が開発中のワクチンを巡り、追い風になる材料や報道が相次ぎ出ており、今後も更に出てくる可能性もあることから、押し目買い意欲も強いようです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2810]ハウス食品グループ本社 [1部]業種: 食料品
以前の記事
終値4,600円/前日比+60円
Yahooの株価リンクはこちら  

カレー、シチュー用ルウでトップ。飲料、健康食品に注力。乳酸菌事業を拡大。みずほ証券は6日付で、投資判断「買い」を継続、目標株価は4,750円から5,300円に引き上げています。2019年3月期第3四半期決算後の追加取材を踏まえ、外食停滞と海外食品の貢献拡大を業績予想に反映し、投資判断を継続するとしています。2018年3月期は23年振りの営業最高益となりましたが、2019年3月期以降もOPM改善を伴った増益基調が続く見通しとコメントしています。

ハウス食品 九州の味ラーメン うまかっちゃん 5食パック×6個入



[6535]アイモバイル [1部]業種:サービス業
終値915円/前日比-35円
Yahooの株価リンクはこちら 

インターネット広告サービス事業。国内最大規模のアドネットワーク。ふるさと納税も展開。同社は本日引け後に決算を発表。2019年7月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比86.4%増の23.3億円に拡大しました。併せて通期の同利益予想を従来の18億円から30.7億円に70.4%上方修正しており、一転して46.6%増益を見込み一気に4期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなっています。

アドネットワーク関連

ネット広告運用“打ち手”大全 成果にこだわるマーケ&販促 最強の戦略102 できるMarketing Bibleシリーズ Kindle版



[7205]日野自動車 [1部]業種:輸送用機器
終値983円/前日比-17円
Yahooの株価リンクはこちら 

トヨタ傘下。普通トラック国内大手。トヨタの受託生産、部品製造も。アジアに注力。東海東京調査センターは6日付で、投資判断「アウトパフォーム」を継続、目標株価は1,330円から1,450円に引き上げています。重点市場と位置付けるタイやインドネシア、米国を中心に海外販売の増加が牽引役になることを見込んでいます。日本では、トップ市場シェアを誇る大型・中型トラック販売が高水準で推移する一方、[7203]トヨタ自動車と協業する小型トラックで、排ガス規制強化と消費増税を背景に今年9月まで増勢基調が見込まれ、中期的には国内外市場で豊富な保有台数を事業基盤として、採算の良いアフターサービスの取り込みに注力するとしています。

日野自動車の100年―世界初の技術に挑戦しつづけるメーカー

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2810]ハウス食品グループ本社 [1]業種:食料品
終値3,250円/前日比±0円
Yahooの株価リンクはこちら 

カレー、シチュー用ルウでトップ。開発・宣伝力に定評。飲料、健康食品に注力中。同社は本日引け後に決算を発表。2019年3月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比17.6%増の94.2億円に伸びました。併せて通期の同利益予想を従来の180億円から196億円に8.9%上方修正し、増益率は4.6%増から13.9%増に拡大する見通しで25期ぶりに過去最高益を更新する見込みとなりました。また、業績好調に伴い今期の年間配当を従来計画の40円から44円に増額修正しています。



[3626]TIS [1]業種:情報・通信業
終値5,260円/前日比+200円
Yahooの株価リンクはこちら 

独立系情報サービス大手。金融向けが主力。傘下にTIS、インテックなど多数。野村證券は31日付で、投資判断「Buy」を継続、目標株価は6,400円から6,700円に引き上げています。2019年3月期上期連結営業利益は前年同期比14%増の155億円と同證券予想、会社側計画、QUICKコンセンサスを何れも上回り、ポジティブとコメント。収益性の改善は同証券予想以上に進展、第2四半期受注も同12%増と好調で、これらの点を踏まえ強気の予想を再度上方修正するとしています。




[6857]アドバンテスト [1]業種:電気機器 以前の記事
終値2,225円/前日比+144円
Yahooの株価リンクはこちら  

半導体試験装置で世界大手。DRAM用はトップ。電子ビーム露光装置も。岩井コスモ証券は31日付で、投資判断「A」を継続、目標株価は3,100円から3,200円に引き上げています。2019年3月期上期の連結営業利益が前年同期比約4.6倍の大幅増益となり、2019年3月期計画が5割超上方修正されたことは、ポジティブサプライズとコメント。半導体製造装置業界の減速懸念を払拭するキッカケになりそうだとしています。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ