株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[2587]サントリー食品インターナショナル

[2705]大戸屋HD 
[JQ]業種: 小売業
終値2,613円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら

首都圏中心に定食屋をチェーン展開。店舗調理に特色。女性客多い。弁当も。 本日寄り前から大量の買いを集めストップ高の一本値で年初来高値を更新しました。[7616]コロワイドが同社株をTOB(株式公開買付)で取得すると発表しています。TOB価格は1株3,081円で、買付期間は明日10日から8月25日までとなります。同社の経営体制を刷新し、協業によるシナジーなどで業績改善を図ることが目的で買付予定数の上限(233万株)を取得した場合、コロワイドの所有割合は19.16%から51.32%に上昇します。同社株の上場は維持されます。明日の株価はTOB価格から逆算しての商い・板になります。



[2651]ローソン 
[1部]業種:小売業
終値5,790円/前日比+350円
Yahooの株価リンクはこちら

三菱商事傘下のコンビニ大手。高級スーパー「成城石井」も運営。省人化に積極。 本日大幅上昇です。[8001]伊藤忠商事が傘下の[8028]ファミリーマートをTOBにより完全子会社化を目指すと発表したことで、連想的に買われている様子です。同社は三菱商事傘下で同じように何れ三菱商事が完全子会社化するのではとの思惑も出易いようです。また、ファミリーマートの日経平均代替え候補として取り上げる向きもいる様子です。更に本日はメリルリンチ証券が同社株の投資判断を従来のアンダーパフォームから買いへ2段階引き上げ、目標株価も5300円から6200円に引き上げており、支援材料につながっているとみられ、追い風になっている様子です。ただ、本日引け後に同社は決算発表を控えていることもあり、買い一巡後は上値の重さも見られています。明日以降の動向が注目されます。



[2587]サントリー食品インターナショナル 
[1部]業種:食料品
終値4,405円/前日比+195円
Yahooの株価リンクはこちら

サントリー子会社で清涼飲料大手。缶コーヒーや茶飲料に強み。海外へ積極展開。本日確りです。ファミリーマートの日経平均代替銘柄として大和証券では同社株を筆頭候補に挙げています。他にも[2267]ヤクルト本社も候補として挙げています。銘柄入替えが実施された場合には2600万株程度の買い需要が見込まれると試算しており、同社株の場合の買入インパクトは54.95日になるとのことです。ヤクルト本社の場合は45.20日になります。他の証券会社では両銘柄共に候補として取り上げられてはいないものの、もし採用となればインパクトが大きいとの見方も多いようです。多くの証券会社で候補として取り上げているのは、[2371]カカクコム、次いで[3092]ZOZOとなっています。両銘柄共に同証券でも候補銘柄として取り上げていますが、参考に留めています。他にも[9684]スクウェア・エニックスHDや[3197]すかいらーくHDなども候補銘柄として本日買われています。



[3690]イルグルム 
[M]業種:情報・通信業
終値1,363円/前日比+164円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット広告の効果測定サービス提供。国内で圧倒的。ECサイト構築や自動化に強み。 本日確りです。同社は昨日引け後に、6月の月次売上高を発表。前年同月比41.6%増の2.56億円と4月、5月に続き6月も2桁大幅増収となりました。主力のマーケティングプラットフォーム事業が同21.7%増と好調さを持続した他、商流プラットフォーム事業が同3.2倍となりました。株価は6月8日の1,495円を付けたあと調整を入れましたが、目先は売り物も一巡して下げ止まる格好を見せており、新しいトレンド形成が期待されます。



[6183]ベル24HD 
[1部]業種:サービス業
終値1,655円/前日比+246円
Yahooの株価リンクはこちら

コールセンターのCRM事業を中心にBPO事業も。伊藤忠が資本参加。凸版と提携。本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年2月期第1四半期の連結税引き前利益は前年同期比5.2%増の29億円に伸びました。併せて非開示だった通期の業績予想は連結税引き前利益が前期比4.9%増の110億円に伸びる見通しを示しました。また、従来未定としていた年間配当は42円実施すると発表。今後は新型コロナウイルスによる影響の軽減も見込め、底堅い決算や株主還元の拡充などを好感する動きで年初来高値1,731円を視野に捉えたと言えるでしょう。



[3639]ボルテージ 
[1部]業種:情報・通信業
終値559円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

女性向け恋愛シミュレーションゲームの先駆。サスペンスゲームなども。海外にも展開。 本日前場途中から商いを伴い急伸し、5営業日大幅続伸でストップ高まで買われました。同社は本日、中国簡体字版「ダウト~嘘つきオトコは誰?~」の登録ユーザー数が10万人を突破したと発表。今後もテンセント社による動画配信サイトなどでのプロモーション展開やアプリ内イベントの実施、ストーリーの追加などを継続的に行う予定だとしています。本日は差し引き179万株超の買いものを残しており、一段高期待が膨らんでいます。



[2191]テラ 
[JQ]業種:サービス業
終値1,315円/前日比+15円
Yahooの株価リンクはこちら

大学発バイオベンチャー。がん免疫療法のノウハウ提供。樹状細胞ワクチン療法が主力。 本日乱高下です。一時ストップ高まで買われる場面も見られました。場中に同社と共同で新型コロナウィルス感染症治療薬の治験を行っているセネジェニックスジャパンが運営事務局を務める国際新型コロナウイルス細胞治療研究会が、メキシコ時間の7月22日に第2回国際新型コロナウィルス細胞治療研究会が開催されると発表。総会では治験結果の報告などが協議されるとのことで思惑的に買われた様子です。ただ、既に一相場終わっているとの見方は多く、物色も続き難く後場には垂れています。しかし、22日に向けて思惑は続くだけに、イベントドリブン的な物色がそれまで再度見られる期待もあるのではとの声も聞かれました。明日以降の動向が注目されます。



[6897]ツインバード工業 
[2部]業種:電気機器
終値917円/前日比-106円
Yahooの株価リンクはこちら

小物家電・健康機器を企画・販売。ライフスタイル家電に強み。生産は中国活用。 本日大幅安です。前場は確りと上昇していましたが、同社が13時に発表した1Q決算を機に売られる動きになっています。同社株は、同社のFPSC(フリーピストン・スターリングクーラー)という特殊な冷却装置を搭載したワクチン輸送専用の保冷庫が、海外からの受注急拡大していると日経新聞が先月報じたことを機に随分と派手な相場を作っていました。相場は既に終わっているような格好ですが、決算への期待も強かったようで、1Q決算は引き続き赤字決算となっており失望されています。ただ、FPSC事業について、海外から追加受注を頂いているとのことで、1Qで業績に与える影響は限定的とのことだけに寄与は2Q以降になるようですが、決算説明資料によればFPSC事業の売上比率はかなり小さく、今後大きく伸びるにしても全体の売上高に対するインパクトは大きくないと思われ、過度な期待が後退した様子です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2587]サントリー食品インターナショナル [1部]業種:食料品
以前の記事
終値4,815円/前日比+25円
Yahooの株価リンクはこちら  

サントリー子会社で清涼飲料大手。缶コーヒーや茶飲料に強み。海外へ積極展開。岡三証券は30日付で、投資判断を「中立」から「強気」に、目標株価を4,550円から5,500円に、それぞれ引き上げています。国内の大容量PET商品の値上げにより、当該容器における過度な価格競争が緩和することを見込んでおり、大容量PET商品の価格改定、無菌充填ラインの能力拡大による内製化率の上昇などで収益性改善局面に移行すると見ているとのことです。




[4733]オービックビジネスコンサルタント [1部]業種:情報・通信業
以前の記事
終値4,025円/前日比+250円
Yahooの株価リンクはこちら 

中小企業向け業務パッケージソフト大手。主力の「奉行」シリーズで高シェア。無借金。大和証券は30日付で、投資判断「2」を継続、目標株価は4,615円から4,700円に引き上げています。長期視点からは、労働人口減対策による同社ソフト需要拡大、クラウドサービス移行に伴う収益の安定化・高採算化、ダウンロード・クラウド利用型のマイクロコンテンツの新規寄与、API連携によるオープンエンド型ビジネスへの移行などにより新たな成長フェイズに突入すると評価しているとのことです。




[6777]santec [JQ]業種:電気機器
終値917円/前日比+15円
Yahooの株価リンクはこちら 

光通信用部品と測定器が主体。光フィルターや波長ロッカーなど独自技術に強み。同社は本日引け後に決算を発表。2019年3月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比19.2%増の8.2億円に伸びました。併せて通期の同利益予想を従来の7.1億円から9億円に26.8%上方修正しており、一転して26.1%増益見通しとなりました。北米および中国のテレコム用光モニタ製品と国内向け産業用OCTシステムの売上が好調に推移したことに加え、医療機器関連の開発受託案件、米ドル円の為替相場が想定より円安傾向に推移したことなどが寄与したようです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[8908]毎日コムネット [1部]業種:不動産業
終値770円/前日比+49円
Yahooの株価リンクはこちら  

首都圏中心に学生向けマンションを開発・管理。サブリース主力。学生生活サービスも。同社は本日引け後に決算を発表。2019年5月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比52.4%増の6.1億円に拡大しました。対通期計画進捗率は35.3%と例年並みであったものの9-11月期の連結経常損益も0.6億円の赤字に赤字幅が縮小し、売上営業損益率は前年同期の-3.2%から-1.4%に改善しています。また、今期の年間配当を従来計画の23円から26円に増額修正しています。

2020年以後も勝ち続けるマンション戦略バイブル



[6187]LITALICO [1部]業種:サービス業
終値1,735円/前日比+60円
Yahooの株価リンクはこちら 

就労支援、児童発達支援、学習教室など障害者向けの支援事業を展開。野村證券は9日付で、投資判断「Buy」、目標株価2,900円でカバレッジを開始しています。2019年3月期は、ワークス、ジュニアなどの拠点開設、発達ナビ・仕事ナビの契約施設数増加が寄与、2020年3月期以降は年間20-40程度の拠点開設に加え、私費の高付加価値サービス強化、発達ナビ・仕事ナビのプラットホーム力強化などが業容拡大を牽引すると予想しています。

代表取締役社長 長谷川敦弥の著作



[2587]サントリー食品インターナショナル [1部]業種:食料品
以前の記事
終値4,880円/前日比+75円
Yahooの株価リンクはこちら 

サントリー子会社で清涼飲料大手。缶コーヒーや茶飲料に強み。海外へ積極展開。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は9日付で、レーティングを「ニュートラル」から「オーバーウエート」に、目標株価を5,100円から5,900円にそれぞれ引き上げています。国内事業での値上げを予想し業績予想を引き上げ、2019年12月期は国内・海外共に実質営業利益がボトムアウトすると見るとしています。また、同社がデフレ脱却の一歩となる大型ペットボトルの値上げを実施し、国内事業の収益性改善に舵を切ると考えるとも指摘しています。

サントリー シングルモルトウイスキー 山崎 Limited Edition 2017 [ ウイスキー 日本 700ml ] [ギフトBox入り]

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ