株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[2158]FRONTEO

[6166]中村超硬 
[M]業種:機械
終値1,061円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

太陽光パネル、ウエハなど切断用ダイヤモンドワイヤ大手。ゼオライトナノ粒子の事業化へ。 本日大きな窓を空けて6営業日大幅続伸で、ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、東京証券取引所が同社株を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄から解除すると発表。2019年3月期に債務超過となったことで猶予期間入り銘柄となっていましたが、2020年3月期に債務超過を解消したことで解除したとしています。本日の大幅高で株価は5月19日の年初来高値1,199円を視界に捉えており、明日寄り後の動向に注目が集まります。



[3189]ANAP 
[JQ]業種:小売業
終値1,033円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

10-20歳代の女性向けカジュアル衣料・雑貨を製造販売。ネット通販の比率高い。 本日ストップ高の一本値で年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、子会社ANAPラボが人工知能を活用して解析し、自動的に人物画像/動画を切り抜くシステム「Lab pick(ラボピック)」を開発したと発表。雑誌、新聞紙面の作成時やECサイトで使用する画像背景の変更などで必須となる画像編集の際のトリミング作業をAIで自動化できるようになり、作業効率を大幅に向上させるとしています。差し引き134万株超の買いものを残しており、株価はシコリの少ないゾーンを駆け上がりそうです。



[7545]西松屋チェーン 
[1部]業種:小売業
終値1,216円/前日比+96円
Yahooの株価リンクはこちら

ベビー・子供用品専門店を全国展開。低価格戦略で、PB商品も充実。 本日大幅上昇となり、連日で年初来高値を更新しています。足下は大幅増益の1Q決算と中間・通期業績の上方修正を好感して買われていました。昨日は、6月度の月次売上高を発表しており、既存店売上高は前年同月比33.8%増と前月より大きく伸び、今期最大の伸び率になっています。夏物衣料が極めて好調で、ベビー・マタニティや育児・服飾雑貨の売上高も前年を大きく上回ったとのことです。既に先日発表の上方修正にある程度織り込まれている面もありますが、本日は改めて買われています。1Qの数字からも中間・通期業績予想は保守的と言え、更なる上方修正必至との見方が昨日の月次で一段と強まった様子です。



[1419]タマホーム 
[1部]業種:建設業
終値1,361円/前日比+94円
Yahooの株価リンクはこちら

注文住宅会社。低価格で建築請負。積極営業、マンション事業やリホーム事業も。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2020年5月期の連結経常利益を従来予想の90億円から97億円に7.8%上方修正し、増益率が29.4%増から39.5%増に拡大と従来の2期連続での過去最高益予想を更に上乗せしました。コロナ禍で、2月に続く上方修正が好感視される形で買いが流入しています。引き続き買い優勢との見方が強く、5月26日に付けた1,498円を目指す動きにあります。



[1447]ITbook HD 
[M]業種:建設業
終値799円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

地盤調査改良とITコンサルが主力。ITbookとサムシングが経営統合。官公庁に強み。 本日ストップ高を付けています。足下では、同社も参加するコンソーシアムが水陸両用車の自動運転実験を行うことが報じられ、その後同社がその無人運航船実証実験プロジェクトの内容に関して、7月3日に共同記者会見すると発表したことで、思惑的に買われていました。本日は反落していたものの、11時前に日経新聞電子版が、政府は運転免許証など国家資格証のデジタル化やマイナンバーカードとの一体化を検討すると報じたことを機に物色され、ストップ高まで買われました。マイナンバー関連として今まで何度も物色された経緯がある銘柄だけに、マイナンバー絡みの材料が出てくれば物色され易い銘柄と言えます。同社のストップ高に刺激を受け、やはりマイナンバー関連として[9758]ジャパンシステムも後場に一段高となっています。



[3782]ディー・ディー・エス 
[M]業種:情報・通信業
終値308円/前日比+53円
Yahooの株価リンクはこちら

指紋認証ソフト・機器の開発会社。独自の技術に強み。認証標準化を推進。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、指紋認証などに対応した「万能認証基盤Themis」で教育機関の教職員や児童生徒を対象とした「Themisスクールパック」を商品化し、提供開始すると発表しました。これを材料視する買いを呼び込む格好となっており、年初来高値の348円突破も意識される展開です。ただ、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、ボラティリティの大きい動きも想定されますので注意が必要です。



[6597]HPCシステムズ 
[M]業種:電気機器
終値2,882円/前日比+252円
Yahooの株価リンクはこちら

科学・工学向け高性能コンピュータのソリューション提供。科学機器のアズワンと提携。 本日大幅上昇です。スーパーコンピューターの計算速度を競う最新の世界ランキングが昨日公表され、理化学研究所と富士通が開発した「富岳」が首位を獲得したと今朝の日経新聞などで報じられています。同社は「富岳」のクラウド的利用プロジェクトの共同研究パートナーの1社だけに関連株として物色された様子です。また、「富岳」の研究グループの一社である[3687]フィックスターズも買われました。ただ、何れも業績への直接的な影響は無いと思われ買いも続かないとの見方も多いようです。



[2158]FRONTEO 
[M]業種:サービス業
終値880円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

本日大幅上昇です。同社は11時に慶大医学部と共同で研究している認知症診断支援AIシステムに関する特許査定通知を日本特許庁より受領したと発表。このAIシステムは、これまで専門医でなければ難しいとされていた認知症の診断を自然な日常会話から短時間で行うことが出来る日本初のシステムだとのことです。このシステムの実用化により、医師と直接面会出来ないような状況下での認知症診断支援が可能になるだけでなく、時間・場所などに制限されないという特性から、今後超高齢化社会を迎える日本において遠隔医療や医療の効率化など、より幅広い用途への応用も考えられます。これが好感され買われました。同社株は本日、信用取引の増担保規制解除条件を満たす見込みでしたが、大幅高してしまったため、条件満たさずとなりました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3195]ジェネレーションパス 
[M]業種:小売業
終値654円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット通販サイト「リコメン堂」を運営。通販モールに店舗。製造子会社をベトナムに設立。 本日寄り前から大量の買いものを集め急反騰し、ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に5月度月次を発表。売上高は前年同月比53.1%増の12億3,100万円と高成長が続き、単月として過去最高の売上高となったことが好感されています。同社は、インテリアや家具、生活雑貨などを販売するインターネット通販サイト「リコメン堂」を展開しています。明日、無難に5月15日と一昨日に天井となった675円レベルを更新すれば、いよいよ年初の758円が見えてきます。



[4588]オンコリスバイオファーマ 
[M]業種:医薬品
終値2,317円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

創薬ベンチャー。希少がんや重症感染症などに主眼。独自のウイルス技術を活用。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日、核酸系逆転写酵素阻害剤OBP-601に関して、米Transposon社と主に神経領域の開発に対して総額3億ドル(約330億円)以上の全世界における再許諾権付き独占的ライセンス契約を締結したと発表。本契約の契約一時金は、Transposon社が2021年春を目途に完了させる資金調達後に受領するとのことで、上市後の売上高に応じたロイヤリティ収入も別途受領するとのことです。金額のインパクトが大きいだけに好感されたものの、米Transposon社は昨年12月に設立された資本金10万円の企業だけに、そんな多額の資金調達が出来るのか疑問との声も聞かれました。ただ、暫くは期待は消えないため、これを機に一相場作りそうだと期待する向きも多いようです。



[2176]イナリサーチ 
[JQ]業種:サービス業
終値788円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

医薬品非臨床試験受託が主力。猿での試験に強み。国内外から受託。 本日ストップ高を付けました。今朝、国内代理店となっているSR(米サウザン・リサーチ・インスティテュー)社が日本でも新型コロナウイルスのワクチンおよび治療薬開発を支援する受託試験サービスを行うと発表したことで、資金が流入ました。世界的にも数少ない感染症分野の試験を得意とするSR社の積極的な活用を推奨するとしています。株価はパンデミック相場以前の水準まで戻りを見せたあと横這いの展開が続いていましたが、新たなトレンド形成が期待されます。



[3856]Abalance 
[2部]業種:電気機器
終値722円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

創業のソフト開発から主力を太陽光発電事業にシフト。建機販売も。海外進出。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、グループ企業の日本光触媒センターが、感染症対策事業「光触媒ライフ」を展開すると共にFCフランチャイズ加盟、代理店募集を合わせて開始すると発表。新型コロナウイルス感染症第2波が懸念される中、今後の量産や販路拡大を見据えて立ち上げるとしており、投資マネーの食指を動かしています。株価は直近高値の732円をブレイクし、3月に付けた890円を目指す動きにあります。



[6192]ハイアス・アンド・カンパニー 
[M]業種:サービス業
終値240円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

工務店へコンサル。住宅施工ノウハウやビジネスモデルを提案。デザイナーズ注文住宅も。本日大幅上昇となりストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に中期経営計画策定を発表。2023年4月には営業利益10億円超を目指すとのことです。2020年4月期実績は1.9憶円だっただけに、3年で5倍超にする計算となります。同社は先週末に本決算を発表しており、今期である2021年4月期見通し大幅増益計画ですが、四季報予測には全く届かず昨日は失望されて売られていました。それだけに強気な中期経営計画策定で本日は見直し買いに繋がっています。ただ、同社は前期期初計画から2度も下方修正した経緯があるだけに過度な期待は禁物との声も聞かれました。



[4764]SAMURAI&J PARTNERS 
[GQG]業種:情報・通信業
終値124円/前日比+15円
Yahooの株価リンクはこちら

情報システム設計が主力。画像・動画処理も。金融・投資事業に注力。本日大きな窓を空けて4営業日ぶりに大幅反発し、年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、クラウドファンディングの新サービスを開始することを発表。「SAMURAI FUND Lite」というサービスサイトを立ち上げ、投資の体験版という位置付けの基で投資未経験の人でも気軽に参加可能な形態であることが特長とのことです。株価は100円近辺と低位に位置していたこともあり、25日線タッチを合図に値幅取りを狙った資金が集中しましたが、本日は長い上影を残して陰線を引いており、目先荒い値動きになりそうです。



[2158]FRONTEO 
[M]業種:サービス業
終値779円/前日比+81円
Yahooの株価リンクはこちら

訴訟支援。AI活用で証拠開示データ収集解析。AIテクノロジー主体の事業へ転換。本日大幅上昇です。同社は14時に弁護士やリーガルテック分野の専門家・有識者による情報発信サイトを開設したと発表。日本国内の法律事務所は元より、これまでの国際訴訟支援で培った海外の法律事務所とのネットワークを活かし、国内外で広く活躍する弁護士やリーガルテック分野の専門家および有識者による動画を中心とした情報発信を行っていくとのことです。新たな事業で将来的に収益に繋がる事業になっていくのではとの期待もあるようで、発表後は大きく買われました。ただ、買いも続かず明日以降改めて好感する買いが入ってくるのか注目されます。



[6240]ヤマシンフィルタ 
[1部]業種:機械
終値1,099円/前日比+110円
Yahooの株価リンクはこちら

建設機械向け油圧フィルターで世界トップシェア。産業用フィルターなど開発力に強み。 本日大幅高となり年初来高値を更新しました。前引け後にブルームバーグが、トランプ米政権は景気梃入れ策の一環として1兆ドル(約107兆円)に近いインフラ計画の提案を準備していると報じています。この計画に詳しい複数の関係者が明らかにしたとのことです。この報道を受け恩恵を受けるとの思惑から後場一段高となっています。米キャタピラーは同社の主要顧客で他にも[6301]コマツや[6305]日立建機、[6302]住友重機械工業も後場買われました。明日以降も物色が続くか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4699]ウチダエスコ  [JQ]業種:サービス業
終値5,400円/前日比+705円
Yahooの株価リンクはこちら

ソコンネットワーク保守サービスが主力。OA消耗品とソフト運用も。内田洋行子会社。 本日ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年7月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比2.8倍の15.4億円に急拡大し、通期計画の13億円に対する進捗率が118.6%と既に上回りました。学校市場向けタブレット型端末販売などが堅調でICTサービス事業が伸長した他、オフィスシステム事業やソリューションサービス事業が好調だったことが増益に寄与しました。業績上振れを期待する買いなども後押しして、引き続き買い優勢との見方が強いです。



[3686]ディー・エル・イー  [1部]業種:情報・通信業
終値395円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

独自キャラの著作権ビジネス。「秘密結社鷹の爪」が人気。朝日放送GHD傘下。 本日ザラバ寄らずのストップ高比例配分のみとなり、本日で3連続ストップ高となっています。相場のキッカケは米国のアプリ「TRILLER」を運営する米Triller社への出資に加え、TrillerJapanの設立についてもTriller社と合意しているとのことが材料視されたことですが、本日は完全に踏み上げ相場に発展している格好となっています。昨日の前場に空売りが多く入ったようで、後場から売り禁となっていました。昨夕発表された日証金速報は極端な株不足状態になっており、それを受け本日は朝から買戻しの動きなどが入ったようで、寄らずのストップ高買い気配となっています。前引け後には日証金が、本日申し込み分から当分の間、品貸料の最高料率を10倍とする臨時措置を講じると発表しています。どこまで踏み上げ相場が続くのか注目されます。



[4588]オンコリスバイオファーマ  [M]業種:医薬品
終値2,086円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

創薬ベンチャー。希少がんや重症感染症などに主眼。独自のウイルス技術を活用。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、癌のウイルス療法テロメライシンOBP-301に関して、国食品医薬品局から食道癌に対する「オーファンドラッグ指定」の通知を受領したと発表しました。指定により補助金が支給される他、臨床研究費用の税額控除などの優遇処置が受けらます。また、承認後は7年間の先発権保護が与えられ、その間は市場独占権を享受出来ます。株価は新値追いへの期待が高まるなど目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[8057]内田洋行  [1部]業種: 卸売業
終値7,060円/前日比+1,000円
Yahooの株価リンクはこちら

オフィス家具大手。学校備品・システムに強み。業務統合ソフトなど情報関連も 本日ストップ高まで買われました。同社が昨日引け後に発表した3Q決算は大幅増収増益となっており、一緒に通期業績修正も発表していますが、売上高・営業利益・経常利益は上方修正ですが、純利益は下方修正となっています。しかも4Qは大幅な赤字となる見通しだけに、株価位置からも買い難い決算と言えますが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、納入の来期以降への延伸が一部に生じているとのことで、政府大型補正予算に伴う関連需要については、大半の執行が来期以降になると予測されるとのことです。このコメントを受け来期への期待も高まったようで、本日はそういったことも好感され買われている模様です。



[2158]FRONTEO  [M]業種:サービス業
終値956円/前日比+146円
Yahooの株価リンクはこちら

訴訟支援。AI活用で証拠開示データ収集解析。AIテクノロジー主体の事業へ転換。本日大幅買い気配スタートから急反発しました。同社は昨日引け後に、共和薬品社と共同で認知症診断を支援する人工知能を活用した新規医療機器の開発・販売で提携することを発表。認知症診断支援AIシステムは同社独自の自然言語解析AI「Concept Encoder」を活用し、患者と医師との間の5~10分程度の会話から認知機能障害の有無を判定することが出来るシステムです。株価は昨日、利益確定売りに一時800円を割り込む場面もありましたが、本日即切り返した意味は大きそうです。



[3998]すららネット  [M]業種:情報・通信業
終値9,710円/前日比+820円
Yahooの株価リンクはこちら

小学生から高校生向けネット学習教材「すらら」を提供。地方塾、学校が導入。 本日大幅高です。教育ICT関連の内田洋行と[4699]ウチダエスコが何れも昨日好決算を発表し、本日派手に上昇していることが刺激になっている様子です。また、今朝の日経新聞では「オンライン教材、アジアに展開 経産省が支援へ」と報じられていることも追い風になっているとの見方です。経産省はタイ、インドネシア、フィリピンなどでの事業化を前提に教育現場に試験導入する民間企業を支援するとのことで、この程参加企業の公募を始めたとのことです。同社は既にインドネシアとスリランカで海外展開も行っており、今後はインドとフィリピンでの展開を目指しているだけに政策支援は追い風になるでしょう。



[4438]Welby  [M]業種:情報・通信業
終値2,510円/前日比+308円
Yahooの株価リンクはこちら

糖尿病や高血圧症などの生活習慣病患者向けの健康管理を支援する。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、英製薬大手アストラゼネカの日本法人とPHRベースにしたデジタル活用の推進に向けて、戦略的パートナーシップ契約を締結したと発表しました。患者向けに服薬状況や体温、副作用といった治療記録を一元管理し、可視化が図れるスマートフォンアプリの開発を計画しています。株価は新値追いの展開が続いておりますが、後場からは売りの圧力も強まっており、注意が必要です。



[2930]北の達人コーポレーション  [1部]業種:食料品
終値590円/前日比+52円
Yahooの株価リンクはこちら

健康美容食品や化粧品を通販。「カイテキオリゴ」が主力。自社企画し生産委託。 本日大幅上昇です。昨日の後場に提出された大量保有報告書によれば、英投資会社のベイリー・ギフォードが同社株の保有比率を引き上げていることが明らかになっています。昨日の後場もそれで多少買われていましたが、本日は改めて見直し買いに繋がっているとの見方です。更に買い増ししてくる期待もあるのではとの見方も強い様子です。また、同社株には空売りも結構入っており、信用取り組みも良いことから、買戻しの動きに繋がっている面もある様子です。同社株は足元で揉み合い相場を続けており、全体的な戻り相場の恩恵を受けていない状況でした。これを機に見直す動きが続くのではと期待する声も聞かれました。短期的には200日線までの上昇余地はありそうです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2158]FRONTEO  [M]業種:サービス業
終値656円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

訴訟支援。AI活用で証拠開示データ収集解析。AIテクノロジー主体の事業へ転換。本日前場10時過ぎから出来高を伴って急伸し、年初来高値を更新してストップ高まで買われました。同社は10時に、日本マイクロソフト社と連携し、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上で同社が独自開発した自然言語処理AIエンジン「KIBIT(キビット)」製品の販売・提供を開始することを発表しています。直近の株価は週初高値から調整を強いられてきましたが、5日移動平均線タッチで切り返し且つ新値更新しており、良い流れになっています。



[3686]ディー・エル・イー  [1部]業種:情報・通信業
終値188円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

独自キャラの著作権ビジネス。「秘密結社鷹の爪」が人気。朝日放送GHD傘下。 本日ザラバ寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日、アプリ「Triller」を運営する米Triller社への投資を目的とした海外子会社およびファンド設立を発表しています。「Triller」はインスタグラムで流行ってるミュージックビデオ風の動画を撮影することが出来る無料動画編集アプリで、米国で大流行しています。Snapchatとパートナーシップ契約締結していることもあり、現在ユーザー数が急増し全世界で8000万ダウンロードを達成しています。また、同社はTriller社への投資を通じて、Triller Japanの設立についてもTriller社と合意しているとのことです。これらが好材料視され物色されています。低位・小型株で貸借銘柄だけに一相場作りそうだと期待する声も聞かれました。



[6177]AppBank  [M]業種:サービス業
終値291円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホ向けアプリの記事などを掲載「AppBank.net」運営。商品販売事業は売却。 本日買い気配スタートからの大陽線で急伸し、ストップ高まで買われています。同社は東京渋谷区の3bitter社の株主との間で株式譲渡契約を締結し、完全子会社化することを決定しました。本件M&Aにより、同社はメディア事業の集客および広告単価の増加を図ります。また、グループにおいて経営幹部人材の採用と組織の強化を図ると共に更なる成長を目指すことになります。本日の大幅高で株価は、昨夏から昨年末に掛けて滞留した価格帯に接近しており、戻り売りとの勝負になってきます。



[5726]大阪チタニウムテクノロジーズ  [1部]業種:非鉄金属
終値1,081円/前日比+72円
Yahooの株価リンクはこちら

日本製鉄・神鋼系。高品質金属チタンで世界首位。航空機向けに強み。 本日大幅高です。日本時間朝方に米ボーイング社が2度の墜落事故で運航が停止している小型機「737MAX」の生産を5ヵ月ぶりに再開したと発表。これが日経新聞電子版などで報じられています。時間外取引ではボーイング株が大きく上昇しており、本日の東京市場でもボーイング関連株に買われているものが目立っています。同社株は最近の全体的な戻り相場でも戻り鈍かった銘柄だけに、これを機に見直し買いに繋がっている面もある様子です。他にもボーイング関連として[5727]東邦チタニウム、[3402]東レ、[7011]三菱重工業、[7013]IHI、それに[7408]ジャムコも一時大きく買われました。



[7044]ピアラ  [M]業種:サービス業
終値1,602円/前日比+86円
Yahooの株価リンクはこちら

美容・医療・食品業界向け特化のEC事業支援。成功報酬型。越境EC支援も。本日ストップ高買い気配で始まるなど急伸しました。同社は昨日引け後に、アイドルグループのHKT48とNGT48を傘下に持つSproot社と資本・業務提携することを発表しました。今後、HKT48とNGT48のネットや動画広告での収益化などを協業体制で進めていくことになります。なお、5月13日の決算発表においては連結経常利益が22%増益で着地。26日もイングリウッド社との資本業務提携を発表するなど、売上高・利益共に成長局面にあります。先高期待は高いものの、前場途中からは売りの圧力も強く慎重に動きを見極めたい処です。



[7261]マツダ  [1部]業種:輸送用機器
終値745円/前日比+60円
Yahooの株価リンクはこちら

自動車メーカー中堅。輸出比率高い。独自技術に特徴。トヨタと資本提携。本日大幅続伸です。昨晩、欧州委員会が7,500億ユーロ規模の景気刺激策を提案。7,500億ユーロの内、5,000億ユーロは加盟各国に助成金の形で配布され、2,500億ユーロは融資になるとのことです。欧州景気回復に追い風になるとの期待から欧州での販売比率が大きい同社には追い風になるとの見方です。日経平均が足元で上昇加速してきていることも追い風になっており、同社株含め自動車株は出遅れていた面もあり、本日は自動車株が総じて買われています。また、同社株は信用取組も良い銘柄だけに買戻しの動きが出ている面もある様子です。明日以降も買われていく展開が続くのか注目されます。



[3161]アゼアス  [2部]業種:卸売業
終値1,014円/前日比+52円
Yahooの株価リンクはこちら

防護服専門商社。米デュポン社、自社開発品も。畳などアパレル資材も扱う。 本日急伸しました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2020年4月期の連結経常利益を従来予想の3.3億円から4.8億円に45.0%上方修正し、増益率が5.8%増から53.4%増に拡大する見通しとなりました。タイベック防護服のシェア拡大と新規防護服分野の市場創造に注力したことに加え、新型コロナウイルスへの対応に伴う需要が奏功しました。寄り付き直後はストップ高を付けるなど好調な展開でしたが、後場からは売りに押されました。ただ、本日引け値で5日線と25日移動平均線がゴールデンクロスし、目先75日移動平均線を突破出来るかが焦点となりそうです。



[2191]テラ  [JQ]業種:サービス業
終値1,073円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

大学発バイオベンチャー。がん免疫療法のノウハウ提供。樹状細胞ワクチン療法が主力。本日前場はマイナス圏での推移でしたが、後場から買われてストップ高を付けています。同社は12時半に先端医療支援事業を手掛けるセネジェニックス・ジャパン社と共同で、5月14日から開始した新型コロナウイルス感染症に対する幹細胞治療法開発に向けたメキシコでの臨床研究において、感染患者1人の症状回復を確認し、国内企業として初めて新型コロナウイルス感染症に対する幹細胞治療の臨床試験に成功したと発表。これが好感され買われました。ただ、同社株は4月27日にセネジェニックス・ジャパン社と共同研究契約締結し、新型コロナウイルスに有効な新薬の開発に係る事業を新たに開始すると発表したのを機に大相場を作っており、5月14日には臨床試験開始を発表し、更に買われてきた格好だけに改めて上値は買い難いとの声も聞かれました。ただ、研究成果は7月に発表予定とのことで、それまで期待は燻りそうです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[1711]省電舎HD  [2部]業種:建設業
終値322円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

国内ESCO(エネルギー削減保証)事業の草分け。太陽光など再生可能エネを展開。本日寄り前から大量の買いものを集めストップ高の一本値で3営業日大幅続伸しました。昨日引け後に、東証が5月21日付で同社株の特設注意市場銘柄および監理銘柄(審査中)の指定を解除すると発表。今回、東証による審査の結果、内部管理体制などに問題があると認められないため、指定が解除されたとしています。上場維持が決定したことを好感する買いにより本日は差し引き200万株超の買いものを残し、年初来高値を射程に捉えています。



[6838]多摩川HD  [JQ]業種:電気機器
終値2,766円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら

高周波回路素子が主力。無線機の計測機器を開発・製販。太陽光発電も。本日大幅高となり一時ストップ高まで買われました。同社が昨日発表した本決算では、前期実績が大幅増収増益になっています。3月末に上方修正していましたが、それを更に上回っての着地となっています。1-3月期の四半期ベースでも大幅増収増益に。3月に再エネ発電所事業で千葉県館山発電所を売却したことが押し上げ要因となっています。また、電子・通信用機器事業は受注高が前年同期比35.6%増となったことも先行き期待に繋がっている様子です。更に今期見通しは増収増益計画を出してきており、株価位置も高くなかったことから本日は見直し買いに繋がっています。明日以降も見直し買いが続くか注目されます。



[2158]FRONTEO  [M]業種: サービス業
終値468円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

訴訟支援。証拠開示のデータ収集分析など解析事業。AI活用で効率向上。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年3月期の連結経常損益は9.2億円の赤字に転落しましたが、2021年3月期は9,700万円の黒字に回復する見通しとなりました。足元で収益改善が期待出来る状況で、株価も水準訂正の動きが加速しています。最近では創薬支援AIシステムを活用して新型コロナウイルス感染症の研究成果を発表したことなどもあって、上げ足を強めており目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[4425]Kudan  [M]業種:情報・通信業
終値5,340円/前日比-1,000円
Yahooの株価リンクはこちら

人工知覚技術の研究開発やライセンスの提供。国内外の先端技術企業と提携。本日大幅安となりストップ安まで売られました。同社は昨日引け後に、メリルリンチ日本証券を割当先とする新株予約権発行を発表。最大希薄化率は12.70%にもなるため、需給悪化懸念が嫌気されています。調達資金は主にM&Aに充てる他、資本業務提携している米アーティセンス社との事業統合を含む研究開発と事業開発の推進、借入金の返済などに充てる予定とのことです。今後の成長に繋がる資金調達と言えますが、同社株は足元強い動きで買われてきていただけに、手仕舞い売りのキッカケになってしまった格好です。ただ、売り一巡後は押し目買いを入れてくる向きも増えてくるのではとの見方も多いようです。



[2372]アイロムグループ  [1部]業種:サービス業
終値2,294円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

先端医療事業を推進。医療機関の治験支援事業が主力。クリニックモール運営も。 本日大きな窓を空けて続急伸し、ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、100%子会社IDファーマが進めている新型コロナウイルスに対する新規ワクチンの開発に関して、AMED(日本医療研究開発機構)公募事業に採択されたと発表。同ワクチン開発は、中国の復旦大学附属上海公衆衛生臨床センターと共同で日本および中国でそれぞれ進めているもので、今回の採択により共に研究費の交付対象となります。株価の目先ポイントは8日の年初来高値2,542円になるでしょう。



[4563]アンジェス  [1部]業種:サービス業
終値1,758円/前日比+193円
Yahooの株価リンクはこちら

先端医療事業を推進。医療機関の治験支援事業が主力。クリニックモール運営も。本日大幅上昇です。14時過ぎに日経新聞電子版が、同社が進めている新型コロナウイルスワクチンの開発プロジェクトに[5201]AGCが参加することが分かったと報じています。AGCは製造を受託し、早期の供給体制確立に協力するとのことです。これが刺激になり派手に物色されています。日本の大手企業が参画してくるならワクチン開発を出来る可能性がかなり高いのではとの思惑にも繋がっています。これを受け改めてワクチン開発への期待が高まり、見直し買いに繋がった様子です。ただ、未だ日柄調整が物足りないとの見方は多く、このまま上値追いの展開になっていくのは難しいのではとの声も少なくありません。明日以降の動向が注目されます。



[6281]前田製作所  [JQ]業種:機械
終値490円/前日比+75円
Yahooの株価リンクはこちら

前田建設系の建設機械販売会社。コマツ総代理店大手。自社機械製造も。 本日後場14時頃から商いを伴い急伸し、大幅3営業日続伸しました。同社は本日14時に決算を発表。2020年3月期の連結経常利益は前期比10.2%増の19.3億円に伸び、従来予想の17.5億円を上回り、減益予想から一転して増益で着地しました。1-3月期の連結経常利益も前年同期比38.8%増の6.8億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の5.0%から7.1%に改善しています。本日の大幅高で株価は、約2ヵ月続いた400円に絡む保ち合いを明確に上放れており、一段高が期待されています。



[3646]駅探  [M]業種:情報・通信業
終値521円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

乗り換え案内サービス「駅探」を運営。法人向けライセンス販売も。旅行事業拡大。 本日ストップ高です。昼に同社の筆頭株主で議決権を約31%持つ[4320]CE HDが、同社に対する株主提案を行ったと発表。取締役によるパワハラなど組織運営上の重大な問題が判明し、株主として話し合い要求しても受け入れられなかったとのことです。主な株主提案は現取締役を全員解任し、新たな取締役の選任。また、新経営陣に対し企業価値および株主共同の利益向上のため、自己株式消却等の施策についても検討を求める予定だとのことです。これが思惑に繋がり後場はザラバ寄らずのストップ高となっています。株主総会でこの提案が可決されれば、企業価値向上に繋がるとの期待も強いようで、逆に否決されたとしても思惑は拡がるとの見方も多い様子です。足元思惑で何処まで買われるか、明日以降の展開が注目されます。なお、株主総会は6月25日予定となっています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7829]サマンサタバサジャパンリミテッド  [M]業種:その他製品
終値189円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

ハンドバッグの企画・販売。「サマンサタバサ」で成長。アパレルやジュエリーも販売。 本日大幅ギャップアップスタートから5営業日続伸し、ストップ高を達成しました。同社は[7494]コナカの連結子会社であるフィットハウスと合併すると発表。フィットハウス株1株に対し、同社株1.4株を割り当てます。コナカグループ入りで競争力強化と経営資源の最適化・効率化を図ります。合併予定日は7月1日で、同日から猶予期間入りする見込みです。本日の大幅高で株価は75日移動平均線を捉えており、コロナショック後の急落全値戻しにどこまで迫れるか注目されます。



[2438]アスカネット  [M]業種:サービス業
終値1,320円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットで個人写真集を制作。デジタル画像処理も。遺影写真加工で高シェア。トップ高比例配分のみとなっています。小池東京都知事は5日の会見で、非接触型技術を後押しし、関連企業によるイノベーションを促進していく考えを示しています。これが刺激となり、空中ディスプレイ事業を手掛ける同社株に思惑買いが集まっている様子です。また、東洋経済オンラインでは、新型コロナウイルス感染拡大で、直接ボタンなどに触れず空中に浮かぶ仮想的な画面に触れるだけで操作出来る非接触型の「空中タッチ操作パネル」が注目されているとの記事が昨日報じられていることも刺激になっています。同社のASKA3Dプレートを利用したタッチレスディスプレイシステムを手掛けている[5817]JMACSも大幅高となっています。



[7172]ジャパンインベストメントアドバイザー  [M]業種:証券・商品
終値903円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

航空機や海上輸送用コンテナオペレーティングリースが主力。太陽光発リースや保険も。 本日ザラバ寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。先週末同社は1Q決算と中間・通期業績の大幅下方修正を発表。ただ、既に下方修正は警戒されており、嫌気する動きは見られず逆に懸念した程の下方修正ではなかったとの見方も多い様子です。また、配当見通しについては変更無しとのことから、買い安心感に繋がっています。同社株は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大から、航空機リースの需要が衰えるとの警戒で随分と売り込まれてきました。この程度の業績落ち込みなら十分織り込んでいるとの見方が多い様子です。ただ、再度の下方修正もあり得ると警戒する声も少なくありません。明日以降どこまで戻せるのか注目されます。



[3630]電算システム  [1部]業種:情報・通信業
終値3,090円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら

情報処理サービス開発中堅。コンビニ収納代行が拡大。デジタルサイネージも提供。 本日ザラバ寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は連休前5月1日引け後に決算を発表。2020年12月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比48.4%増の11.6億円に拡大し、1-6月期計画の11.5億円に対する進捗率が100.8%と既に上回り、5年平均の58.5%も超えました。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛の影響からネット通販の需要が拡大し、決済代行サービスを手掛ける同社への期待は高まっており、引き続き買い優勢の展開が見込まれます。



[4521]科研製薬  [1部]業種:医薬品
終値6,160円/前日比+330円
Yahooの株価リンクはこちら

製薬の中堅。関節機能改善剤が主力。皮膚科薬や後発医薬品、農薬も展開。本日年初来高値を更新しています。昨日、北里大学はノーベル医学生理学賞の大村智特別栄誉教授が開発に貢献した抗寄生虫薬イベルメクチンについて、新型コロナウイルス感染症の治療薬として承認を目指す治験を実施すると明らかにしたと複数のメディアで報じられています。イベルメクチンは、大村智特別栄誉教授が約40年前に開発したもので、毎年3億人が使っているとのことです。イベルメクチンについては、以前から海外の研究で新型コロナウイルスの増殖を抑える効果が報告されており、それが最初に伝わった4月上旬にも同社株は買われる場面が見られていました。同社は米社とアタマジラミ症を対象に米国で販売中のイベルメクチン0.5%外用剤の日本での開発・販売に関するライセンス契約締結していることから関連株として見られている模様です。ただ、同社が契約締結しているのは、あくまでもアタマジラミ症を対象とした外用剤だけに恩恵は受けないと見られ買いも続かないとの見方が多い模様です。



[4597]ソレイジア・ファーマ  [M]業種:医薬品
終値179円/前日比+45円
Yahooの株価リンクはこちら

がん・悪性腫瘍の創薬ベンチャー。臨床開発が主。明治菓ファルマなどと独占契約。 本日大幅高となり、一時ストップ高まで買われました。こちらもイベルメクチン関連株として物色されている模様です。同社はイベルメクチンを有効成分とする経口駆虫薬を手掛けるマルホ社と資本業務提携していることから、イベルメクチン関連株として意識された様子です。ただ、マルホとは同社が開発している開発品SP-04について、日本国内の独占的販売権に関するライセンス契約を締結しているだけであり、イベルメクチン関連株と見るのは無理があるとの見方も多い模様です。小型株でマザーズ市場の堅調さも追い風となり、派手に物色された面も大きい模様だけに買いも続き難いとの声も聞かれました。



[4421]ディ・アイ・システム  [JQ]業種: 情報・通信業
終値1,201円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

システムインテグレーション事業や教育サービス事業を手掛ける。本日後場寄りから商いを伴い急伸して大幅反発となりました。同社は本日、テレワーク推進サービスの提供を開始したと発表。提供するのはモバイルパソコンやリモートアクセス、クラウド型ファイルサーバ、遠隔コミュニケーション、eラーニング、セキュリティ対策などで、これ以外でも顧客の要望に合わせて最適なソリューションを提供するとしています。本日の株価は長い上影を引くも出来高急増にて陽線で終えており、明日や週明け以降の反応次第では更なる上値追いの可能性が高まってきます。



[2158]FRONTEO  [M]業種:サービス業
終値408円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

訴訟支援。証拠開示のデータ収集分析など解析事業。AI活用で効率向上。本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は連休前5月1日の引け後に、同社のAIシステム「Cascade Eye」を利用した新型コロナウイルス感染症の研究で、約450種の候補化合物をリストアップしたと発表。今後の新型コロナウイルス治療薬としての活用が期待出来るとして人気化しました。株価は3月23日に底値を付けたあと上昇トレンドを形成しており、新値追いへの期待が高まっています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6722]A&T  [JQ]業種:電気機器
終値1,697円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

トクヤマ系で病院向け臨床検査装置が主力。検査試薬も。日本電子と提携。本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年12月期第1四半期の経常利益は前年同期比4.1倍の5.2億円に急拡大しました。なお、1-6月期画の4.7億円に対する進捗率は111.1%と既に上回り、5年平均の68.9%も超えました。同社は臨床検査装置を手掛け、新規・更新需要が旺盛で業績が絶好調に推移しています。引き続き買い優勢の見方が強く、1月27日に付けた1,930円を目指す動きにあります。



[2158]FRONTEO  [M]業種:サービス業
終値363円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

訴訟支援。証拠開示のデータ収集分析など解析事業。AI活用で効率向上。本日ストップ高まで買われて年初来高値を更新しています。今朝の日経新聞では、同社は既存薬を別の病気に転用する「ドラッグリポジショニング」の研究に使うAIを開発したと報じられており、そのAIを使い新型コロナウイルス感染症治療薬の候補を既存薬の中から複数見つけることに成功したとのことです。既に同社は4月17日にAIを利用した新型コロナウイルスに対するドラッグリポジショニングの研究を開始するとは発表していましたが、今回の新型コロナウイルスパスウェイマップを構築することに成功し、当該感染症に関わる重要な分子や遺伝子を明らかにすることが出来たとのことで、製薬企業にこの情報を提供し新型コロナウイルス治療薬の治験や早期承認に繋げることを目指すとのことで好材料視されています。



[3772]ウェルス・マネジメント  [2部]業種:不動産業
終値886円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

アセットマネジメント事業を展開。不動産ファンド活用のホテル運営や媒介業務。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2020年3月期の連結経常利益を従来予想の30億円から36億円に20.0%上方修正し、増益率が3.1倍から3.8倍に拡大し、従来の2期振りの過去最高益予想を更に上乗せしました。同時に従来未定としていた期末一括配当は20円を実施する方針としました。株価は3月17日に609円の底値を付けたあと、安値圏で推移していましたが、本日をキッカケに新しいトレンド形成が期待されます。



[2309]シミックHD  [1部]業種:サービス業
終値1,514円/前日比+84円
Yahooの株価リンクはこちら

臨床試験支援大手。製薬会社向け新薬が主体。医薬品受託製造にも注力。本日大幅高ですが、朝方からは上げ幅を縮小しています。昨日同社は抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠」の臨床試験および製造を支援すると発表。新型コロナウイルス感染症患者を対象とした国内臨床第III相試験において、CRO(医薬品開発受託機関)としてモニタリング業務を提供するとのことです。また、CDMO(医薬品製剤開発および製造受託機関)として、「アビガン」の製造を支援するとのことです。米ギリアド・サイエンシズ社のレムデシビル臨床試験の失敗が伝わっているだけに、アビガンへの期待は高まっており、同社は恩恵を受けるとの期待も強い様子です。来週も改めて好感する動きが見られるのではと期待する声も聞かれました。



[7709]クボテック  [1部]業種:精密機器
終値378円/前日比+55円
Yahooの株価リンクはこちら

画像検査装置が主力。液晶・太陽電池関連に強み。3DCADソフトも展開。 本日買い気配スタートからの大陽線で続急伸し、一時ストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に集計中の2020年3月期連結業績について発表。売上高が18億5,000万円から前期比14.9%増の18億8,100万円へ、営業損益が2億1,000万円の赤字から2,900万円の赤字(前期4億4,200万円の赤字)へ、最終損益が2億3,000万円の赤字から1億100万円の赤字(同1億200万円の黒字)へ上振れて着地したようだとしました。現値レベルで本日同様に上影を引いた4月9日は当日が戻り高値となっており、週明け以降の反応が非常に大事になってきます。



[4563]アンジェス  [M]業種:医薬品
終値1,103円/前日比+71円
Yahooの株価リンクはこちら

阪大教授創業の医療ベンチャー。遺伝子医薬品等を開発。難病治療薬販売も。本日大幅高となり、連日で年初来高値を更新しています。今朝、ロイターでWHO(世界保健機関)が、新型コロナウイルスの治療薬や検査、ワクチンの開発を加速させる「画期的な協力体制」を24日に発表すると明らかにしたと報じられています。これを受け思惑的に新型コロナウイルスのワクチンを開発している同社に物色資金が集まった様子です。また、米ギリアド・サイエンシズ社のレムデシビルによる新型コロナウイルスへの初期臨床試験が失敗に終わったと報じられたことも追い風になっているとの見方もあります。それにより一段と同社開発中のワクチンへの期待が高まっている様子です。同社と新型コロナウイルスのワクチン開発で提携している[2395]新日本科学や[4974]タカラバイオも買われています。



[7518]ネットワンシステムズ  [1部]業種:情報・通信業
終値3,090円/前日比+399円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットワーク構築大手。シスコ製品など海外製通信機器の導入・支援が主体。本日大きな窓を開け急反騰し、年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、2021年3月期の連結業績予想を発表。売上高が前期比2.1%増の1,900億円、営業利益は同3.2%増の170億円、純利益は同13.6%増の115億円と増収増益を見込み、年間配当は前期比3円増の48円を予定しています。本日の大幅高で株価は昨年末12月13日以来約4ヵ月半ぶりに3,000円の大台を回復しており、次なる目標は当時の高値3,215円、更に昨年6月高値3,295円になるでしょう。



[4531]有機合成薬品工業  [1部]業種:化学
終値377円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

医薬原料・工業薬品・食品添加物が主力。高品質アミノ酸で世界有数。 本日後場、突如物色されてストップ高まで買われています。同社が発表した「新型コロナウイルスへの対応について」とのリリースがキッカケとなっています。それによれば、同社がグローバルベースで手掛けている医薬用原薬「硫酸プロタミン」が、新型コロナウイルスの重症患者には必須の医薬品だとのことです。この同社製品は日本や欧米主要各国において、唯一認可されている原薬のため、今年3月から欧米での需要が急拡大しており、現在同社では生産量を増やして対応しているとのことです。これが好感されて見直し買いに繋がった様子です。また、小型の貸借銘柄だけに来週も物色が続くと期待する向きも多い様子です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ