株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[2491]バリューコマース

[3604]川本産業 [2部]業種:繊維製品
終値3,095円/前日比+504円
Yahooの株価リンクはこちら  

医家用衛生材料最大手。ガーゼ、脱脂綿など。西松屋向け育児用品も。本日ザラバ寄らずのストップ高比例配分のみとなり、これで9連続ストップ高となりました。マスク関連として物色が加速している格好です。日経新聞電子版で同社は25日、春節休暇中だった中国・浙江省の工場でマスクの一部ラインを稼働させたと報じています。21〜31日まで休暇予定だったものの、同社は日本や中国などに出荷しており、今後の品薄に備えるとのことです。消費者や卸売業者から手の消毒剤や防護服への問い合わせも増えているとのことで、実際に業績への好影響が期待出来るとの見方から改めて買いを集めた様子です。ただ、既に株価には織り込まれているとの見方も多く、目先は突如反転して派手に売られるとの警戒も多く聞かれました。同社株が崩れれば、関連株は総じて崩れそうだと言えるでしょう。



[6360]東京自働機械製作所 [2部]業種:機械
終値1,768円/前日比+211円
Yahooの株価リンクはこちら 

包装機器大手。たばこから食品・薬品に展開。古紙圧縮機も展開。本日ストップ高買い気配で始まるなど大きく急伸しました。同社は28日引け後に業績修正を発表。2020年3月期の経常利益を従来予想の5億円から7.8億円に56.0%上方修正しました。従来の34.6%減益予想から一転して2.0%増益見通しとなったことで資金が流入する形となりました。ただ、売り上げや利益の安定性、来季以降の成長性に欠けている部分を不安視する声も出ており、一過性の動きとなる可能性もあります。



[4751]サイバーエージェント [1部]業種:サービス業
終値4,245円/前日比+580円
Yahooの株価リンクはこちら 

ネット広告事業とゲーム事業が2本柱。ネットテレビ局「AbemaTV」に注力。投資事業も。本日ストップ高買い気配で始まるなど大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。ゲーム事業や広告事業の収益拡大が寄与し、2020年9月期第1四半期の連結経常利益が前年同期比49.5%増の77.2億円に拡大して着地しました。本日、ゴールデンクロスを形成し、雲も抜けたことで目先は昨年9月26日に付けた4,510円を目指す動きにあります。



[3103]ユニチカ [1部]業種:繊維製品
終値393円/前日比+53円
Yahooの株価リンクはこちら 

フィルム・樹脂など非繊維に注力。繊維部門は不採算事業の整理・撤退で改革。本日大幅高となり、一時ストップ高まで買われました。本日はマスク関連など感染防止関連株が総じて派手に物色されており、その流れが同社株にも刺激を与えた様子です。同社の不織布「コットエース」は感染予防のマスクやガーゼ・消毒綿などに採用されていることから、感染防止関連の出遅れ銘柄として物色された様子です。同社の大幅高に刺激を受けたか、[3202]ダイトウボウや、[3204]トーア紡コーポレーションなども派手に物色されていました。ただ、関連事業を手掛けているのかは不明で、関連株物色が拡がりを見せてきたことから、さすがにピークだとの見方も多いだけにこれら銘柄の物色は続かないでしょう。



[5911]横河ブリッジHD [1部]業種:金属製品
終値2,143円/前日比+227円
Yahooの株価リンクはこちら 

橋梁で首位級。大型工事に特色。システム建築等も展開。インフラ整備に強み。本日大幅ギャップアップスタートから続急伸して昨年来高値を更新しています。同社は昨日引け後に、2020年3月期第3四半期累計業績を発表。連結経常利益は前年同期比4.2%増の91.1億円に伸びて着地しました。併せて通期の同利益予想を従来の112億円から120億円に7.1%上方修正し、増益率は5.1%増から12.6%増に拡大する見通しとなっています。本日の株価は、高寄り後一時上昇幅を縮小するも引けに掛けて再度買い直され、悪地合いの中、ほぼ本日高値圏で引けています。一段高が期待されます。



[7735]SCREEN HD [1部]業種:電気機器
終値6,290円/前日比-1,500円
Yahooの株価リンクはこちら 

半導体・液晶製造装置が主力。ウエハ洗浄装置で世界首位。画像処理機器も。本日大幅安となり、ストップ安まで売られています。同社は昨日引け後に3Q決算を発表。市場コンセンサスを大幅に下回っており、通期業績を大きく下方修正しています。通期業績の市場コンセンサスは会社計画を上回る水準となっていただけに上方修正が期待されていた状況でした。それだけに大幅な下方修正はネガティブサプライズだと言えるでしょう。この決算を受けて野村證券が「Buy」継続ながらも目標株価を引き下げており、JPモルガンは「Underweight」へ格下げしてきています。同社のネガティブ決算を受けて、本日は半導体関連株が軒並み売られており、投資家心理を冷やしたとの声も聞かれました。



[2491]バリューコマース [1部]業種:サービス業
終値2,616円/前日比+241円
Yahooの株価リンクはこちら 

アフィリエイト広告トップ級でヤフー子会社。出店者向け顧客管理ツールが拡大。本日大きな窓を開けて急反発しました。同社は昨日引け後に、2019年12月期決算を発表。営業利益は前年同期比32.3%増の49.7億円と12月に上方修正した水準での着地となりましたが、2020年12月期は同10.7%増の55億円を見通し、53億円レベルの市場予想を上回っています。PayPayモール効果による「ストアーズ・アールエイト」の成長加速などが好業績見通しの背景と見られています。株価は15日の直近戻り高値2,579円をブレイクしたことで、昨年来高値を目指すステージへの移行が期待されます。



[3895]ハビックス [JQ]業種:パルプ・紙
終値774円/前日比-94円
Yahooの株価リンクはこちら 

不織布と衛生向け原紙が両輪。不織布は日用品OEM生産。産業向け開拓。本日一時995円まで上昇する場面があり、昨年来高値を更新しています。しかし、後場は大きく失速して前場から買われた以上に売り込まれています。同社も不織布事業を手掛けていることから、マスク関連株の出遅れとの見方で物色されていた様子です。ただ、同社は感染予防マスク向けの不織布は手掛けていないとのことがネット上で伝わると急速に失速。派手に売り込まれる動きになっています。一時は昨年11月5日以来の安値水準まで売り込まれました。足元で何度も動意付いていましたが、今回も維持出来ず掴まっていた個人投資家達の投げも出て来た様子です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2491 バリューコマース [1部]業種:サービス業
以前の記事
終値2,703円/前日比+154円
Yahooの株価リンクはこちら  

アフィリエイト広告トップ級でヤフー子会社。金融、旅行業界に強み。コンサルにも注力。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は10日付で、レーティング「オーバーウエート」を継続、目標株価は3,300円から3,800円に引き上げています。2019年6月3日からアフィリエイトサイトが[4689]ヤフーにて自らのサイトにユーザーを誘導する広告を配信出来なくなりますが、同証券では昨秋から他媒体でも悪質なアフィリエイトサイトの広告は掲載不可とする動きがあり、今回のヤフーの決定は業界動向に沿ったものと考えるとコメントしています。今回のヤフーの決定による同社への影響はゼロではありませんが、極めて限定的だろうとしています。

バリューコマース公認 一歩先行くアフィリエイト成功ガイド Yahoo!オークション&ショッピングも使える!



4388 エーアイ [M部]業種:情報・通信業
終値1,958円/前日比+8円
Yahooの株価リンクはこちら 

音声合成エンジン「AITalk」を開発・販売。言語種類と感情表現も。ヤマハと提携。同社は本日引け後に業績・配当修正を発表。2019年3月期の非連結経常利益予想を従来の1.6億円から2億円に21.7%上方修正しました。増益率は12.9%増から37.4%増に急拡大し、5期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなっています。法人向け製品のパッケージ販売、受託開発、法人向けサービス、コンシューマー向け製品のパッケージ販売が順調に推移したようです。また、業績好調に伴い従来無配としていた期末一括配当を8円実施する方針も示しています。

かんたん! AITalk 3 関西風 2話者パック [ダウンロード]



6594 日本電産 [1部]業種:電気機器
以前の記事
終値14,880円/前日比-20円
Yahooの株価リンクはこちら 

精密小型モーター大手。HHD用で世界首位。車載用など中大型にシフト。M&A積極的。SMBC日興証券は10日付で、投資判断「1」継続、目標株価は16,100円から18,000円に引き上げています。2019年3月期実績などを踏まえ業績予想を修正したこと、オムロンAEC事業の買収、2022年3月期予想を追加したことが、目標株価引き上げの主な要因となっています。貿易戦争の影響は2020年3月期第1四半期まで残るものの、同証券想定よりも小さく、WPR3によるコスト低減や新製品の下期からの売上拡大により、下期からは四半期で約500億円の営業利益水準にまで回復すると予想しています。

情熱・熱意・執念の経営 すぐやる! 必ずやる! 出来るまでやる!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

検証用


Yahooの株価リンクはこちら

[2491]バリューコマース 東証1部 / サービス業 / 100株単位


当日の株価:2,446円
予想PER:36.2倍
実績PBR:9.94倍
配当利回り: 0.86%
利益確定値目安:2,501円
ロスカット値目安:2,107円

同社は、金融や旅行業界に強みを持つアフィリエイト広告トップ級企業で、コンサルティングにも注力しています。2018年12月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比84.9%増の16.8億円に拡大し、通期計画32.5億円に対する進捗率は51.7%にまで上っています。株価は、一昨日の下げで25日移動平均線まで調整し同ラインタッチで昨日は切り返しています。上手く回転が利き始めれば新値更新からの新展開が見えてきます。

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 2,205
投資CF : -535
財務CF : -267
現金等 : 5,002

財務(百万円)
自己資本比率 : 63.0%
利益剰余金 : 5,408
有利子負債 : 0



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ