株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[4369]トリケミカル研究所

[3180]ビューティガレージ 
[1部]業種:卸売業
終値2,461円/前日比+386円
Yahooの株価リンクはこちら

サロン向け美容関連品の専門商社。低価格PB品に強み。翌日配送を拡大。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年4月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比11.4%増の1.7億円に伸びました。併せてプロ用まつげエクステンションで老舗の著名ブランド・メーカーである松風グループを買収したことも発表。OEM受託事業の拡大などシナジー効果の創出を図り、より一層の企業価値向上を目指します。なお、5-10月期進捗率が102.3%と既に超過達成しており、業績上振れを評価する買いがどこまで続くか注目されます。



[5952]アマテイ 
[2部]業種:金属製品
終値135円/前日比+23円
Yahooの株価リンクはこちら

くぎ最大手。特殊くぎ製品で高シェア。くぎ打ち機や特殊ネジも注力。 本日一時ストップ高まで買われました。今朝の読売新聞や昨晩の共同通信では、国交省は台風や地震で住宅の屋根瓦が落下しないように新築時は瓦を1枚ずつ全て固定することを義務化する方針を固めたと報じられています。現在は軒部分の瓦など一部の固定だけを義務付けていますが、相次ぐ台風被害を受けて対策を強化するとのことです。それにより釘需要が拡大するとの見方から同社株が派手に物色された様子です。同様に住宅用のネジなどを手掛ける[5950]日本パワーファスニングも物色されています。何れも小型の低位株ということもあり、短期資金も集まり易いようで、同様に[5955]ヤマシナも動意付いています。



[3966]ユーザベース 
[M]業種:情報・通信業
終値3,145円/前日比+269円
Yahooの株価リンクはこちら

業界向け情報「SPEEDA」、経済ソーシャルメディア「NewsPicks」運営。TBSと提携。 本日大きな窓を空けて急伸し、年初来高値を更新しました。いちよし証券が9日付で新規にレーティング「A」を付与、フェアバリューを6,000円に設定しています。同証券では、情報プラットフォーム「SPEEDA」やソーシャル経済メディア「NewsPicks」について「それぞれARR100億円を超える規模まで成長するポテンシャルがある」と指摘。その上で「潜在市場や収益性を勘案すると、現在の株価は見直しの余地がある」と分析しています。3,000円台前半の株価は過去にも天井を形成したことが多く、上場来高値を目指すには早期の一段高が求められます。



[4395]アクリート 
[M]業種:情報・通信業
終値1,007円/前日比+119円
Yahooの株価リンクはこちら

企業から個人向けのSMS(ショートメッセージ)の配信代行サービス。プロバーダーを視野。 本日大幅高となり、一時ストップ高近くまで上げる場面も見られました。[9437]NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出しが全国の地方銀行で相次いでいる問題で、NTTドコモは口座を作るためのID登録で携帯電話番号の入力を導入し、本人確認を強化すると日経新聞電子版で報じられています。NTTドコモは今後、登録時に携帯電話番号の入力を求め、SMS(ショートメッセージサービス)で届いたセキュリティーコードを入力して本人確認する仕組みに改めるとのことだけに、SMS配信代行サービスを手掛けている同社株が思惑的に物色された格好です。同じく、SMS関連株の[2323]fonfunも派手に物色されています。物色は続き難いとの見方が多いですが、今後も度々SMS関連として物色される場面は出てきそうです。



[4369]トリケミカル研究所 
[1部]業種:化学
終値11,230円/前日比+730円
Yahooの株価リンクはこちら

半導体向け化学薬品を製造。絶縁膜材料で世界高シェア。台湾向け大。 本日大きく急伸しました。昨日引け後に三菱UFJモルガン・スタンレー証券が同社の投資判断を「ホールド」から「バイ」に格上げし、目標株価も12,000円から12,500円に引き上げました。半導体製造用特殊ガスの需要好調による業績予想に加え、ロジックやメモリ用共に微細や高機能化に伴う需要拡大で利益成長が続くと想定されます。第3四半期決算での上方修正予想もあり、引き続き上値を追う展開が期待されます。



[3187]サンワカンパニー 
[M]業種:小売業
終値270円/前日比+25円
Yahooの株価リンクはこちら

設計事務所や工務店、施主向け建築設備のカタログ・ネット通販。個人に直販も。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、[2120]LIFULL子会社のLIFULL Social Funding社と業務提携することで合意したと発表。LIFULLグループのファンドが投資する地域創生事業で同社の住宅設備機器・建築資材やモジュラー建築クラスコの活用、デザイン企画、地域創生事業や事業者の相互紹介などで協業していきます。株価は6月8日に付けた高値289円が意識される展開ですが、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、注意が必要です。



[4480]メドレー 
[M]業種:情報・通信業
終値4,860円/前日比-90円
Yahooの株価リンクはこちら

医療ヘルスケア領域の人材採用システムが主力。ネット診療システムや医療情報サービスも。 本日前場は買われていましたが、後場から売られる動きになっています。本日10時から[3938]LINEが年次カンファレンス「LINE DAY 2020」をオンラインで開催しており、そこでLINEは[2413]エムスリーとの共同出資会社LINEヘルスケアが、新たにクリニックの検索・予約から診察・決済まで全てLINE上で完結出来るオンライン診療サービス「LINEドクター」を2020年11月より提供開始すると発表。これ自体は既に報じられていたことで目新しさは無いものの、LINEドクターの導入費用・月額費用が0円で利用出来る医療機関向けプランの事前登録も本日より受付を開始するとも発表しています。導入費用・月額費用が無料となれば、競合事業も手掛ける同社に勝ち目は無いとの見方から売られた模様です。明日以降も売り材料視されるのか注目されます。



[7686]カクヤス 
[2部]業種:卸売業
終値1,515円/前日比+120円
Yahooの株価リンクはこちら

酒類販売店「なんでも酒やカクヤス」などを展開。料飲店や個人向けに販売。 本日大幅続伸です。東京都が23区内の飲食店とカラオケ店に求めていた午後10時までの営業時間短縮要請を予定通り15日で終了する方向で最終調整に入ったと日経新聞などで報じられています。対策作りの判断材料にしている警戒レベルも1段階引き下げる方針とのことです。これを受け東京23区中心に酒類などを飲食店などへ販売している同社には追い風になるとの見方から買われている様子です。飲食店株にも追い風になるとの見方ですが、本日はそれらが目立って買われている印象は乏しく、既に想定されていたとも言え、材料視する向きも乏しい様子です。正式決定で明日以降、改めて関連株が買われるのか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2375]ギグワークス [2部]業種:サービス業
終値1,659円/前日比-13円
Yahooの株価リンクはこちら  

IT支援サービス展開。BPO業務支援や人材派遣が主体。コールセンターやPCサポートも。 同社は本日引け後に決算を発表。2019年10月期の連結経常利益は前期比30.7%増の8億円に拡大し、2020年10月期も前期比12.4%増の9億円に伸びを見込みました。4期連続で過去最高益を更新する見通しで、5期連続増収・増益になります。また、同時に今期の年間配当を前期比4円増の18円に増配する方針を示しています。



[3741]セック [1部]業種:情報・通信業
終値3,800円/前日比+255円
Yahooの株価リンクはこちら 

システム開発会社。リアルタイムソフトウエア技術に強み。モバイル決済やロボット関連など。 岩井コスモ証券は27日付で、投資判断「A」を継続、目標株価を4,500円から5,000円へ引き上げました。同証券では、車両自動走行を含めたロボットの研究開発案件などが堅調に推移しており、2020年3月期は会社修正計画の営業利益9億2,000万円を上回る10億円が期待出来ると予想。また、IoT・ロボット・人工知能のシステム技術開発を進めており、2020年代に訪れる5Gやデジタルトランスフォーメーションの社会で中期的な成長が期待出来ると見込んでいます。



[4369]トリケミカル研究所 [1部]業種:化学
終値8,430円/前日比+170円
Yahooの株価リンクはこちら 

半導体向け化学薬品を製造。絶縁膜材料で世界高シェア。台湾向け大。 岩井コスモ証券は27日付で、投資判断「A」を継続、目標株価は7,600円から9,500円に引き上げています。7月以降、プロセッサなどロジック半導体を受託生産する台湾ファウンドリで高水準の生産が続いている他、在庫調整が一巡したメモリ顧客の稼働率も今後上向く見通しで、微細化進展による製品ミックスの高付加価値化も加わり、2020年1月期業績は上振れの確度は高いとコメントしています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4369]トリケミカル研究所 [1部]業種:化学
終値6,270円/前日比+40円
Yahooの株価リンクはこちら  

半導体向け化学薬品を製造。絶縁膜材料で世界高シェア。台湾向け大。岩井コスモ証券は10日付で、投資判断「A」を継続、目標株価は7,000円から7,600円に引き上げています。メモリ生産調整の影響が懸念される中、利益面で計画を上回る水準に着地したことや半導体サイクル好転を前倒しで織り込む形で半導体関連銘柄全体に底上げ機運が出てきたことが、株価を更に押し上げると予想。決算発表後に急騰したことの反動は一時的で上昇基調が続くと考えるとしています。
「絶縁膜」

ナノエレクトロニクスにおける絶縁超薄膜技術―成膜技術と膜・界面の物性科学



[7244]市光工業 [1部]業種:電気機器
終値847円/前日比+13円
Yahooの株価リンクはこちら 

自動車照明大手。ミラー類も。日産・トヨタ向け中心。仏ヴァレオの子会社。岡三証券は10日付で、投資判断「強気」を継続、目標株価は880円から990円に引き上げています。一部顧客の販売台数見通し悪化や新規受注獲得に伴う研究開発費や減価償却費の増加が中期的に見込まれるものの、ADB付LED(発光ダイオード)ヘッドランプの堅調見通しや新規受注拡大などから、中期経営計画の2022年12月期業績目標の達成確度は向上したと考えるとコメントしています。

[市光工業/VELIAS]LEDマーカ-ランプ オレンジLブラケット



[7912]大日本印刷 [1部]業種:その他製品
終値2,470円/前日比+35円
Yahooの株価リンクはこちら 

総合印刷大手。液晶フィルターで世界的。精密電子部品に強み。電子書籍に力。大日本印刷は本日引け後に、自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせを発表。上限を600億円・3000万株(自己株式を除く発行済株式総数に対する割合9.94%)とし、取得期間は2019年9月12日から2020年3月24日で、資本効率の向上と株主への利益還元および将来の機動的な資本政策を可能とするためとしています。

図解 印刷技術用語辞典
大日本印刷 (編集), DNP= (編集)




このブログはランキングに参加しています。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4369]トリケミカル研究所 [1部]業種:化学
終値5,550円/前日比+20円
Yahooの株価リンクはこちら  

半導体向け化学薬品を製造。絶縁膜材料で世界高シェア。台湾向け大。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は24日付で、レーティング「Buy」を継続、目標株価は7,500円から7,700円に引き上げています。技術力に根ざしたニッチトップ戦略により、半導体業界の平均を上回る成長が中・長期的に持続すると考え、DRAM用は微細化進展に伴うhigh-k材料の更なる需要拡大を予想。ロジック向けは、10nm以下は5G関連需要が旺盛なことに加え、16nm以上のレガシープロセスでは認定拡大などにより成長を見込んでいます。





[6789]ローランドディー.ジー. [1部]業種:電気機器
終値2,566円/前日比-3円
Yahooの株価リンクはこちら 

業務用プリンター世界大手。広告・看板用、テキスタイルが主力。歯科用加工機なども。ローランドディー.ジー.は本日引け後に業績修正を発表。2019年12月期第2四半期累計の連結経常利益予想を従来の10億円から15.1億円に51.0%上方修正しました。減益率は38.5%減から7.2%減に縮小する見通しとなっています。プリンターの主力市場であるサイン市場向けプリンターの販売が低調に推移し予想を下回る見込みですが、販売費および一般管理費の執行を一部抑えたことで計画を下回り、営業利益が予想を上回る見込みとしています。





[7466]SPK [1部]業種:卸売業
終値2,529円/前日比-21円
Yahooの株価リンクはこちら 

自動車部品専門商社。補修・車検部品が主力。産機・建機用も手掛ける。SPKは本日引け後に決算を発表。2020年3月期第1四半期の連結最終利益は前年同期比27.8%増の2.8億円に伸びて着地しました。併せて4-9月期の同利益予想を従来の6.6億円から9.3億円に40.8%上方修正しており、増益率は14.0%増から60.6%増に拡大、従来の2期ぶりの上期の過去最高益予想を更に上乗せています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4369 トリケミカル研究所 [1部]業種:化学
以前の記事
終値5,840円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら  

半導体向け化学薬品を製造。絶縁膜材料で世界高シェア。台湾向け大。製品品目は半導体用材料、光ファイバー用材料、太陽電池用材料、化合物半導体用材料、触媒、特殊試薬、他。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は25日付で、レーティング「Buy」を継続、目標株価は7,200円から7,500円に引き上げています。国内外向け特殊ガスの販売増加とSK Tri Chemの利益寄与などで中期成長確度は高いとし、また、同証券売上高予想は同社が得意とする先端分野の半導体生産の伸長などを踏まえて上方修正、経常利益と純利益は堅調な需要増に伴う増収効果に加えて、持分法投資利益の想定を引き上げて上方修正するとしています。


よくわかる 製造業の化学物質管理(改訂2版)



6349 小森コーポレーション [1部]業種:機械
終値1,284円/前日比-13円
Yahooの株価リンクはこちら 

印刷機専業トップ。枚葉機、紙幣印刷機に強み。欧米・中国向け輸出比率高い。小森コーポレーションは本日引け後に業績修正を発表。2019年3月期の連結経常利益予想を従来の18億円から25億円に38.9%上方修正しました。減益率は59.3%減から43.4%減に縮小する見通しとなっています。為替が当初予想より円安基調で推移したことや売上高の減少により関連の費用も減少したこと、更に製品の売上構成差により原価率が良化したためとしています。
「印刷機」関連

カラー図解 印刷技術入門



6436 アマノ [1部]業種:機械
以前の記事
終値2,890円/前日比-18円
Yahooの株価リンクはこちら 

就業情報システムは世界高シェア。駐車場管理システム、環境関連も。大和証券は25日付で、投資判断「2(アウトパフォーム)」を継続、目標株価は2,600円から3,200円に引き上げています。2019年3月期実績は予想外に会社側計画を上回って着地し好印象であったとコメント。2020年3月期業績は、マクギャン社の損益改善と就業管理システムの拡販により、2桁営業増益へ回復するとの見方に変わりはないとしています。

アマノ クリーンパワー手動歩行式 F100S

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4369]トリケミカル研究所 [1部]業種:化学
以前の記事
終値4,490円/前日比-120円
Yahooの株価リンクはこちら  

半導体向け化学薬品を製造。絶縁膜材料で世界高シェア。台湾向け大。同社は本日引け後に決算を発表。2019年1月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期非連結比74.3%増の20.7億円に拡大しました。併せて通期の同利益予想を従来の19.4億円から29.9億円に54.1%上方修正。増益率は19.6%増から84.3%増に拡大しており、従来の4期連続での過去最高益予想を更に上乗せしています。また、業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の26円から45円に大幅増額修正したことも発表しています。




[8725]MS&ADインシュアランスグループHD [1部]業種:保険業
終値3,445円/前日比+30円
Yahooの株価リンクはこちら 

損保首位級。傘下に三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保。生保を育成。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は29日付で、レーティングを「ニュートラル」から「オーバーウエート」に引き上げ、目標株価は4,500円を継続しています。2019年3月期の会社側計画は据え置かれたものの、内訳には変更があり、同証券予想も内訳は変更しますが、連結純利益予想は据え置くとしています。2020年3月期以降の利益は再保険関連の費用の変動の影響や火災保険料の値上げの影響を加味しましたが、大きな影響は無いとしています。




[7752]リコー [1部]業種:電気機器
終値1,102円/前日比-4円
Yahooの株価リンクはこちら 

複写機で首位級。カラー複合機やITサービスに注力。海外販路の強化進める。SMBC日興証券は29日付で、投資判断を「2」から「1」に、目標株価を1,200円から1,300円にそれぞれ引き上げています。大型M&A(企業の合併・買収)に資金を投下するのではなく、今一度投資と還元のバランスやグループ経営のあり方を再考し、企業価値の最大化を目指した活用が成されることを期待したいとしています。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4369]トリケミカル研究所
終値4,595円/前日比-25円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2019年1月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期の非連結比50.8%増の11.5億円に拡大しました。従来予想9億円を上回っての着地となり、通期計画19.4億円に対する進捗率は59.5%にまで達しています。半導体、光ファイバーなどに向けた化学材料を中心に顧客の需要が当社の予想を上回る水準で推移したために当初の計画を上回る結果になったとのことです。




[4082]第一稀元素化学工業
終値1,404円/前日比-33円
Yahooの株価リンクはこちら 

岩井コスモ証券は30日付で、投資判断「B+」、目標株価1,570円でカバレッジを開始しています。業績は自動車販売の動向に左右され、世界的な排ガス規制強化の流れの中、触媒用途のジルコニウム化合物には当面底堅い需要が見込まれるとコメント。株価は決算発表をキッカケに200日移動平均線を上回り調整局面を終えたと思われ、今年の高値近くまでの戻りは期待出来そうだとしています。




[9603]エイチ・アイ・エス
終値3,650円/前日比+185円
Yahooの株価リンクはこちら 

野村證券は30日付で、投資判断「Buy」を継続、目標株価は4,400円から4,500円に引き上げています。 今回の決算を踏まえ、同證券では業績予想を微修正。旅行事業の回復トレンドが反映されています。連結営業利益に付いて、2018年10月期は前期比13.7%増の181億円、2019年10月期は222億円、2020年10月期282億円と試算しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ