株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

カテゴリ: 明日の注目銘柄

[9663]ナガワ [1部]業種:サービス業
終値5,660円/前日比-40円
Yahooの株価リンクはこちら  

仮設ユニットハウス大手。工事現場の事務所用などに販売・レンタル。アジアに展開。同社は本日引け後に配当修正を発表。2019年3月期の期末一括配当予想を従来の50円から60円に増額修正しました。会社側は、毎期の業績ならびに継続的成長のための投資需要等を勘案しながら企業価値の増加に応じて株主様のご期待にお応えするため、安定的な配当を行うという基本方針の元、当期の業績動向や財政状態等を勘案し、また株主様の日頃のご支援にお応えするため、期末配当を本年5月公表の予想から1株当たり10円増配して60円とすることと致しました、としています。




[7951]ヤマハ [1部]業種:その他製品
終値4,865円/前日比+65円
Yahooの株価リンクはこちら 

楽器メーカー大手。電子ピアノで世界首位。半導体やAV機器も展開。M&A積極化。大和証券は22日付で、投資判断「2」を継続、目標株価は5,800円から6,000円に引き上げています。2019年3月期上期実績は、同社の競争力の高さを改めて確認する内容だったとコメント。今後株価に見直しが入ってくるだろうと考えているとしています。2019年3月期下期は、FA機器販売の失速、音響機器事業の会社側計画売上高下振れを見込むものの楽器事業の売上高上振れと価格適正化による利益率上昇で相殺出来ると引き続き考えているとしています。




[6113]アマダHD [1部]業種:機械
終値1,190円/前日比+75円
Yahooの株価リンクはこちら 

金属加工機械大手。板金機械ではトップ。海外拡大に注力。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は22日付で、レーティング「オーバーウエート」を継続、目標株価は1,700円から2,000円に引き上げています。日米など先進国を中心に主力製品の販売が堅調に推移、特にファイバーレーザは、多様な切断加工や高速加工が可能であることや低ランニングコストを武器にCO2レーザからの切り替えと加工用途拡大が続いている「ENSIS」や「VENTIS」に代表される高速・高品位加工を実現した新製品の投入を通じて、顧客の認知度拡大や需要開拓に成功している点を背景に業績が拡大していると指摘しています。

内容紹介
顧客に利益をもたらす。だからまた売れる。不況時には力を貯める。
だから好況時に躍進できる。工作機械トップメーカーが実践で培った顧客密着必勝戦略の全貌。


[6335]東京機械製作所 [1部]業種:機械
終値418円/前日比+1円
Yahooの株価リンクはこちら  

新聞向け中心の輪転機大手。デジタル印刷機、不動産に注力、構造転換中。同社は本日引け後に業績修正を発表。2019年3月期の連結最終損益予想を従来の3億円の黒字から7.3億円の黒字に2.4倍上方修正しました。会社側は、「10月30日に開示いたしました『固定資産の譲渡及び特別利益の計上に関するお知らせ』の通り、固定資産の譲渡に伴う特別利益約433百万円の計上により、上方修正します」としています。




[1861]熊谷組 [1部]業種:建設業
終値3,380円/前日比+60円
Yahooの株価リンクはこちら 

総合建設準大手。大型土木・超高層ビル建築で実績。耐震工事に注力。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は21日付で、レーティング「オーバーウエート」を継続、目標株価は3,800円から4,200円に引き上げています。従来のエクイティストーリーである「[1911]住友林業との協業を軸とした利益成長」との見方に変更はないものの、建設事業のマージン改善が想定以上で、本業の利益拡大が従来以上に寄与すると見られ連結営業利益予想を上方修正するとしています。




[9605]東映 [1部]業種:情報・通信業
終値13,170円/前日比+130円
Yahooの株価リンクはこちら 

映画中位。アニメ・戦隊物などテレビ映画で首位級。海外で動画配信・ゲーム強化。同じく三菱UFJモルガン・スタンレー証券は21日付で、レーティング「オーバーウエート」を継続、目標株価は14,900円から16,600円に引き上げています。収益源である海外映像・版権の収益動向について、従来の減速・縮小懸念が払拭され、好調維持が確認されたためと考えるとコメントしています。


[6630]ヤーマン [1部]業種:電気機器 以前の記事
終値2,034円/前日比+115円
Yahooの株価リンクはこちら  

家庭用美容健康機器の製造・販売。量販店と通販が主力。化粧品も。大和証券は20日付で、投資判断「2」を継続、目標株価は2,900円から3,100円に引き上げています。同社は19日に、2019年4月期連結業績予想の上方修正を発表。同証券では、アジア市場での急速な需要拡大の取り込みがインバウンドからECなど直接販売に切り替わっているとし、中期目標としている売上高300億円の早期達成が見えてきたとコメントしています。




[6217]津田駒工業 [1部]業種:機械 以前の記事
終値1,941円/前日比+15円
Yahooの株価リンクはこちら 

自動織機大手。ジェットルームは世界首位。輸出が過半。工作用機器も展開。同社は本日引け後に配当修正を発表。従来未定としていた2018年11月期の期末一括配当を15円実施し10期ぶりに復配する方針を示しています。会社側は、「環境の変化に耐えうる健全な財務体質を維持するとともに、事業拡大のための内部留保を高めながら、株主の皆様への安定的な配当を継続できるよう業績の改善に努めてまいりました」としています。




[7747]朝日インテック [1部]業種:精密機器 以前の記事
終値5,150円/前日比-10円
Yahooの株価リンクはこちら 

医療用器具を製造。カテーテル治療用ガイドワイヤなど。産業用ワイヤも。海外生産。大和証券は20日付で、投資判断「1」を継続、目標株価は5,520円から6,600円に引き上げています。米国でのPTCAガイドワイヤ直販開始によるプラス影響、欧州や中国での市場シェア拡大などが奏功し、2019年6月期以降2桁の営業増益が続くという見方に変更は無く、2020年6月期以降はPTCAガイドワイヤの市場シェア拡大に加え、貫通カテーテルの海外での需要増やPTCAバルーンカテーテルの国内での市場シェア拡大などが好業績を牽引すると予想しています。


[6479]ミネベアミツミ [1部]業種:電気機器
終値1,633円/前日比-21円
Yahooの株価リンクはこちら  

極小ベアリングで世界高シェア。スマホ用バックライト拡大。ミツミと統合で新分野開拓へ。同社は本日引け後に、発行済み株式数(自社株を除く)の1.49%にあたる630万株・116億5,500万円を上限に自社株買いを実施すると発表。株主還元および資本効率の向上と経営環境に応じた機動的な資本政策を遂行することを目的とするとしています。取得期間は、平成30年11月21日から平成30年12月20日までとなります。




[9956]バローHD [1部]業種:小売業
終値2,988円/前日比+12円
Yahooの株価リンクはこちら 

中部地盤の食品スーパー中堅。ドラッグストアやホームセンター、スポーツクラブも展開。大和証券は19日付で、投資判断「2」を継続、目標株価は2,850円から3,300円に引き上げています。会社側は2019年3月期業績予想を据え置いていますが、同証券ではフタバヤの子会社化を織り込み小幅修正。スーパーマーケットの改善を主因に、2018年度から営業増益が続く見通しとしています。




[8078]阪和興業 [1部]業種:卸売業
終値3,115円/前日比+45円
Yahooの株価リンクはこちら 

独立系の鉄鋼商社。石油、木材、水産品など多角化。中国にも強み。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は19日付で、レーティング「オーバーウエート」、目標株価4,370円でカバレッジを開始しています。既存の鉄鋼商社としてのビジネスの収益安定化に加え、非鉄鋼事業の展開による収益上積み余地が出てきていることを評価。ポイントとして、1次流通から2次流通への進出による付加価値増や「ステンレス」を軸とした非鉄鋼事業への展開を挙げています。利回り4.82%


[6630]ヤーマン [1部]業種:電気機器
終値2,261円/前日比+69円
Yahooの株価リンクはこちら  

家庭用美容健康機器の製造・販売。量販店と通販が主力。化粧品も。同社は本日引け後に業績修正を発表。2019年4月期の連結経常利益予想を従来の49.9億円から64.7億円に29.4%上方修正しました。一転して21.0%増益を見込み、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなりました。同時に上期の連結経常利益予想も従来の26.3億円から42.6億円に61.7%上方修正し、一転して28.7%増益見通しとなっています。




[6958]日本CMK [1部]業種:電気機器
終値864円/前日比+29円
Yahooの株価リンクはこちら 

プリント配線板の最大手。自動車、電機向けが主力。高付加価値品強化。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は16日付で、レーティング「オーバーウエート」を継続、目標株価は1,050円から1,100円に引き上げています。エクイティストーリーは車載PCB拡大による業績成長を挙げており、車載に経営資源を集中し、品質を重視した生産体制整備を進める戦略を評価。2020年3月期以降も設備投資額100億円超を維持する戦略に基づき減価償却費増加を織り込む一方、増産と収益性改善に伴うプラス効果が考慮されています。




[8410]セブン銀行 [1部]業種:銀行業 以前の記事
終値372円/前日比+3円
Yahooの株価リンクはこちら 

セブンイレブン店舗内などにATMを全国展開。提携金融機関からの手数料が柱。大和証券は16日付で、投資判断「2」を継続、目標株価は380円から400円に引き上げています。米国子会社FCTIには引き続きコスト面での課題が残り、短期的にはATM装填現金の適正化などコストを見直し、運用の効率化に取り組む方針である上、長期的には資金調達方法の再考などコスト構造の再構築を図る方針であり、早期に収益性改善が進むかが注目されるとしています。


[3321]ミタチ産業 [1部]業種:卸売業
終値723円/前日比-32円
Yahooの株価リンクはこちら  

パチンコ・自動車向けの半導体、液晶、電子部品が軸の専門商社。海外生産。同社は本日引け後に業績修正を発表。2019年5月期第2四半期累計の連結経常利益予想を従来の5.3億円から7.1億円に34.0%上方修正し、減益率は44.5%減から25.7%減に縮小する見通しとなりました。また、上期業績の好調に伴い通期の連結経常利益予想も従来の11.1億円から12.9億円に16.2%上方修正しています。




[4318]クイック [1部]業種:サービス業
終値1,478円/前日比-54円
Yahooの株価リンクはこちら 

専門職の人材紹介・派遣。求人広告の企画・制作も。リクルート系媒体が主力。岩井コスモ証券は15日付で、投資判断「A」、目標株価2,000円でカバレッジを開始しています。2019年3月期決算は好調な雇用情勢を追い風に会社側計画をやや上回ると同証券では予想。国内では政府が人手不足に対応して出入国管理法の改正により、外国人労働者の受け入れ拡大を目指す方針にあり、グローバルでの人材流動化に向けて海外展開を進める同社にとっては大きな追い風になると指摘しています。




[3626]TIS [1部]業種:情報・通信業 以前の記事
終値5,080円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら 

独立系情報サービス大手。金融向けが主力。傘下にTIS、インテックなど多数。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は15日付で、レーティング「オーバーウエート」を継続、目標株価は6,000円から6,100円に引き上げています。従来想定以上にGPMが改善している点を踏まえ、同証券連結営業利益予想を上方修正、併せて目標株価を引き上げるとしています。エクイティストーリーは、「サービス型ビジネス推進や本社機能効率化などによる収益性向上」で変更は無いとしています。


[3405]クラレ [1部]業種:化学 以前の記事
終値1,704円/前日比+66円
Yahooの株価リンクはこちら  

化学品大手。高機能素材に強み。独自開発品に特色。複数樹脂で世界トップ。野村證券は14日付で、投資判断「Buy」を継続、目標株価は1,870円から2,000円に引き上げています。マクロ経済の不透明感が高まる中、食品包装用エバール樹脂などの安定した需要拡大、2018年12月期に発生した米エバール樹脂プラントでのトラブルの収束、原油価格安定などで2019年12月期に営業増益となる確度が最も高い化学・繊維の一社として評価出来ようとコメントしています。




[3966]ユーザベース [M]業種:情報・通信業 以前の記事
終値2,740円/前日比-17円
Yahooの株価リンクはこちら 

法人向け業界情報プラットホーム「SPEEDA」、経済ソーシャルメディア「NewsPicks」を提供。SMBC日興証券は14日付で、投資判断「1」を継続、目標株価は4,060円から4,100円に引き上げています。キャッシュカウとして足元の成長モメンタムを一段と強めている既存事業が生み出すフリーキャッシュフローを原資に新たな成長機会への投資に回すことで、高い成長性の持続に取り組んでいるとコメント。既存事業とのクロスセル、蓄積した事業ノウハウの共有が同社の成長可能性の持続に繋がっていくことを想定しています。




[6098]リクルートHD [1部]業種:サービス業 以前の記事
終値3,022.0円/前日比+156.0円
Yahooの株価リンクはこちら 

販促・求人情報サービス大手。人材派遣業も。求人マッチングサイト「indeed」運営。大和証券は14日付で、投資判断「1」を継続、目標株価は3,610円から3,630円に引き上げました。2019年3月期予想EBITDAを販促メディアが稼ぎ出した部分33%、国内人材メディア部分25%、海外人材メディア部分16%、人材派遣部分26%に分解し、それぞれに類似企業などを参考に試算した適正な倍率である20倍、14倍、45倍、13倍を適用し計算されています。


[4098]チタン工業 [1部]業種:化学
終値2,557円/前日比+40円
Yahooの株価リンクはこちら  

酸化チタンの老舗。超微粒子酸化チタンを展開。中国に合弁会社を設立。同社は本日引け後に決算を発表。2019年3月期第2四半期累計の非連結経常損益は前年同期の6,200万円の赤字から2億3,600万円の黒字に浮上し、従来予想4,000万円の黒字を上回って着地しました。併せて通期の同利益予想を従来の2億円から4億9,000万円に2.5倍上方修正。増益率は3.0倍から7.4倍に拡大する見通しとなっています。




[7806]MTG [M]業種:その他製品
終値6,300円/前日比+340円
Yahooの株価リンクはこちら 

美容ローラー・健康機器・化粧品などの企画開発や販売を手掛ける。野村證券は13日付で、投資判断を「ニュートラル」から「Buy」に、目標株価を8,000円から8,800円にそれぞれ引き上げています。2019年9月期以降の世界展開による業容拡大が見込めることに加え、SIXPAD STATIONの展開、スリープテック関連商品発売などヘルスケア領域への新展開が始まったとコメントしています。




[7747]朝日インテック [1部]業種:精密機器
終値5,250円/前日比+575円
Yahooの株価リンクはこちら 

医療用器具を製造。カテーテル治療用ガイドワイヤなど。産業用ワイヤも。海外生産。野村證券は13日付で、投資判断「Buy」を継続、目標株価は5,400円から5,700円に引き上げています。同證券は中国の特需1億4,000万円は実需と考え、前年同期も競合の供給問題により4億5,000万円の特需が発生したと会社側は主張したものの業績を見る限り反動減はないことから、顧客は同社のガイドワイヤーの使用を継続している模様で、ガイドワイヤーでは[4543]テルモよりも同社製品が有利と考えるなどとしています。


[6143]ソディック [1部]業種:機械
終値861円/前日比-29円
Yahooの株価リンクはこちら  

放電加工機大手、世界シェア高。独自技術に強み。射出成形機も。同社は本日引け後に決算を発表。2018年12月期第3四半期累計の連結経常利益は80.8億円となりました。併せて通期の同利益予想を従来の80億円から100億円に25.0%上方修正し、13期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなっています。なお、第4四半期の主な為替レートは、1ドル113円、1ユーロ132円と想定しています。




[3932]アカツキ [1部]業種:情報・通信業
終値5,720円/前日比+130円
Yahooの株価リンクはこちら 

スマホゲームの企画・開発・運営。「ドラゴンボールZ」など海外40カ国以上で展開。大和証券は12日付で、投資判断「2」を継続、目標株価は4,000円から6,500円に引き上げています。同証券では、ゲームソフトウエアがメディアとしての価値を持つと捉えているとコメント。eSportsを通じて大手広告主が大会やチームのスポンサーになる事例が見られ、スポーツチームも自身の広告やファンとの繋がりを模索し参画する期待があり、PEL社が新しい市場を創出する可能性があるとしています。




[9531]東京ガス [1部]業種:電気・ガス
終値2,820.5円/前日比-27.0円
Yahooの株価リンクはこちら 

都市ガス最大手。地域冷暖房に力。海外ガス田開発も。電力事業を拡大。みずほ証券は12日付で、投資判断「買い」を継続、目標株価は3,100円から3,300円に引き上げています。ガス事業の自由化による顧客離脱や投資重視のキャッシュフロー配分が嫌気されがちではあるものの、ガスのマイナスは電力で補うことが可能と見ることやキャッシュフロー配分は確かに短期的に評価し難いものの、健全な財務体質を背景に総還元性向6割を堅持し、総還元利回りで見て4%を超える株価水準に割安感があると判断するとしています。


[6618]大泉製作所 [M]業種:電気機器
終値826円/前日比-10円
Yahooの株価リンクはこちら  

自動車やエアコンに組み込む温度センサーが主力。自動車はデンソー向け大。同社は本日引け後に業績修正を発表。2019年3月期第2四半期累計の連結経常利益予想を従来の2.8億円から4.7億円に64.4%上方修正しました。増益率が7.4%増から76.6%増に拡大し、従来の3期連続での上期の過去最高益予想を更に上乗せしています。自動車部品事業分野では既存品増産に加え、引き続き電動化の中で2次電池用が増加となったことや為替差益約0.84億円を計上する見込みなどが理由のようです。




[7734]理研計器 [1]業種:精密機器
終値2,300円/前日比-40円
Yahooの株価リンクはこちら 

産業用ガス保安器・計測器で首位。公害監視装置に強み。防災関連に注力。同社は本日引け後に業績修正を発表。2019年3月期第2四半期累計の連結経常利益予想を従来の24億円から33.9億円に41.3%上方修正し、一転して40.6%増益を見込みました。2期連続で上期の過去最高益を更新する見通しとなっています。主に半導体業界向けに定置型ガス検知警報機器の売上が好調であったこと、「為替差益」が約2.12億円計上される見通しとなったことなどを理由として挙げています。




[9749]富士ソフト [1]業種:情報・通信業
終値5,540円/前日比-170円
Yahooの株価リンクはこちら 

独立系の制御ソフト開発大手。車、家電向け等組み込み系ソフトに強み。大和証券は9日付で、投資判断を「3」から「2」に、目標株価を4,700円から5,830円にそれぞれ引き上げています。同証券では、2018年12月期第3四半期実績を反映して全般に業績予想を修正。連結営業利益に付いて、2018年12月期を前期比26%増の122億円(従来115億円、会社側計画は100億円)、2019年12月期を137億円(従来127億円)、2020年12月期を150億円(同136億円)と試算しています。


↑このページのトップヘ