株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

カテゴリ: 鉄鋼




5423東京製鐵
東京製鐵(5423) 東証1部 / 鉄鋼 / 100株単位
電炉の雄。独立系で業界首位級。建材が主力で、機動的な価格政策に特長。熱延鋼板にも進出

当日の株価:849円/前日比:-10 
予想PER:10.1
実績PBR:1.03
配当利回り: 1.18%
優待制度:なし

①.レーティング情報 東京製鉄 <5423> 機関:日興 格付:強気 目標株価:1120→1140 日付:3/2 (18/3/2)
②.東京製鉄<5423>、韓国最大級の電炉メーカーである東国製鋼株式会社との資本・業務提携を発表した。(18/2/23) 
③.[業務提携の内容]・鋼板製品、条鋼製品及び半製品分野における取引・製造技術、製品品質、低炭素・省エネ省資源等に関する技術交流及び人的交流・本提携を強固なものとするため、両者は約1%相当の株式を相互保有(18/2/23)
④.レーティング情報 東京製鉄 <5423> 機関:JPモル 格付:弱気→中立 目標株価:920→1010 日付:2/20 (18/2/20)  
⑤.国内電炉メーカー大手。鉄スクラップを主原料に鉄製品を生産。H形鋼等の高炉メーカーとの競合品種も生産。H形鋼のシェアは国内トップクラス。18.3期3Q累計は国内外の堅調な鋼材需要に支えられ二桁の増収、増益。18.3通期予想の売上高を50億円上方修正。首都圏を中心とした高水準の鋼材需要を期待。需要に見合った生産を一層徹底し、更なる値上げに注力。コスト削減の取り組みを強化を継続。株価はボックス圏から上抜けへ。(18/2/10) 
⑥.国内建設需要の高まりで、H形鋼や鋼板の出荷量増。鉄スクラップなど原料単価は高騰だが、製品単価引き上げ実施でこなす。会社計画は保守的。19年3月期もH形鋼など需要増勢。原料単価上昇だが適時の製品単価引き上げ進む。営業益続伸。18年1月稼働の岡山工場の新型連続鋳造機導入をはじめ、省電力化など効率化に注力。原料高などコスト増に対応。

キャッシュフロー(億円)
営業CF : 146
投資CF : -46
財務CF : -102
現金等 : 484

財務(百万円)
自己資本比率 : 71.0%
利益剰余金 : 62,068
有利子負債 : 0

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


5698エンビプロHD
エンビプロHD(5698) 東証2部 / 鉄鋼 / 100 株単位
資源リサイクルの大手企業で、金属スクラップを収集、分別し海外等に販売。中古車輸出もしている。

当日の株価:1,180円
予想PER:20.7
実績PBR:1.74
配当利回り: 1.27 %
優待制度:あり (Quoカード1,000円)

①. 今月16日にリサイクル・廃棄物処理事業を展開するリバーHDに2億円出資するとの発表。株価は中長期上昇し継続する予想。
②. 昨年12月15日に子会社設立を発表。当社の子会社の株式会社エコネコルでリチウムイオン2次電池の負極材のリサイクル並びにリチウムイオン2次電池の正極材に含まれるニッケル、コバルト等の回収の実証・研究を実施した。今後、電気自動車・定置用蓄電池等の普及により需要の急拡大が予想されるリチウムイオン2次電池をリサイクルし有用金属を回収することを目的として、子会社を設立する。当該子会社の設立に伴う平成 30 年6月期業績に与える影響は軽微。(会社側の発表)
③. 電気自動車の電池には大量のコバルトが使われる。
④.   コバルト価格は2年ほどで4倍近くに暴騰している。コバルトの生産も銅やニッケルの副産物として供給されることから、増産しにくい。
⑤. 業績は好調で第1四半期の会社予想達成率は37.6%。2月14日に配当を発表する予定(11月の発表では15円、分割をしたため実質据え置き)。

キャッシュフロー(百万円)
営業CF :        5
投資CF :  -2,567
財務CF : 1,757
現金等  : 2,066

財務(百万円)
自己資本比率 : 39.9%
利益剰余金 : 6,842
有利子負債 : 9,273


Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ