株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

カテゴリ: 情報・通信業



3914JIG-SAW
JIG-SAW(3914) 東証マザーズ / 情報・通信業 / 100株単位
クラウドやサーバーを対象にした自動監視システムを展開。初期導入費と月額使用料が収益源。

当日の株価:3,910円/前日比:+80
予想PER:--
実績PBR:22.19
配当利回り: -- %
優待制度:なし

①.同社の強みは、1)ストック型・月額課金モデルの事業展開、2)独自の基盤技術をベースにしたオリジナル・ツールだからこその柔軟性・拡張性、3)M&Aを含むパートナー戦略、などである。(18/3/27) 
②.A&AとE2Eというコンセプトを実際のサービスに落とし込むことを可能としているのが、OS技術を核とする「ソフトウェア、ハードウェア、信号制御」という3つの基盤技術である。独自技術によるオリジナル・ツールだからこその高い柔軟性と拡張性により、顧客が求める多種多様なマネジメントサービスを提供できる。(18/3/27) 
③.パートナー戦略を活用したイノベーションが成長の推進力。同社は、独自技術をコアコンピタンスとしながらも、事業拡大やイノベーションを加速するために、M&Aを含むパートナー戦略を推進している。(18/3/27) 
④.同社の2017年12月期連結業績は、売上高が前期比16.8%増の1,296百万円、営業利益が同27.3%増の325百万円で着地した。マネジメントサービスは堅調な受注積み上げと低い解約率を維持、継続的成長を実現している。売上高営業利益率は25.1%、ROEは24.7%、ROA(総資産経常利益率)22.7%といずれも高水準を維持しつつ前期から良化している。2018年12月期は、同社を取り巻く事業環境が大きく伸長することを鑑み、業績予想を非開示としているが引き続き増収増益による最高益の更新を見込んでいる。(18/3/27)   
⑤.【堅 調】主力の各種サーバー対象の自動監視システムが拡大。解約率も低く、月額課金が着実に積み上がる。IoTデバイス関連事業も伸長。グローバル展開費用や人件費、開発費の増加こなし営業益続伸。 
⑥.【グローバル展開】北米に続き欧州でも19年メドに拠点開設。自動運転などで欧州企業と連携が視野。岩手で大学連携の研究所新設、信号制御活用し医療分野取り組む。  

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 300
投資CF : 54
財務CF : -111
現金等 : 860

財務(百万円)
自己資本比率 : 73.6%
利益剰余金 : 563
有利子負債 : 79

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示






テーマ
[ソフト・システム開発][ビッグデータ][クラウドコンピューティング][情報セキュリティ][遠隔監視][人工知能][M2M][IoT][5G][VR][MR][再生医療][コネクテッドカー][IT関連]



2351ASJ

ASJ(2351) 東証マザーズ / 情報・通信業 / 100株単位
サーバーホスティング中堅。安定運用に定評。決済代行やオンライン野球ゲームに進出。

当日の株価:2,018円/S高/前日比:+398
予想PER:791
実績PBR:5.07
配当利回り: 0.10%
優待制度:あり(「ASJ Games」で利用できるオンラインゲーム用チケット)

①.【<2351> ASJ 2018 +398:「RNCDDS」に関する技術、日本国内特許取得】ストップ高。27日に新技術「RNCDDS」に関する技術において、日本国内にて特許権を取得したと発表。今後は、海外における特許権の取得への手続きを進めていくとともに、「RNCDDS」技術を活用したソリューションを、海外を含む高負荷クラウドサービスを提供する大手企業と連携を図って提供を行っていく計画。(18/3/28) 
②.【ASJ<2351> 1825 +76】直近で1000円近くまで調整進み値ごろ感を意識した買い。(18/2/28) 
③.【ASJ<2351> 1470 +220】特に材料観測されないが25日線突破で買い戻しも優勢か。(18/2/23) 
④.【ASJ---第3四半期は予想の範囲内。通期で増収を見込む】ASJ<2351>は24日、2018年3月期第3四半期(2017年4~12月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比0.3%減の16.28億円、営業損失が0.11億円(前年同期は0.86億円)、経常損失が0.13億円(同0.89億円)、親会社株主に帰属する四半期純損失が0.27億円(同0.96億円となった。(18/1/29) 
⑤.【復調続く】決済代行は柱の商議所向け簿記検定受付システムが着実増。ERPも終盤にかけ一気に積み上がる。営業黒字復帰。19年3月期はクラウドサービス新投入など奏功し、ERPが好伸。決済代行は商議所向け底堅い。低水準ながら営業増益続く。  
⑥.【半数超】簿記検定受付システムは期末導入260商議所(前期末225)、シェア過半数到達。投資額10億円級のM&A検討。  

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 235
投資CF : -201
財務CF : -53
現金等 : 1,107

財務(百万円)
自己資本比率 : 76.4%
利益剰余金 : 554
有利子負債 : 0

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示






3744サイオス

サイオス(3744) 東証2部 / 情報・通信業 / 100株単位
オープンソースやクラウド製品を開発・販売。システム障害回避ソフトが柱。AI開発に意欲

当日の株価:711円/S高/前日比:+100
予想PER:23.6
実績PBR:5.88
配当利回り: - %
優待制度:なし

①.サイオス<3744>がストップ高まで買われている。同社は26日、エピゲノムの情報解析およびソフトウェア・装置開発を手掛けるRhelixa(レリクサ、東京都千代田区)と資本・業務提携したと発表。これが材料視されているようだ。エピゲノムとは、生まれた時に決まっている遺伝的情報「ゲノム」に対して、時間・環境依存的で後天的な分子レベルの影響を受けたもの。同社はレリクサが発行する第三者割当増資による株式を取得するとともに、傘下のサイオステクノロジーがエピゲノムのクラウド解析プラットフォームの開発と構築をレリクサと共同で開始するとしている。株価は3月15日の戻り高値740円をブレイクすると一段高へ向かいそう。(18/3/27) 
②.【AI関連の穴株候補のソーバル、サイオス、システムイン】ソーバルは組み込みソフトの開発や技術者派遣を展開していますが、AIや自動運転 、IoT分野の新規事業展開に重心を置いています。自動運転は大手電機メーカーの受託開発需要が旺盛。また、システム構築およびメンテナンスを手掛けるサイオスもAI開発に意欲的で、マシーンラーニングの研修を強化しAI搭載の分析ソフトに注力。ビッグデータ解析をする「SIOS iQ」はトレンドマイクロ <4704> などに採用されています。(18/3/14) 
③.【無配継続】システム障害回避ソフトが国内外好調。安価な中小企業向けクラウドも開始。苦戦のIT運用分析ソフトは障害回避ソフトと一体販売し需要喚起。フィンテック子会社の前期減損効果発現だが、開発費1億円超増額。営業益横ばい。無配継続。  
④.【フィンテック】地銀の前期繰り越し商談に加え、信金・農協など開拓、下期寄与へ。年1億円ののれん代消滅も追加開発費重い。  


キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 640
投資CF : -26
財務CF : -109
現金等 : 2,249

財務(百万円)
自己資本比率 : 21.5%
利益剰余金 : -654
有利子負債 : 862

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示





テーマ
[システムインテグレーション][ソフト・システム開発][Java][リナックス][ビッグデータ][情報セキュリティ][クラウドコンピューティング][SaaS][複合機][金融向けシステム][フィンテック][人工知能][生産性革命][防災][IT関連]



3774IIJ

インターネットイニシアティブ(3774) 東証1部 / 情報・通信業 / 100株単位
ネット接続の草分け。法人向けシステム構築、クラウド、セキュリティに強い。MVNO首位級

当日の株価:2,224円/前日比:+66
予想PER:25.1
実績PBR:1.42
配当利回り: 1.21%
優待制度:なし

①.【<3774> IIJ 2,224 +66】反発。SMBC日興証券では投資判断を「2」から「1」に格上げ、目標株価も1,700円から2,800円に引き上げている。業績は過去5期間の低迷期を脱し、IoTとフルMVNO、クラウドサービスを軸に再び利益が成長する局面を迎えたと考えているもよう。また、デジタル通貨取引・決済サービスも新たなポテンシャルとして注目され、市場の期待値が高まる可能性もあるとしている。(18/3/26) 
②.銘柄:IIJ <3774> 機関:日興 格付:中立→強気 目標株価:2800 日付:3/23(18/3/26)    
③.インターネットイニシアティブ<3774>=急動意。同社は法人向けで高実績を持つネット接続サービスの草分けだが、今期は独自SIMを用いた格安スマートフォンも収益貢献する。デジタル通貨取引では大手金融機関や総合商社も引き込む形で決済サービスに参入しており、日本のキャシュレス化推進の旗頭としてマーケットの注目が高まっている。今後は金融グローバル化の流れのなか海外展開にも期待がかかる。(18/2/28)
④. 【微増益】個人向けMVNO鈍化も法人向けソリューション、MVNO支援好調。19年3月期はフルMVNOが費用先行で10億円利益下押しだが法人向け好伸で補う。デジタル通貨合弁の持分投資損で純益後退。  
⑤.【投資先行】デジタル通貨合弁(35%出資)は18年度下期サービス開始、FX実績強みに。独自SIMカード発行など従来MVNOより裁量度高いフルMVNO3月開始。  

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 7,367
投資CF : -7,375
財務CF : 2,492
現金等 : 21,958

財務(百万円)
自己資本比率 : 46.8%
利益剰余金 : 5,983
有利子負債 : 41,484

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示





テーマ
[インターネット接続事業者][システムインテグレーション][情報セキュリティ][クラウドコンピューティング][MVNO][データセンター][ビッグデータ][マイナンバー][コールセンター][IoT][M2M][POS][仮想通貨][人工知能][iPad関連][インターネットフィルタリング][スマートメーター][テレワーク][格安スマホ][グリーンIT][IP電話][米国会計基準][通信][IT関連]



56D79B59-D63F-48C1-A905-EBD5CB691C2A






イグニス(3689) 東証マザーズ / 情報・通信業 / 100株単位
スマホ向けアプリの企画・制作、ソーシャルゲーム・無料アプリを運営。VR、婚活サイトに注力。

当日の株価:1,939円/前日比:-51
予想PER:---
実績PBR:6.81
配当利回り: --- %
優待制度:なし

①.■イグニス <3689> [東証M]スマートフォン向けゲーム「メガスマッシュ」の事前登録者数が10万人を突破。(18/3/21)
②.「イグニス<3689> 3050 +448」1日まで2連続ストップ高。「INSPIX」が期待材料。(18/3/5)

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : -1,930
投資CF : -665
財務CF : 2,594
現金等  : 2,172

財務(百万円)
自己資本比率 : 63.5%
利益剰余金 : 964
有利子負債 : 1,402

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得の10記事をスクロールで表示









3810サイバーステップ
サイバーステップ(3810) 東証2部 / 情報・通信業 / 100株単位
PCオンラインゲーム開発大手。格闘ゲームに強み。韓国で人気。課金収入が収益源。

当日の株価:終値3,905円/前日比:-85
予想PER:46.7
実績PBR:12.61
配当利回り: -%
優待制度:なし

①.サイバーステップ <3810> [東証2] が3月19日大引け後(15:00)に業績修正を発表。18年5月期の連結経常利益を従来予想の4.5億円→6.5億円(前期は3.6億円)に44.4%上方修正し、増益率が23.3%増→78.1%増に拡大し、従来の12期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した12-5月期(下期)の連結経常利益も従来予想の1.8億円→3.8億円(前年同期は3.9億円)に2.1倍増額し、減益率が54.1%減→3.1%減に縮小する計算になる。(18/3/15)
②.売上高につきましては、現在サービス中の当社タイトルである「オンラインクレーンゲーム・トレバ」において平成30年1月に当社コーポレートサイトにてニュースリリースいたしました大規模な増床、筐体の増台の効果により好調に推移し、その結果、各段階利益において前期比・計画比で増加の見込みとなりました。このような業績進捗の好調を受け、平成30年5月期の業績予想を上記の通り修正いたします。(18/3/15) 
③.【一転増益】スマホで遠隔操作するクレーンゲーム『トレバ』がCM投入で勢いづく。スマホ向け新作『Q&Qアンサーズ』も好調。開発費増吸収し一転増益。19年5月期は既存ゲームに加え新作多数投入で続伸。  
④.【続 々】18年春、AR技術活用のスマホ向けeコマースサービス開始。ハローキティ起用のゲームアプリも今春配信。『トレバ』は夏メドに1000台規模へ増台。  

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 431
投資CF : 33
財務CF : -88
現金等 : 801

財務(百万円)
自己資本比率 : 70.7%
利益剰余金 : 292
有利子負債 : 37

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示






3776ブロードバンドタワー
ブロードバンドタワー(3776) 東証JQ / 情報・通信業 / 100株単位
都市型データセンター(DC)運用。ファッション通販支援会社売却しIoT・AIに資源傾注

当日の株価:205円/前日比:+8
予想PER:100
実績PBR:1.39
配当利回り: 0.98%
優待制度:なし

①.ブロードバンドタワー<3776>が続伸している。同社は6日、米デルの日本法人とEMCジャパン(東京都渋谷区)が開発・製造を行うNASストレージシリーズの第6世代製品「Dell EMC Isilon Generation 6」の販売・サポートで協力すると発表。これが買い手掛かりとなっているようだ。BBタワーは、メディア制作や配信ビジネス、製造、建設コンサルタント、保険・証券・金融のフィンテック分野など、事業の特性によって日々増大する大量のデータを利用・保持する業界を念頭に、「Dell EMC Isilon Generation 6」を、構築・運用・保守サービスとともに提供するとしている。(18/3/7) 
②.都市型データセンターを運営するブロードバンドタワー <3776> [JQ]は株価低位ならではの妙味を内包する。新たに開設した「5G対応データセンター」で、ニュースサイト運営会社のイード <6038> [東証M]と協業、業容拡大に向けた戦略を進めている。(18/3/6)
③.【ブロードバンドタワー<3776>3ヶ月後予想株価:200円】データセンターやデータ・ソリューション等を提供するコンピュータプラットフォーム事業を展開。強固で信頼性の高いファシリティが強み。18.6期1Qは業績苦戦。ビービーエフの持分法適用関連会社への移行が影響。コンピュータプラットフォーム事業は堅調。SaaSサービス等が伸びる。IoT/AIソリューション事業は損益低調。18.6期通期は業績苦戦を見込む。PBRの見直し余地は乏しく、業績面が株価の上値を抑制へ。(18/2/3)
④.4K/8K時代の到来を見据えケーブルテレビ事業者向け映像配信プラットフォームを手掛けるジャパンケーブルキャスト(東京都千代田区)を17年9月に子会社化したブロードバンドタワー <3776> [JQ](18/1/13)  
⑤.【激 減】CATV関連の子会社化で売上30億円程度上乗せ。一方、通販支援子会社など持分移行で売上315億円、営業益9億円分剥落。DC運用横ばい。メディア改善でも本社移転費重く営業益激減。特配落とす。  
⑥.【M&A】19.8億円投じCATV関連事業を子会社化(50.4%出資)。DC事業への貢献に加えIoT分野でシナジーも狙う。18年夏の新DC稼働で来期償却膨らむ。  

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 877
投資CF : -901
財務CF : 712
現金等 : 6,963

財務(百万円)
自己資本比率 : 63.0%
利益剰余金 : 2,699
有利子負債 : 2,293

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示




テーマ
[データセンター][Webサイト構築][クラウドコンピューティング][eコマース][インターネット通信販売][テレビ通信販売][ビッグデータ][ASP][SaaS][SOHO][IT関連][太陽光発電関連]



2315カイカ
カイカ(2315) 東証JQ / 情報・通信業 / 100株単位
金融向け中心のSI。フィスコ子会社ネクス傘下で経営再建中。フィンテック関連に注力。

当日の株価:70円/前日比:+4
予想PER:23.4実績PBR:6.46
配当利回り: - %
優待制度:なし

①.シーズメン<3083>=ストップ高。同社は前週末23日引け後にカイカ<2315>およびカイカ子会社で仮想通貨関連事業を手掛けるCCCTと資本・業務提携することを発表、これがポジティブサプライズとなった。ECサイトのシステム開発や仮想通貨での決済、ブロックチェーンを活用した顧客管理などを検討する。また、CCCTなどを引受先とする102万5000株の第三者割当増資を実施する。発行価格は475円で、調達する約4億7000万円は仕入れ代金の支払いなどに充てる方針。(18/2/26)
②.【<3356> テリロジー 427 +29】大幅反発。一時466円まで上昇し昨年来高値を更新した。カイカ<2315>と資本提携契約を締結し、業務提携契約の一部を見直すと発表している。カイカは1月26日付で同社株式75万3700株(議決権比率4.9%)を市場外の相対取引で取得した。両社はブロックチェーン技術を活用した高度なセキュリティ製品の共同開発などで提携してきたが、関係をより強固なものとする。また、フィスコ仮想通貨取引所との業務提携の一部見直しも発表している。(18/2/5)
③.カイカ<2315>は11日取引終了後、eワラント証券(東京都千代田区)およびケイマン諸島を本拠とするEWARRANT INTERNATIONAL、それにEWARRANT FUNDの支配権の取得に関して独占交渉を開始することを明らかにした。eワラントは日本で唯一のリテール向け店頭カバードワラントのことで、同証券は実質100%の取引シェアを持つ。eワラント3社の支配権の取得は、カイカのデジタルトークンを用いた金融サービス構築のための重要なプラットフォームになることが期待されている。(18/1/11)
④.【増益基調】18年10月期は前期子会社化のソフト開発2社が通期貢献。金融、流通など既存顧客向けシステム開発案件増える。遅れぎみだった特設注意市場銘柄解除の効果が発現。人件費などの管理徹底、営業増益。
⑤.【ICO】新規仮想通貨公開の市場拡大見据え、派生ビジネス深耕に意欲。システム開発会社の新たなM&A通じブロックチェーン技術関連のエンジニア取り込み狙う。
 
キャッシュフロー(百万円)
営業CF : -270
投資CF : 454
財務CF : -1,606
現金等 : 704

財務(百万円)
自己資本比率 : 77.4%
利益剰余金 : -16,961
有利子負債 : 468

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示





3917アイリッジ
アイリッジ(3917) 東証マザーズ / 情報・通信業 / 100株単位
集客、販促でネット・実店舗連携の『OtoO』施策支援。スマホ位置情報連携サービスを展開

当日の株価:終値1,501円/前日比+4円
予想PER:161
実績PBR:7.68
配当利回り: - %
優待制度:なし
信用倍率:92.98倍

①.同社は本日引け後に決算を発表。2018年7月期第2四半期累計の非連結経常利益は前年同期比46.7%減の4,000万円に落ち込んだものの、通期計画7,500万円に対する進捗率は53.3%に達しています。なお、11-1月期の経常利益は前年同期比5.3倍の5,300万円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の3.7%から13.0%に急改善しています。(18/3/9)
②.【アイリッジ続伸、スマートフォン向けO2Oソリューションのユーザー数8000万突破】アイリッジ<3917>が続伸、5日にマドを開けて急落したものの1400円台で底を入れリバウンド局面に転じている。スマートフォンを活用した実店舗への集客・販促サービスを行うというのが同社のビジネスモデル。7日、同社が提供するスマートフォン向けO2Oソリューション「popinfo」のユーザー数が2月に8000万を突破したことを発表しており、これを手掛かり材料に買いが優勢となった。(18/3/8)
③.アイリッジ <3917> [東証M] が売り気配でスタート。2日、18年7月期の経常利益(非連結)を従来予想の2億6000万円→7500万円(予想レンジ中値)に71.2%下方修正し、一転して64.5%減益見通しとなったことが売り材料視された。同社はスマートフォンをプラットホームとして実店舗へ集客するO2O(オーツーオー)ソリューション「popinfo」の販売を主力とする。スマートフォンを活用したマーケティングの市場規模が拡大する一方、案件の大型化・長期化の傾向が進んでおり、年度をまたぐ案件が増加している。こうした状況を背景に、売上が計画を22.5%も下回ることが利益を押し下げる。(18/3/5) 

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 294
投資CF : -67
財務CF : 7
現金等 : 891

財務(百万円)
自己資本比率 : 79.7%
利益剰余金 : 332
有利子負債 : 0

Yahooの株価リンクはこちら
株得記事をスクロールで表示
ほかのブログを表示


テーマ
[O2O][マーケティング][コンサルティング][営業・販売支援][データ分析・解析][決済サービス][フィンテック][仮想通貨][ブロックチェーン][スマートフォン][ASP][SaaS][IT関連]



9697カプコン
カプコン(9697) 東証1部 / 情報・通信業 / 100株単位
家庭用ゲームソフト大手。「モンハン」「ストリートファイター」等人気作品多数。開発力に定評。

当日の株価:4,555円/前日比:+155 
予想PER:26.2
実績PBR:3.1
配当利回り: 1.10%
優待制度:なし
信用倍率:0.90

①.平成30年3月31日(土曜日)を基準日として、同日最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有する普通株式1株につき2株の割合をもって分割いたします。なお、基準日である平成30年3月31日(土曜日)は、当社の株主名簿管理人が休業日のため、実質的には平成30年3月30日(金曜日)が基準日となります。(18/3/6) 
②.株式会社カプコンは、PlayStation®4、Xbox One※1およびPC※2向けゲーム『モンスターハンター:ワールド』を全世界で750万本出荷(ダウンロード版販売実績を含む)しましたのでお知らせいたします。(18/3/5) 
③.カプコン<9697> 機関:GS 格付:買い 目標株価:4600→5000 日付:2/16(18/2/16) 
④.【東京ゲームショウ2017でも出展ゲームが人気】ゲーム開発会社では、eスポーツの大会を行うことで知名度が上昇するとともに、利用者の増加につながるとの期待もある。カプコンはいち早く本格参入を発表。なかでも「ストリートファイター」シリーズが人気のカプコンでは2月13日、北米を中心に実施していたeスポーツ事業へ国内でも本格的に参入すると発表した。まずユーザーコミュニティーの醸成を目的に、コミュニケーションスペース「カプコンeスポーツクラブ」を2月17日にプラサカプコン吉祥寺店に新設。また、14年から米子会社主催で実施しているCAPCOM Pro Tourの高位大会として「CAPCOM Pro Tour ジャパンプレミア大会」を「東京ゲームショウ2018」で開催するとしている。同大会の上位入賞選手にはプロライセンスの発行も予定しており、他社に先行する。(18/2/15)
⑤.【増益基調】パチスロは下期から規制強化の影響受け減少。が、柱の家庭用ゲームは前期の『バイオハザード』や18年初投入の『モンスターハンター』効果で堅調。営業増益。19年3月期も家庭用ゲームが収益牽引。
⑥.【注力分野】スマホゲーム分野でのヒットタイトル不足が課題。他社との共同開発を進めテコ入れ図る。『モンスターハンター』の新作は海外での積極展開で拡販狙う。

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 3,200
投資CF : -3,628
財務CF : -3,130
現金等 : 24,337

財務(百万円)
自己資本比率 : 70.5%
利益剰余金 : 47,514
有利子負債 : 10,524

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示



テーマ[ゲームソフト][オンラインゲーム][スマホゲーム][ソーシャルゲーム][ゲーム関連][プレイステーション][ニンテンドーDS][ニンテンドー3DS][Wii][iPhone関連][スマートフォン][iPad関連][3D映像][VR][仮想空間][アミューズメント][eスポーツ][クールジャパン][ハロウィン][アベノミクス関連][コンテンツ]

↑このページのトップヘ