RSS

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ



2788アップルインターナショナル

アップルインターナショナル(2788) 東証2部 / 卸売業 / 100株単位
東南アジア向け中古車輸出が柱。国内で中古車買い取り専門店『アップル』のFC展開。

当日の株価:終値336円/前日比+14円
予想PER:7.76
実績PBR:0.64
配当利回り:1.48%(*③
優待制度:なし

①.アップルインターナショナル <2788> [東証2] が2月19日大引け後(15:00)に決算を発表。17年12月期の連結経常利益は前の期比35.2%減の3.3億円に落ち込んだが、18年12月期は前期比3.9倍の12.9億円に急拡大する見通しとなった。直近3ヵ月の実績である10-12月期(4Q)の連結経常損益は0.1億円の赤字(前年同期は1.1億円の黒字)に転落し、売上営業損益率は前年同期の1.4%→-0.5%に悪化した。(18/2/19)

②.17年12月期の連結経常利益は前の期比35.2%減の3.3億円に落ち込んだものの、続く18年12月期は前期比3.9倍の12.9億円に急拡大する見通しとなった。今期はタイを拠点とする中古車輸出事業の販路拡大などで、21.9%の大幅増収を見込む。前期に予定していた中国子会社の清算承認手続きがずれ込み、手続き完了後に発生する為替差益6.5億円を計上することも大幅増益の要因となる。(18/2/19)
 
③.決算発表と同時に、従来は無配としていた前期の期末一括配当を5円実施し、8期ぶりに復配するとし、今期も5円を継続する方針とした。(18/2/19)


④. 中古車輸出は軟調。国内加盟店純増2(前期ゼロ)と想定以下、営業益減額。中国子会社清算に伴う為替差益。復配検討。18年12月期は中古車・トラック輸出先国拡大で中古車販売台数増。リースやレンタカー事業も本格展開で貢献。営業益上向く。(17/12/15)
 
⑤.タイの新拠点通じ、いすゞ自等の中古ピックアップトラック輸出拡大。本社ある四日市にリース事業の基幹店開設。(17/12/15)

キャッシュフロー(百万円)
営業CF  8    
投資CF  356
財務CF  -181
現金等  2,367

財務(百万円)
自己資本比率  81.6%   
利益剰余金  2,003 
有利子負債 2,158 

にほんブログ村 株ブログへ
ほかの情報を収集