RSS

投資ギャンブル ブログサイトランキング

[6037]ファーストロジック 
[1部]業種:サービス業
終値810円/前日比+110円
Yahooの株価リンクはこちら

投資用不動産のポータルサイト「楽待」を運営。掲載物件数は業界で最多。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は先週末21日引け後に業績修正を発表。2020年7月期の経常利益を従来予想の8億円から8.6億円に6.7%上方修正しました。加えて発行済み株式数の1.75%に当たる20万株、1億円を上限とする自社株買いの実施も発表。業績面での安心感が強まると共に目先の需給改善を期待する動きが優勢で、新値追いの展開が期待されます。ただ、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており注意も必要です。



[7172]ジャパンインベストメントアドバイザー 
[M]業種:証券・商品
終値999円/前日比-119円
Yahooの株価リンクはこちら

航空機や海上輸送用コンテナオペレーティングリースが主力。太陽光発リースや保険も。 本日大幅反落です。昨日の日経新聞では、新型コロナウイルス感染拡大で渡航制限が続く中、世界の飛行機の3分の1、8600機は休暇シーズンの8月に入っても地上に留め置かれていると報じられています。需要拡大を前提に投資してきたリース産業や金融商品もリスクに晒され、新造機はキャンセルが相次ぐとのことです。航空機リースは影響が避けられず航空会社は固定費であるリース料の減免を求めているとのことです。これを受け同社事業にも悪影響が出てくるとの警戒が改めて意識されたようで、先週末上げていただけに本日は売られる動きになっています。明日以降も売りが続くか注目されます。



[6659]メディアリンクス 
[JQ]業種:電気機器
終値339円/前日比+27円
Yahooの株価リンクはこちら

放送・通信機器を開発・販売するファブレスメーカー。大規模メディア伝送に強み。 本日前場10時前から出来高を伴い急伸し、一時ストップ高まで買い進まれる場面がありました。次世代映像伝送向けの100Gbpsに対応する新しいIP伝送プラットフォーム製品「MD8000-100G(MD8000 SWCNT9-100G)エディション」を発表。これまでの最大10Gb/sを100Gb/sへ広げ、10倍の帯域幅に対応したとのことです。テレワークの浸透でオンライン会議など映像伝送に絡んだ需要が拡大するとの思惑が向かっている模様で、目先の株価は荒い値動きが続くことも考えられます。



[7593]VT HD 
[1部]業種:小売業
終値371円/前日比+36円
Yahooの株価リンクはこちら

ホンダ・日産系ディーラー。中古車輸出やレンタカーも。M&A積極展開、多角化推進。 本日大きく急伸しました。同社は先週末21日引け後に決算を発表。2021年3月期第1四半期の連結税引き前損益は2億円の赤字に転落しました。しかし、併せて4-9月期の同利益を従来予想の1億円から10億円へ10倍上方修正。海外のロックダウン解除などの影響で想定よりも早く最悪期を脱出出来ている他、各種経費の削減効果も顕在化の模様です。また、据え置きの通期計画も上振れの可能性が高いと捉えられています。一目均衡表では本日雲を抜け、2月に付けた469円を目指す動きにあります。



[4488]AI inside 
[M]業種:情報・通信業
終値48,450円/前日比+4,300円
Yahooの株価リンクはこちら

人工知能技術を用いた光学式文字読み取り装置(OCR)サービスを提供。 本日大幅続伸し上場来高値を更新しました。同社は12日に、2021年3月期予想の営業利益を5億7,600万円から前期比2.4倍の10億3,500万円に増額修正を発表。書類の手書き文字をデジタル化するAI-OCR製品が想定以上に伸びているようです。電子政府の構築などに絡み同社のサービスに対する需要は今後一段と伸びることが予想されており、その成長性を評価する株価一段高に期待が集まる処です。



[3995]SKIYAKI 
[M]業種:情報・通信業
終値832円/前日比+87円
Yahooの株価リンクはこちら

音楽アーティストなどのファンクラブ・ファンサイト制作・運用やチケット・グッズ販売。CCC傘下。 本日大幅続伸となり年初来高値を更新しています。先週末同社は、仮想ライブ空間「SHOWROOM」で8月21日に生配信される指原莉乃ファンクラブ主催のオンラインイベントのチケットを電子チケットアプリ「SKIYAKI TICKET」にて販売すると発表。また、昨日の日経ヴェリタスで同社の紹介記事が掲載されており、同社の会員数は順調に伸びており、2020年6月末時点の総会員数は336万人、有料会員数は82万人に上るとのことです。既に公表していることで目新しくはありませんが、同社はコロナ禍による音楽ライブ中止や延期も追い風に変えたと書かれており、本日は見直し買いに繋がっているようです。小型の貸借銘柄だけに物色が続くと面白いとの声も聞かれました。



[4435]カオナビ 
[M]業種:情報・通信業
終値5,820円/前日比+690円
Yahooの株価リンクはこちら

人材情報をクラウド上で一元管理するサービス「カオナビ」を提供。リクルートの持分法。 本日後場寄りからの一段高で4営業日ぶりに大幅反発しました。同社は本日正午頃、スタートアップ企業への支援プロジェクト「カオナビ NEXT FUND」で、農業の労働効率の向上を支援するクラウドサービス「agri-board」を提供する、はれると社へ出資を実施したと発表しています。同社の人材マネジメントシステム事業とのシナジーも期待出来、株価は先週18日に付けた上場来高値6,180円の更新を視野に捉えています。



[4055]ティアンドエス 
[M]業種:情報・通信業
終値26,010円/前日比+1,310円
Yahooの株価リンクはこちら

大手企業向けにシステム開発・運用保守や、AI関連のソフトウエア開発を手掛ける。 本日大幅続伸となり上場後、下げ無しの10連騰となっています。場中派手に垂れる場面も見られましたが、買いも入り崩れそうで崩れない動きを続けています。市場ではヘッジファンドの買いが入っているとの見方もあるようで、意図的に相場が作られている可能性があるとの見方もあります。数日中に下げる日も出てくると思われますが、そうなったあとも買いが続くのか、相場が終わるのか注目されます。同社株だけなく特に値嵩新興銘柄に強い銘柄が目立っており、そういった銘柄にもヘッジファンドなど投機筋による資金が入っている可能性があるだけに新興市場の強さは、まだしばらく続くのではとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。