RSS

投資ギャンブル ブログサイトランキング

[3968]セグエグループ  [1部]業種:情報・通信業
終値647円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

セキュリティーソフトやITインフラ製品を輸入・販売。SE派遣や自社開発品も注力。 本日前場10時台から出来高を伴い急伸し、ストップ高まで買われ大幅反発しました。昨日引け後に、同社中核子会社ジェイズ・コミュニケーションが、米ジュピター・ネットワークス社が提供するAI(人工知能)管理型Wi-Fiソリューション「Mist」の取り扱いを開始すると発表しています。直近の株価は、23日に底を確認して以降、上を向いた5日線がサポートとして機能しており、反騰相場は続きそうです。



[7035]and factory  [1部]業種:サービス業
終値1,144円/前日比+149円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホゲーム攻略の掲示板アプリや漫画アプリなどを展開。体験型宿泊施設に進出。本日大幅上昇となり、一時ストップ高まで買われました。昨日同社は新型コロナウイルス感染拡大の対応と影響について発表。同社は2月19日より不要不急の出張は原則禁止し、本社勤務の全社員を対象に原則在宅での勤務を実施しているとのことです。また、同社が提供しているサービスに関しては、全ての事業を通常通り運営している模様で新型コロナウイルスによる業績への影響は現時点では観測されていないとのことです。株主還元策については、今後新型コロナウイルス感染拡大により同社業績に影響をおよぼしたとしても、予定している株主優待施策を取り止める予定は無いとのことです。これらが買い安心感に繋がった模様です。



[3070]アマガサ  [JQG]業種:卸売業
終値229円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

婦人靴を企画販売。若年層女性向けカジュアル靴などの小売り、卸売りを展開。本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に株主優待制度を導入すると発表。毎年1月末時点で100株以上を保有する株主を対象に、自社ECサイト掲載商品から1点を贈呈します。2020年に限っては7月末の株主を対象予定しています。併せて本社ビルの売却に伴い、2021年1月期第1四半期に売却益1.2億円を特別利益に計上する見通しとなったこと発表。株主優待制度の新設や固定資産の売却益計上を好感する買いがどこまで続くか注目されます。



[7752]リコー  [1部]業種:電気機器
終値781円/前日比-37円
Yahooの株価リンクはこちら

複写機で首位級。カラー複合機やITサービスに注力。M&Aで産業印刷を強化。本日大幅安です。同社は前場中に2020年3月末に終了する第19次中計総括として、1,000億円の追加株主還元方針を決定したと発表。第20次中計期間中(2020年4月から2023年3月)の出来るだけ早い時期に実施するとのことです。同社株の時価総額は6,000億円程度だけに、1,000億円という株主還元はインパクトあるとの見方から買いが集まり、一時900円近くまで上昇する場面も見られました。しかし、買い一巡後は結局行って来いとなり、その後も更に売られる始末。株主還元方法が自社株買いか配当かも未だ分かっておらず、しかも3年間で1,000億円ということだけに、それ程のインパクトは無いのではとの声も聞かれました。



[7980]重松製作所  [JQ]業種:その他製品
終値1,383円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

産業用防毒マスクで首位。米3MへOEM供給。官公庁向けで実績。防塵用も。本日大きな窓を開けて続急伸し、ストップ高まで買われました。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、国内でも都道府県で外出自粛要請の動きが相次いでおり、日常生活での防衛意識の高まりが、マスクや除菌剤を手掛ける銘柄に短期資金流入を加速させています。株価は2月下旬以降総じて大幅な調整を入れていたこともあって、値ごろ感からの追随買いを誘い易いものの、手掛かり材料難からの物色も否定し切れず[3604]川本産業、[4558]中京医薬品、[7963]興研、[4990]昭和化学工業、[4364]マナックなどと共に今後も値動き重視の投資になります。



[1973]NECネッツエスアイ  [1部]業種:情報・通信業
終値4,400円/前日比+445円
Yahooの株価リンクはこちら

NECの工事部門が独立。IP化システム構築やクラウドを提供。ネットワークに強み。本日大幅高です。日経新聞電子版では、米国発のテレビ会議システム「Zoom」の記事が掲載されています。Zoomは米ナスダック上場のズーム・ビデオ・コミュニケーションズのテレビ会議システムで、通信回線が安定していて途切れ難い上、セキュリティに定評があり、世界75万社が導入しているとのことです。同社によれば、新型コロナウイルス感染拡大で3月のZoomに関する問い合わせは通常の10倍ペースで、今までに無いくらい引き合いが強いとのことです。この記事を受け改めてテレワーク関連として見直し買いが入ってきた様子です。また、今年1月に子会社がZoom米国本社と顧客紹介契約を締結したと発表した[4829]日本エンタープライズも買われる場面が見られました。



[4571]ナノキャリア  [M]業種:医薬品
終値248円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

抗がん剤に特化の創薬ベンチャー。ミセル化ナノ粒子技術による医薬品の開発。本日後場から商いを伴って急伸し、ストップ高を付けています。同社は本日正午に、遺伝子治療薬「VB-111」のプラチナ製剤抵抗性卵巣癌を対象とした国内開発を決定したと発表。同剤は、米国を中心に実施中の国際共同第3相臨床試験に関し、第三者委員会による中間解析が行われ、良好な結果が認められて試験の継続が推奨されたことを導入元のイスラエルのVBL Therapeutics社が発表しています。本日は差し引き380万株超の買いものを残しており、270円処を走る75日移動平均線を視野に捉えたと言えそうです。



[4483]JMDC  [M]業種:情報・通信業
終値4,675円/前日比+690円
Yahooの株価リンクはこちら

医療データベースの構築や調剤薬局へのデジタルソリューション提供などを手掛ける。 本日大幅高となり、一時ストップ高まで買われました。特に材料は見当たりませんが、ここに来て東京都のロックダウン(都市封鎖)が警戒されており、それにより昨日オンライン診療などを手掛ける[4480]メドレーが上場来高値を更新していました。ロックダウンとなれば、オンライン診療需要が伸びるとの思惑で同社は遠隔医療事業なども手掛けていることから、やはり同社事業には追い風になるとの見方も多いようです。東京都のロックダウン懸念は来週も続くと思われ、テレワーク関連や遠隔診療関連株の物色は来週も続くと期待する向きも多いようです。




このブログはランキングに参加しています。