株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

[6095]メドピア
終値1,544円/前日比-12円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2018年9月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比76倍の3億500万円に急拡大しました。併せて通期の同利益予想を従来の2億2,500万円から3億8,000万円に68.9%上方修正しており、増益率は3.5倍から5.8倍に拡大しています。4期ぶり過去最高益を更新する見通しです。




[4776]サイボウズ
終値571円/前日比±0円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2018年12月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比27.9%増の10.8億円に伸びました。通期計画6.5億円に対する進捗率が166.9%と既に超過達成しており、前年同期の103.3%も上回りました。第2四半期連結経常利益も前年同期比2.1倍の5.1億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の10.8%から16.4%に急上昇しています。




[3457]ハウスドゥ
終値2,350円/前日比-50円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2018年6月期の連結経常利益は前期比73.0%増の19億円に伸び、2019年6月期も前期比57.2%増の30億円への拡大を見込んでいます。2期連続で過去最高益を更新する見通し。同時に前期の年間配当を39円から45円に増額し、今期は31円として6月30日割当の株式分割を考慮した実質配当は37.8%増配とする方針としています。

[5704]JMC
終値2,785円/前日比-15円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2018年12月期第2四半期累計の非連結経常利益は前年同期比19倍の1億6,900万円に急拡大しました。併せて通期の同利益予想を従来の1億2,700万円から2億6,100万円に2.1倍上方修正し、増益率は4.5倍から9.3倍に拡大しています。また、3期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなっています。




[5997]協立エアテック
終値908円/前日比-6円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2018年12月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比70.5%増の4.4億円に拡大し、従来の31.0%減益予想から一転して増益で着地しました。通期計画7.2億円に対する進捗率は60.4%にまで達しています。また、4-6月期の連結経常利益も前年同期比2.0倍の2億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の4.7%から8.3%に大幅改善しました。




[4848]フルキャストHD
終値2,640円/前日比-55円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2018年12月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比29.9%増の27.8億円に伸び、従来予想の23.4億円を上回って着地しました。併せて通期の同利益予想を従来の50.8億円から57億円に12.2%上方修正しており、従来の13期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せしました。更に、業績好調に伴い今期の年間配当を従来計画の28円から30円に増額修正しています。

[1605]国際石油開発帝石
終値1,234.5円/前日比-4.5円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2019年3月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比21.7%増の1,162億円に伸びました。併せて通期の同利益予想を従来の3,710億円から4,630億円に24.8%上方修正しており、一転して19.6%増益見通しとなっています。同時に、上期の同利益予想を従来の1,650億円から2,220億円に34.5%上方修正し、一転して13.6%増益見通しを示しています。




[7806]MTG
終値7,010円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら 

野村證券は9日付で、投資判断「ニュートラル」、目標株価8,000円でカバレッジを開始しています。商品だけでなく近未来型ジムSIXPAD STATIONのようなサービス展開など成長の引き出しを拡げることが、更なる企業価値拡大に繋がる可能性に期待とコメントしています。




[4676]フジ・メディアHD
終値1,961円/前日比+24円
Yahooの株価リンクはこちら 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は8日付で、レーティングを「ニュートラル」から「オーバーウエート」に、目標株価を1,870円から2,420円にそれぞれ引き上げています。ポイントとしては、主力事業が従来のメディア・コンテンツから都市開発・観光に変わるという収益構造の変化、IR実現によるポテンシャルを考慮し、バリュエーション手法を過去10年高値平均PBR0.74倍、基準期を23年3月期に変更や基準期変更や同証券利益予想の増額に伴い目標株価算出基準期を2023年3月期同証券予想BPS3,272.2円とする点を挙げています。

[4004]昭和電工
終値5,170円/前日比-150円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2018年12月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比3.5倍の777億円に急拡大し、従来予想の645億円を上回って着地しました。併せて通期の同利益予想を従来の1,315億円から1,670億円に27.0%上方修正し、増益率は2.1倍から2.6倍に拡大。従来の2期連続での過去最高益予想を更に上乗せています。




[7274]ショーワ
終値1,917円/前日比+38円
Yahooの株価リンクはこちら 

SMBC日興証券は7日付で、投資判断「2」を継続、目標株価は2,000円から2,200円に引き上げています。同証券では、2019年3月期第1四半期決算を踏まえ業績予想、目標株価を修正したとしています。南アジア向け二輪車部品の安定需要の中、ガイダンスは引き続き保守的と見るとコメントしています。




[8002]丸紅
終値918.8円/前日比+8.6円
Yahooの株価リンクはこちら 

野村證券は7日付で、投資判断「ニュートラル」を継続、目標株価は880円から920円に引き上げています。2019年3月期第1四半期決算は、一過性の利益を除いても同証券予想以上にパルプ事業や農薬・肥料事業などが好調に推移、第1四半期に計上された一過性損益や好調な非資源分野の業績動向を織り込んで同證券利益予想を上方修正するとしています。


[7408]ジャムコ
終値2,421円/前日比+48円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2019年3月期第1四半期の連結経常利益は、前年同期比23倍の16億円に急拡大しての着地となりました。上期計画14億円に対する進捗率は114.9%と超過達成しています。また、4-6月期の売上営業利益率も前年同期の0.4%から6.6%に急改善しました。




[6432]竹内製作所
終値2,620円/前日比+69円
Yahooの株価リンクはこちら 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は6日付で、レーティング「オーバーウェート」を継続、目標株価は3,600円から3,900円に引き上げています。「欧米市場で収益拡大が続く」というエクイティストーリーを継続、利益成長とバリュエーションの両面で、株価に大きなアップサイドがあると判断するとしています。




[7270]SUBARU 
終値3,342円/前日比+110円
Yahooの株価リンクはこちら 

野村証券は6日付で、投資判断「Buy」を継続、目標株価は4,000円から4,100円に引き上げています。国内販売は完成検査や燃費・排気ガス検査に関連した不正で苦戦しているものの主力の北米の小売販売は4-6月期も順調に拡大しているとし、苦戦が続いた欧州でもXV人気で販売が回復してきたとコメントしています。


[4514]あすか製薬
終値1,262円/前日比-19円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2019年3月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比15.6%増の13.5億円に伸びました。併せて上期の同利益予想を従来の3億円から12億円に4.0倍上方修正し、減益率は84.9%減から39.8%減に縮小する見通しとなりました。4-6月期の売上営業利益率は前年同期の8.4%から9.5%に改善しています。




[6158]和井田製作所
終値1,127円/前日比-1円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に業績・配当修正を発表。2019年3月期の連結経常利益予想を従来の9.9億円から16.6億円に67.8%上方修正し、増益率は16.5%増から95.5%増に拡大しました。12期ぶりに過去最高益を更新する見通しです。同時に、上期の連結経常利益予想も従来の5.4億円から8.8億円に63.1%上方修正し、増益率は2.4倍から3.9倍に拡大。更に、業績好調に伴い今期の上期配当を従来計画の14円から18円に増額し、下期配当も従来計画の14円から18円に増額修正しました。




[6976]太陽誘電
終値3,210円/前日比-110円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2019年3月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比56.0%増の68.9億円に拡大しました。併せて通期の同利益予想を従来の200億円から245億円に22.5%上方修正し、一転して19.2%増益見通しとなりました。同時に、上期の同利益予想を従来の90億円から135億円に50.0%上方修正し、一転して34.7%増益見通しとなっています。


[8111]ゴールドウイン
終値7,960円/前日比+90円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2019年3月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比60.4%増の10.7億円に拡大しました。併せて上期の同利益予想を従来の16.5億円から19億円に15.2%上方修正。増益率は7.4%増から23.7%増に拡大し、従来の2期連続での上期の過去最高益予想を更に上乗せしました。




[6047]Gunosy
終値1,770円/前日比+6円
Yahooの株価リンクはこちら 

東海東京調査センターは2日付で、投資判断「アウトパフォーム」を継続、目標株価は2,000円から2,500円に引き上げています。 強気の理由として、2018年5月期は期初計画未達であったものの市場予想通りでサプライズはない点、メディアの成長鈍化懸念は現在の株価に織り込まれており、今後はアドネットワークなどを含めた企業全体の利益成長が焦点となると予想する中、同社は前年比では高い成長率を維持している点などを挙げています。




[6981]村田製作所
終値18,665円/前日比-300円
Yahooの株価リンクはこちら 

岩井コスモ証券は2日付で、投資判断「A」を継続、目標株価は20,000円から23,000円に引き上げています。2019年3月期の収益急回復に加え、MLCCの製品値上げによって、2020年3月期には4期ぶりの連結営業最高益更新が視野に入ると共に新たな成長ステージも見えてきそうだとコメントしています。

[4828]東洋ビジネスエンジニアリング
終値1,985円/前日比-25円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2019年3月期第1四半期の連結経常損益は前年同期8,400万円の赤字から2億4,400万円の黒字に浮上して着地しました。併せて上期の同利益予想を従来の2億9,000万円から4億1,000万円に41.4%上方修正しており、増益率は2.8倍から4.0倍に拡大、2期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなりました。更に、上期業績の好調に伴い通期の同利益予想を従来の7億4,000万円から7億7,000万円に4.1%上方修正。従来の3期連続での過去最高益予想を更に上乗せしてます。




[4812]ISID
終値3,450円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら 

大和証券は1日付で、投資判断「1」を継続、目標株価は3,120円から3,810円に引き上げています。同証券では、実態好調を反映し業績予想を上方修正。足元で顕在化した「働き方改革」と「製造業の生産現場のIT化」の売上高の急拡大は、日本の構造的需要増を反映したものと言え、長期潜在成長力は非常に大きいと考えるとコメントしています。




[6966]三井ハイテック
終値1,603円/前日比+151円
Yahooの株価リンクはこちら 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は1日付で、レーティング「Buy」を継続、目標株価は2,400円から3,200円に引き上げています。強気のエクイティストーリーとして、「xEV向けモーターコアと車載やモバイル関連向けリードフレームを牽引役とする成長シナリオの実現」を挙げています。株価は、2019年1月期減益計画や第1四半期の営業利益半減などから調整中であり、2020年1月期以降の利益拡大とスケールが拡大した中長期の成長シナリオの実現を織り込むタイミングと考えるとしています。

[7812]クレステック
終値1,154円/前日比+7円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に業績・配当修正を発表。2018年6月期の連結経常利益予想を従来の6.6億円から8.4億円に27.2%上方修正しました。一転して18.6%増益見込みとなり、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなっています。また、業績好調に伴い前期の年間配当を従来計画の34円から39円に増額修正する旨も発表しています。




[9062]日本通運
終値7,350円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は7月31日付で、レーティングを「ニュートラル」から「オーバーウエート」に引き上げ、目標株価は9,300円を継続しています。現在の貿易摩擦の中心は米中間であり、同社が主力とする日本発・日本着の貨物運搬数量に与える影響は必ずしもマイナスではないことや米国政権による各国へのイラン原油輸入ゼロ要求は現実的ではないと考えられ、WTI原油価格も70ドル近辺に低下、2030年7月豪雨の営業利益マイナス影響は約60億円、一方で日本セグメント収益改善によるプラス影響は約30億円あると予想することから、トータルでの営業利益への影響は限定的であるとの点を理由に株価下落は行き過ぎであると判断するとしています。




[7974]任天堂
終値39,100円/前日比+2,340円
Yahooの株価リンクはこちら 

野村証券は7月31日付で、投資判断「Buy」を継続、目標株価は59,000円から60,000円に引き上げています。同証券では連結営業利益予想を若干上方修正。2019年3月期、2020年3月期のSwitchの期間販売台数は、足元の状況を反映し、約200万台下方修正するもののソフトウエアの販売本数及び粗利率が同証券の予想を上回って推移しており、営業利益を押し上げつつあるとコメントしています。

[8946]ASIANSTAR 
終値184円/前日比-7円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に業績修正を発表。2018年12月期第2四半期累計の連結最終損益予想を従来の2,800万円の黒字から6,600万円の黒字に2.4倍上方修正しました。当初の計画で第3四半期以降に売上計上を見込んでいた物件が当第2四半期連結累計期間に売上計上されたこと、委託者の都合による管理契約解除に伴う補償金約1,600万円を特別利益に計上することになったことを要因として挙げています。




[3891]ニッポン高度紙工業
終値3,020円/前日比-5円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2019年3月期第1四半期の連結最終利益は前年同期比60.3%増の8.3億円に拡大して着地しました。併せて上期の同利益予想を従来の5.8億円から12億円に2.1倍上方修正しており、一転して55.2%増益見通しとなっています。更に上期業績の好調に伴い通期の同利益予想も従来の13.2億円から19.5億円に47.7%上方修正しています。8期ぶりに過去最高益を更新する見通しです。




[4578]大塚HD
終値5,150円/前日比-9円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に業績(国際会計基準=IFRS)修正を発表。2018年12月期第2四半期累計の連結税引き前利益予想を従来の590億円から800億円に35.6%上方修正しました。増益率は21.8%増から65.2%増に拡大する見通しを示しています。関連会社であったReCor Medical Inc.を完全子会社化し、IFRSの定めによる既存の持分及び既存の契約関係の再評価益を約170億円計上する見込みとしています。

↑このページのトップヘ