株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

[4987]寺岡製作所 業績:化学
終値735円/前日比-25円
Yahooの株価リンクはこちら 

粘着テープ専業大手。梱包・包装用から電機・電子用が柱に。海外を開拓。同社は本日引け後に業績・配当修正を発表。2019年3月期第2四半期累計の連結経常利益予想を従来の8.5億円から11.5億円に35.3%上方修正し、増益率は22.7%増から65.9%増に拡大する見通しとなりました。上期業績の好調に伴い通期の連結経常利益予想も従来の15億円から17.6億円上方修正し、同時に今期の上期配当を従来計画の5円から9円に大幅増額しています。




[5423]東京製鐵 業績:鉄鋼 以前の記事
終値757円/前日比-35円
Yahooの株価リンクはこちら 

独立系電炉大手。建材が主力でH形鋼や厚板等製品多彩。熱延鋼板に進出。同社は本日引け後に決算を発表。2019年3月期第2四半期累計の非連結経常利益は前年同期比3.4%減の76.4億円に減ったものの、併せて通期の同利益予想を従来の120億円から130億円に8.3%上方修正しました。増益率は1.7%増から10.1%増に拡大する見通しとなっています。7-9月期の経常利益も前年同期比10.4%増の34.1億円に伸びました。




[9787]イオンディライト 業績:サービス業
終値3,840円/前日比+90円
Yahooの株価リンクはこちら 

施設管理最大手。イオンへの依存度大。病院や介護施設を開拓。自販機も。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は22日付で、投資判断「ホールド」を継続し、目標株価を3,390円から3,900円へ引き上げました。戦略的パートナーとしてファシリティーの管理運営に関する最適なサービスの提供の受託拡大、省人化などにより中期的な利益成長が続くという見方を維持するとのことです。


[7523]アールビバン 業種 : 小売業
終値781円/前日比-4円
Yahooの株価リンクはこちら 

現代版画の催事販売が主体。イラスト系も。リゾートホテル事業やフィットネスも展開。同社は本日引け後に業績修正を発表。2019年3月期第2四半期累計の連結経常利益予想を従来の7.7億円から18億円に2.3倍上方修正し、増益率は23.4%増から2.9倍に拡大する見通しとなりました。版画等の発送が順調に推移したことおよび版画などの原価率を抑えることが出来たことや「健康産業事業」におけるホットヨガスタジオ「アミーダ」の出店費用が順調に予算内で推移したことなどを理由として挙げています。




[6432]竹内製作所 業種 : 機械 10/11の記事
終値2,503円/前日比+20円
Yahooの株価リンクはこちら 

建機中堅。ミニショベルなど小型が主力。海外比率高く欧米で高シェア。東海東京調査センターは19日付で、投資判断「アウトパフォーム」を継続、目標株価は2,970円から3,090円に引き上げています。9月に従来目標株価2,970円を超えたものの10月に入り株式市場の大幅変動に伴い、同社株価も大きく下落。2019年2月期第2四半期決算発表が終わったことで、目先は株価を押し上げる材料に乏しいものの2020年2月期も業績拡大が期待出来ることから、投資判断を継続するとしています。




[4901]富士フイルムHD 業種 : 化学
終値5,001円/前日比+53円
Yahooの株価リンクはこちら 

写真用フィルム主体から医療機器や液晶材料などに転換。傘下に富士ゼロックス。ゴールドマン・サックス証券は19日付で、投資判断「買い」でカバレッジを再開、目標株価は5,700円に設定しています。過去3ヵ月セクターをアウトパフォームしてきたものの引き続き評価向上の余地があると考えるとコメント。具体的にはドキュメント事業における構造改革や高い株主還元水準の持続によりROEは過去レンジを超え、2021年3月期に8%に到達すると考えて2019年3月期末PBR1.0倍に留まる現状株価の再評価を予想するとしています。


検証用


Yahooの株価リンクはこちら

[4766]ピーエイ 東証2部 / サービス業 / 100株単位


当日の株価:190円
予想PER:113倍
実績PBR:2.14倍
配当利回り: 1.58%
利益確定値目安:207円
ロスカット値目安:174円

同社は、モバイル求人サイトを運営する企業で信越などで求人誌を発行しています。また、保育園や人材派遣事業も展開しており、2018年12月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比32.4%減の2,300万円に落ち込むも通期計画3,000万円に対する進捗率は76.7%にまで達しました。千葉県を中心に首都圏で無料情報誌を発行している[2164]地域新聞社の大相場もあり、物色の拡がりに注目する市場関係者も少なくなさそうです。

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 89
投資CF : 113
財務CF : -15
現金等 : 985

財務(百万円)
自己資本比率 : 46.8%
利益剰余金 : 73
有利子負債 : 658



検証用


Yahooの株価リンクはこちら

[6171]土木管理総合試験所 東証1部 / サービス業 / 100株単位


当日の株価:638円
予想PER:39.2倍
実績PBR:2.36倍
配当利回り: 1.18%
利益確定値目安:685円
ロスカット値目安:576円

同社は、ボーリングなどの地質調査や地盤補強サービスが柱の社会インフラ整備の土質調査会社です。2018年12月期第2四半期累計の非連結経常利益は前年同期連結比48.1%増の2億3,700万円に拡大。従来予想の2億100万円を上回って着地しており、通期計画3億5,700万円に対する進捗率は66.4%にまで達しています。株価は11日の連れ安による大幅ギャップダウン後に順調な切り返しを見せており、更なる加速が望めそうです。

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 292
投資CF : -698
財務CF : 231
現金等 : 769

財務(百万円)
自己資本比率 : 76.9%
利益剰余金 : 1,611
有利子負債 : 0



検証用


Yahooの株価リンクはこちら

[7571]ヤマノHD 東証JQS / 小売業 / 100株単位


当日の株価:113円
予想PER:32.0倍
実績PBR:2.89倍
配当利回り: 1.77%
利益確定値目安:119円
ロスカット値目安:100円

同社は、和洋装品や宝飾品の販売が主力の企業で、スポーツ用品専門店も展開しており、通販も積極的に手掛けています。2019年3月期第1四半期の連結経常損益は、前年同期700万円の黒字から7,300万円の赤字に転落。ただ、株価は発表直後を安値に切り返し、最近の大崩相場の中では陽線が目立っています。低位株相場の流れに乗れれば先月26日の直近高値を伺う動きも期待出来そうです。

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 57
投資CF : 2,477
財務CF : -1,484
現金等 : 2,093

財務(百万円)
自己資本比率 : 18.7%
利益剰余金 : 1,208
有利子負債 : 651



検証用


Yahooの株価リンクはこちら

[3237]イントランス 東証マザーズ / 不動産業 / 100株単位


当日の株価:162円
予想PER:50.0倍
実績PBR:2.09倍
配当利回り: - %
利益確定値目安:171円
ロスカット値目安:143円

同社は、東京都心部を中心に不動産再生事業を手掛ける企業で、管理やハーブガーデンの運営も行なっています。9月13日に公表していた「販売用不動産の売却に関するお知らせ」における当該不動産の売却価格が想定を上回ったことにより、今月1日に今期連結経常利益予想を従来の2億2,000万円から3億3,000万円に50.0%上方修正しています。ただ、株価は翌日2日に大幅買い気配で反応したものの悪地合いもあり、大陰線を強いられており、その後も調整が進んでいます。

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 1,265
投資CF : 37
財務CF : -788
現金等 : 1,729

財務(百万円)
自己資本比率 : 44.7%
利益剰余金 : 840
有利子負債 : 2,883



検証用


Yahooの株価リンクはこちら

[4382]HEROZ 東証マザーズ / 情報・通信業 / 100株単位


当日の株価:16,230円
予想PER:194倍
実績PBR:32.38倍
配当利回り: - %
利益確定値目安:18,000円
ロスカット値目安:15,160円

同社は、自社開発の人工知能(AI)技術を建設・金融など向けに提供している企業で、将棋アプリも手掛けています。2019年4月期第1四半期の非連結経常利益は1億円での着地となり、通期計画4億円に対する進捗率は26.0%となりました。株価は4月の初値以降急調整を強いられてきましたが、一旦6月に底を打ち戻り基調に入ったものの直近で再び調整色を強めており、連れ安にて上場来安値に接近しています。

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 373
投資CF : -36
財務CF : 1,013
現金等 : 1,555

財務(百万円)
自己資本比率 : 86.0%
利益剰余金 : 325
有利子負債 : 0



検証用


Yahooの株価リンクはこちら

[4875]メディシノバ・インク 東証JQS外国部 / 医薬品 / 100株単位
以前の記事


当日の株価:1,270円
予想PER:- 倍
実績PBR:- 倍
配当利回り: - %
利益確定値目安:1,325円
ロスカット値目安:1,116円

同社は、米国が本拠の医薬品開発ベンチャーで、喘息急性発作などの治療薬を開発しています。先月26日には、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を適応とするMN-166のフェーズ3臨床試験に関しFDAからのポジティブなフィードバックを受けたことを発表したことにより、株価はギャップアップから急伸。FDAがグリオブラストーマ(神経膠芽腫)を適応としてMN-166(イブジラスト)をTMZ(テモゾロミド)との併用療法でオーファンドラッグ(希少疾患用医薬品)に指定したとの発表で、受けた先週5日にも大陽線で上値を追っています。ただ、一昨日と昨日は他の多くの銘柄同様連続大幅安を強いられており、買い場が近付いている印象です。

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : -
投資CF : -
財務CF : -
現金等 : -

財務(百万円)
自己資本比率 : -%
利益剰余金 : -
有利子負債 : -



[7034]プロレド・パートナーズ 
終値13,700円/前日比+960円
Yahooの株価リンクはこちら 

企業再生ファンドや上場企業に成果報酬型の経営コンサルティングを提供する。同社は本日引け後に業績修正を発表。2018年10月期の非連結経常利益予想を従来の5.6億円から5.7億円に3.4%上方修正しました。増益率が2.0倍から2.1倍に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想を更に上乗せしています。顧客紹介およびインバウンドによる案件数の増加、並びにコストマネジメントの削減率の向上が奏効したようです。




[3550]スタジオアタオ 
終値2,900円/前日比+188円
Yahooの株価リンクはこちら 

オリジナルバッグ、財布等の企画・販売。直営店舗・ネットショップの運営。岩井コスモ証券は18日付で、投資判断「A」、目標株価3,200円でカバレッジを開始しています。神戸発の基幹ブランド「ATAO」を中心にバックや財布類の企画・販売を展開。「独創的な商品を人気の定番商品に育てるノウハウを使って、ブームで終わらない強固なブランド構築を目指している」とコメントしています。




[4680]ラウンドワン 
終値1,444円/前日比-18円
Yahooの株価リンクはこちら 

複合レジャー大手。近畿地盤に全国展開。ボウリングやゲーム、時間制スポーツなど。SMBC日興証券は18日付で、投資判断「1」、目標株価2,500円でカバレッジを開始しています。小学生無料キャンペーンなどで好調だった2018年3月期の反動で月次売上成長率の見栄えが良くないことで株価は調整しているものの、モメンタム自体は悪くなく、反動の影響も株価には概ね織り込まれてきた中、次第に米国事業の成長期待が高まっていくと考えるとコメントしています。


[2337]いちご
終値356円/前日比±0円
Yahooの株価リンクはこちら 

不動産流動化のパイオニア。ファンド組成・運用。国内に集中投資。REIT運用も。同社は本日引け後に、上限900万株(自己株式を除く発行済株式総数に対する割合1.81%)・30億円とする自己株式取得を発表。取得期間は2018年10月19日から2019年1月18日。当社株式の市場価格および財務状況等を総合的に勘案し、株主利益の向上を図るためとしています。




[7594]マルカキカイ 
終値2,426円/前日比+76円
Yahooの株価リンクはこちら 

産業機械・建設機械の専門商社。米・中・東南アジアに拠点。メキシコを強化。岩井コスモ証券は17日付で、同社株の投資判断を新規「B+」でカバレッジを開始しました。目標株価は2,600円としています。主力の産業機械は、自動車業界向けが伸びており、2018年11月通期の連結営業利益は会社予想22億円に対して前期比29%増の24億5,000万円と上振れて着地すると予想しています。




[7532]ドンキホーテHD 
終値6,730円/前日比+230円
Yahooの株価リンクはこちら 

総合ディスカウント店を全国展開。深夜営業に特色。ユニー・ファミマと提携。ジェフリーズ証券は、ユニー株式取得を「意義深いディール」と評価、業績予想と目標株価を引き上げています。目標株価は7,000円から7,500円に引き上げ。今回の買収によって売上規模は国内小売業界8位から4位にまで上昇、今まで既存6店舗の業態転換で成功を収めていることから付加価値の増大に繋がる可能性も高いと指摘しています。



[4733]オービックビジネスコンサルタント
終値9,470円/前日比+210円
Yahooの株価リンクはこちら 

中小企業向け業務パッケージソフト大手。主力の「奉行」シリーズで高シェア。無借金。同社は本日引け後に業績修正を発表。2019年3月期第2四半期累計の非連結経常利益予想を従来の50億円から57.4億円に14.8%上方修正し、一転して12.6%増益見通しとなりました。上期業績の好調に伴い通期の経常利益予想も従来の116億円から125億円に7.8%上方修正。5期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなりました。




[3275]ハウスコム 
終値1,820円/前日比+24円
Yahooの株価リンクはこちら 

大東建託系の不動産賃貸仲介。大都市圏の駅前に直営店。物件量豊富。同社は本日引け後に業績修正を発表。2019年3月期第2四半期累計の非連結経常利益予想を従来の1.7億円から2.6億円に49.4%上方修正し、減益率は45.9%減から19.1%減に縮小する見通しとなりました。リフォーム事業が牽引となり、仲介業務関連収入が増加したこと、および人件費増加の抑制、広告宣伝・販売促進の効率化と各種施策の実施時期の見直しを理由として挙げています。




[1820]西松建設 
終値2,847円/前日比+93円
Yahooの株価リンクはこちら 

総合建設会社。ダム・トンネルなど土木に強み。戸田建と提携。東南アジア強化。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は16日付で、レーティング「オーバーウエート」、目標株価3,500円でカバレッジを開始。 注目ポイントとして、倉庫・流通施設、工場を中心とする建築事業の売上高拡大や道路、鉄道、治山・治水を中心とする土木事業の売上高拡大、そして、虎ノ門の土地活用などによる開発・不動産事業の中長期的な利益拡大の3点を挙げています。



[4386]SIG
終値2,200円/前日比-7円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に業績修正を発表。2019年3月期第2四半期累計の非連結経常利益予想を従来の8,700万円から1億2,800万円に47.1%上方修正しました。システム開発事業及びインフラ・セキュリティサービス事業ともに活況な市場動向を背景に事業分野全般で取引が拡大し、予想を上回る見込みとしています。




[8919]カチタス 9/13の記事
終値2,987円/前日比+44円
Yahooの株価リンクはこちら 

東海東京調査センターは15日付で、投資判断「アウトパフォーム」、目標株価4,250円でカバレッジを開始しています。国内では空き家問題が指摘されて久しいですが、特に地方における戸建の買取再販は高いリフォーム力に加え、豊富な物件情報やブランドの認知・信頼が肝要であり、参入障壁は高いとしています。今後拡大が見込まれる中古住宅市場において、地方の実需に適う安価且つ高品質な戸建中古住宅を供給し続ける同社のユニークな役割は、ホームステージングを担う[9843]ニトリHDとの協業も相俟って、一層拡大すると考えているとコメントしています。




[6047]Gunosy 8/3の記事
終値2,458円/前日比-123円
Yahooの株価リンクはこちら 

岩井コスモ証券は15日付で、投資判断「A」を継続、目標株価は2,500円から3,000円に引き上げています。12日に2019年5月期連結業績予想の上方修正を発表。スマホ向けニュースアプリ「ニュースパス」などの新しい事業での広告収入が想定以上に拡大しており、収益基盤の強化が進んでいるとコメント。中期的に連結営業利益で年平均25%の増益などを目指す中期目標の達成に向けて業績は順調に拡大していると評価出来ようとしています。



[7829]サマンサタバサジャパンリミテッド 
終値412円/前日比-9円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2019年2月期第2四半期累計の連結経常損益は前年同期の5.1億円の赤字から5億円の黒字に浮上し、従来予想の2.1億円の黒字を上回って着地となりました。併せて通期の同損益予想を従来の2.6億円の黒字から5.5億円の黒字に2.1倍上方修正しています。




[6758]ソニー 9/12の記事

終値6,218円/前日比-40円
Yahooの株価リンクはこちら 

野村證券は12日付で、投資判断「Buy」を継続、目標株価は7,800円から8,000円に引き上げています。エンタテインメント事業におけるプラットフォーマー、コンテンツホルダーとしてのポジション強化が進んでいるとし、これらを軸としたリカーリング型ビジネスへの構造変化に注目しているとコメント。エレクトロニクス事業が生み出す安定キャッシュフローがコンテンツ関連を中心とした積極投資を支える事業ポートフォリオ運営も前向きに評価出来ようと指摘しています。




[7912]大日本印刷 
終値2,552円/前日比+10円
Yahooの株価リンクはこちら 

SMBC日興証券は12日付で、投資判断を「2」から「1」に、目標株価を2,100円から3,100円にそれぞれ引き上げています。 今後のカタリストとして第2四半期決算での好調なエレクトロニクス事業に加え、第1四半期決算で明らかになった情報コミュニケーション事業の収益改善が継続性のあるものであることが確認されることを挙げています。


検証用


Yahooの株価リンクはこちら

[8226]理経 東証2部 / 卸売業 / 100株単位


10/11の株価:186円
予想PER:56.2倍
実績PBR:0.71倍
配当利回り: - %
利益確定値目安:209円
ロスカット値目安:175円

同社は、官公庁や大学向けに強みを持つ情報機器の輸入商社で衛星通信技術に定評があります。2019年3月期第1四半期の連結経常損益は前年同期の2.4億円の赤字から1.1億円の赤字に赤字幅が縮小。4-6月期の売上営業損益率は前年同期の-24.6%から-5.5%に急改善しています。今月入りより株価は上値追いに拍車が掛かってきましたが、ここにきて連れ安を強いられています。落ち着き次第の印象はあります。

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 668
投資CF : 157
財務CF : -362
現金等 : 2,898

財務(百万円)
自己資本比率 : 55.3%
利益剰余金 : 43
有利子負債 : 600



検証用


Yahooの株価リンクはこちら

[4028]石原産業 東証1部 / 化学 / 100株単位


当日の株価:1,602円
予想PER:35.6倍
実績PBR:0.93倍
配当利回り: -%
利益確定値目安:1,779円
ロスカット値目安:1,499円

同社は、酸化チタンの最大手企業で自社開発農薬を世界展開しています。2019年3月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比73.0%増の22.2億円に拡大。有機化学事業の主力農薬で米州・アジアでの販売が好調に推移し、無機化学事業では、チタン鉱石をはじめとした各種の原材料価格が軒並み上昇している中、前期の酸化チタン輸出価格改定が先行するなど利益面で寄与する見通しです。なお、通期の経常利益は従来予想の33億円を据え置いています。

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 16,607
投資CF : -6,030
財務CF : -8,508
現金等 : 30,297

財務(百万円)
自己資本比率 : 42.5%
利益剰余金 : 16,647
有利子負債 : 45,068



検証用


Yahooの株価リンクはこちら

[9264]ポエック 東証JQS / 卸売業 / 100株単位


当日の株価:5,910円
予想PER:102倍
実績PBR:9.56倍
配当利回り: 0.55%
利益確定値目安:7,170円
ロスカット値目安:6,040円

同社は、環境・エネルギー関連機器や防災・安全機器などの製造販売を手掛ける企業です。2018年8月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比7.5%増の5,700万円で着地。また、先月4日には、[9501]東京電力HDからスプリンクラー消火装置「ナイアス」の導入に向けた調査検討業務を新規受注したことを発表しています。本日連れ安場面があれば拾ってみたい銘柄の1つでしょう。なお、来週15日に本決算発表を控えています。

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 388
投資CF : -27
財務CF : -320
現金等 : 1,155

財務(百万円)
自己資本比率 : 15.5%
利益剰余金 : 464
有利子負債 : 5,556




[3627]ネオス 
終値1,000円/前日比+66円
Yahooの株価リンクはこちら 

ICTサービスなどソリューション事業が主力。法人・消費者向けスマホアプリも展開。同社は本日引け後に決算を発表。2019年2月期第2四半期累計の連結経常損益は、前年同期7,100万円の赤字から1億9,500万円の黒字に浮上して着地しました。併せて通期の同損益予想を従来の4,000万円の黒字から4億円の黒字に10倍上方修正しています。通信キャリアやメディア企業、メディカル・ヘルスケア、保険・金融などの様々な業種におけるネットサービスを支援するソリューション事業と2018年3月末に連結子会社化したジェネシスHDが営むデバイス事業の売上が好調に推移したとしています。




[7608]エスケイジャパン 
終値615円/前日比+32円
Yahooの株価リンクはこちら 

ゲームセンター向け景品やキャラクター関連商品が主力。ムック本や雑誌付録なども。同社は本日引け後に決算を発表。2019年2月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比3.1倍の4.4億円に急拡大しました。併せて通期の同利益予想を従来の2.7億円から5.8億円に2.1倍上方修正し、一転して75.2%増益見通しとなりました。「星のカービィ」等の定番キャラクターが当面好調に推移することや自社オリジナルキャラクター「忠犬もちしば」の増販等が予想されるとしています。




[4187]大阪有機化学工業 
終値1,512円/前日比-25円
Yahooの株価リンクはこちら 

独立系のエステル化成品中堅。塗料用樹脂原料が主力。蒸留技術に強み。岩井コスモ証券は11日付で、投資判断「B+」を継続、目標株価は1,670円から1,800円に引き上げています。半導体は微細化の進行にともないリソグラフィー工程数が増加し、ArFレジストの使用量も増えているとし、同社は来年6月に金沢工場の新設棟でレジスト原料となる特殊アクリル酸エステル類の高性能品の生産を開始する予定で、2019年11月期業績に寄与する見通しとコメントしています。



[2872]セイヒョー 
終値3,530円/前日比-10円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2019年2月期第2四半期累計の非連結経常利益は前年同期比2.1倍の1億600万円に急拡大し、従来の2.0%減益予想から一転して増益で着地しました。通期計画3,500万円に対する進捗率は302.9%と既に大幅超過達成しています。6-8月期経常利益も前年同期比98.4%増の1億2,700万円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の4.0%から7.8%に大幅改善しました。




[3569]セーレン 
終値1,768円/前日比-4円
Yahooの株価リンクはこちら 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は10日付で、レーティング「Buy」、目標株価2,370円でカバレッジを開始しています。エクイティストーリーとして、車輌資材事業を牽引役とする持続的な収益拡大、2019年3月期下期に掛けての短期的な収益モメンタムの改善の2点を挙げています。




[8001]伊藤忠商事 10/3の記事

終値2,187.5円/前日比-60.0円
Yahooの株価リンクはこちら 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は10日付で、レーティング「オーバーウエート」を継続、目標株価は2,350円から2,500円に引き上げています。 同証券では連結税前利益に付いて、2019年3月期が前期比22.2%増の6,570億円(従来6,030億円、会社側計画は非開示)、2020年3月期は6,690億円(従来6,290億円)、2021年3月期は6,750億円(同6,570億円)と試算しています。



[6432]竹内製作所
終値2,955円/前日比+52円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2019年2月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比11.7%増の93.3億円に伸びました。併せて通期の同利益予想を従来の124億円から138億円に11.3%上方修正し、減益率は11.6%減から1.7%減に縮小する見通しとなりました。更に、業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の40円から45円に増額修正しています。




[3046]ジンズ 
終値6,170円/前日比+160円
Yahooの株価リンクはこちら 

SMBC日興証券は9日付で、投資判断「2」を継続、目標株価は5,290円から6,270円に引き上げています。視力矯正眼鏡の販売状況を改善させることが出来るかどうかが同社の許容バリュエーション引き上げの条件として考えてきた経緯があり、2018年8-9月の月次売上状況を見る限りにおいては、MDの落ち着きが感じられたことから永久成長率を引き上げることにしたとコメントしています。




[7611]ハイデイ日高 
終値2,283円/前日比+37円
Yahooの株価リンクはこちら 

岩井コスモ証券は9日付で、投資判断「B+」、目標株価2,500円でカバレッジを開始しています。4月30日から実施した値上げ効果により、2019年2月期下期からは収益改善が進む見込みとし、2019年2月は期初会社側計画通りの利益水準を確保し、16期連続増収営業増益、最高益更新を達成すると予想しています。



[3635]コーエーテクモHD
終値1,942円/前日比-24円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に業績修正を発表。2019年3月期第2四半期累計の連結経常利益予想を従来の54億円から83億円に53.7%上方修正しました。一転して20.3%増益を見込み2期連続で上期の過去最高益を更新する見通しとなっています。任天堂の「ゼルダの伝説」シリーズと「無双」シリーズとのコラボレーションタイトル『ゼルダ無双 ハイラルオールスターズDX』(Nintendo Switch用)が5月に欧米で発売され計画を上回ったことなどを要因として挙げています。




[7199]プレミアグループ
終値4,830円/前日比-85円
Yahooの株価リンクはこちら 

東海東京調査センターは5日付で、投資判断「アウトパフォーム」、目標株価6,900円でカバレッジを開始しています。同証券では連結税前利益に付いて、2019年3月期23億円(前期比16.2%増、会社側計画は19億4,200万円)、2020年3月期28億円、2021年3月期36億円と試算。2019年3月期は、オートクレジットやワランティ事業におけるオーガニック成長に新規事業の立ち上がりが寄与することを見込んでいます。




[4290]プレステージ・インターナショナル
終値1,400円/前日比+91円
Yahooの株価リンクはこちら 

野村証券は5日付で、投資判断を「ニュートラル」から「Buy」に、目標株価を1,430円から1,670円にそれぞれ引き上げています。2018年4-6月期決算でカスタマーサポートとワランティが前年同期比営業減益であったことを受け株価は下落したものの、一過性の要因の影響もあるとコメント。今回、中・長期での成長性が高まっていると判断していることから、投資妙味が増していると考えるとコメントしています。


↑このページのトップヘ